FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「上様」領収書発掘で“詰んだ”辻元らは、総理と国民に伏して謝罪せよ

「上様」領収書発掘で“詰んだ”辻元らは、総理と国民に伏して謝罪せよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 先週頭にひいた風邪ですが、木曜日、金曜日と無理をしたことが祟り、昨日は再度の発熱でブログをお休みしました。記事をチェックに来ていただいた方には、申し訳ございませんでした。といっても、まだ熱は下がっていないのですがね…(汗)



 ダイヤモンド・プリンセスに乗船したまま、14日間の経過観察を過ごしたクルーズ客が、隔離生活を終えて下船した。感染者を出した船の対処については、今後、検証が為されることと思われる。クルーズ船に乗ったことがない私だが、実はこの船、生活に深く関係のある存在であり、そのことについても、暫く後にブログで書くことになるかもしれない。この客船に関しては、ネガティブな報道ばかりが入ってくる毎日だが、下船し、母国に戻る機中のイスラエル人11名が、日本政府や医療関係者に感謝の言葉を伝えている。日本の報道機関は、こういうことも発信すべきではないだろうか。


 ところで、船に侵入した岩田という医師だが、岩田の発信を客観的に論評した高山医師に対し、岩田の間違っている部分の指摘を公表しないでくれと頼んだらしい。なかったことにしたいのだろう。世の中では、こういうのをクズというのではないか。

 クズといえば、政界にはごまんといる。辻元清美、今井雅人、山井和則など、国民の健康不安よりも「桜」での首相批判を優先する、心ない議員連中だ。産経新聞が、安倍総理の「桜を見る会前夜祭」でANAホテルが発行した領収書を、参加者の協力を得て発掘した。総理の「名前空欄」ではないが、宛名が「上様」となっている。

ANAホテル領収書 桜夕食会の宛名は「上様」 首相答弁と一致 (産経)

 「桜を見る会」前日に安倍晋三首相の後援会が主催した夕食会に関し、会場となったANAインターコンチネンタルホテル東京(旧全日空ホテル)が発行したとする領収書を参加者が実際に受け取っていたことが21日、分かった。宛名は「上様」と記され、首相の国会答弁と一致している。
 産経新聞は、参加者が保管していた領収書を確認した。ANAホテルが会場となったのは平成25、26、28年の夕食会。確認したのは26(2014)年の領収書で、桜を見る会前日の「’14・4・11」との日付が記されている。宛名欄には「上様」、金額は「5000円」で、「夕食懇談会として」となっている。
 係名や「通し番号」が書かれ、支払い済みを示す赤色のスタンプも押されている。参加者は取材に「会場で会費を支払い、首相の事務所職員からホテルの領収書として渡された」と話している。(以下、略)

ANAホテル領収書


 特に辻元など、ANAホテルから書面での回答を得たと胸を張り、「ホテル側が「宛名なしで領収書を発行することはない」との回答を得たと、安倍総理に迫っていた。今井雅人は、「安倍総理は、都合の悪い事は自分で勝手に作り話を作って、さもホテル側が答えているような詭弁をしている。こういうのに皆さん、騙されちゃダメです!」と、国権の最高機関で発言している。このとき、総理は不在だった。反論できない状況でのヘイトまがいのレッテル貼りで、「姑息」の一言に尽きる。

 辻元がANAホテル側から回答を得た時、特定野党側は「総理は詰んだ」とばかりに自信を漲らせていた。しかし、彼等はANAホテルからの証言は取ったが、物証は得ていない。つまり、安倍事務所の桜前夜祭という個別事案をネタにしているにもかかわらず、個別のエビデンスは出していない。ところが、読売が野党の主張を証言を得たことに続き、産経は物証を挙げた。つまり、詰んだのは安倍総理ではなく、辻元ら野党であり、辻元らを必死にバックアップしていた、読売、産経以外のメディアなのだ。

 ここに来ての論点ずらしは許されない。辻元清美らは、領収書などの件で安倍総理を追及し、嘘つきなどとレッテル貼りしたことを撤回し、国民と国会に対し、伏して詫びるべきである。そもそも、こんなくだらない話に付き合わされている国民の側が迷惑だ。今井雅人には、懲罰動議が相当である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/02/23 07:22 ] 政治 | TB(0) | CM(6)
>先週頭にひいた風邪ですが、木曜日、金曜日と無理をしたことが祟り、昨日は再度の発熱でブログをお休みしました。

○管理人さん、ブログはたのしみですが健康第一、絶対安静ですよ~。おだいじに。


>日本の報道機関は、こういうことも発信すべきではないだろうか。

○武漢肺炎(copid-19)の最近の報道姿勢には、違和感を感じてます。たとえば、インフルエンザが流行したとき、感染者が何人増えた、どこの誰で職業は何です、といった個人を攻撃するかのような特定的な報道は、わざわざしないはずです。

○このような煽るような報道が続くことで、なんだか具合悪いけど、検査して陽性だったら、とても大変なことになる、どうしよう…と、余計な心配をする人が増え、そのため受診を我慢して重症化したり、こころの不安を助長して、社会的な不安も大きくなるという問題も生じるのではないだろうか。

○武漢肺炎(copid-19)については、昨年末頃から中国で流行し始めたのだから、中国人観光客の多い日本国にも、昨年末頃から、無防備状態かつ強い感染力のため、検査を広くしていなかっただけで、日本人の感染があって当然とみるべきではないでしょうか。市中感染、昨年末に騒ぐならまだしも、何を今更感です。

○季節性の風邪、インフルエンザのような流行り病と、同等の対応でよいはずです。もちろん、早期収束のためにも、わかる範囲での水際対策は必要です。学校や職場で患者が出たら、相応の対応は必要と思いますが、その対応も人権を無視した隔離や差別的な忌避といった、過剰な反応になってしまっては、病気以上によくない環境といえるだろう。

○厚労省は、インフルエンザ治療薬のアビガンを検討しているようで、もし、武漢肺炎(copid-19)へ効けば、日本のみならず、中国や世界中にとり、大きな朗報になると思う。東京オリンピック、無事開催になるかどうかは、感染症の市中感染の抑制もそうですが、日本国に治療薬あってこそかもしれません。

○森さんのオリンピックに対する強い思いは、同じ日本人として共感できます。ただ、今、マスクをしないという発言は、良くないことだと思います。安心を伝えるならば、率先してマスクをされたほうが、市中感染の抑制運動、その広告塔になれるはずです。オリンピック公式マスク、オリンピック公式除菌手袋などを販売してもよいかもしれません。スポーツ選手の広告で、「みんなで今こそ、感染症を予防しましょう!」という元気なアピールもよいと思います。

○もっといえば、日本は今、徹底した感染予防策をしてますよ、病気になっても外国人向けの相談窓口はあるし、最先端の医療体制と治療薬もありますよ、だから日本は健康で安心な国ですよ、外国人にも日本は安心と思ってもらえるよう、感染症予防策を新たに見直してはどうだろうか。
[ 2020/02/23 11:30 ] [ 編集 ]
管理人さん、無理をなさらずにお大事になさって下さい、


観光経済新聞に旅館経営者の永山さんという方が寄稿されています。
こういう事は、普通に社会生活をおくってきたまっとうな大人なら解る事ですよ。
野党は総理だけでなく国民の事もバカにしていると思います。

https://www.kankokeizai.com/%e3%80%90%e5%af%84%e7%a8%bf%e3%80%91%e3%80%8c%e6%a1%9c%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%82%8b%e4%bc%9a%e3%80%8d%e3%81%a7%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e6%89%b9%e5%88%a4%e3%82%92%e7%b9%b0%e3%82%8a%e8%bf%94%e3%81%99/

野党は、あれだけ桜問題で国会を停滞させていたくせに、今日の党首討論では「新型肺炎に対する政府の対応が遅い」と言ってました。
恥ずかしくもなくよくもこういう発言が出来るものだと、嘲笑するしかありません。
[ 2020/02/23 14:09 ] [ 編集 ]
毎日、参考になる記事をありがとう
産経新聞を購読している者ですが、こういう証拠が出たことは、
知りませんでした。こうして書いていただいて、感謝です。
[ 2020/02/23 16:32 ] [ 編集 ]
日本の弱体化だけが目的のクズ野党と、クズメディア。
ネットが発達した世の中でほんとうによかったです。

何しろ、クズどもが嘘を主張して声高に叫んでも、速攻でウソがばれる世の中ですから。だからこそ、ネットを駆使して情報を得ている人たちは誰もクズどもを信用していません。

あとは、何とか安倍総理には与党内の反勢力に打ち勝って日本国民を守ってほしいです。なにしろ、現時点では安倍さんに頑張ってもらうしかないですから。
ただ心配なのは日々疲労困憊の表情となっている健康のこと。ブラック企業さながらですから。然も隙あらば足を引っ張ろうとするクズ連中がここぞとばかり嫌がらせばかり。お倒れにならないよう気を付けてほしいです。
[ 2020/02/23 17:27 ] [ 編集 ]
足を引っ張るだけの野党
ブログ主様、あまりご無理をされませんように。体調を崩しやすい折、お大事になさって下さい。

みこと様、私も安倍総理に対して全く同じように思っています。党内の反対勢力を一掃できればよいのですが。

野党は安倍総理の足を引っ張りたいだけ、そして、憲法改正を阻止しようとしているのだと思います。クズマスコミを見方につけてやりたい放題。こんな奴らが国会議員であること自体、日本の国益を損ねています。

武漢肺炎への対応も、憲法が違っていればもっと違うものになると思います。それに、拉致問題も違ってくるのではないでしょうか。



[ 2020/02/23 22:03 ] [ 編集 ]
国家の大事に唾棄すべき国会議員たち
lilly様がお声掛けをされているように、管理人様、無理をなさらずにと
私も思います。
免疫力がおちていると、このご時世ですから心配です。

それにしても、只今の世情に気持ちが凹んでしまい、
コメントもなんども書きかけては中途になるばかりでした。

中国からの入国制限を未だに出来ない政府の有様、
有事の対応を想定できていない、厚労省の対処の稚拙さ、
諸外国と比べても欠陥だらけ防疫体制は、悲惨そのものです。
国家防衛に手薄な国家という惨状を世界に晒してしまった日本です。

現場の混乱や担当者の疲労たるや想像を絶するものでしょう。
こうした事態にあっても、マネーかハニーか、
何某かのトラップにかかった国家を余所にする与野党の議員たちの
中国への阿りは、国家国民を護ることに向わないのですね。

この期に及んでも、桜、桜と安倍追い落としに血道をあげるだけの
愚かな議員たちの痴態を見せられる国民は、情けなさも半端なく、
政治に絶望のほかありません。

国家の大事に、日本人や国家への責務も微塵も感じさせない、
日本人の命を粗末に扱う邪悪な野党と言う有象無象が集まって、
いつも通りの茶番をやっているのが日本の国会。
この大事に、国家、国民の裏切りをよくもやってくれるものだ。

同じ女として、我慢ならないのが、辻元清美、蓮舫たちの言動だ。
日本は、肩書も何もない市井に普通に生きている日本人が、
あんたたちより、ずっとずっと、国家を思い、これからの子孫の
行く末を堪らない気持ちで、案じているんだ。
あんたたちとは違って、日本を作りあげてきた先人の遺徳に深く感謝し、
日本に生まれた幸せを有難く思って生きているからね。

口先だけの日本に害為す人間たちは、国会には要らない。
[ 2020/02/23 22:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ