FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  河村健夫がソウルで切った、日本に大迷惑の空手形

河村健夫がソウルで切った、日本に大迷惑の空手形

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日韓関係を考える時、我々は南朝鮮を批判することが多い。もちろん、彼らは批判されて当然の外交を展開しているし、反日を推奨する中で全体主義的な対日観を形成しているので、「反日無罪」の基本原則のもとで、彼らは日本に対して何をやっても、何を言ってもいいと信じている。

 しかし、真の敵は日本にこそ存在する。そのひとつに朝日新聞があるが、彼らは朝鮮にシンパシーを感じることを隠しもせず、自国に対してより厳しい態度で臨むが、日韓関係をこれだけ悪くした原因のひとつに、彼らの報道がある。代表的なものに、いわゆる「慰安婦報道」があり、朝日はもともと反日を国是とする朝鮮と日本の間に火をつけ、捏造報道まで駆使して、それを散々煽ってきた。

 もうひとつは議員外交だ。手っ取り早く言えば日韓議員連盟である。この議連の連中は、とにかく南鮮と仲良くすることが目的化していて、そのためなら大抵の無礼を不問に付す。それどころか、南鮮に対して日本の誤った情報を流すという点において、彼らは朝日新聞と同じだ。日韓議連幹事長の河村健夫が、南鮮で朝鮮日報のインタビューに答えているのだが、その内容が酷いのだ。

 「文喜相案が国会を通過し、そうした対話が行われれば、安倍首相も両国関係を戻すのに何の問題もないだろう」
 「ホワイトリスト問題(輸出規制問題)はかなり協議が進んでおり、協議がなされれば復元はそう難しくない」


 文喜相案というのは、いわゆる「自称徴用工」らに対し、日本と南鮮の企業が自発的に拠出する寄付金と個人の寄付金を賠償にあてるというものだ。これは一見、請求権が消滅した両国の約束をたがえず、自発的な寄付というかたちでその約束を迂回した補償だ。安倍総理も「強制執行の前に法整備できるならいい」と言ったと噂されているが、真偽のほどは不明だ。

 だが、文喜相は同時に、「日本企業の責任が消滅するものではない」と公言し、それを国会議長ホームページに掲載している。つまり、責任が消滅していない以上、「おねだり」も「おかわり」も可能だということだ。南鮮は未来に渡って、徴用工、慰安婦という対日カードを手放すことはない。安直に日韓関係を戻すことをしたなら、批判の矛先は安倍総理に向かう。仮に、「安倍首相も両国関係を戻すのに何の問題もないだろう」という説明が、既定路線を作って、無理やり安倍総理の判断をその路線に沿うように誘導しようとするものなら、極めて悪質だ。

河村健夫(中央)
河村健夫(中央)


 「文喜相案が国会を通過するなら、日本企業や国民も(基金を)出すと思う」
 「例えばユニクロなど、両国間貿易で利益を得ていた企業は多いが、そうした企業は出すだろう
 「ユニクロ側に(基金を出すか)聞いてはいないが、韓国でたくさん売り上げたので両国関係が早く良くなることを願っているだろう」


 ユニクロが基金を出すかどうかは知ったことではない。しかし、確認をとっていないユニクロが基金を出すというなら、企業側も迷惑だろう。安請け合いとか空手形の類だが、こんな希望的観測や憶測で相手をミスリードすれば、それが叶わなかったとき、再びユニクロが攻撃の的となる。河村はそのことに責任が持てるのか。

 日韓議連と河村健夫というのは、本当に迷惑な存在だ。河村は、「日本側からは(2018年の)平昌冬季五輪に安倍晋三首相が出席しただけに、当然、今回は文在寅大統領が出席してくれることを期待している」と語ったそうだが、どの程度の国民がそれを願っているのか。放射能だの旭日旗持ち込み反対だの、難癖をつけるだけの彼等は、東京五輪では決して歓迎されない。まして、その国の「反日のリーダー」の出席は、大きなブーイングとともに拒絶の対象となる。

 日韓議連は必要ない。議員外交も、国家のためになるものとならないものがある。日韓議連は後者の代表格だろう。彼らにぶつけることばは、「余計なことはするな」以外にない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/01/18 07:19 ] 外交 | TB(0) | CM(5)
不思議な風景
https://blog.goo.ne.jp/gongonmasako/e/a8f996ea366998f0281922c45a567586

おや、この関係?
高須院長、河村建夫、平沢勝栄。
別に悪いとは言いませんが。

根本が違うと思える人物たちが同舟というのはこれ「不思議」。
であるなら、少しは説教でもしたら?・・・
と思ってしまうのです。
[ 2020/01/18 10:31 ] [ 編集 ]
本当に許せないのは日本に生息するこういう人間です。
彼らこそが本当の敵。絶対に看過できません。

「民意に背くような適当なことを発言するな」と、
自民党にしっかり抗議しておきました。

[ 2020/01/18 11:29 ] [ 編集 ]
何なんでしょうね?この議連幹事長は!会長の額賀議員はどうされたのか?
河村某は何故ここまで南鮮を日本に繋ぎ止めようとするのか?アレラを繋いでどれだけの日本の損害になるのか、まったく学習力が無い議員なんて迷惑至極なだけの余計者です。
それとも河村個人の都合でしょうか?個人的事情は個人で責任を取るしかないことですが。

在寅サンの南鮮が怪しいので朝鮮戦争のアレコレを付け焼刃で勉強中なのですが、今更驚いてもナンだけど、釜山まで追い込まれた南鮮政府は、急遽日本の山口県に6万人の移動を想定(なのか勝手な計画なのか?)していたのだと。
それをGHQが許可したのかどうか?ともかく外務省から県知事に連絡があった、と当時の県知事(田中龍夫氏)の証言があると。
その当時の山口県民がロクに配給の食事が摂れない状態で、しかも日本人引揚者と復員が増え続けている時代に、です。

つまり、李承晩はあれだけ日本と日本人を憎みながら逃亡先はノメノメ日本を想定した訳で、このド厚かましさはアノ民族の習癖でしょうかね。
幸いな事に、米国および国連軍が仁川上陸を果たして、山口亡命政権の案は無くなったのですが。

河村某は山口県の議員ですね。精神的に呼応するものがあるのでしょうかね?
河村某はいい加減にしないと南鮮利得やスキャンダルを疑われる事を怖れた方が良いと思います。もうすでに危険水域でしょうけど。
[ 2020/01/19 01:43 ] [ 編集 ]
とらこさま
「なよ竹の風にまかする身ながらも敢えていくさを顧みること」頼もしいなぁ!

元ウクライナ大使、馬渕睦夫氏の御説に依れば朝鮮戦争”も”英米の金融資本家
による策謀だそうです。 

1.朝鮮半島は米国の守備範囲では無い、との「アチソンライン」の声明。
2.これに釣られた金日成の武力南進。
3.マッカーサーが反撃しようとするもマーシャル国防長官が英国と協議が必要  とか言を左右し作戦が立てられない。 支那が参戦し泥沼戦となり要衝で
  ある  鴨緑江の橋梁を爆破しようとすれば「却下」の指令。 
  業を煮やして原爆の使用を具申すれば即罷免。

  マックの後任で「休戦協定」に調印したマーク・W・クラーク将軍が自著の
  中で「勝つために必要な権限も武器も兵員も与えられなかった。 眼前で
  米兵が中共軍にむざむざ殺されてゆくのを傍観する以外に術が無かった」と
  吐露しているそうです。

ソ連は英米金融資本家(ディープステート=トランプ大統領の言葉)が作った国で
ありユダヤ系レーニンを筆頭にトロッキーが米国在住のユダヤをスタッフとして
引き連れ参加して建国。  共産支那はマーシャルが代理人となり建国。

何を目的として朝鮮戦争を始めたのか?
1.戦争になれば多大な軍資金が必要であり、英米金融資本家が儲かる。
2.軍産複合体(軍上層部と癒着した兵器弾薬産業)が儲かる。
   (WW2で余った兵器弾薬の在庫一掃セールの一環 = 末田)

参照 = 馬淵睦夫 「知ってはいけない現代史の正体」 SB新書
         *---------*
馬淵さん説を忖度致しますれば李承晩が山口県に亡命政府を作ろうとしたのは
米英の分割統治の一環であり李承晩の意見とは思えません。
奴は朝鮮両班の端くれであり事大、尊大、横柄にして臆病コウモリ思考の塊。 
日本の統治が始まり奴のあまりに腑抜けた態度に怒った十和田虎次郎?大尉が
平手打ちを食らわしたら泣きわめきながら米国に亡命したくらいですから自ら
日本に来ることは無かったの思われます。

以前、朝鮮戦争が始まりソ連は35個師団を北海道の制圧に配備しながら侵攻
しなかった理由を問われたことがありました。 
スターリンは一国共産主義を望みましたが英米金融資本家が望む「世界革命」
(国境を壊し人の出入りを自由にしつつ各国のナショナリズム(愛国)を滅す)
など興味がなく、金融資本家の顔を潰すこともできず、ポーズとしての北海道の
制圧姿勢だったのじゃないかしらん、、、。

米国の政策を主としてユダヤ系の金融資本が操るために「米国は常に敵を誤り
攻撃する常習犯」とならざるを得ないのかもしれませんね・・・
[ 2020/01/19 13:38 ] [ 編集 ]
英国って、こんなところイヤねw
末田軍曹殿
アノ法破りゴーンの戯けた記者会見に納得できるという米国人が少なくないそうですから、米国人の思考回路はどうやら日本人とは根幹が違うのかも知れませんね。

よくまあ「敵」を間違える国家だと感心する程の米国です。間違えるなら手を出すな、と云えない日本が口惜しい。
事柄の時系列を観察・検証するのではなく、声の大きいしつこい方を簡単に信じる事が出来るんですから、それで今現在でも世界最大の大国で居られる方が驚異です。

英国がここでも出てきましたかw 要するに、米国はもともとの本家を無視することは金輪際無いのでしょうね。世界の混乱の裏には英国在り、と認識しておくべきか。
だけど、戦争の度に宗家を助けても後から金額要求する分家もスゴイと思うけどw

そのユダヤさんですが、プーチンの後釜と今までは見られたメドベージェフさん(退陣されましたが)は、ユダヤ系だから大統領になれても長続きはできない、という識者が居ります(お名前忘却)。
ロシアではやっぱろユダヤさんは嫌われている。だけなのか?

となれば、死亡したレーニンは兎も角、トロツキーが敗れたのは当然?だけど、スターリンも純粋なロシア人ではなくグルジア(元ジョージア)人なのに?  人種感覚はよくわからん!

私が今読んでいるのは江崎道朗氏の「朝鮮戦争と日本・台湾{侵略}工作」という新書版です。
アチソン演説の、「台湾・朝鮮は米国の守備範囲から外す」というのはだったら日本から分離させるな、と思っちゃいますよね。誰が使嗾したのか?という答えが馬淵著書、と。
今まで(台湾がこうなるまで)ま~~~たく関心を持たなかったワタクシが悪い!と反省しながら、その内容にはいちいち驚くばかり。
以前に門田隆将氏の「この命、義に捧ぐ」は読み、日本男児!スゴイ人たちがいるものだ、ぐらいの感想はあったのですが・・・でも、蒋介石は38年間も戒厳令敷いて台湾人はお気の毒だったのよね~、ぐらいの割り切れないものもあり。で。

馬淵氏の御著書、今のを読了後に読みます。ありがとうございます。それにしても、軍曹殿、最近コメントが間遠ではありませぬか?悔いよ!
で、バロン閣下、どうなさったのでしょうね?
[ 2020/01/20 02:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ