FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  「ウイルスの被害者」を装いはじめた中共の宣伝

「ウイルスの被害者」を装いはじめた中共の宣伝

← 応援クリック、ありがとうございます。

 中共による新型コロナウイルスの「武漢起源隠し」が着実に進行している。なにも、トランプ大統領の「チャイニーズ・ウイルス」に抵抗し、批判しているだけではない。彼らは、表ではそういった強硬な姿勢を見せておいて、裏では「友好」や「救いの手」という演出を同時進行させる。

ファーウェイ、日本にマスク50万枚 中国から返礼続々 (朝日新聞)

 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は19日、日本の病院にマスク50万枚を送ると明らかにした。ネット通販大手のアリババ集団創業者の馬雲(ジャック・マー)氏が100万枚を配布し始めたほか、携帯電話大手OPPO(オッポ)や中国建設銀行、浙江省政府なども日本へのマスク支援が報道された。相次ぐ支援は、中国で新型コロナウイルスが流行していた1~2月にマスクを送った日本への返礼だ。
 華為は19日、愛知県豊明市の藤田医科大病院、同県長久手市の愛知医科大病院にそれぞれマスクを10万枚寄贈した。華為の日本法人によると、マスクは全体で50万枚を送る計画で、うち15万枚は医療用の高性能なN95マスクだという。マスクの配布は日本法人が本社に提案したところ即決され、17日に成田空港に到着していた。(以下略)


 アリババのジャック・マーが日本にマスク100万枚を寄付すると表明した際、森法相が「ありがとうジャック」と能天気なツイートをして大炎上をしたが、それも中共の宣伝工作のひとつなのだ。ジャック・マーは共産党員であり、純粋な私人ではないのだ。

 私は、ファーウェイのマスク寄贈にもにもいくつかの理由があると思っている。ひとつは、当然ながら疑似的な友好や援助という姿勢を見せることによる国際社会の支那に対する印象を良い方に誘導することだ。もうひとつは、「マスクの量産と輸送が可能になるほど、彼の国の製造業、流通が復活した」と見せかけるためだ。実際のところ中共は、彼の国で「武漢肺炎のピークが過ぎ、終息しつつある」というアピールに躍起だ。

中国の新規感染者は41人 武漢の湖北省はまたゼロ (産経)

 中国国家衛生健康委員会は21日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの中国本土感染者が前日から41人増えたと発表した。感染源となった武漢市を含む湖北省では、新規の感染者は3日連続で0人だった。(抜粋)


 こんな数字は、麻生財務相の「この国(中共)から出された数字は信用するとだいたい違いますから。だから僕は信用しないのが正しいと思っています」という認識が正しい。武漢での感染者が0人だという発表は、共同通信の取材によって、現場の医師に否定されている。キンペーの武漢視察に合わせ、「症状の残る多数の患者が隔離を急遽解除され、一部の感染検査も停止された」と告発したのだ。勇気ある告発だが、この医師の消息はいずれ途絶えるのではないか。

習近平


 さて、中共がやるのは「武漢隠し」や「米国に対する“チャイニーズ・ウイルス”非難」ばかりではない。

中国で新型コロナの「逆輸入」が急増、感染拡大の第2波を懸念 (ロイター)

[上海/北京 21日 ロイター] - 中国当局は新型コロナウイルスの感染者数について、海外から持ち込まれたケースが20日に過去最大になったと発表した。欧米の大学で学ぶ留学生などが帰国しているためで、感染拡大の第2波を懸念する見方が出ている。
国家衛生健康委員会によると、20日に中国で新たに確認された感染者は41人。すべて海外からの「逆輸入」で、こうしたケースはこれまでに269人いるという。(以下略)


 「逆輸入」ということは、その前に中共が海外にウイルスを「輸出」したことを認めるもので、「ウイルスの起源は我が国ではない」といする中共の主張とは矛盾するものだ。これを国家衛生健康委員会なる組織が言っているとすれば、とんだお笑い草だ。しかし、そういう矛盾を脇に置き、この記事を読んでわかるのは、「中共は被害者である」という立場である。要するに、武漢ウイルスの責任を海外に転嫁するための材料なのだ。

 あの欺瞞国家や、その国家の息がかかる企業からマスクや防護服といった「救援物資」「友好の証」的なものが寄贈されようとも、彼らの欺瞞に惑わされてはいけない。それらは少なからず「工作」「トラップ」の類であって、彼らにとっては「宣伝」なのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/03/22 07:16 ] 外交 | TB(0) | CM(9)
真に受けられぬ 中国大陸の情宣
お疲れ様です。武漢肺炎鎮静化との中国大陸・習政権の一方的な発表は信憑性
に欠け、拙者もそのまま受け取るのはリスクではないかと思っていました。今
、その判断が正しかったと心得る所です。

我国内で依然品薄の続く マスク類の返礼多数やイタリー向け医療支援の着手
にしましても、貴指摘通り 世界各地域への影響力増大という見返りを期して
のものだとの認識を強く持たなければとも思う所です。我国に関しては、かね
て問題の沖縄・尖閣を巡る事案で 再び強硬な出方をする可能性が一つある事
でしょう。恐れながら今回貴記事も拙リンク致したく、ここにお届出の次第であります。
[ 2020/03/22 13:54 ] [ 編集 ]
ツイッターで読んだので真偽不明ではありますが
中国の武漢で1400万個を越える持ち主がいなくなったスマホが捨てられ
今それを埋める(微弱電波も届かないようにする為)穴を掘る作業をやっているそうです。
これはその数の国民が亡くなった事を示す証拠だと書いてありました。

中国の発表した感染者や死者数が真実などとはとても思えませんし
世界もそれを信じていないのに実証するいとまもない状況が歯がゆい思いです。

昨夜の情報番組で石坂浩二さんが、今もまだ全員検査を主張する岡田晴恵さんにきっぱり反論して下さって少しスッキリしました。


[ 2020/03/22 15:37 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2020/03/22 19:03 ] [ 編集 ]
中国で生産した日本向けのマスクの供給が停められ、中国国内向けに変わったという。

その工場では、日本向けのマスクを作る際行っていた衛生管理を、わざわざ解き、素手でマスクを作っている光景をテレビで見ました。日本向けじゃないと咎められないからそうするんだと。

自分の仕事に誇りを持ちたくないのか。

そこが中国人と胸襟を開けないところ。

そんな不衛生なものを「くれてやるから、感謝しろ」と?
考えることがいちいち悪の結社、共産党。

まず、共産党をこの世から追い出すこと。

そして、
人々に「仕事に誇りを持つ幸せ」を認識してもらうこと。

私は宗教家ではないですが、意外と共産党に打ち勝つのは信仰心なのかもしれないと思ったりします。
[ 2020/03/22 21:55 ] [ 編集 ]
悪には被害者を装い、善には施行者を騙る
ベルギーにトヨタが建てたフランダースの犬(ネロ・パト)の像が中国資本のモノに
替えられているそうです。 
チャイナウィルスの禍は当然のように他国に責任を擦り付けようとするのでしょう。
米国様が厳しくお仕置きをしない限り「米国&日本連合ウィルスに倒れる人々」
とかの像が、いずれ世界中に建てられるんじゃないかしらん、、、。
「追軍売春婦像」も豪州や米国にもあるそうですから。

闇討ち奴なんかは、支那大使館や領事館の前に「支那ウィルスに斃れる楊貴妃」
や毛沢東の4号とかの「江青女史」の像を作ってやればいいと思うのですが、。
支那から猛烈抗議となるでしょうが「世界に建てられた追軍売春婦像」を取り壊し
てから言いなされ」と返答すればよいのですけどねぇ。
[ 2020/03/22 22:24 ] [ 編集 ]
騙されまいぞ
武漢ウィルス禍が日本で報道されてすぐに、一体どれだけのマスクや防護服が日本からシナへ送られたのか?
知るだけでも「民間」(現地では何故かヨーカドーの名が出ていた様ですが)から100万枚、政府のチャーター機に乗せたのがどれだけか?兵庫県から100万枚、他各姉妹都市がある地方行政から、東京都からのマスクと防護服もそうとうな枚数でした。他にはNPOだ民間グループだ、と総計何百万枚になるのか?

その上シナから買い占め隊が各都市に飛び、在日シナ人も同じ行動。
日本国内に日本人用のマスクが払底するのも当然です。
その一部が「お返し」されるより、感染源の正直な検証と反省と謝罪の方が、あるべき大国の態度の筈だと思います。

ジャック・マー氏は小池都知事が「希望の党」立ち上げて勢いのあった時に「お友達」で面会していましたっけ。
彼の国では個人の立場で対外商売は出来ないのが常識で、すべては中国共産党下の存在と見做すべき事を小池都知事がご存じない筈もないと思いますが。

ファーウェイ(華為技術)の半導体製造には米国が盗まれた技術他の被害もあって、米国が最高に神経をとがらせている中で、日本のメーカー技術者が武漢で半導体事業に従事している(た=武漢から政府チャーター機で帰国)のだとか。
日本の半導体技術者は、以前にも南鮮へ土日に出稼ぎに行っていたり一定期間だけの高額雇われだったり、の報道がありましたけど、何考えているんでしょ?

なんでも、5Gというインターネットは、あらゆるものが(一般生活者、軍事活動、経済産業活動、社会活動の全て)繋がって所謂5G制覇が「世界制覇」を可能にするのだとか。
その技術獲得にファーウェイが集中して、それに手を貸す日本の技術者?ならば、日本はこの先どこへ行く?

手を換え品を換えて擦り寄り恫喝して中共は欲しい物を手に入れる国で、その国家が出す情報に真実を求めること自体が無謀だと思います。
それでもその国家の価値観が「自由と民主主義」にあればまだ信用が出来ましょうが、中共は明らかな共産国家で人権完全無視の弱小国を呑み込み搾り取る事に何ら躊躇はしない冷血国だと言うのは、チベット、ウィグル、モンゴル、香港が証明しています。何処にも信じる理由があるものか。

イタリアはまだまだ感染驀進中ですが、お気の毒でも原因となるであろう事柄は前からあって、イタリアファッションの作り手にシナ系の移民が集まっているのは業界で知られている事でした。その上EUが要求した緊縮財政もあって多分医療関係も十分ではなくなっているのでしょう。(これは日本の地方医療でも大変心配な点です。)
そこにG7はじめの一帯一路参画ですから、どれだけの中共人が出入国していたやら。

それを中共は「支援致します」宣伝の、医療器具30トンで首都ローマ入りしたのが9名。感染が広がるロンバルディア州都ミラノにはマスクを配布。
一方米国はキリスト教系NGO団体がロンバルディア州で野外病院を約70人態勢で運営。
日本メディアは中共医療隊の撮影場面は映しましたが、米国の70人医療隊のニュースは為されたのか?

日本のメディアと産業界をみると、何故ここまでシナ贔屓になれるのか?尖閣諸島近辺に船を浮かべて二週間ほどでも見学してみれば?と思います。
[ 2020/03/23 01:09 ] [ 編集 ]
誤記
以前、尾身茂(元WH西太平洋事務局長)氏をWHO事務局長選でテドロス氏に敗れた、と書きましたが、間違いでしたので訂正致します。
尾身氏が敗れた選挙の相手は、06年の(通称)マーガレット・チャン氏でした。この方も中共の押し上げで事務局長に就いた香港出身の女性です。シナでは鳥インフルエンザの真っ最中の事でした。

昨夜から書き溜めたメモを廃棄する作業をしておりまして、今頃間違いに気が付いた次第です。反省。
[ 2020/03/23 01:34 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2020/03/23 07:19 ] [ 編集 ]
共産主義って宗教だよね?w
>意外と共産党に打ち勝つのは信仰心なのかもしれないと思ったりします。

???
当方、共産主義は一種の宗教だと思っているので、
信仰心と信仰心がまともにぶつかったら血みどろの宗教戦争になるだけと
歴史が証明しているような…www
[ 2020/03/23 16:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ