FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  文在寅が年頭会見で述べたのは、「解決への意欲」ではなく「解決の放棄」だ

文在寅が年頭会見で述べたのは、「解決への意欲」ではなく「解決の放棄」だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 私の毎朝行う習慣に、朝日新聞の社説を読むことがある。反対に位置する側が何を考えているかを知る好都合のメディアであるし、あの河野洋平など、朝日新聞を毎朝熟読して国会に臨んでいいたそうだから、朝日の論説から読み解けるパヨクの方向性を確認するためにも、苦痛を伴いながら、この習慣を続けている。

 しかし、アホ過ぎて相手にしていなかった東京新聞の15日の社説には、あっと言わされた。いわゆる徴用工問題で、南鮮側に改善の意欲が見えるのだから、日本側も前向きに対応しろと言っているのだ。話のネタは、文在寅の年頭会見だ。文は、いわゆる徴用工訴訟への対応について、「韓国政府はこれまでに解決策を示している」と述べ、その上で、日本側にも解決策を提示するよう要求した。「日韓が知恵を集めれば、十分に解決できる」というのだ。

文在寅


 東京新聞は、文が青瓦台としてどういう解決策を持っているのかには触れず、救済法案にも言及しなかったことを不満としながらも、社説「元徴用工問題 改善の意欲を見逃すな 」をこう締めくくっている。

 今年は東京五輪の年でもある。韓国からも多くの観光客や政府高官の訪日が見込まれるのに、トラブルを抱えたままでいいのか。加えて北朝鮮情勢も不安定だ。
 日本政府は、「韓国内の問題」だとして傍観せず、文大統領の意欲に応えるべきだろう。


 そもそも、文在寅の「日本側も解決策を提示しろ」「日韓が知恵を集めれば、十分に解決できる」というのは、「意欲」と言えるのか。まったくそうではない。文在寅は、八方塞がりのこの問題に関し、何の案も提示せずに、解決策を日本側に丸投げしただけなのだ。案といえば、訴訟原告側が設置を提案した日韓で解決策を検討する協議会について、「南鮮政府は参加する意向がある」と述べただけだ。すべて人任せなのである。

 菅官房長官は、この文の発言を受け、「他国の首脳の発言のひとつひとつにコメントするのことは差し控えたい」としたうえで、「いずれにしろ、韓国に対し、国際法違反の状況の是正を引き続き強く求めていく考えに変わりはない」と述べた。これは、「国交正常化の基礎となった日韓基本条約、請求権協定が守られなければ、二国間関係は成り立たない」という政府の立場の繰り返しに過ぎない。要するに、相手にしないということだ。

 文在寅は、いわゆる徴用工訴訟に関する解決策に意欲を見せる中で、「被害者の同意がなければ問題解決の助けにならない」と言っている。これにはふたつの意味がある。ひとつは、65年の請求権協定違反であること。「完全かつ最終的に解決」した問題については、その後の自国民による請求への対応は青瓦台の仕事である。これは職務放棄なのだ。もうひとつは、「被害者がゴネる限り、問題は解決しない」という宣言だ。これも請求権協定違反のひとつだが、これまで、いわゆる慰安婦問題等で日本側が何度も謝罪しているにもかかわらず、問題が蒸し返されてきた歴史を振り返れば、こんなものは「解決への意欲」でも何でもなく、むしろ「解決の放棄」と取るべきだろう。

 「東京五輪の年だから」というのは、朝日新聞も社説に書いていた。だが、国家の尊厳にかかわる問題を「五輪の年だから」という理由で、安直に解決するのは間違いだ。日本政府は青瓦台に対し、国際法違反の状況の是正を求めていく姿勢を堅持すべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/01/16 07:09 ] 外交 | TB(0) | CM(2)
IOCバッハ会長は、五輪に政治主張を持ち込む事を厳禁する発表をしていますから、東京五輪パラ五輪の年だから日本とドコゾの国家関係がどーたらというのは排除して良い考え方だと思いますね。
少なくとも開催国だからという理由で国家の大事を譲歩する必要など一つも無いでしょう。

東京新聞は南鮮在寅演説を完全に読んで書いた記事ではないかもしれませんね。ドコゾ新聞の見出しだけで書いたとも思えます。むしろネットで知りたい一般が知る方が少しは詳しいかも。

在寅サンの政治手法はアチラの専門家に依れば「一つも良いことは無い政治」だと厳しく指摘された様なネットもありました。それを私も見出しだけでスルーしましたがw
何事もご自分だけが大絶賛の在寅演説や記者会見には、余程の在寅ファンでなければ真剣に聴き続けるにはかなりの努力を要しますでしょうね。

日本政府は「戦前戦中の朝鮮出稼ぎ労働者問題」は日韓請求権で終了。「慰安婦問題」は最終的に日韓合意でその後は全てアチラが対応する事で終了。「貿易優遇扱い」は一重に日本側の内政問題であって相手国が優遇に値する国か否かで判断すると言い渡し済み。
その全てを相手に言い続けているのですから、それにどう対応するのかは在寅政権次第です。
それ以上にも以下にもなり様がないではないですか?

無駄に同じことを何度も何度も言い続ける相手にまともにお付き合いすると、ロクな事にはなりません。過去の日本が経験してきた事です。オシマイなのだ。
[ 2020/01/16 23:05 ] [ 編集 ]
むしろ今の日韓関係こそ正しいのだ。
最悪の日韓関係を喧伝し、日本も少しは譲歩しなければ事態は解決しない
という主張をよく見かけます。
しかし、そもそも現在は最悪の日韓関係なのでしょうか?
日本は安易な妥協に走らず、毅然と筋を通す外交姿勢を貫いています。
姿勢を正すべきは韓国の方であって日本ではありません。
これこそあるべき日韓関係であって、むしろ歓迎すべきです。

韓国からの観光客激減で、大変だ!大変だ!
日本の観光産業の危機などとマスコミは大騒ぎしていましたが、
実際ふたを開ければ海外全体からの観光客は逆に増えていた。
苦境に立たされたのは日本にケチな観光客を送り込んでいた
韓国の航空会社の方でした。
大変だったのは韓国の方じゃないのかしらん。

たしかに韓国からの観光客は激減したが、それを補って余りある
他国からの観光客が激増したということでしょう。
韓国以外の海外からの観光客激増!
これって大きなニュースだし、これからの日本の観光産業の発展を考える
上でも、その増加の内訳を考察することは大いに有益なはず。
ところがこの事実はあまり報道されない。
なぜなら彼らにとってそれは「不都合な真実」だから。

もうすぐ旧正月だけど、韓国からの観光客がどうなるか見もの。
お約束の反日不買キャンペーンもぼちぼち賞味期限と見ています。
周りの目を気にしてやせ我慢していた韓国人は結構多いらしい。
我も我も反日不買運動に浮かれていた熱もそろそろ覚めるのでは?
韓国ユニクロのヒートテック無料サービスで長蛇の列ができたとか。
さもしい根性の前にはご立派な反日無罪とか愛国心とやらも無意味。
ちらほら日本観光に出かける向き㎡が出て、そのうちまた我も我もと
大挙して押しかけてきそうな気がします。

韓国批判はヘイト
日本たたきは言論の自由
もうこんな見え透いたプロパガンダに日本人は騙されません。
福島の風評被害をまき散らし、挙句の果てには放射能オリンピックなどと
下品なイヤガラセを執拗に続ける韓国と良好な関係など結ぶべくもない。

反日種族主義がベストセラーとなり、洗脳が解けた韓国人も増えた。

日韓関係はこれでいいのだ!




[ 2020/01/17 09:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ