FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  いくら自民党二階が中共に媚びを売っても、中共の対日政策は1ミリも動かない

いくら自民党二階が中共に媚びを売っても、中共の対日政策は1ミリも動かない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 自民党幹事長の二階が、また中共が喜びそうなことをやっている。

自民、中国に支援金 議員一人5000円 (時事)

 自民党は10日の役員会で、新型肺炎の対応に当たる中国政府に対し、支援金を送る方針を決めた。
 党所属国会議員全員を対象に歳費から一律5000円を集める。二階俊博幹事長は記者会見で「友好関係にある隣国を支援するのは当然だ」と述べた。近く総務会に諮り、了承を求める。

 
 一人5,000円…。さしずめ、旧正月に間に合わなかったお年玉とでも言うべきか。自民党の国会議員は全部で400人弱だから、全部合わせて約200万円ということになる。もちろん、二階はこの金額が支援としては焼け石に水ということぐらいは認識しているだろう。賄賂を溜め込んで私腹を肥やす中共の政治家連中にとっては、僅かな金額だ。それでも、二階のような人物にとっては、こういう行動が報道に乗って海を渡ることこそが重要なのだ。しかし、歳費と言えば元は税金である。要するに、中共への税金横流しである。仮にこういうことをやるなら、野党に任せておけばいい。連中は、審議拒否以外、特にやることがないのだから。

 さて、ウイルスの元凶の支那では、主要都市が都市機能を停止させつつあるようだ。春節(旧正月)の締めくくりとなるのは8日だったが、読売の報道によれば、ピークを迎える筈だったUターンでさほどの混雑が見られず、上海市最大の交通拠点である虹橋駅でも人影もまばらだったという。大都市圏の経済活動は地方からの労働力が起訴となっているが、その労働力は戻らない。北京や上海では、市外から戻った人には原則として14日間の自宅待機を求めており、人が戻ったところで経済活動に参加できないのだ。

 そして、中共の中枢である北京がヤバいことになっている。


 テレビのキャプチャ画面と思しき画像の右上には「民視新聞台」とあるから、これは台湾のメディアである。画像には「北京方面道路封鎖」という文字が読み取れる。武漢と北京は、直線距離にして1000km以上離れているはずで、スケールが大きすぎて少々理解に苦しむ。しかし、支那国内で都市間の移動が極端に制限され、混乱を生じさせている事態は想像できる。

 たしかに、支那はいま大変な時期だ。友好国であれば手を差し伸べることに異論は出ないだろうが、二つの問題がある。ひとつは、優先すべきは自国民、他国民のどちらかという問題だ。二階が小池東京都知事をけしかけて、小池が支那への防護服の提供を申し出た時にも批判が出た。自民党の中でも、山田宏氏のような心ある議員らが動き、不足するマスクについては、都道府県や市区町村などが備蓄しているものを、地域の医療機関や介護施設に優先して供給するよう、政府として各自治体に要請すること奈々ったという。先ずは国内のひっ迫状況に対応すべきだ。

 もうひとつは、いくら防護服やマスクを提供したところで、中共という独裁政権の体質は1ミリも変わる見込みがないということだ。尖閣周辺の接続水域では、10日、中国海警局の船3隻が航行している。尖閣周辺で同類の船が確認されるのは9日連続だという。いくら貢いだからといっても、結局は中共の動きに変化はないし、今後も望めない。

 各議員が5000円のお年玉を包むのであれば、議員歳費ではなく、ポケットマネーからやってもらいたい。金を集めて献上するとき、封筒に「尖閣は日本固有の領土である」というメモを同封するようなことをするなら、少しは見直してやってもいいのだが…。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/02/11 07:22 ] 外交 | TB(0) | CM(5)
>尖閣周辺で同類の船が確認されるのは9日連続だという。

○恩を仇で返す、とはこのことだが、中国に寄港実績のある舟については、ダイヤモンドプリンセス号のような船内感染になる可能性もある。自衛隊、海上保安庁はもとより、どの国籍の舟であっても航海中の船内感染への警戒、必要ではないだろうか。自衛隊については、中東に派遣した部隊に、新型コロナウイルスの感染者がいないか、念のために健康状態を確認したほうが良いのかもしれない。


>友好国であれば手を差し伸べることに異論は出ないだろうが、二つの問題がある。

○中国のほか、外国籍のダイヤモンドプリンセス号への支援もそうだが、日本人全体で人助けの行為、困っている人を応援する姿に、異論を唱える者はいないだろう。日本国政府の対応も、高く評価できるものだ。

○ただ、外国人以上とまではいわないが、せめて同等くらいには、日本国民を省みて助ける相応の対応、もっと必要ではないかと。必要とする日本国民や、医療機関に、マスクやアルコール除菌が不足するほど医療物資を中国へと送るのは、やはりやりすぎの感は否めない。保健所の検査についても、マンパワー的な対応力に限界もあるのかもしれないが、日本人の検査に対しては外国人の検査に比べて後手、積極性がないように見える。

○先日コメントした千葉の保健所の検査拒否のNHKニュースについて、千葉市市長は正確な話ではない旨、ネットでコメントしている。コメントによると、緊急入院の措置をとり、後日、保健所は検査をしたようだが、NHKのニュースで報道された、保健所に検査のために来た患者を、当日、面前で検査拒否した事実は残るのかもしれない。新型コロナウイルスの検査には、結果が出るまで相応の時間がかかるため、検査結果を待たずに、先行して緊急入院措置の対応は、現場の判断として間違いではないと思う。その場合でも、検査は後日ではなく、同時平行で行う必要があるだろう。保健所「検査はいたしますが、念のためにひとまず入院措置を取ります。」というような説明は、本人にあったのだろうか。NHKのフェイクニュースになるかどうかは、本人への説明が十分であったかどうかにあるのではないかと思う。ただ、このニュース以外にも、先日、テレビでハワイから帰国した方が、咳がひどいため、念のため保健所に行ったが、武漢渡航歴など検査のための条件が合わずに検査拒否された、というテレビ放送もあったように記憶している。

○クルーズ船などの外国人は積極的に検査するが、日本国民の検査には国内感染者数を増やしたくないという政治的な理由で、どこか消極的ではないだろうか。新型コロナウイルスの発生は、昨年末頃の中国であり、日本国の本格的な対応は2月のため、やむを得ない話であるが、初動対応に一か月程の遅れがあるのは否めない。かつ現状、水際対策では完全の防御し難い感染内容のため、日本国民の感染については、常に警戒心を持った対応が必要だろう。

○隣国の中国やクルーズ船の外国人の健康も大切だ。不安に感じている外国の方々を励ますことは、日本人として今こそ積極的に行うべきだろう。また、感染症に対して、不安を感じている日本人も多い。テレビのアンケートでは、新型コロナウイルスの感染を不安に思っている日本人は、6割以上という結果であったように記憶している。外国人への丁寧な対応と同じように、まずは日本国民の不安な声にこそ、応える医療であってほしいと思う。
[ 2020/02/11 10:43 ] [ 編集 ]
真正莫迦共を歴史のかなたに追いやれ
我が国に棲息したる名誉特亜塵らが罹患する従媚阿特亜病は、真正の莫迦であり、現世で完治させることは不可能です。まあ、~は死ななきゃ~、の格言通りってことですね。

例えば戦後狂育で洗脳された世代の人間の中(出自がアッチ系等の特亜系は除外)には、初めに洗脳された偽情報のまま正しい情報が上書きされず、その意思も無く、先人を罵倒し為したことを全否定しその代わりに特亜を礼賛するバチ当たり状態のままクタバるか、老醜をさらして惰生を過ごす場合が多々有ります。愚生の周りにもその例に事欠かず、支那人や朝鮮人には申し訳無いことをして来たのだから、と捏造史観に基づきザンゲする一方、自分達の先人が如何に立派な行いをして来たかに付いては毛の一筋程も考えず言及もしない、というのが典型的なバチ当たりパタ~ンと言えるかと思います。二階なんざそのパタ~ン+利権目当て、となっていますから、尚更バチ当たりな訳です。

斯様な事例の原因は、そのバチ当たり共の責任も有りますが、何よりバチ当たり共の多くが凡人に過ぎず、いとも簡単に敵の思想統制にはまり、その陥穽から抜け出すことなぞ思いもよらず、先人の労苦を偲び民族・国家の大道(悠久の大義)を振り返るという正道に立ち戻るには荷が重すぎた、ということでしょうか。

故に未来の大和民族の生存を確保し、日本国家を安寧ならしむ為には、新しい日本国民の世代が、上記の莫迦共を思想的に切って捨てる外無く(その対象が親族ならば思想的断絶を以て付き合い続けるしかない)、唯々なにわ節的温情を排し合理主義に徹して先人の持っていた正しい民族の歴史を修復し護持に勤めるだけなのです。
[ 2020/02/11 11:25 ] [ 編集 ]
親中に励んだ野中広努という一時期自民党内で偏向権力を振るった議員が居ました。
親中に励んで励んで励む内は中共サマから大事にされた様ですが、議員を引退したら非常に冷たい扱いになって、捨てられた。

2Fサンは、議員歳費の原資が如何なるものかも頭に無いその振る舞いですから、そろそろ議員を引退されるべき時期をお迎えなのでしょう。
野中氏の轍を踏むが良い。
[ 2020/02/11 15:15 ] [ 編集 ]
シナには昔から清官三代という言葉がある通り、清潔な官僚でも3代先までの蓄財ができると言われております。現代の党幹部の私財は数千億円、下手をしたら兆単位?…、そんな財産を持っている輩にたった3,000,000円の見舞金を持っていってどうなるのか。2階何いかに田舎政治家とは言え、、なにがしかの能力があるから自民党の幹事長やってるのでしょうが、いよいよ耄碌したか。
  
「言論封殺の人災)の張本人と両陛下が宮中晩餐会でシャンパングラスを合わせる光景を見たいと思う思わないです。
[ 2020/02/11 23:46 ] [ 編集 ]
汚い、と思う
東京都民の税金で備蓄したマスクや防護服を出させ、国民の血税(公金)で賄う議員歳費から一人当たり5千円。
前の温首相は兆円レベルの蓄財と言われましたけど、そういう党幹部にとって、雀の涙にもならないであろう金額が、一体何に役立つのでしょ?

ミドリの狸さんは都知事再出馬に自民党公認或いは推薦が欲しい。自民党各議員も公認と選挙資金は喉から手が出るほど欲しい。
幹事長は人事とおカネを握っている。

汚いですねえ、2Fサン。
人の弱みにつけ込んで強制して、自分の懐は痛めない中共支援。

中共は交通機能がマヒして、せっかく送った山の様なマスクの箱が配達不能。何時必要な人々に渡ることやら。
[ 2020/02/12 00:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ