FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  告発動画を削除した岩田医師と、ANAホテルに梯子を外された特定野党

告発動画を削除した岩田医師と、ANAホテルに梯子を外された特定野党

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日取り上げた岩田健太郎という医師だが、YouTubeにアップした告発動画を削除し、謝罪した。


 削除の理由は、「クルーズ船内で改善がなされたという情報があり、懸念していたゾーニングが整えられ、船内で隔離が行われた2月5日以降に二次感染が拡大していないことが明らかになったため」「あのような動画で意見を広げること、注意を促す必要はなくなった」ということだそうである。岩田氏の指摘は、災害派遣医療チーム(DMAT)の高山医師によって間違っている部分を明確に指摘されており、動画の削除も必然だったと思われる。

岩田健太郎


 岩田氏は、外国特派員協会で会見を開き、動画削除に至った経緯を説明した。その点においては、朝日新聞よりもマシである。しかし、ひとたび世界に拡散した情報は、修正記事が出ようとも、スクープとして出た報道のインパクトは残り、国際社会に与えた「日本の対応はダメだ」という印象を簡単に消すことはできない。功名心なのか虚栄心なのかはわからないが、船内への侵入方法からしてNGだろう。

 岩田氏の告発動画は、恐らく反証が出たことによって削除された。興味深いことに、政界でも同じような現象が起きている。特定野党が青筋立てて総理を攻め立てる、「桜を見る会」前夜祭問題だ。

 立憲民主党をはじめとする特定野党は、ANAインターコンチネンタルホテル東京から回答を得たとし、「主催者には必ず明細書を発行している」「代金は主催者からまとめて支払ってもらう」という言質を引っ提げ、安倍総理を追及した。ところが、読売新聞の取材に答えたホテル側の回答は、その批判を根底から覆すものとなっている。

「桜」前夜祭 ホテル「一般論答えた」 首相説明「矛盾」指摘に (読売)

 安倍首相の後援会が「桜を見る会」の前日に主催した前夜祭を巡り、会場となった「ANAインターコンチネンタルホテル東京」は19日、野党が首相答弁との矛盾を指摘しているホテル側の回答は「一般論として答えたつもりだった」と述べた。(中略)

 ホテルの広報担当者は明細書発行の有無について、「個別の案件には答えられない」と説明。会費の支払い方法は「主催者の相談に応じて対応している」と述べた。辻元氏の指摘については、「一般論として答えたつもりだったが、それ以上に解釈されている」と語った。(中略)

 ホテルの広報担当者は首相の事務所に説明を行ったのは、営業担当者だとした上で、「『営業の秘密』とは伝えなかったが、個別案件については申し上げないということで、趣旨としては(営業の秘密と)同じことを言ったつもりだった」と述べた。


 立民会派の小川淳也など、「忖度まん延症候群のような日本列島にあって、ANAインターコンチネンタルホテル東京の存在は特別にキラリと光る」「たった一つの真実を毅然といい放つ姿勢に敬服。しびれる」と、ANAホテルを激賞し、自らも悦に入っていた。当然ながら、こういう政治家やアベガーの連中は、「官邸から圧力があったに違いない」と悲鳴を上げるだろう。案の定、パヨ系Twitterのタイムラインには、その手のツイートが溢れている。しかし、もう遅い。ANAホテルがこの見解を覆すことはないだろう。彼らが真実を語っているかどうかは問題ではない。これ以上発言の趣旨を変えれば、ホテルの信用はガタ落ちになる。

 拙ブログのコメント欄でもご指摘いただいた通り、安倍総理の元秘書の天川一人旅さんという方が、Facebookで「もしも、万が一総理が言ったことを全日空の広報室が否定するなら、私はいつでも証言しますよ。一人一人分の領収書を無記名、もしくは上様、で切ってもらいました。目の前で」と書いている

 同じ会派の今井雅人。18日の予算委員会で、「皆さん、聞いていて分かって頂いたと思いますが、安倍総理は、都合の悪い事は自分で勝手に作り話を作って、さもホテル側が答えているような詭弁をしているわけですよ。こういうのに皆さん、騙されちゃダメですからね!」と吐いている。モリカケ以降、作り話を作っているのは、今井らはじめとする野党の側だろう。こういう失礼な発言をする野党の連中が、総理のヤジ(とされる)を針小棒大に取り上げ、「議会人としてあるまじき行為」、「議会制民主主義を否定するもの」などというダブスタを見るにつけ、やはり「野党の連中は無視すべき存在だ」という認識を新たにする。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/02/21 07:07 ] 政治 | TB(0) | CM(2)
>岩田氏は、外国特派員協会で会見を開き、動画削除に至った経緯を説明した。その点においては、朝日新聞よりもマシである。

○岩田さんの顔は、誰かに似てるなぁ…と思ったら、北海道日本ハムファイターズの栗山監督に、なんとなく似てるかも。


>当然ながら、こういう政治家やアベガーの連中は、「官邸から圧力があったに違いない」と悲鳴を上げるだろう。

○それが、どことなく野党のみなさん、元気がないようで、辻元さんのブログ、今井雅人さんと小川淳也さんのツイッターなどを見ても、ホテルの領収書問題については、すっかりトーンダウンしているようです。

《ホテル側の回答は「政治家でも対応は変えない」だったのに》(辻元清美さん)
https://www.kiyomi.gr.jp/blog/15621/

2月18日以降は、領収書問題のツイートなし(今井雅人さん)
https://twitter.com/imai_masato?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

《…疲れもあってか…》(小川淳也さん)
https://twitter.com/junyaog?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor


○この領収書問題のポイントは、領収書の宛名は誰であったか、つまり主催者は誰なのか…にあると思います。まとめると、

安倍総理 → 主催者は、安倍事務所ではない。(収支報告書記載必要なし。)
辻元さん → 主催者は、安倍事務所だ。(収支報告書記載必要あり。)
ホテル側 → 主催者は、コンプライアンスのため、お答えできない。

○ニューオータニもANAホテルも、公正にファクトを述べており、嘘はまったく言っていない。…それにしても、千葉県のホテル三日月もそうでしたが、ホテル業界、今、外国人観光客の減少でたいへんなときに、いろいろと話題になっているような気がする。外国人のキャンセルした分、日本人の国内観光を今こそ、地域振興券などで補助すべきなのかもしれませんが、感染症の拡大もあるため、時期はまだ早いかどうか、判断の難しいところかもしれません。

○ここは、怪我の功名、思い来って一部休館、ホテル館内の内装など見直すなど、大規模改装を実施してはどうだろうか。防災のために、耐震補強や防火施設の強化をするなど、普段だとお客様に迷惑のかかってしまうような仕事をこなすのもいいのかもしれない。当然ながらウイルス対策の強化もあるため、衛生管理の大規模な見直しについては、設備投資する必要はあるのかもしれない。ホテルや旅館、空港施設などの設備投資を、より最先端な環境にするために、日本国政府は観光業を補助してはどうだろうか。
[ 2020/02/21 21:40 ] [ 編集 ]
何でANAホテルなんだ?と思いましたら、今朝の産経に、平成25,26,28年の総理後援会主催の夕食会が行われたホテルだそうで、立民はこの時期というのに随分暇な議員が揃って居るんですね。
昨年のニューオータニの答えでは安倍総理を貶められないと分かって、過去三回のホテルにまた迷惑を掛けた、という事か。

野党とは云え、国会議員達が民間企業にこんなに手間を掛けさせ業務の邪魔をしてイイのか?
ニューオータニと同じにANAインターコンチホテルも
「お客様の情報に関しては個人情報になり、我々には守秘義務があって、誰に対してもホテルとして一切開示することはないとお伝えしている」ホテル業界共通の当然の答え。

イヤですねえ。恥知らずが集団で国政の政党を成している日本。


岩田という医師の言う「ご迷惑をおかけした方」は日本の国家と日本国民全員です。海外に向けても説明理由と共に撤回をすべきでしょう。
また、その削除理由の「2月5日以降に二次感染が拡大していない」と何故彼が納得できたのか?
結局、ラウンジに二時間居て、それまで役割分担で機能していた職員達の仕事を邪魔して追い出されただけの「感染専門医」。
アフリカの感染病には真実一体何を”闘って”いたのやら。


米国テキサス大のチームがサイエンス電子版に、「新型ウィルスは同じコロナウィルスの仲間のSARSウィルスより人より人に感染しやすいとみられているが、分子の立体的構造もSARSウィルスのものと比べて人の細胞で感染の標的となる分子に10~20倍くっつきやすいと分った」と発表だそうです。
くっついた後がどうなるのか?早期に解明はできるのでしょうか。
[ 2020/02/22 00:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ