FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  教育 >  教科書に「慰安婦」復活、嘘の「南京事件」 ~ 安倍内閣は教育基本法改正の原点に立ち返れ

教科書に「慰安婦」復活、嘘の「南京事件」 ~ 安倍内閣は教育基本法改正の原点に立ち返れ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 愛知県などが3年に1度開催している国内最大規模のなんちゃって国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」については、このブログでも幾度も書いてきた。企画展「表現の不自由展」は、昭和天皇の肖像をバーナーで焼き、その灰を踏みにじり、戦争で散った先人を題材に「間抜けな日本人の墓」という侮辱的なものを展示した、ひと言でいえば「日本人ヘイト」の展示会であった。芸術とは、「他人と分ち合えるような美的な物体,環境,経験をつくりだす人間の創造活動」のことだが、とりわけ「表現の不自由展」に陳列されたものなど、芸術でも何でもない。少なくとも「分かち合える美的なもの」などはなかった。

 そのトリエンナーレに対し、文化庁は手続きの不備を理由に、補助金を全額不交付としていたが、昨日の時点で一転し、7800万円から6600万円に減額して公布すると発表した。納得できない裁定だ。恐らく、なんらかの手打ちがあったうえで折衷したのだろうと思うが、次回のトリエンナーレで同じような展示があれば、それこそ萩生田現文科大臣は保守派の追及の対象となるだろう。

 日本の中央官庁の中で、財務省は言うに及ばずだが、文科省も相当な問題児的存在だ。近年で言えば、加計学園の獣医学部の新設事案で、新規参入を無理筋な理由を付けて拒み続ける村社会のような文科行政が露呈している。それ以前に、教育行政、とりわけ教科書検定における偏向基準と判断は、批判の対象となって長い。昨日検定結果が公表された中学校の教科書では、極めて問題が多いどころか、内容は悪化しているようだ。

「従軍慰安婦」の呼称復活 中学校教科書検定 自虐色強まる傾向も (産経)

 文部科学省は24日、令和3年度から中学校で使われる教科書の検定結果を公表した。合格した社会科の歴史教科書では、平成16年度検定以降は使われなくなっていた「従軍慰安婦」の呼称が復活。先の大戦で日本軍が「沖縄を『捨て石』にする作戦だった」などの記述もあり、一部で自虐色が強まる傾向がみられた。(中略)

 先の大戦をめぐる記述では、歴史で2社が慰安婦について説明。このうち新規参入の山川出版は「戦地に設けられた『慰安施設』には、朝鮮・中国・フィリピンなどから女性が集められた(いわゆる従軍慰安婦)」と記述した。「従軍」をつけた呼称は不適切との批判が強く、現在の教科書では使われなくなっている。(中略)

 また別の教科書で、南京事件で日本兵が民家に侵入し、15歳と13歳の少女を暴行して父母や祖父母らを殺害する様子を書いた文章や、日本軍が「(マレーシアなどで)多くの人びとを虐殺」「沖縄を『捨て石』にする作戦だった」との記述もあったが、検定意見はつかなかった。(以上、抜粋)


 少なくとも歴史学上では確定していない南京事件に関する描写も、採択された各社の教科書では日本軍の悪行で確定済みであるようになっている。

中学校歴史教科書


 これが、私たちが税金を払って行政を任せている国家公務員の成果物なのだ。文科省のウエブサイトを確認しても、教科書検定調査審議会の歴史小委員会の名簿、議事録等は平成30年のものが最新で、直近の議事については確認できない。

 いわゆる慰安婦など、学問的には終わったイシューだろう。少なくとも、朝日新聞が吉田証言に関する記事を取り下げた段階で、強制連行議論は事実上、終了したはずである。残っているのは「自称慰安婦」というエセの生き証人だけだが、彼女等は挺体協によってコントロールされる“ヘタな女優”でしかない。南京事件に至っては、原爆投下という悪行を真正面から批判されないようにGHQが創り出した物語が、いつの間にか行政のお墨付きを得て、教科書に載るようになったのだ。

 教科書検定結果の左傾化は、“サヨク的復古主義”というべきものだろう。安倍政権は、文科行政に押されて、引くばかりだ。総理の側近といわれる萩生田文科相も、現時点では国民の期待を裏切っていると言わざるを得ない。子供たちに嘘を教え、自虐を刷り込むだけなら、歴史教育など止めてもらいたい。安倍政権は、第一次政権で教育基本法を改正した原点に立ち返るべきで、その価値観を教育行政に今一度反映する努力をしてもらいたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/03/25 07:08 ] 教育 | TB(0) | CM(5)
教科書問題不問にはできない!官邸に要望!
 武漢ウイルス対応、習近平対応、オリンピック対応どうもありがとうございました。
さて、本題ですが教科書検定は日本人でやって下さい。今回の中学歴史教科書検定はGHQに篭絡されたシナ人が検定したとしか思えません。もっともまともな自由社の教科書が発禁になり、少なくない出版社で歴史の捏造がまかり通っている検定結果になっていると思われます。
 従軍慰安婦問題は朝日新聞が32年間にわたり世界に拡散したでっちあげた虚構で、間違いを社長も認め責任を取って辞任しました。南京事件も朝日新聞のでっちあげでしょう。毛沢東も周恩来も南京事件など一言も言及していません。
 従軍慰安婦、南京事件、靖国参拝問題など中国・韓国がプロパガンダしているように見えますが背景には先の大戦で多くの戦時法違反(原爆・都市爆撃他)で日本を攻撃した米国が操っていると思われます。
 およそ世界の中で真実の歴史を子供たちに教えて誇れる国は日本以外に見当たりません。各国が多くの負の歴史をもっており歴史は創造して教育しています。何故日本が歴史を偽って子供たちの心を蝕む必要があるのでしょうか?
先の大戦後10年間でアジアから植民地がすべて独立しました。また20年後にはアフリカから植民地が独立しました。過去500年間にわたる西洋列強による植民地時代を日本が戦って終焉させたのです。
事後法である東京裁判は裁判とは言えません。パール判事の言うとおりです。東京裁判史観で教育された教師による洗脳を防ぐには教科書検定が非常に大事でしょう。国の祝日に国旗を掲揚してお祝いもできない国民にされてしまいました。
どうか教科書検定員を国民の前に現し国民に審査させる必要があるのではないでしょうか?国民は2/3近くの議席を与党に与えています。何を遠慮されているのか?安倍総理・萩生田文科大臣のもとでの自虐史観教科書のオンパレードに腹が煮え来る思いです。
国会を見てもまともな野党はありません(除、維新)。どうか大多数の国民の声なき声を信頼して総理が信じる道を推進して下さい。残念ながら麻生氏、二階氏には国民がバックにいません。公私の優先順位が間違っています。健康に留意されよろしくお願いします。
[ 2020/03/25 15:45 ] [ 編集 ]
黒幕は誰なんでしょう。
文科省の腐った体質を是正しないと。こんな虚実を堂々と子どもたちに刷り込もうとしているなんて、ほんとふざけている。名誉棄損で訴えたいぐらいです。日本の中枢がどれだけ汚鮮されているのでしょう。
もっと日本国民は怒るべきです。
[ 2020/03/25 21:55 ] [ 編集 ]
何の為の教育基本法改正だったのか
今晩は。昨夏の「あいち・トリエンナーレ」中、事実上の左派政治情宣「表現
の不自由展、その後」の暴挙を許してしまった事は、愛知県民として 改めて
恥ずかしく思います。この催事向けの補助金問題にしても、本当は減額で済む
問題ではないと思います。

今回の教科書検定も、方向性が問題ですね。「日本を取り戻す」が公約の安倍
政権の方向性に沿ったものとは到底言えません。史実でない「従軍慰安婦」の
文言を許したのも大きな汚点ですが、中国大陸現政府の呼称を 事実に即した
「共産政権」と呼ぶのを許さないとはどういう了見か?と糾したくもなりますね。

公教育は、史実や公正に基づかなければ 国民に誤った知見を植え付け、それ
が結局は 国家の将来を危うくしかねないと心得ます。その指針となる教科書
検定のあり様が病的といえるのは、文科省内に入り込んだ保守媚中国大陸派と
日教組の一味、それに両勢力に近いといわれる中朝スパイの仕業と推定できる
と思います。朝日新聞の一味も、その支援勢力でしょう。

こう見ると、「文科省も問題児」とした貴記事は、決して大袈裟ではないと読
めます。何せ直前の文科事務次官が、今は左派容共側に取り込まれた前川喜平
の様な人物であった事に、その問題の片鱗が窺えます。こんな省庁に改正教育
基本法の趣旨具体化は、現状では怪しいと心得ます。恐れながら、今回貴記事
も拙リンク致したく、お届出の次第であります。
[ 2020/03/25 22:20 ] [ 編集 ]
こういう問題こそ国会で議論すべきでは?
世界中見まわして、過去をすべて否定し、自国を蔑み、隣国に媚びへつらう
教科書などどこにあるでしょうか?

我々は自虐史観に偏った教科書で子供たちに教えてほしくない。
どこの教科書を使うかは国民の判断に委ねるべきでは?


一発不合格ってあまりにも横暴。
間違いだというなら一つ一つその理由と根拠を明らかにすべき。
ここをこう直したら合格って言うべきでしょう。
多分それを許したら、検定意見というものがいかに不合理で、
自虐史観に偏っているかバレてしまうのでは?

歴史学者の多くは学者の皮を被った左翼活動家だと思います。
反日プロパガンダのために歴史を都合よく解釈する悪だくみを
白日の下に曝して、徹底的に糾弾すべきです。




[ 2020/03/26 09:05 ] [ 編集 ]
「従軍慰安婦」という命名は、1973年の千田夏光という、毎日新聞社記者から転身の作家の造語です。その後映画にもなったそうで(「声なき声 八万人の告発」)。

「南京虐殺」は、管理人様お書きの通り極東裁判に於いて急に出てきた、広島長崎の原爆を覆い隠す為の米国の作りモノで、それには当時の蒋介石中国も加担し、「証言」として米国だけではなくドイツの宣教師や、線路上に置かれて泣く赤子の写真などなどを動員した、大変に手の込んだ「日本の悪行」印象付けだったようですね。

つまり、自主取材する報道機関である筈の朝日新聞はそれらを拡散誇張報道するだけの事で、物語としてもオリジナリティは無く、実に怠惰で卑怯な、後追い新聞紙社でしかないのだと思います。

月刊誌「正論」四月号に、一昨日お亡くなりになった加戸守行前愛媛県知事が、ご自分の経験の文部省時代の日教組との交渉や宮沢官房長官談話の経緯とお怒りを掲載されていました。
教科書の捏造自虐記述の大本が、その官房長談話と「近隣諸国条項」にある。と。そして
<ですが、学習指導要綱が本当に良くなりましたから、指導要綱に適うべく教科書検定を続けて行けば教科書は必ずよくなる
。それは「近隣諸国条項」とは関係なく実現できると思って居ます。> 
そういう日が近いうちに来ることを祈って合掌致します。

第二次安倍内閣以降、2017年8月~18年10月の林芳正大臣以外は皆安倍総理の元所属派である細田派の面々が就任されていますのに、何故このような惨状に戻っているのか?特に現大臣である萩生田氏の監督責任は大きいと考えます。
[ 2020/03/26 19:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ