FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  辻元清美の総理に対する罵詈雑言は、いかなる理由でも正当化されない

辻元清美の総理に対する罵詈雑言は、いかなる理由でも正当化されない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 和泉首相補佐官と厚労省の大坪寛子官房審議官が、出張先のホテルでコネクティングルームを利用していたことを、特定野党が殊更問題視している。辻元清美は衆院予算委員会の質疑で、「税金を使ってラブラブ旅行していたのではないかという疑いも出ている」、「和泉さんが部屋に入れたならパワハラかセクハラ、合意の上なら職権乱用だ」と批判し、安倍総理に「けじめをつけてほしい」などと要求している。

 辻元  桜を見る会で首相の公私混同とか税金の私物化とか言われている。色んな体質が官僚にまで蔓延してきているんじゃないか、という懸念がある。加計学園で登場した和泉補佐官。女性官僚、大坪寛子氏と税金で行った公務で、コネクティングルーム、中でつながった部屋に宿泊していたということが、先週この委員会で問題になった。そして2年前に4回公務で出張している。全部示し合わせたように、ミャンマー、インド、中国、フィリピン、コネクティングルームに泊まっていると。総理、これは、適切な海外出張だと思うか。国民に様々な誤解を招くのではないか。


 私は常にアンチ辻元なので、だから辻元の質問を否定するわけではない。しかし、この質問こそパワハラではないのか。宿泊にコネクティングルームを使おうが、そんなことは騒ぎ立てるような問題ではない。仕事をしっかりやっていれば、プライベートの時間で「ラブラブ」しようが、それは人のプライバシーの問題であって、他人が立ち入るべき領域ではない。あえてそこに立ち入り、当事者のプライバシーを国民の目の前に晒そうとするなら、歴然たるパワハラだ。普段、人権だの尊厳だのと声高に叫ぶパヨクは、敵方の人権など尊重するつもりもないということだ。要するにダブスタである。

辻本清美
イメージ画像ww


 その辻元が総理を「腐った鯛の頭」に例え、反論されたら逆ギレして問題化したが、総理の「ヤジ」事案だ。ガソプ安住が「議会人としてあるまじき行為」「懲罰に値するような態度」などと批判しているが、「どの口が言っているのか」と返したくなる。一国の首相を「頭から腐っている鯛」に例えることは、総理に対する罵詈(口ぎたなくののしること)であり雑言(悪口を言うこと)であり、社会通念上では名誉棄損事案だろう。そればかりか、これらのことばは、間接的にではあれ、その政権を誕生させた有権者への冒涜である。そういう罵詈雑言を吐いた側が、「意味のない質問」という侮辱でもなく名誉棄損でもなんでもない「通常のことば」で返され、それに根に持つこと自体、全く筋が通らない。

 総理は、この「意味のない質問だ」というツッコミに関し、17日の予算委員会で謝罪する見通しだという。森山自民党国対委員長がガソプ安住に、17日の委員会冒頭で総理自身がヤジ問題についての見解を示すと伝達し、特定野党はその発言を見極める方針になったという。この問題で野党が日程闘争をチラつかせていることもあり、総理は早期に収束させざるを得ないといったところだろう。明確な謝罪がなければ、特定野党は懲罰動議を提出するのだそうだ。

 懲罰動議の法的根拠は、主に憲法58条2項の「両議院は、各々その会議その他の手続及び内部の規律に関する規則を定め、又、院内の秩序をみだした議員を懲罰することができる」という条文だ。「院内の秩序を乱す」ということであれば、「プラカードを掲げて疑似を妨害したり、委員長のマイクを奪って採決を阻止することこそが、真っ先に問われなければならない事案である。衆議院規則第238条には、「議長の制止若しくは発言取消の命又は委員長の制止若しくは発言取消の命に従わない者」というものがある。以上はすべて、特定野党こそにあてはまるものではないか。

 辻元の罵詈雑言は、総理から失言を誘い出す一流の手口だったのかもしれない。だとすれば、それに乗っかる総理の脇が甘いという見方も成り立つ。しかし、ことの本質は、国民の負託を受けた国会議員として、相手が総理であれ誰であれ、その人の人格を否定し、ありとあらゆるたとえを用いて誹謗中傷することなど、どんな論法を駆使しても正当化されるものではないということではないか。

 大阪高槻の有権者の皆さんの「こんな人物、高槻の代表としては恥だ」という覚醒と行動を期待してやまない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/02/14 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(12)
>そういう罵詈雑言を吐いた側が、「意味のない質問」という侮辱でもなく名誉棄損でもなんでもない「通常のことば」で返され、それに根に持つこと自体、全く筋が通らない。総理は、この「意味のない質問だ」というツッコミに関し、17日の予算委員会で謝罪する見通しだという。

○まず、辻本さんの質問が、安倍総理を謗る罵詈雑言であったかどうか、公平な調査をした方が良いだろう。次に、罵詈雑言と認定された辻本さんの質問に対して、いずれにしても野次を行ったことを、安倍総理は言い過ぎたと謝罪。これで、丸く収まるのではないだろうか。

○辻本さんのブログが更新されているが、「私も安倍総理を悪く言い過ぎました。」という謙虚な言葉すらない。
https://www.kiyomi.gr.jp/blog/15557/
質問する人は、何を語っても、野次っても、議長に詰め寄っても、議会運営として許されるのは、明らかにおかしいだろう。もっといえば、議員の質疑の特権を振りかざした横暴な行為ではないだろうか。

○安倍総理が失礼だと怒り、ことごとく名誉棄損で訴えたならば、はたして何人ぐらいの無礼者が捕まるのだろうか。決してそのような横暴を働かない寛容な市姿勢は、長期政権を築いた徳川家康にも、通じるものがあるのかもしれない。安倍晋三公式サイトのおばあちゃんに頭をさげている写真、その謙虚な姿こそ、安倍総理の政治家としての強さかもしれない。
https://www.s-abe.or.jp/
[ 2020/02/14 08:23 ] [ 編集 ]
タイトルからして間違い
辻本→辻元

[ 2020/02/14 16:49 ] [ 編集 ]
↑ご指摘のように、辻本さんではなく、辻元さんでした。訂正しますね。
[ 2020/02/14 20:29 ] [ 編集 ]
諸悪の根源は愚鈍な有権者
お願いだから、選挙のとき、

役立たずで反日の野党議員に投票しないでください。
やつらを当選させないでください。
反日左翼メディアの報道に惑わされないでください。
[ 2020/02/14 23:03 ] [ 編集 ]
無意味な質問です

意味のない話を無意味と言っただけ。
怒るほうがおかしいです。

鯛が腐った話なんて国民の生活に何の関係もないんですから。

そんな話をしてほしくて投票した有権者なんて何処にもいないんですから。

そんな話を国会でするために あなた方の給料である税金を払ってるんじゃないよ!と思います。

急いで対応すべき問題が山積してるのに、
安住氏は新聞に悪口を書き込んで国会のドアに貼り出し、
ワークシェアリング辻元は鯛の腐る話…

野党の皆さんって何をするために国会に来てるんでしょう?
日本の安全や国民の暮らしを考えるより、悪口言うほうが大事なんですかね?
[ 2020/02/14 23:48 ] [ 編集 ]
世の中には衆愚もいるから仕方がないですが
恐らく、一部の有権者に紛れている衆愚に向けてパフォーマンスをしているのだと思います。

確かに、野党の存在は大事ですし、与党自民党にも利権屋(売国奴)が多くて嫌になりますけど、それでも「ほかの政党よりはまし」だから投票しているのですね。

無党派の気持ちも(経済、雇用問題に限り)分からなくはないですが、投票先が無いというのはただの言い訳に過ぎません。自民党にお灸をすえるというのは間違いではないですが、下手に野党に投票すれば、悪夢の3年間のようになりますから止めて欲しいです。

実際、与党が自民だろうが民主だろうが、「自分さえ良ければ」投票するような人物もいないわけではないですから、そういう人物に向けてパフォーマンスをしているのだろうと思いますね。ただ、同時に、都合の悪いことがあればすぐに離れていくような幼稚さも兼ね備えていますから、正直あてにするのもどうかとは思いますが。

ただ、それでも結構な数存在しますから、問題が大きいですね。最近は、本当に些細な事でキレる人も増えていますから、一昔前の反自民(従米派への反発)とは異なる「ガキ」に配慮しなければならなくなってしまったのは困りものだと思いますね。
[ 2020/02/15 01:26 ] [ 編集 ]
野党のパターン

質疑の最後に必ず、捨て台詞を吐く。
これで、勝ったと思っているのでしょうが、愚か。
[ 2020/02/15 09:51 ] [ 編集 ]
(名前空欄)さん
>質疑の最後に必ず、捨て台詞を吐く。
これで、勝ったと思っているのでしょうが、愚か。

○いまはむかし、江戸の時代劇などでは、

負けた人「ちくしょー、おぼえてやがれっ!」
勝った人「おととい来やがれってんだ。」

というセリフが定番である。令和の時代の今、その後に…

負けた人「おととい来やがれ、と言ったのは誰ですか?」
勝った人「わたしですよー。」
負けた人「来いと強要された。謝罪しろ。」
勝った人「おぼえてやがれと、先に強要したじゃないですか。」

負けた輩「おぼえてやがれは、強要ではない。」
町人たち「先に強要したほうが、わるい奴かもな。」
勝った人「売り言葉に買い言葉、わたしも少し言い過ぎたな。」

…というお話。負けた人の、なんとも見苦しくめんどくさい性格なことか…。
[ 2020/02/15 10:51 ] [ 編集 ]
8304安住は総理に対して「心からの謝罪かどうかを見極める」みたいな事を記者を前にしてホザいたのだそうで、ほんの少し前に自分が院内控室のドアに貼りつけた民間報道紙への勝手気ままな「論評」に、どれだけ「心からの謝罪」をしたというのか?

安住の方が総理の「無意味な意見」よりどれだけ常軌を逸していたか、立民以外のまともな人間なら誰でも分かる事。

謝罪するべきは、総理への暴言を並べた辻元です。
諸法案成立に時間を気にしないではいられない総理の足元を見て、持ち時間ギリギリの悪口雑言で答弁をさせない卑怯者に、一言まともな意見を言った総理に瑕疵はありません。
「一国の総理ならもっと堂々と」などと評した与党ベテラン議員の方が他人事過ぎて、言葉の善悪を見定めて国会の正常化に言及するべきではないのか?と思いました。
[ 2020/02/15 19:57 ] [ 編集 ]
謝罪すべきは辻元です
まったくもって、その通りです。
やくざな人間と見紛うばかりの罵詈雑言 女議員に、言いたい放題されては日本国を貶めるだけです。恥というものを持ちなさいと何回でも言ってやりたい。
[ 2020/02/15 20:21 ] [ 編集 ]
○安倍総理は、後藤祐一さんへ、「なんとかの勘繰り」(下衆の勘繰り)ということわざを用いて批判しました。それが、謝罪にあたるというならば、「鯛は頭から腐る」ということわざを用いて安倍総理を批判した辻元さんも、謝罪しなければおかしいだろう。そうなると、罵詈雑言であったことを認めたことになり、安倍総理の「意味のない質問だよ」という発言は、返事としては、正当防衛の言葉になる。たとえば、次のように…


後藤さん「守護神として、やっぱり残したかったからなんじゃないですか?」
安倍さん「なんとかの勘繰りではないのかな、とこう言わざるを得ない。」

野党たち「下衆の勘繰りとは失礼だ、謝罪しろ。」
日本国民「辻元さんも、鯛は頭から腐ると言ってただろ…」
野党たち「鯛は頭から腐るは、罵詈雑言ではない。謝罪の必要なし。審議拒否だ。」

日本国民「審議拒否って。感染症で、今、たいへんな時なのですが…」
野党たち「野党連立や。立憲フェスもやるで。」
安倍さん「…ごめん、日本のみんな。わたしの不徳の致すところです。」
日本国民「…やっぱ、自民党かな。」

…というお話になるかと。
[ 2020/02/16 11:30 ] [ 編集 ]
総理のお気に入りをかさに着てやりたい放題しているのでは?
和泉首相補佐官と厚労省の大坪寛子官房審議官が、4回も出張先のホテルでコネクティングルームを利用していた問題。
国会で議論するほどのことかとのご意見には賛同致しますが、果たして
些細な問題であると言えるでしょうか?
これはまずいでしょう。

週刊文春のネット記事では、臆面もなくあーんしている写真がばっちり。
出張で異性の上司と部下がコネクティングルーム宿泊なんてありえない話。
医師である大坪審議官が和泉補佐官の体調管理のためにコネクティングルームを取ったとか噴飯ものの説明をしているようです。
週刊文春の隠し撮りした写真を見て、そんな白々しい話を真に受ける国民は果たしてどれだけいるでしょうか?
二人はデキているとみるのが大人の常識というものです。

たしかに仕事をきちんとやっていれば不問にすべきという意見にも理はあるでしょう。
しかし、国民の理解を得られるかどうかという視点が欠けていると思います。
首相補佐官や審議官といえば高級官僚であり、厳しい規律を求められて当然。
芸能人でさえあれだけ厳しい目で見られるのに、まして税金で禄を食む役人が滑稽な言い訳をして居直ったら、国民の反感を買うに決まっています。

日本の誇りノーベル賞受賞者の山中教授を怒らせたという話も分が悪過ぎで、
週刊誌ネタとはいえ、とても根も葉もない話とは思えません。

和泉補佐官が総理のお気に入りでなければ、とっくに左遷されていたはず。
少なくともこの両名が業務上同伴する機会をなくすでしょう。

総理の寵愛を後ろ盾にして自覚のない行動をとっているとすれば言語道断。
高級官僚の増長は官僚全体に蔓延しかねません。
ずるずるけじめのない実態は長期政権の緩みとの批判を免れません。

そもそも首相補佐官は出張に医師同伴が必要なほど健康不安があっても務まる程度の役職なのでしょうか?
国民の厳しい目をもっと謙虚に受け止めて頂きたい。

この際安倍総理は和泉補佐官を切るべきです。





[ 2020/02/17 10:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ