FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  東京2020の延期は賢明な選択だ

東京2020の延期は賢明な選択だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 東京2020オリンピック・パラリンピックが延期される方向だ。安倍総理が昨日、国際オリンピック委員会(IOC)が武漢ウイルスの影響で今夏開催の東京五輪の延期を決めた場合は受け入れる意向を表明した。首相が延期を容認する姿勢を示したのは初めて。首相は「中止は選択肢にない」とも語った。今までは「延期や中止を前提とした検討は行っていない」というスタンスだったが、IOC内の延期論や国際世論を意識し、舵を切った格好だ。

安倍総理


 海外では延期を求める声が相次いでいた。カナダ五輪委が「予定通り今夏の五輪開催となった場合は選手団を派遣しない」と不参加を示唆し、オーストラリア五輪委は、来夏の開催を前提に準備するよう同国選手に指示していたという。IOCの「延期を含めて検討する方針」という表明を受け、米国の五輪委も「われわれの懸念やニーズを聞き入れてくれたことに感謝する」と歓迎するコメントを出した。武漢ウイルスのパンデミックに振り回される各国にとって、五輪どころではないというのが実際のところだったのだろう。

 日本の世論も延期を歓迎するだろう。直近の世論調査を見ると、朝日の調査で「延期すべき」が63%、FNN・産経の調査で「延期」が70.2%と、大多数を占めている。「予定通り開催」、「無観客での開催」は極めて少なく、国民も「五輪らしい五輪」を期待していることがわかる。また、ウイルスのエピデミックを抑制できている日本にとっては、欧州や南鮮の現状を目の当たりにし、海外からの「ウイルス持ち込み」に対する強い懸念があるはずで、これも「延期」を推す要因となっていると思われる。

 安倍総理は過日、「完全な形での実施」を明言したものの、開催時期については答えなかった。総理はこの時点で延期を検討していたのだろうと思う。「完全な形」という表現に、たとえ延期をしてでも、武漢ウイルス/肺炎をのために不参加を表明する国がなくなり、無観客などという盛り上がりに欠ける大会開催を避ける意図だと私は受け取った。また、いまだ感染者や死者が増え続ける中で開催を宣言すれば、それは日本のエゴだと思われる可能性も否定できない。多くを勘案すると、五輪延期は賢明な選択であり、IOCの「延期を含めて検討する方針」は渡りに船だったのだろう。

 東京2020は、ラグビーワールドカップ日本大会と並び、東日本大震災の克服を象徴する大会と位置付けられてきた。安倍総理は昨日の予算委員会で、「世界が(新型)コロナウイルスに打ち勝った証しとして完全な形で実施していきたいと考えてきた」と語った。東日本大震災の克服という日本ローカルのレガシーと、武漢肺炎の克服という国際社会のレガシーが、同時に確認できる大会としてもらいたい。

 おまけに、7~8月と言う酷暑の時期をずらす大会を開催できれば、それも成果の一つとなろう。どういうかたちになるにせよ、中共選手団はどんな顔をして参加するのだろうか。スポーツに政治を持ち込まないという原則はあるにせよ、多数の死者を出した国にとっては、五星紅旗は負のアイコンとして疎まれるものになるかもしれない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/03/24 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(4)
>おまけに、7~8月と言う酷暑の時期をずらす大会を開催できれば、それも成果の一つとなろう。

〇開催国日本として、延期時期の一つの目安と思われる日は、前回の東京オリンピック開催を記念して制定された体育の日(10月10日の祝日、スポーツの日として、10月第二月曜日に改正されている。スポーツの日は、2020年7月24日、2021年10月11日、2022年10月10日)あたりではないだろうか。

〇つまり、

3か月延期ならば、2020年10月10日。(最短の延期シナリオ)
1年の延期ならば、2021年10月11日。
2年の延期ならば、2022年10月10日。(最長の延期シナリオ)

武漢ウイルス(COVID-19)の状況にもよるが、いずれにしても、季節は秋に延期してはどうだろうか。

〇マラソンについては、チケットがなくとも、屋外でみんなの応援できる競技。猛暑のリスクから、7月ならば札幌で開催という話であったが、東京で開催できるならば、東京のほうがよい話だろう。秋の10月10日を目安に、東京オリンピック開催の延期を検討することで、東京でマラソンの開催も、可能な天候になるのではないだろうか。

〇開催国ではあるが、日本単独で時期も含めて決定権はないだろう。世界中のアスリートの方々や競技団体など、国際的な世論、応援する人々の多くの賛意あってこそ、災害や感染症からの復興オリンピックとして、開催する意義はあるのではないだろうか。

〇いずれにしても、新薬もしくは既存薬(アビガン、ナファモスタット、去痰薬、ぜんそく薬など)で治療できるようになることで、健全なオリンピックの開催は可能になるのではないだろうか。
[ 2020/03/24 12:33 ] [ 編集 ]
選手村は
すでに分譲されており
秋から入居が決まっているのではないでしょうか?

安倍総理が中止と言ったら
二桁兆円の損害が発生し、
日本が全て自腹切る事になりそうですね。
上手く駆け引きして欲しいと切に願います。

勝手にマラソン開催地を変えた権限を持つ
IOCが責任持って中止宣言するべきと思います。
[ 2020/03/24 16:30 ] [ 編集 ]
遅いのよ!IOC
IOCが正式に延期を言い出すまで安倍総理は決定的なご発言を控えていたのでは?と感じて居りました。

ロス五輪からこっち、五輪はビジネス面が大きくなって単にアスリートの為だの参加する事に意義があるだのと綺麗ごとだけではなくなっています。
今回の延期を先に日本が言い出せば、放映権問題等多額の「賠償金」発生なども考えられますし、それでなくとも何かと掛かりすぎた五輪経費ですから、安倍総理とIOCは我慢比べだったのでは?と思います。

欧米がIOCを突き上げてくれたおかげで、バッハ会長も決断せざるを得なくなった訳で、それが無かったら、決行は無謀、延期でも日本一国の責任になっていたことでしょう。
薄氷を踏む様な武漢ウィルス一件だけでも頭が痛い最中で、総理は重圧に耐えきれずに簡単に「延期」と仰らずに、よくぞここまでギリギリ我慢なさったと思います。

バッハ会長は前に開催か否かをWHOに丸投げしようとして「WHOは判断しない。日本が決める事」と返されましたが、日本に自由に決める権利があるのであれば、季節は桜の頃か爽やかな秋かに出来るものを、と笑っちゃいました。

競技連盟の大半にIOCは介入できる組織なのですから、彼らが本気になればもっと前に決定されていたであろうに、と競技者の為を言えば気の毒にも思います。
[ 2020/03/25 01:16 ] [ 編集 ]
中止じゃなくて延期
>安倍総理が中止と言ったら

中止じゃなくて延期だよ。
選手村は入居を先延ばししてもらい、
その間の賃貸料を補助するなり、購入費を引き下げるなりして
理解してもらえば済むと思うけど…w
[ 2020/03/25 09:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ