FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  コロナウイルスの水際対策にはお粗末すぎる「質問書」

コロナウイルスの水際対策にはお粗末すぎる「質問書」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 支那では今月25日に、春節(いわゆる旧正月)を迎える。2週間で30億人が動く、一年で最大の民族大移動の時期だ。その春節を間近に控えたいま、最も注目されているのが、新型肺炎の「コロナウイルス」だ。支那の保健当局によれば、患者の数はこれまでに440人、死者は9人に上っているという。加えて、「ウイルスは変異する可能性がある」とし、パンデミックの可能性を示唆している。

 ジャーナリストの近藤大介氏が、JBpressで、武漢市の医師の話を上梓している。

 私は現在、もう2週間も残業づけの日々を送っている。昨日からようやく、世論は少し緊張しだした。だがわれわれが了解している状況は、一般の人々が最悪の事態と考えているものよりも、さらに深刻なのだ。
 鐘南山院士はメディアで、比較的穏当に述べた(1月20日に、かつてSARSと戦った元広州病院長の国家衛生健康委員会・鐘南山院士、84歳が、中央広播電視総体のインタビューに答えた)。だが彼は、武漢に視察に来た後、『直ちに武漢全体を封鎖すべきだ』という意見を述べたのだ。この意見を国務院は否決してしまった。

 武漢の人口(約1100万人)や、交通の要衝であることを考慮すると、すでに中国全土の都市にあまねく、患者は広がっているはずだ。それを報道するかしないかという問題だ。
 私の個人的な感触では、実際の感染規模は、2003年のSARSをすでに超えている。致死率のデータも曖昧になってしまっているようだ。いまは病毒が、さらに突然変異しないことを願うばかりだ。


 中共はメンツを重んじると言われるが、その重んじるレベルは日本では考えられないものだ。まず、彼らは、メンツを保つためなら、人権や人命などを軽く扱う。国の考え方が「すべては共産党のために」だから、人権や人名のプライオリティが極めて低い。かつて鉄道事故があった際、原因を調査する前に、被害者ごと電車を埋めた事件があった。残念ながら、それが彼らのやり方であって、その基準が外国人に適用される可能性は極めて高い。

コロナウイルス


 米国でも21日、武漢を旅行して15日にシアトルの空港に到着し、体調不良を訴えていた男性が、このウイルスに感染していることが確認された。アジア以外では初だという。同じ日に、台湾でも感染者が出た。日本でも感染者が出たのは既に報道されているが、他にもタイ、南朝鮮でも感染者が発見され、オーストラリアでは一人が隔離中だという。米当局は、主要空港での検査強化を発表し、北朝鮮は外国人観光客の受け入れを一時的に停止している。台湾も、武漢との団体観光の往来禁止を決め、蔡英文総統は支那当局に対し、感染情報の完全な公開を要求している。

 さて、日本はどうか。774人が死亡したといわれるSARSを「すでに超えている」と言われるコロナウイルスへの対策は、極めて弱いと言わざるを得ない。

菅官房長官は、閣議のあとの記者会見で、「決定した対応方針に基づき、中国・武漢から航空機で入国する人に、健康状態を確認するための質問書を新たに配布するなど、水際対策を強化することにしている」と述べました。


 水際対策が「質問書」だという、脱力させる対策なのだ。当然ながら、サーモグラフィー(体温センサー)など、科学的な対策も併行して進められていると思うが、まさか「質問書」で防げるとは思っていまい。観光客は、隔離され、最悪の場合は強制送還されることを嫌い、多少の体調不良なら申告しないだろう。そもそも、感染者である可能性の有無を「自己申告」に頼るのは対策とは言えない。

 春節の時期の銀座は、日本人が寄り付かなくなるほど、多くの支那人で溢れる。銀座だけでなく、最近の日本旅行ブームは、多くの支那人を日本全国に送り込む。最大の水際作戦は「入国拒否」だ。かなり難しい注文になるだろうが、少なくとも武漢からの流入は阻止すべきではないか。彼の地の医師が、「直ちに武漢全体を封鎖すべきだ」という意見を述べているほどだ。ことは安全保障の問題であり、パンデミックが起こってからでは遅い。

 安倍総理は、水際対策の強化とともに、習近平に対し、可能な限り高いハードルを設定した対応を要求すべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/01/23 07:10 ] 社会問題 | TB(0) | CM(5)
同感w
>水際対策が「質問書」だという、脱力させる対策なのだ。

同感ですねwww
支那人は都合が悪いと本当のことを言わない性質だと分かってませんね。
せめてキンペーに「新型ウイルス根絶に全力を尽くしてほしい。来日はまたの機会に」ぐらい言えよですわwww
で「またの機会」は無しってことにwwww
キンペーの国賓招待断固反対のメールを官邸(https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html)へ
こぞって送りましょうwwwwww
[ 2020/01/23 10:32 ] [ 編集 ]
当然ながら
キンペイと随行団に対しても「質問書」を出すんですよね?
結果的に元首がウイルスばらまき外交をしていたら笑いじゃすまないです。
新手の侵略手段かと思ってしまう。
[ 2020/01/23 12:20 ] [ 編集 ]
外国人の観光推進(と移入)は早くから菅官房長官の担当ですが、それが「質問書」とは、呆れて、モノを云いたいわw。
あの絵に描いたような強欲身勝手非衛生的な民族が運賃支払って日本の空港まで飛んできて、素直に回答する筈がない。しかも潜伏期間も未だ未解明でしょうに。

結局、実際の負担や被害は民間が蒙ることになるのでしょう。と言っても、観光地やホテルの従業員が消毒液を持って走り回るのが精々でしょうけれど。

一部のビジネスと国民の健康や治安を秤にかけられては堪りません。

集金サンの訪日予定は4月ですけれど、それまで実質沈静化していたら御喝采。
[ 2020/01/23 19:04 ] [ 編集 ]
日本人の防疫意識の低さも問題
今晩は。本当に習 近平・中国大陸執行部の新型肺炎対策は、春節で多くの旅行者を迎える我国も 強い対応に出る様要求して行かなければなりません。

その上で、我国の 特に大人の男達の防疫意識のお粗末さも正す必要がありましょう。

習主席は、今春国賓としての来日が予定されますが、この感染症への対応や無理筋の海洋政策の是正がされなければ、再考されるべきとも心得ます。恐れながら、今回貴記事も拙リンク致したくお届出の次第であります。
[ 2020/01/23 22:05 ] [ 編集 ]
売国の極み
まあ、戦後ニフォン政府のダレダレダレオスな対応は予想出来ましたけどね。日本国民の命より支那への配慮。ゴミ過ぎて虫酸が走ります。今一度、尊王倒幕運動に類する出来事でも無いとこの国は救えないのやも知れません。

愚生の極左的私論・極論では大和民族の存在証明たる天皇・ご皇室や神社仏閣等の伝統文化以外はすべて焦土にしても良いのではないかとさえ思っております。
[ 2020/01/25 14:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ