FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  総理の小中高休校要請にクレームを付ける前に、ひとりひとりが行動しよう

総理の小中高休校要請にクレームを付ける前に、ひとりひとりが行動しよう

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍総理が昨日、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、3月2日の月曜日以降、全国の小・中・高校・特別支援学校を臨時休校にするよう要請した。昨日夜のニュースから、テレビはこの判断について持ち切りだ。今朝の新聞はまだチェックしていないが、各紙の論評についてのは、だいたいの予想はつく。

 それにしても、全国一斉に小中高の休校など、前代未聞である。我が国は戦時下にあるようなものだ。もっとも、支那の野放図な衛生管理から生まれ、日本に持ち込まれた新型コロナウイルスは、生物兵器並みの威力を発揮していることは明白だ。この政治決断を眺めつつ、9年前の民主党政権の事を思い出していた。

 福島第一原発が津波に襲われ、放射性物質が原発から漏れた時、当時の官房長官であった枝野(現立民党代表)は「ただちに影響はない」ということばを連発し、問題の本質を隠し通そうとした。国民は、この目くらまし的な発言の理解に苦しみ、政府の発表を信用しなくなった。今回の安倍総理の決断は、世間的にはウケは悪いだろう。我が職場の部下で、共働きの母親、離婚して男手ひとつで子供を育てている父親は、そろってブーイングだった。彼らの不満はよく理解できる。しかし、情報が曖昧なまま、子供を学校に通わせ続けるということにもリスクはついて回る。このご時世、どんな判断でも文句は出るのだ。少なくとも、あの当時の民主党政権の対応に比べれば、はるかにマシではないだろうか。

安倍総理


 批判するなら勝手にすればいい。しかし、報ステの後藤のような批判は断固として許せない。後藤は25日の報ステで、政府が発表した「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」について、「こうするんだという政府の明確なメッセージがない。一、二週間が瀬戸際というなら、すでにあらゆるものに着手してなきゃダメ」と、一刀両断していた。しかし、昨日はその前言をなかったことのように、「北海道の鈴木知事のように『混乱を招くが、私が責任を取る』と、直接国民に訴える必要がある。昨日イベント、今日休校という五月雨式が最もダメだ」と、方針を出したらそれも否定だ。総理は「あらゆるもの」のなかで、免疫力が乏しい子供の保護を優先し、方針を出した。

 野党といい、メディアやそこで勝手なことを言うコメンテーターといい、責任がほど楽な商売はない。彼らはクレーマーよろしく、政府の方針や動きを批判していれば良いが、方針を出す側にとっては計り知れない重みのある決断なのである。後藤は総理に「私が責任を取る」という言葉が必要だと言うが、そんなことを言わなくても、一国の首相が下す決断というのは、それ自体に背負うべき責任がついているのだ。

 私も職場で、子を持つ親の負担を軽減するよう努めようと思う。野党を見ていればわかるが、批判なら阿呆でもできる。こういうご時世だからこそ、ひとりひとりがウイルス根絶の負担を負うしかないのではないか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/02/28 07:08 ] 社会問題 | TB(0) | CM(17)
少し落ち着いて
確かにブログで言いたいことは分かるんですけど現にこうして自分の周りでもこの決定に対する不安や不満が聞こえてるのも確かです。

そうした国民の思いを斟酌して発信するのもまたコメンテーターの役割ではないでしょうか?
確かに例に挙げたように自家撞着な発言はあるけどそれを言うなら今回の様な未曾有な事態に果たして完璧な意見を言える人がだれだけいるでしょうか?
勿論メディアに出ている以上そうした社会的責任は伴うでしょうが、それを言うならやはり今回の政権の対応も二転三転してた事は事実ですし、そうしたコメントをクレーマーと同一視するのは流石にいきすぎた意見ではないでしょうか?

それと今回の決定に対してそれによって生じる被害損益の補償等について言及してない事もまたそうした不安を広げてる一因ではないかと。だけどこれについては到底政府では賄えきれるとは思えないけど、それでも検討中とか一言でも安心出来る言動を望んでいます。
[ 2020/02/28 09:10 ] [ 編集 ]
反論は誰でもあり、不安もあります。
それは言い出したら完全に収集不可能です。

しかし、今はやるべきことをやるしか無いと。

反論が多いと成せる事、成さねばならない事が出来なくなります。

時間との闘い、、、そう理解し、反論は控える事にしました。
[ 2020/02/28 09:35 ] [ 編集 ]
国家の危機管理
ブログ主様の仰るとおり「こういうご時世だからこそ、ひとりひとりがウイルス根絶の負担を負うしかないのではないか。」に尽きると思います。

しかし今回の騒動では、色々な事が露呈したと思う。
一番感じたのは、国のウイルス感染症に対する危機管理対策は、ほとんど行われていないという現実。
たった、クルーズ船の4000人ですら対応出来ない事が明らかになった。

加えて仮に何処かの国から我が国に生物化学兵器を撒き散らされたら、という様な想定に立っての準備は全く行っていなという事。

有事の対応は主に防衛省だが、少なくとも厚労省との連携などは、現段階ではほぼゼロに等しい状態だ。

もう一つは、情報のコントロールの難しさ。
テレビや新聞は、ここぞとばかりに情報を撹乱させ、また我々国民もそれぞれの媒体で好き勝手に言いたい放題。
当然、表現は自由なので歯止めをかける訳にはいかないが、未確定な事柄が多数の発信者から無数に飛び交い、不安だけが増幅され、行き場を失った吐口が政府や安倍総理に一元的に集中する。

結果論だが、政府に不安が集中するより前に、政府は正しい情報発信を定期的に行なっていれば、もっと違っていた。
ただそれを行うには、やはり危機を想定した各機関との連携を常に取っておく事に尽きる。

これも、全く行なって来なかった訳で、様々な有事に備え、少なくとも人選位は行なっておいて、事が起こった際は速やかに専門家を交えた対策室が立ち上がり、最新の正しい情報を発信できる体制の構築は必要不可欠のはずだった。

自然災害にしろ、今回の件にしろ、国民一人一人が当事者意識を持って事にあたる事も当然だが、国も想定外が多過ぎる気がする。

色々なシナリオを想定して、常に最悪の事態に備えおく必要性を認識して欲しい。
[ 2020/02/28 10:46 ] [ 編集 ]
まず金を出すことを約束しないことには話にならない
学校が休み、お母さん方はパートを休む、正社員でも休む必要が出る、その分は後で保証しますというべきだ
国民は増税で手ひどく痛めつけられている。その後のこの措置はただただ不満が吹き上がるのみ
この期に及んで財務省を庇うなんて
[ 2020/02/28 12:07 ] [ 編集 ]
日本人が試されている
私は、今回の政府要請は賛同します。

これによって、疑問を持ちながら学校に通わせ続ける優柔不断な態度をとり続ける必要がなくなった。
個人で責任を持った判断がやりやすくなる環境を政府が整えようとしていると解釈しています。
困ったことが起こるのはわかっている。そういうことの解決を全て国に頼る国民は、もはや愚民と化している。
個人の生活は個人で守る。これが基本。でも、中には個人でどうしようもないことがある。それを解決するのが行政。
首相が要請したからと言って、絶対服従を求められているわけではない。
自分で判断すれば良い。
自分でどうしてもできないことを行政に相談すればよい。
文句をいうのはかんたん。
しかし、これは政府が国民を信じたからこそ行なった決断だと私は思います。
[ 2020/02/28 12:48 ] [ 編集 ]
ブログ主は今回の安倍総理の発言を容認しますか?元々、中国ウェルカムが、原因と考えますか?
[ 2020/02/28 14:14 ] [ 編集 ]
交野さんへ
交野さん、

取り上げた個別具体的な事象に対して、一般論で反論されても、まともな議論にはならないでしょう?

> 確かに例に挙げたように自家撞着な発言はあるけどそれを言うなら今回の様な未曾有な事態に果たして完璧な意見を言える人がだれだけいるでしょうか?

完璧な意見があるとは思いません。
しかし、後藤氏は少なからず影響力があるテレ朝の看板報道番組でコメンテーターを務める「自分の発言に責任を持つべき」人物です。
前々日に「やれ」と言ったことが実現してしまったら、その実現したことに文句を言う厚顔無恥で無責任な発言は、批判されて然るべきだと私は考えます。
もとより、後藤氏に「完璧」は求めていません。批判するなら一貫性を持て、ということです。
以上です。
これ以上の議論は望みません。
[ 2020/02/28 18:14 ] [ 編集 ]
小1の娘を持つ父 さま、
ご指名なので簡単に。

> ブログ主は今回の安倍総理の発言を容認しますか?

発言とはなんでしょう?
方針ということでああれば、私は支持します。積極的支持かどうかは別として。

> 元々、中国ウェルカムが、原因と考えますか?

私は、彼の国からの渡航者を止めるべきで、それをしない安倍政権の方針に批判的なのは、過去のエントリーでご確認いただけると思います。
[ 2020/02/28 18:17 ] [ 編集 ]
>安倍総理が昨日、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、3月2日の月曜日以降、全国の小・中・高校・特別支援学校を臨時休校にするよう要請した。

○北海道の鈴木知事は、こどもたちは休校になるのだから、大人も週末は外出を控えるよう、非常事態宣言を出して、道民の理解と協力を求めたようだ。

○冬の北海道は、スキーや温泉、海の幸など、アジアで高い人気の観光地であり、中国からも観光客の多い地域だ。今、国内の新型コロナウイルス発生地域としては、他県に先行して感染の広がりつつある地域、といえるのかもしれない。今までの動きをまとめると、


鈴木知事、北海道で新型コロナウイルスの感染拡大の動きあり。

安倍総理、国立感染症研究所の専門家を北海道へ派遣。

鈴木知事、北海道の全校休校を判断。

安倍総理、全国の全校休校を判断。

鈴木知事、週末の外出を控えるよう呼びかけ。国に重点対策の地域指定を提言へ。
↓←いま、ここ。


○安倍総理のリーダーシップによる全校休校…やりすぎではないか、突然の休みは迷惑だという、日本国民からのいぶかる声もある中、鈴木知事はなかなか良いタイミングで、緊急事態宣言を出したと思う。

○今、政治的判断やリーダーシップにより、日本国民に不便を強いる対策をすることには、それだけの理由がある。マスクの着用や外出を控えるなど、感染の拡大を抑制し、重症化しないよう安静にするよう勧めることもそうだが、その先にある本当の目的は、その間に治療薬や有効な治療法の確立、ではないだろうか。

○多くの患者の治癒に向けた医療体制を確立すること、つまり、検査強化の入口から治癒に向けた医療体制という出口への道筋(ロードマップ)を作ることこそ、新型コロナウイルスが終息するために、今、必要なことではないかと。政治としては、医学的な感染症予防策に加えて、その間に人々の混乱が生じないような対策も、併せて必要になるのかもしれない。

○たとえば、マスク。市中感染予防と安全安心のためにも、なんとか店頭に並ぶようにならないものだろうか。北海道の緊急事態宣言、つまり外出を控える必要性には、感染予防の市中のマスク不足もあるだろう。

○まず、ひと月に6億枚では、桁が1つ2つ足りないと思う。日本国内に外国人も含めて約2億人いると仮定しても、ひと月に3枚、一日一枚で計算しても、やはり足りない。医療関係者は、一日一枚では感染症予防としても不十分であろうし、外国でのマスクの需要も高まりつつある。マスクを自作して自衛するしかないのかもしれないが、店頭在庫としてはやはり足りないだろう。

○店頭に並ぶまで時間はかかるのかもしれないが、たとえば、国営の新規マスク工場建設や、ユニクロのような肌着や靴下などをつくる機械のある会社、空気清浄器などのフィルターを作る会社などは、畑違いかもしれないが、新商品開発としてマスクを作ってはどうだろうか。
[ 2020/02/28 19:08 ] [ 編集 ]
総理は仰っていると思います
この小中高と特別支援学校の、来週から春休みまでの休校要請は、新型コロナウィルス感染症対策本部会合で、総理が各担当に向けて発したものです。
そして、
<~~前略 こうした措置に伴って生じる様々な課題に対しては、政府として責任を持って対応していく。 後略>
とご発言ですから、責任の所在をはっきり総理は仰っているのではないですか?
ニュースで切り取った文言が不満なら一度全文を確認されたら良いと思います。

大阪のガイドさんが一旦治ったけど10日ほどで再発した、というニュースを聞いて、このウィルスは体内に残り続けるモノかもしれない、と根拠はありませんが感じて居ります。
なので、お子様方の一生の健康を極力損なわない様に、政府がその対処を地方自治体や関係者に要請したのは本当に良かった、と感じて居ります。

時期が遅いとか、急に言われても、という批判はあるでしょうけれど、しないよりは絶対マシなことで、しなければしないで又大批判でしょうね。

何故官邸が初めにあんなに緩やかな対処をしていたか、観察していた人達の記事に依れば、厚労省(&専門家)の情報不足に尽きるようですね。
アノWHO情報を基本として官邸に上げていて、「インフルエンザより影響は少ない」ようなものだったとか。
厚労省の情報網はどうなっているんでしょうね。

日本は米国の様に世界中に感染情報を集められるネットを構築できる国ではないので、米国なら、どこそこなら、とは比較する意味を感じませんが、それならそれなりに、何度でも繰り返す厚労省の失点を、何故省内で変えられないのか?民間企業しか経験していない者には全く理解出来ません。

一方、チャーター機を受け持った全日空は、労働組合が強い航空業界という事もあって、管理職から乗員を起用することを考えたそうですが、年齢、男女の別なく乗務志願者が出て時間を要さず集める事が出来たそうです。ありがたい事です。
[ 2020/02/28 20:26 ] [ 編集 ]
アビガンの効果は?
いつも記事をありがとうございます。
神奈川県は厚労省に申請して、アビガンを使用したと聞きましたが、効果はどうだったのでしょうか?ライセンスを持っている中国では、治験の結果が良かったので製造開始したと数日前に見ましたが。
アビガンの話題が何故でてこないのか、疑問に思います。
[ 2020/02/28 21:50 ] [ 編集 ]
投与された患者さんのその後の事は存じませんが、横からお邪魔致します。

アビガン薬はエボラ出血熱や新型ウィルスに効くそうですが、毒性もあって、副作用が生まれる子供に出る可能性を言われているのではなかったでしょうか?

だとしたら、高齢者には投与出来ても将来あるお子さんにはとても使えないのでは?と思います。
それでも命が助かるなら、という選択はあり得ましょうが。

日本が中共にライセンスを与えたのですか?中共はああいう国ですから、日本よりかなり気安く試薬出来るのでしょうね。
[ 2020/02/28 23:56 ] [ 編集 ]
昭和の終わり
なになに、子供がガッコに行けないのは政府の責任なのだから、その分親に休業手当を払えってか。親業が国家の委託業務だったとは寡聞にして知りませんでした。日本人の魂の鮮人化も極まったか。誰のせいでもないコストをことごとく政府がになっていたら、どれほど巨大な政府になるのか想像もつきません。

思い返せば昭和天皇御不例の折、自粛ムードの高まりで私の事務所が企画したイベントーコンサートも中止に追い込まれました。興行収入はゼロで、一方においてホール代は直前キャンセルにより100%の支払い、出演者やプレイヤーへの支払いは6割位で勘弁してもらいましたが、とにかく払うべきものは払わなければならないと言う厳しい状態でした。しかしながら、陛下の御不例という一生に1度あるかないかと言う事態に、そのツケを第三者に回そうと言う知恵は考えもつきませんでした日本人の思考の限界ですね。

昭和陛下の崩御に至る粛然とした時間を今では半ば懐かしく思い出す、今日この頃です。



[ 2020/02/29 00:22 ] [ 編集 ]
薄氷の品格であっても持ち続けたい
閣下

おっしゃるとおりです

私は、最近の日本人の鮮人化、ないしは支那人化が進んできているように思えてなりません。

「卑怯な朝鮮人」「下品な支那人」と蔑む日本人は多く居ますが、少なからぬ日本人が一皮剥けば、否、剥かずとも、同じになっているのではないかと。

かく言う私も、ホンネの部分であのような下賎な部分は備えており、それを抑え込むのに冷や汗をかき続ける毎日です。

しかし、そんな状態でも、誇り高く生きたい、馬脚は一生表したくないという思いはあり、それを失わないことが一線であると思っています。

そこを理解せず「一皮むけばあんただって同じだろ」と開き直り、一皮むかずともそうなってしまう日本人がどんどん増えているようで、情けない限りです。それは私の憂国の思いの一つであります。
[ 2020/02/29 01:52 ] [ 編集 ]
自然災害で学校が使えなかったり生徒が通える状況に無かった時、或いは、春夏冬の学校休暇に、子供の世話を誰が見るのだ!と外に向かって言う人は居るのでしょうか?
このウィルスは日本が起こした感染病ではないし、中共以外の国家にしてみれば「突然の災害」そのもの、と私は思うのですが、それで日本政府が国民から「賠償」紛いの責任追及されるものなのか?


<たった4000人のクルーズ船>でも、ソレ、既に感染が蔓延した一隻の船、と言っても良い状態で横浜に寄港されたのですよね。
横浜出港時には感染者が乗っていたのですし、五日後にはその人と入れ替わりに香港から咳をする乗客複数で、以後予定通りの航海とパーティやらイベントだったそうですから、感染が広がって不思議はない船に3700人。

仮に上陸させて隔離するとしても、チャーター帰国者でさえ収容場所に苦慮した現実で、どうしたら良かったと仰るのでしょ?
現代では世界初のケース、という事態だそうで、二週間の船内隔離が済むまで何処の国も手を出そうとはしなかったのも頷けます。船籍はイギリスですけどジョンソン首相は未だ沈黙。

予想外の事で、憲法も法整備も不足な国で、しかもまともな国家たる憲法を持たねば、とする総理に散々な濡れ衣を着せて国会審議すら出来ない現状を余所に、はじめから完璧を求める方は、さぞや随分厳しく律した毎日をお過ごしなのでしょうね。


[ 2020/02/29 02:18 ] [ 編集 ]
とらこさん
>大阪のガイドさんが一旦治ったけど10日ほどで再発した、というニュースを聞いて、このウィルスは体内に残り続けるモノかもしれない、と根拠はありませんが感じて居ります。

○熱や咳の症状も収まり、肺のレントゲンも問題なく、PCR検査は陰性となれば、一般に治癒したと判断するようです。ただ、PCR検査では、喉と鼻腔の検査までのため、肺からの呼気にどれくらいのウイルスが含まれるかまでは調べないようです。そのため、肺にまだウイルスが残っていた場合、それが排出される際に、喉や鼻腔に再感染することはあるのかもしれません。治癒したと判断する基準の見直しは、必要かもしれませんね。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
(参考、厚労省ホームページ、問29と問30。)


>アビガン薬はエボラ出血熱や新型ウィルスに効くそうですが、毒性もあって、副作用が生まれる子供に出る可能性を言われているのではなかったでしょうか?

○アビガンは、妊婦さんには、副作用を考慮する必要があるようです。こどもや高齢の方には、使用しても副作用の問題は少ないのかもしれません。いずれにしても、お医者さんは、個別に投与判断をする必要があるのかもしれません。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/022601110/?P=1


○最近、気になることとして、ネットで散見するデマ情報についてですが、武漢肺炎(Covid-19)が、治癒しない病であるとか、不妊の後遺症が生じるといった嘘もあるようです。

○まず、治癒しないというよりは、その強い感染力から推測するに、一般の感染症と違い、再感染する確率が高いのかもしれません。集団治療する際は、快方に向かった患者を個室に移す、自宅療養にするといった措置は、再感染を予防する上で必要なことかもしれません。つまり、病院のベッドは、重症患者と軽症患者に分けて、対症療法などの治療と経過観察をする必要があるのかもしれません。一般論としてですが、感染症は快癒すれば、また感染しても軽症かつ短期で、快方に向かうのかもしれません。

○後遺症で不妊症というデマは、現段階で、因果関係のある実例、ゼロだと思います。昨年末に発生した感染症で、一年も経たないうちに不妊症と判断するのは、明らかに早計な判断、デマではないかと。患者の精力減退などの症状がある場合、病気で食欲などの元気がないことや、投与されたお薬の副作用の影響などを、まずは考えるべきだと思います。

○武漢肺炎(Covid-19)は、軽症でも肺炎のような症状ならば、重症化しないように、自宅で安静にすべきだと思います。再感染するリスクを考えても、2か月あれば概ね治癒するのではないかと、希望的観測ですがそう思います。
[ 2020/02/29 10:49 ] [ 編集 ]
感染力が強い風邪の一種
政府が学校やすめって言うなら金寄こせ―などというタカリ体質は
ぱよちん特有のものでしょwww
休校は子供の安全、ひいては新型ウイルスの蔓延を防ぐための判断だ。
自分のためであり、皆のためであるのに休業補償しろとはどういう神経なのか?完全に社会の一員としての意識が欠落している。おそらくこの手の浅ましいタイプは遵法精神もかなり低レベルだろうなwwww

新型ウイルスは決定的な治療法はないものの感染者の8割が重症化しないというなら感染力の強い風邪の一種に過ぎない。
検査で陰性だった人が後に陽性になるという例もあるから
この検査だって百発百中ではない。
風邪なら会社や学校を休んで休養すれば治る。重症化したら医者にかかる。そういう当たり前の感覚でよろしいのでは?www

ただ、未知のウイルスで感染力が非常に強いようだからこのような事態になっただけ。少数の間抜けで自己中なぱよちんを除けば、日本人は何でも協力し合えるだろう。
[ 2020/03/03 10:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ