FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  深堀すべき闇 ~ 杉田議員が国会で取り上げた「関西生コン」と忖度メディア

深堀すべき闇 ~ 杉田議員が国会で取り上げた「関西生コン」と忖度メディア

← 応援クリック、ありがとうございます。

 野党第一党の代表、枝野の致命的な知識のなさに、ネット上で失笑が起きている。枝野は昨日、衆院予算委員会で質問に立ち、新型コロナウイルスで死亡した3人目の方について、加藤厚労相が「陽性患者であった」と答弁したことを受け、「”陽性”ということは“感染していなかった”ということですね?」と切り返した。発生以来、来る日も来る日も武漢熱の報道で溢れる中、今日日、陽性と陰性の違いは一般常識だ。いや、コロナ以前から常識である。

 こんな知識もない人間が、質問を終えた会見で「厚労大臣も、総理、官房長官も、非常に危機感が欠けていると受け止めざるを得ない」と、もっともらしくほざく。枝野は、陽性と陰性の定義を知らない自分の欠落した危機感を憂うべきだろう。皮肉なことに、野党第一党のこの体たらくが、安倍政権の支えとなっている。

 2月24日、自民党の杉田水脈議員がTwitterで、翌日の第一分科会で「ついについに、「あの事件」やります!!!ご期待ください!」とツイートしていた。帰宅後に動画を確認したところ、「あの事件」が意味するのは「関西生コン」だと判明した。杉田氏はこの関西生コン事件について、この事件が一般の報道でまったく取り扱われないことへの疑義を呈しつつ、事件の重要部分をつまびらかにしていく。杉田氏の質疑で、関西生コン関係で検挙された逮捕者の数は、威力業務妨害罪、恐喝罪による89名と公表された。杉田氏は質疑の中で、立民党の元気のいい大阪の女性議員について、このように皮肉を交えて言及している。

 先日の予算委員会で「鯛は頭から腐る」という言葉が紹介されましたが、ロシアのことわざをモジって紹介される。さすが世界を船で回られた方のご見識は違うなと。一般的には、魚はお腹から腐るものだと知られていますが、ご自身のご経験に何か思い当たる節がおありなのかなと思いながら拝聴していました。


 文字通り、世界を回る船はPEACE BOATであり、世界をその船で回った人物が辻本清美だ。89人も逮捕者が出て、しかも有罪判決が出ている中で、報道各社が何故この問題を報道しないのか。そこに、日本のマスコミの闇がある。総理への忖度を殊更問題視するメディアこそ、「関西生コンに忖度」しているのだ。追及は、関西生コンから献金を受けていた辻元に及ぶことは必至だ。文春も、低俗なスキャンダルを追いかける暇があるなら、こういう社会性のあるネタを追えばいいのにと思うのだが、関西生コンが週刊誌業界にも影響力を持つために書けないということになれば、その闇はさらに深くなる。

杉田水脈議員


 身の危険を顧みず、国会でこのような重要な社会問題を取り上げる杉田水脈議員には、本当に頭が下がる。当局はしっかり護衛してもらいたい。

 その辻元が所属する立民党。政府の、新型コロナウイルスのさらなる感染拡大に備えた総合的な基本方針発表を受け、陳さんはこう批判した。

「これまでの取り組みの延長線上で、危機感が感じられない」


 バカも休み休みに言ってもらいたい。彼らクズ野党は、クルーズ船の横浜寄港や、武漢からの帰国者受け入れ、また、武漢コロナが国内で感染者を出している頃、そのことをほとんど取り上げず、専ら「桜を見る会」関連の質問に終始し、挙句の果てには国会審議をボイコットする愚挙に出ていた。こういう連中が「危機感」を語るのは笑止千万。問題があろうと、判断を間違えようと、政府や役所は、このウイルス感染拡大を阻止するために、睡眠を削って対応している。その問題の議論すら避け、国会をサボるような議員連中に、政府や役所を批判する資格など無い。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/02/27 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(10)
○新型コロナウイルスの早期終息ためには、

1 「湯船を冷ますときに、熱湯は注がない。」
…つまり、感染流行地域からの渡航禁止措置のことだが、これには完全シャットアウト方式と、抑制方式があると思う。後者については、熱湯ではなく、ぬるま湯を注ぐイメージで、すべての渡航者に空港などでマスクを配布し、国内での着用をお願いすることも必要になるだろう。

2 感染の拡大抑制には、政府の基本方針にあったように、クラスター管理(集団感染の抑制)は有効だろう。マスクも、3月には増産されるようだ。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200226/k10012301941000.html

3 感染した場合、軽症は自宅安静、重症は医療機関で治療という基本方針だと思うが、いずれにしても、2か月くらいは安静にしたほうがいいだろう。特に、症状は肺炎であることから、たくさんしゃべることや呼吸の荒くなるような運動(熱もある場合、呼吸は乱れやすい)など、肺に負担のかかることは控えたほうが良いだろう。

4 自然治癒力で時間をかけて回復する対症療法と平行して、治療薬など効果的かつ早期に治療できる方法を確立することも、急務ではないだろうか。検査体制の充実も大切であるが、入口よりも出口を作ることのほうが、患者の混乱回避のためにも必要なことではないかと。

[ 2020/02/27 08:17 ] [ 編集 ]
立憲民主党枝野代表
昨日の予算委員会の質問で「陽性と陰性」の意味がわかっていなかったことが露呈。陽性がOKで、陰性がNOと思っていた様子。

「そんな馬鹿な、そんな国会議員はいないだろう」とお感じの方、昨日の映像をご覧あれ。これが、日本の野党第一党の党首の実態です。
[ 2020/02/27 09:19 ] [ 編集 ]
池沼ぞろいのクズ野党
クズ野党は池沼ぞろいだから
今後は池沼1号、池沼2号と呼ぶのがいいかもwww
[ 2020/02/27 09:52 ] [ 編集 ]
もっと早く取り上げてほしかった関西生コンと辻元清美との腐れ縁
関西生コン(連帯労働組合関西地区生コン支部)事件が発覚した時は、過激な左翼反社の実態に驚きました。

また、関西生コンと北朝鮮との関係、さらにはこの団体が政治献金等辻元清美議員とズブズブの関係にあるという疑惑は、彼らの正体を暴く大事件なのに、なぜかマスコミの扱いは小さかった。
左翼陣営にとって不都合な真実だからか?と歯ぎしりしたものです。

それどころか毎日ハンニチ新聞をはじめとする左翼系新聞各紙はとんでもない屁理屈を持ち出して関西生コンを擁護する記事さえ書いたほどです。
(以下昨年12/9のネット記事より)
「関西生コン事件で日本労働法学会有志が捜査に抗議」
セメントやコンクリート業界の労働者でつくる「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」(大阪市西区)の組合幹部らが恐喝罪などで逮捕・起訴される事件があり、研究者や弁護士ら約700人でつくる「日本労働法学会」の有志78人は9日、憲法で保障された労働基本権を無視しているとして、一連の捜査に抗議する声明を発表した。
 同学会関係者によると、昨年から今年にかけ、大阪、京都両府や滋賀県などで逮捕された組合員数は延べ81人で、うち延べ69人が起訴されている。労働組合運動を理由とする刑事事件としては戦後最大規模だという。

 恐喝等の逮捕容疑を労働組合運動とは牽強付会もいいところ。
立場の弱い労働者を保護すべしという憲法や労働法の趣旨とは程遠い。
おそらくこの学会というのも過激左翼活動家の温床なのでしょう。

関西生コンは労働者を守るとか世界平和とか立派なゴタクを並べるだけで、
その正体は強欲な利権屋に過ぎません。
崇高な理念の陰に隠れて、親北極左暴力集団をのさばらせることなど
到底国民が認めるはずもありません。

なので、今回やっと杉田水脈議員がこれを取り上げ追及するという英断には賛同しますが、今頃になって取り上げるのは遅きに失するというべきです。

ことあるごとに政権の謀略に結びつける謀略派パヨクの口を借りれば、先日野次問題で陳謝を強いられ、辻元議員に恥をかかされた安倍首相が、鉄砲玉を使って辻元議員攻撃をやらせているとの的外れな誹りを招きかねません。

この問題が旬の時期にこの闇にメスを入れてほしかった。
コロナ大騒動のさなか、大声を張り上げても皆関心を持たないでしょう。






[ 2020/02/27 09:59 ] [ 編集 ]
もう一押しが欲しい
保守の新星、杉田議員が人気だ。
自民党議員からのこういう発言は、大変貴重である。
しかし、せっかくの質疑がいつも深まらない。

以前も、LGBTの「生産性」発言でも、ちょっと批判されて尻つぼみになってしまい、事の真意が正直あまり伝わらなかった。

衆議院予算委員会第一分科会での一幕らしいが、野村警察庁総隊部長に対し連帯ユニオン関西支部生コン支部のこれまでの逮捕人数と罪名を質問し、延べ89名を逮捕しているとの回答を得た。
そしてこれらが不当に得た利益が発生している疑いがあるとし、被害者の救済の訴えと100億とも言われる不正資金の行方について言及している。
主犯格の武の名も出し、民進党や社民党議員との関係についても触れた。
そして辻元に対する皮肉の一コマがあった。

確かに、関西生コンを取り上げた事は大いなる進展だが、まず遅すぎる。
そして、これだけで終わる事なく引き続き取り上げ、是非辻元に対し、武との関係や献金の有無についての質問、疑惑に対する立証責任などを厳しく追及して行って欲しい。

自民党は、杉田議員だけに任せる事なく、一致協力して疑惑の追及にあたって欲しい。
[ 2020/02/27 10:13 ] [ 編集 ]
土木はヤクザ利権なので特殊ですが
土木建築関係のヤクザ利権は昔から有名で、ヤクザは元々特殊な業界なので、トラブル防止のための規制法が色々存在しますが、元々ヤクザ利権といっても、ヤクザ自身が一般人と直接関わらないように、緩衝材(フィクサー)が存在しますから、そこまで怖くもないですね。

こうしたヤクザ利権(この場合はヤクザではないですが)を労働運動に結び付ける意味不明な「言いがかり」に対しては断固反対するべきですね。そもそもヤクザ利権を労働基本法に結び付ける法理論なんてないはずですからね。

関生は元々金丸派の手配によって北朝鮮とつながったという話です。要するに、関生の利権には民主党だけではなく、自民党も関与していたわけです。今まで逮捕しなかったのも自民党の暗部が暴かれるからだろうと思います。汚沢さんの水谷建設の事案も汚沢さんが自民党時代からパイプを持っていた「北利権」でしたからね。

正直、北利権に自民党も絡んでいるというのは嫌になりますが、売国奴の多くは他界したので、残すは「二階派」くらいのものでしょうかね。





[ 2020/02/27 20:18 ] [ 編集 ]
特亜利権は与党にも
そもそも労組といっても、直接北とパイプを持てる団体なんて、いないに等しいですからね。

自民党というか与党が何らかの形で利権やパイプを開かなければこのような事が起きるわけが無いんですよね(苦笑)。

全く特亜利権が絡むと普段は味方を装っている者ですら敵になることがありますから嫌になりますね。
[ 2020/02/27 20:22 ] [ 編集 ]
第一野党は闇だらけ
今晩は。枝野幸男・立民代表のお粗末な知見は、この党の信頼を 更に国民か
ら遠のかせるだけだと心得ます。

杉田水脈衆議は、良い仕事をされたと拙者も思います。横浜港にての、大型船
「ダイアモンド・プリンセス号」の新型肺炎集団感染対応のドサクサに紛れ、
辻元清美衆議も関与のピース・ボート関連船「オーシャン。パシフィック」が
検疫不十分なまま、船客を下ろした疑惑が所謂「関生」疑惑と共に、どういう
訳か報じられないまま。

既成左傾メディア勢力が、辻元衆議や立民を初めとする特定野党や左派容共市
民勢力らに忖度し「報道しない自由」を行使して、当然に伝えるべき事共を報
じてない疑いは強いです。これぞ、国民の「知る権利」に背く大罪でしょう。
ホント、立民は闇の城塞と言えそうです。
[ 2020/02/27 21:30 ] [ 編集 ]
枝野だいせんせーは、武漢肺炎に限るとしても、今までの「陰性」「陽性」ニュースを一般常識人とは逆に理解していた、という事でしょうね。
であれば、この日本、「ものすごい感染者だらけ」と受け取っていたのでしょうねw 
なのに、サクラ攻撃に圧倒的時間を割く作戦の政党だったと。


杉田議員の生コン審議は、急がなければ証拠隠滅されるとか時を失って意味が無くなる、というものでもないでしょうから、相手が相手だけに、私はよくぞ取り上げられた、と感心致します。
攻めるネタを集めるのに時間を要したのか、種々の懸念を振り払えて「腹を据える」に至ったのか、何にしても大変な御決意だと思います。何事もありませんように!祈ります。

[ 2020/02/28 00:49 ] [ 編集 ]
>枝野は、陽性と陰性の定義を知らない自分の欠落した危機感を憂うべきだろう。皮肉なことに、野党第一党のこの体たらくが、安倍政権の支えとなっている。

〇枝野さんのこの思い違いについて、マスコミはほとんど報道していない。評論家の方々も、舌鋒は鈍り、かん口令のようだ。安倍総理の漢字の読み違いなどは、鬼の首を取ったかのように嬉々として発言、揚げ足取りの批判的な評論も散見するのだが、読み違いと思い違いでは、思い違いのほうが深刻な間違いではないだろうか。

〇記憶に新しいのが、野党の批判として、「募る」と「募集」、この使われ方は同じではないか、という、いわゆる「意味のない質問」、どうでもいいご指摘があった。

〇日本人としては、辞書を引くまでもなく、あたりまえの話になるが、日本語は一つの単語でも、複数の意味合いを持っている。つまり、言った人の意図として、「募る」は多くの人に伺う、参加を打診するという意味合いで用いたならば、聞く人もそのように理解すべき言葉になるだろう。「募集」とは、応募や公募など、積極的意味合いで使われることが多い。そのため、広義の意を含む「募る」とは違う意味合い、「集める」という積極性のある言葉といえるだろう。

〇閑話休題。「陽性」と「陰性」。ようは、検査で病気の反応が〇か×かの話だが、マスコミは、カオスな枝野発言をうまくフォローしているようだ。つまり、「陽性」となった患者は、快方に向かい「陰性」となったが、数日後にまた「陽性」となった例があるという報道。これは、日本国民の不安を煽る報道であり、なぜ今そのような報道をするのだろうと違和感を感じる。いわゆる、

「検査では、ただちに、陰性になるわけではない。」
(後日、陽性になる可能性もあるの意。陽性か陰性か、〇か×かではなく△)

…枝野さんの陽性と陰性、そもそもの意味合いを間違ってたならば、勉強不足は否めず、マスコミはフォローしようにもできないことだろう。検査で陰性でも、確実に陰性とは言えず、陽性になるかもしれないという報道をすることで、○×はっきりさせずに、△(〇の可能性もある×)と、印象操作している気がする。

〇なぜ今、その報道をするのか、という疑問は置くとして、検査結果の△は、間違いではない。しかし、それはどちらかというと、専門家や検査官の判断で〇×決定時に考慮することであり、〇×の検査する以上は、どちらかというとイレギュラーなケースになるのではないだろうか。

〇新型コロナウイスルについては、肺炎になりやすいことが知られている。初期にのどや鼻では排出されにくく、直接的に肺に入り込みやすいようで、そのため早期に肺炎となるケースも多いようだ。軽症と重症の違いは、早い段階で油断して仕事や外出をするなど、安静にしていないことが原因にあるのかもしれない。

〇肺に、ウイルスが入りやすいということは、多くのウイルスが存在するため、残りやすいことも意味しているだろう。そのため、ぶり返す場合もあるのかもしれないが、肺炎であるから、数日で良くなる風邪よりも症状は悪く、2カ月くらい安静にしたほうが良いのかもしれない。

〇日本国政府は、治癒した事例、その経過と詳しい症状についても、情報公開したほうが、日本国民の不安がある程度は払拭されるのではないだろうか。入口だけではなく出口も、つまり検査体制と治療体制を、同時並行して整える必要があるのかもしれない。
[ 2020/02/28 12:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ