FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  「ウイルス加害者は中共である」という再確認と、被害者とは言い切りれない日本政府

「ウイルス加害者は中共である」という再確認と、被害者とは言い切りれない日本政府

← 応援クリック、ありがとうございます。

 毎朝の習慣である朝日新聞の社説確認も苦行の一つだが、日曜日の朝にサンモニを観ることもかなりの苦痛を伴う。何故か、この番組に青木理が出ていないと寂しい思いをするのだが(笑)、とはいっても、この番組には他にも個性的なキャラが存在する。法政大学総長で、あの上野千鶴子や辛淑玉がコアメンバーである「のりこえネット」の共同代表でもある田中優子も、まさにその一人だ。

田中優子


 田中は23日のサンモニの締めくくりのコーナー「風を読む」で、武漢ウイルスと差別を語る中で、「グローバル化はお互いのことを理解していけ入れることが前提。このウイルスの問題というのが、何々人が悪いんだみたいなことになっている。それは誰のせいということではなく、どこが発症してもおかしくはない」という趣旨のことを語った。

 あちら側がお得意の、「都合が悪いときの犯人隠し」である。新型コロナウイルス蔓延に関する最大の責任は、間違いなく中共にある。食品に関する杜撰な衛生管理はもちろんのこと、ウイルス発生以来、中共は情報を隠蔽・統制し、警鐘を鳴らそうとした医師らの口を封じ、世界に情報を与えない状態で人の行き来を遮断せず、ウイルスは世界に拡散されることとなった。ダイヤモンド・プリンセスの問題でも、日本政府や船の対応が云々と文句を言う輩が少なくないが、ダイヤモンド・プリンセスも日本政府も、立場は違えど、基本的には支那が拡散させたウイルスの被害者であることを忘れてはならない。

 しかし、政府の対応は、その成否にかかわらず、全面的に免罪されるわけではない。以下は、フジテレビの「日曜報道 THE PRIME」に出演した櫻井よしこ氏の告発を紹介する、門田隆将氏のツイートだ。


 この新型コロナの対策における安倍政権の対応および方針は、理解に苦しむ。新型コロナは致死率は低いと言われ、感染力もそれほど高くないとの話があるが、しかし、現にウイルスによる死者が出ており、国民の間に生まれた疑心暗鬼が、武漢からの帰国者を受け入れた、勝浦のホテル三日月にまで及んでいるという。日々の過剰ともいえる報道も考えものだが、かといって無視できるものでもない。

 米国はもちろん、隣国で支那と友好国のロシアまで、支那人の入国を禁止した。ロシアは支那と国境を接しており、地続き故の事情もある。しかし、米国は距離の差はあれど、日本と同じく、支那とは海を隔てた関係にある。その米国が支那人入国を拒否し、日本は部分的に規制するだけで受け入れている。恐らく、人々が釈然としないのはここではないか。「日本と米国の差はなんなのか」、である。

 今更という感もあるが、それでも、支那からの人の流入は、彼の国のウイルス制御にある程度の成果が見られるまで、全面的に禁止すべきであり、安倍政権はその方向に舵を切るべきだと思う。習近平の国賓来日など、議論以前の問題だろう。SNSを見る限り、今回のウイルス対応を契機に、安倍政権の支持者離れが顕在化しており、その流れは止まっていない。これでは悲願の憲法改正など、夢のまた夢だ。

 安倍総理は支那へ配慮することで、いったい何を狙っているのか。当たり前だけど、私にはさっぱりわからない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/02/24 07:24 ] 外交 | TB(0) | CM(11)
ザルです
法政大の御着物をお召しのセンセ。まあ個人の自由ですし、それもグローバルとは云々、と仰る方には大きなお世話でしょうが、せっかくの日本特有のお召し物を、着方でどうにでもなるのですからロクロッ首に見える着付けは如何なモノでしょうかね? この人を見る度に思う個人的感想です。

こりゃあマズイ!で隠したいのは特亜諸国の事で、嘘でも貶められるならいくらでも「暴露」するのが日本国の事。それが揺るがぬ彼等の基本でしょうね。どういう根性しているのやら。

そんな番組をご覧になるから風邪ひくのです!気分よくお過ごし在れ。


阿比留氏の記事には、与野党は勿論、<政府にも居る「親中派」>だそうで、それは一体ダレ? 
あの”与党”は分かりますが、総理が押し切れない程の「親中」人物とは?やっぱりアノ人かなw
その内どうにかなるとお思いでしたら安倍総理も甘い。ドンドン被害は広がるばかりです。

そのダレかさんがマスクの国内販売が官邸の意のままにならずブチ切れて経産省担当員を呼びつけた、というネット情報です。
そりゃあ訪日シナ人を自由に入国可能にさせているのですから、製造元が「働き方改革」破って夜を日に継いで幾ら増産しても、段ボールごと買占め続けて行くのですから、人口14億人の国で一日一枚使用としても追いつくはずがない。
それでなくても永の滞在同胞も果てしなく居る訳で。
しかし何故か日本国内では中国産だけが手に入る不思議。

政府のこの対中姿勢を産経は「ザルで水を汲むような」と上手い表現をしていました。

昨晩政府は又チャーター機を出して、滞るシナ向けの貨物(勿論マスクなども)を上海にお運びして差し上げたそうです。帰りには自動車等の部品を持ちかえる予定だとか。
帰り便の方が本目的でありますように、と願わないではいられない。が、何故そこまで政府が?

海外にもそろそろ感染者と死亡者が続出してきたそうで、結局検査が進めば患者が出るという事でしょうね。
2億9千万?だかの人口を抱えるインドネシアには現在一人も発症も無い。華僑さんが多い国ですけど。 
[ 2020/02/24 08:22 ] [ 編集 ]
堪忍袋の緒が切れてしまった
政府による新型肺炎に関する対応の甘さ、杜撰さが色々と指摘されている。

先日話題になった神戸大の岩田センセーはじめマスコミ、野党などの様に、政権批判ありきでの政治利用などは全くの論外であるが、ここへ来て「いわゆる保守系」の方々からの相次ぐ批判が、続々と噴出している。

ブログ主様ご指摘の櫻井よしこ氏、門田隆将氏はじめ、百田尚樹氏、高須克弥氏などなどお馴染みの超大物保守系著名人であり、かつては安倍応援団の先頭に立つ方々の批判が相次いでいる。
政治経済関連のブログで常にトップの人気を誇る三橋貴明氏は、今や反安倍の急先鋒となってしまった。

これは、今回の新型肺炎対応への批判に端を発し、現政権への様々な不満がマグマの様に噴火し始めている現れの様な気がする。

安倍応援団は決して安倍信者ではなく、日本の行く末を案じた者が、特に経済や安全保障がより良いものになってくれる様願いを込め、政治家安倍晋三に日本を託したはずだった。

安倍政権の問題点は何か。
当初の目的から逸脱したのか。(目的を見失っている)
イエスマンしかいないのか。(組織として機能していない)
官僚を使いこなせないのか。(官邸主導か官僚主導か)
正念場の現政権を厳しく見定める時が来た気がする。
[ 2020/02/24 10:31 ] [ 編集 ]
推測も憶測もデマもごちゃ混ぜになってコロナパニック極まれり、というところですかね。
小さい子供を持つ親とか持病のある人が不安になるのはわかりますが、普通に健康な人は自己免疫を上げる方法に目を向けた方がいいと思います。
「20代の人が重篤」と聞けば「ほら!やっぱり政府は嘘をついた!」と脊椎反射してる人が多くて残念です。
若くても健康じゃない人もいるし、生活習慣も違うだろうに、そういう事に目が向かないのは何故ですかね。
不安を煽る情報に過度に反応してストレスを溜める方が病気を呼び込みやすいし、パニックを起こして騒げば、懸命に対応している人の足を引っ張って解決を遅らせるだけなので、とりあえずは落ち着きましょう。
[ 2020/02/24 11:06 ] [ 編集 ]
安倍4選を断固支持するが・・。
この期に及んで習近平の日本訪問は予定通りって正気?
なぜそこまで中国に気を遣うのでしょうか?
二階氏が安倍4選を公言するので、言いなりになってばかりなのか?
毅然とした姿勢が安倍外交のポリシーだったのでは?
こんな調子では保守層の支持も失いかねない。
天安門事件直後手を差し伸べて世界中から非難されたことをお忘れか?

 最近安倍首相は裸の王様になっているのでは?
茶坊主どものおべっかに祭り上げられて本質を見失っていませんか。
色んな事を強行しては法的に問題なしと居直っているように見える。
支持率がそれほど落ちていないのは野党はもっと酷いからというだけであって
国民は安倍政権にまったく問題なしとは見ていませんぞ。

問題ないの一点張りで押し通そうとするから、後から齟齬が生じたりして、
つまらぬことで野党や左翼マスコミから追及されることが多すぎる。
正直に適切ではなかったと陳謝して今後は適正な運用に努めると釈明すれば、
国民の理解を得られたであろうにと思われることが多いと思います。

野党の追及が正しく、安倍首相に辞任に相当するような瑕疵があるならば、
野党の支持率は急上昇のはずが、むしろ下がっている。
だから舐め切っているのか、野党の無力に助けられ過ぎでは?

国民は事の本質をきちんと理解していて、野党が騒ぎ立てるのは見え透いているが、かといって安倍首相の強気一辺倒もよろしくないと感じているはず。

和泉補佐官の破廉恥コネクティング出張を軽く首相の注意で済ますなど論外。
もし北朝鮮だったらこの二人は公開処刑でしょうな。
総理のお気に入りだからお咎めなしでは到底国民の理解は得られない。

黒川検事長の定年延長も筋が悪すぎる。
検察トップを政権の思うがままに選ぶなど、大統領の都合の良い人物を
最高裁長官につけた韓国を法治国家の資格なしと嗤えなくなるのでは?

世界の悪辣トップと渡り合うためには安倍4選しか途はありません。
首相には丁寧に国民の理解を得る努力を希望します。

ここぞとばかりに首相の足を引っ張ろうとする勢力の悪だくみに対しては、
ムキになって反応せず、泰然とユーモアでいなしてはいかがでしょう?



[ 2020/02/24 11:10 ] [ 編集 ]
>その米国が支那人入国を拒否し、日本は部分的に規制するだけで受け入れている。恐らく、人々が釈然としないのはここではないか。

〇「湯舟を冷ますときに、熱湯を注ぎ続けるようなもの」国内の感染拡大を抑制し収束させるには、入国規制もひとつの手だろう。どうしても、入国規制は難しい、賛否の議論に時間もかかるのなら、最低限、市中感染抑制のためのケアとして、中国人など外国人の渡航者には、空港でひとりひとりに、マスクを3枚ほど無償配布するぐらいの対応は必要だろう。水際対策のみでは、感染の完全防止はできないかもしれないが、感染の拡大を抑制することは期待できるだろう。

〇ただ、入国規制をどれほどしっかりしても、水面下の諸外国の感染状況や、すでに市中感染もあると思われる国内状況も考えると、入国規制だけで国内感染が収束するとは思えない。ひとりの感染者からひとりひとりの日本国民を守るには、やはり個々にマスク着用を求めるしかないだろう。

〇市中感染を抑制するマスク、外国人に転売目的で爆買いされているという指摘もあるようだ。販売店は、ひとり一個の販売を、もっと徹底すべきだろう。どうしても、今、咳の症状があり必要な方は、病院に行けばマスクも処方されるのかもしれないが、国や自治体などで、数か月程度の備蓄があるならば、今こそ感染抑制のために備蓄を使うときではないだろうか。必要な方、希望する方には、無料で配布したほうがいいだろう。

〇駅で人の動きを観察していると、100人にひとりくらいは、咳き込んでいる人を見かける。咳をしている人がいない場合でも、つい先ほどまではそこで咳をした人がいたことになる。咳をしている人がいないからといって、油断はできないだろう。咳をしていてノーマスクは論外だが、そう言うマナーのない人も、市中で見かけることはある。症状のある人には、咳エチケットよりも強めの強制力、たばこのポイ捨て禁止のように、市中のマスク着用を義務化することも必要かもしれない。

>習近平の国賓来日など、議論以前の問題だろう。

〇中国にとっても、中国人の多くが苦しいときに、習さんを国賓の待遇でよいかどうかは、賛否のある話だろう。ただ、このようなときこそ、中国とは政治的な問題点を棚上げせずに、しっかりと話をしておきたいところだと私は思う。

〇外交の基本は、相手と対等に話せる状況かどうかにあるだろう。米中対立するほど強い中国と、日本国は対等に外交交渉をと思っても、やや不利、経済力で水をあけられているのは、否めないのではないだろうか。

〇ただ、日本国の強みである医療分野、そこは中国に勝る分野であろうから、今、武漢肺炎(copid-19)で苦境にある中国とは、対等以上に話せる状況といえるだろう。無論、困っている隣国の、弱みに付け込むようなマネは、日本人としてもよい心地がない話だが、外交上は、相手が困っているからこそこちらは話を聞き、こちらの話も相手に聞いてもらえる、という状況、対等な外交として成り立つのではないかと。

〇中国の経済活動の停止は、二酸化炭素の抑制となり、地球環境の変動も抑制されて環境は整う、という話も聞く。たしかに偶然かもしれないが、今年の初め、中国が経済活動を全面的に停止したとき、今まで雪不足であった日本国内の環境は、例年通りの積雪に改善された、ということもある。

〇日本国でのPM2.5や夏場の熱帯夜などは、大陸側の砂漠化やヒートアイランド現象の余波もあるだろう。中国とは、尖閣諸島の問題が悩ましいが、環境問題と武漢肺炎(copid-19)問題については、ケガの功名、共に良策を考えて、改善していかなければならないだろう。
[ 2020/02/24 12:38 ] [ 編集 ]
安倍政権が中国からの渡航者を規制しないのは、政権の中枢にキング・オブ・売国奴の2Fさんがいるからでしょうね(笑)
こう言っちゃなんだが、和歌山のようなド田舎県にパンダ舎があること自体、あの方の中共から覚えが余程メデタイんでしょう
[ 2020/02/24 18:27 ] [ 編集 ]
中共と我国媚中派の共同不法行為
今晩は。中国大陸の共産化後最悪の事態となった 此度の新型肺炎の件は、貴
指摘通り中共の責任が最たるものでしょう。我国内に関しては、他の各位の投
稿通り、中共と我国媚中派の共同不法行為と言えます。

我国媚中派に対しては、さしもの安倍政権も歯が立たないという事でしょうか
。余り信じたくはない所ですが。後、従前からさんざ指摘されて来た「チャイ
ナ・リスク」と正面から向き合って来なかった経済界の不良姿勢も問題でしょう。

恐れながら、今回貴記事も拙リンク致したく、ここにお届出の次第。お風邪気
味の様ですね。こういうご時世ですので、軽い症状でも特段の注意を要する局
面かと心得ます。メディア記事のチェックも大事ですが、どうかご無理なき様 お大事に。
[ 2020/02/24 19:09 ] [ 編集 ]
23日に中国向けに運行されたANAの貨物便の事ですが、日本郵便が運行中止で溜まってしまった中国への郵便物を臨時便で送ることになり、その中の一部に支援物資が含まれていたようです。そして、帰りに自動車部品を積んで帰ってくるという荷物のやり取りのようです。

一体誰が送ったんだろうと疑心暗鬼になっていたのですが、荷物の中の一つとしての支援物資と言うことで、政府云々ではないようです。外務省のホームページにも載っていませんし。

色々思うところはありますが、色々な情報が飛び交っていますので、自分自身でしっかりと情報を見定めていく必要がありそうです。
[ 2020/02/24 23:05 ] [ 編集 ]
武漢肺炎への安倍内閣の対応には疑問と不満が消えませんが、それでも私は安倍総理を支持いたします。消費税下げましょうよw

再度お書きの方にお聞きしたいのですが、和泉補佐官が安倍総理のお気に入りという根拠は何でしょうか?
総理の信頼を得ていると言われる補佐官と内閣官僚は他に居られる様に仄聞いたしますが。
立場を弁えられない者は譴責されたのですから自粛したらよいだけでしょう。国政には関わりのない個人のスキャンダルだと、私は思います。

滞っている郵便物や貨物を上海に運んでも、あちらの国内で配達される確証を得ているのでしょうかね?封鎖都市が十何か所だそうですが。
昨年春の事ですが、日本からの荷物が上海市内の住居に届いたのは、まるで船で東回りしたかと思える四か月後だった、と友人の経験です。目に立つ傷の無かったのが幸いだったと。
六機目のチャーター機は目的があってした事でしょうが、なにやら不可解です。

シナの主要都市のインフラをほぼ全て賄った長年の日本のODAでしたが、その終了時に集金サンは謝辞ではなく「評価する」の一言だったそうで。
今回の異常なシナ扱いが、将来如何なる日本の国益に繋がるのでしょか。

[ 2020/02/25 00:24 ] [ 編集 ]
正直首をかしげる対応
チャイナは、13億もの「低賃金労働者」と引き換えに、「裏切り者」に対しては容赦をしない国なので、手を引くときは、その利益を全て献上するくらいの覚悟は必要だったわけですね。

忠誠を誓っている内は、色々と経費を中共にもぎ取られるといっても、「オマンマ」はもらえるので確かに儲かりますが、その代わりに、日本国民の「税金」が色々と「中共」に貢がれるので、一般庶民には何の恩恵もありません。

今回のような「ウイルス事件」が発生すれば、普通ならば手を引くしかないことが分かると思いますが、内外の利権があるのかしりませんが、対応が鈍すぎるのと感じるのはだれの目に見ても明らかでしょう。

首相は立場を考えるとやむを得ないところはありますし、二階のような売国奴(石破もこの系列)が変に力を握っている以上は、身動きが取れない側面もあるのだろうとは思いますが、それでもこの対応の遅さには首をかしげるしかありません。

法律が無いといっても、そんな事態は想定しているはずで、それでも反応が鈍すぎるような気がします。

政権の驕りというのもなくはないとは思いますが、政党政治の限界を見せつけられた気がしますね。

確かにこの様相を見ると、今期限りで退任せざるを得なくなる可能性もありますから、気持ちとしては胸糞悪いですけどね。
[ 2020/02/25 02:10 ] [ 編集 ]
代わりがいないのも問題
正直、他に首相の代わりになる人材がいないのも問題が大きいんですよね。替えがいないとなると、首相一人で色々と問題を抱え込まなければならなくなりますからね。完璧な人材などいませんから、何らかの問題を針小棒大に煽り立てる勢力もいますし、実際に何年も首相ができるわけではありません。

周りの人材もまともなのがわずかにいますが、本当に少ないというか、「議員給与目当て」というか、「売れ残り」のような者しかいません。

民主制の問題点が衆愚政治になるところですが、人材育成という観点で見た場合は、必ずしも歓迎できる制度ではないことは確かですね(せめて貴族院が存在すればずいぶんましだったと思いますけどね)。
[ 2020/02/25 02:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ