FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  未分類 >  パヨクの言論弾圧に対抗する2020年

パヨクの言論弾圧に対抗する2020年

← 応援クリック、ありがとうございます。

 2020年、明けましておめでとうございます。本年もブログ「私的憂国の書」を宜しくお願いいたします。

日の丸


 今年は何と言っても、56年ぶりにスポーツの祭典が東京にやってくる“オリンピックイヤー”です。昨年のラグビーワールドカップ日本大会に続き、世界中の視線が東京やその他の開催都市に集中する年になります。国から大会に際する重要インフラに指定される会社に勤務している私にとって、大会を楽しむ余裕を見つけることすら難しいかもしれません。が、それでもオリンピック・パラリンピックという一大イベントを、いち国民としてサポートし、出来る限り楽しみたいと思っています。

 2019年はどんな年であったか。ひとつ例をあげれば、保守派の多くが体験した、パヨクによるありとあらゆる言論弾圧が横行する年であったように思います。人気まとめサイト「保守速報」さんが、その影響力ゆえに様々な攻撃にあった事案がその典型例。他にも、FacebookやTwitterのアカウントが、運営者の恣意的な判断によって凍結された事態も散見されました。拙ブログでも訴訟案件があり、それは今も進行中です。

 その裏にあるのは、パヨクの言論に対する異常な弾圧であり、差別行動であり、攻撃です。彼らはよく多様性ということばを口にしますが、彼ら自身に多様性などありません。パヨクが左翼と明らかに異なるのは、主義主張が言論を超え、論敵への攻撃という点で運動化していることにあるのでしょう。その首謀者が、言論に訴訟で対抗する立場を鮮明にした朝日新聞であることは言うまでもありません。

 年始の朝日新聞の社説チェックは私の元旦の恒例行事(?)です。彼らは今朝、なんと書いているか。

 ■固有の文化、伝統?

 日本はどうか。
 「民主主義を奉じ、法の支配を重んじて、人権と、自由を守る」。安倍政権は外交の場面で、言葉だけは普遍的な理念への敬意を示す。
 しかし、外向けと内向けでは大違いだ。
 国会での論戦を徹底して避け、権力分立の原理をないがしろにする。メディア批判を重ね、報道の自由や表現の自由を威圧する。批判者や少数者に対する差別的、攻撃的な扱いをためらわない。
 戦前回帰的な歴史観や、排外主義的な外交論も、政権の内外で広く語られる。
 旧聞に属するとはいえ、自民党が野党時代の12年に作った改憲草案は象徴的である。
 現行憲法がよって立つところの「人類普遍の原理」という文言を、草案は前文から削除してしまった。
 代わりに「和を尊び」「美しい国土を守り」などの文言を盛り込んだ。日本の「固有の文化」や「良き伝統」へのこだわりが、前文を彩る。
 この草案にせよ、現政権のふるまい方にせよ、「普遍離れ」という点で、世界の憂うべき潮流と軌を一にしていることはまぎれもない。


 これほど恥ずべき文章はない。「論戦を徹底して避け」という部分に関しては、朝日の報道を批判した小川榮太郎氏と飛鳥新社を相手取り、訴訟に出た朝日自身の自己否定です。メディアに対する批判は、メディア自身がその種を蒔いてきた結果を言わざるをえない。彼らは報道の自由を標榜しますが、「報道の自由」があるなら「批判の自由」も認めるべきでしょう。「政権の内外」という範囲指定には、彼らを批判するネットも含まれるのでしょう。普遍的価値などというものを、いちデマ新聞に決めてもらっては困るし、押し付けられるのも迷惑です。朝日は、政権を批判する社説で、政権を支持する人々までも否定しているのです。

 だから拙ブログでは、朝日新聞のようなパヨクのイデオローグに対しては、今年も厳しく批判していこうと思います。年明けには、立憲民主党と国民民主党の合流という旧民主党の復活も予定されています。彼らの狙いは憲法改正を阻止し、その芽を摘むことで、そのためにはあらゆる手段を使ってきます。憲法議論が政治課題としてクローズアップされれば、そこは保守派にとっても正念場です。

 今年もマイペースで更新しようと思います。いつまで続けられるか分かりませんが、今年も拙ブログを宜しくお願いいたします。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/01/01 10:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)
 朝日はどうか。
 「民主主義を奉じ、法の支配を重んじて、人権と、自由を守る」。 言葉だけは普遍的な理念への敬意を示す。
 しかし、外向けと内向けでは大違いだ。
 あらゆる論戦を徹底して避け、民主主義の原理をないがしろにする。ネット批判を重ね、報道の自由や表現の自由を声高に主張するが、批判者に対する差別的、攻撃的な扱いをためらわない。
 偏向した歴史観や、自虐的な外交論も広く語る。
 旧聞に属するとはいえ、朝日新聞が『朝鮮人慰安婦と日本人』を著わした吉田清治を何度も取り上げたことは象徴的である。
 己が主張に沿うものであれば、その信憑性を検証することなく、あたかも事実として報道する。
 代わりに事実であっても己が主張に沿わないものであれば、あたかもなかったかのように無視する。
 この捏造体質にせよ、隠蔽体質にせよ、報道への信頼感を損なうことで「マスコミ離れ」の原因を自ら作っていることはまぎれもない。
[ 2020/01/01 16:17 ] [ 編集 ]
新年あけましておめでとうございます
昨夜私が投稿致しました小川榮太郎氏の記事は、
モリカケよりバカバカしい桜を見る会騒動や、それに類する日本従来の秩序を無視する連動で、日本国民を無法無分別状態に慣れさせ、<国権の最高機関と代表的な大メディア内で、天皇制破壊、国会の権威破壊、政府無力化を類似進行させる「無血革命」の組織的展開である>
という肝心の主旨が欠けていましたので、書き加えます。

今朝の産経抄はお元日から目の覚めるもので、例の朝日新聞の”総本家フェイク”ぶりが紹介されていました。
大正7年(1918)の米騒動で米価急騰の張本人とされて、日本一の売り上げを誇った鈴木商店が焼打ちに遭った事件の背景には大阪朝日新聞の報道があった、と。
作家の城山三郎氏が「全くの虚報だった」事実を取材により突き止め、作品「鼠」に示されたのだそうです。
朝日新聞社の虚報癖は、戦後に始まったものではないということが分かります。

こちらに挙げられた朝日社説の前半は、その具体例を指摘されませんと誰の何を指しているのだ?で、まさに安倍政府に対する悪印象操作ではないかしら。
これは年末レバノンに別人名義で逃亡したというカルロス・ゴーン氏が発表した<差別が蔓延し、基本的人権が無視されている日本><日本では国際法と諸条件の下で守られるべき法的義務が著しく無視されている>という声明に似て、具体的実証無しの安倍政権(ゴーン氏は日本司法と日本そのもの)貶め印象宣伝と言えましょう。

で、憲法前文の「人類普遍の原理」ですが、前文を改めて確かめましたが占領憲法のそこには
<そもそも国政は 国民の厳粛な信託によるものであって その権威は国民に由来し その権力は国民の代表者がこれを行使し その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり この憲法はかかる原理に基づくものである>
という文言にかかる「人類普遍の原理」だと分かります。

長い歴史を持つ日本人の依って立つべき憲法は、もっと高尚なものである筈で、このような敢えて書くに値しない文言を前文として改正版に入れる必要があるのか?と逆にお聞きしたい。

ともあれ、我が国を精神的物質的に蚕食しようとする内外の勢力には、充分に隅々まで監視と注意拡散が今まで以上に必要になりそうですね。

管理人様の最近のご多忙ぶりが、常とは違う種類のお忙しさと日本の記念すべき五輪に関わると知り、何事かは存じませんがガンバレ~。きっと甲斐ある結果が得られましょう。
ついでに、私的呟き、鹿島・・・負けました。タイトルなし。
[ 2020/01/01 18:40 ] [ 編集 ]
謹賀新年
明けましておめでとうございます。

昨年は貴重な情報をたくさんありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。
[ 2020/01/01 21:40 ] [ 編集 ]
年賀
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

昨日の元旦は、地元の小さな神社の参拝をしたのですが、
近年にないことに、驚くほど長い行列になった初詣の人の多さでした。
令和になって初めての元旦ですから、
人それぞれ、心に期するものがあったのでしょう。

私にとっての大事は、私なりの日本を護りたいとすることです。
これまでの歴史を知れば知るほど、
先人が築き上げたものの偉大さを思います。
日本悪しかれとする今々の人間から、
簡単に潰されることのない日本でありたいと思うのです。

日本に生まれたことの深い感謝とともに
皆様のご多幸をお祈りします。
[ 2020/01/02 14:43 ] [ 編集 ]
チョーセンコロリで日本を守ろう
日本を食い荒らす在日糞チョソン人を誰もが手軽に駆除できる社会になってほしいと切に願います
[ 2020/01/02 20:18 ] [ 編集 ]
謹賀新年
賀正。旧年中はお世話様でした。今年 2020=令和 2年も、宜しくお願い致します。

引き続き貴主張を尊重し、拙見識へと反映させるべく 折々拝読に伺う所存。
引用が必要な折は、これまで通り事前にお届出致す様心がけますので、ご理解
を賜れれば幸いです。
[ 2020/01/02 20:38 ] [ 編集 ]
謹んで令和の年明けにお慶び申し上げます
ご発展を祈念させていただきます。

パヨクの言論弾圧はどんどん強くなるでしょう。豊富な人数、財源を使って様々な方面に勢力拡大を謀っています。大変な危機、こちらのようなサイトを広めなくてはなりません。
[ 2020/01/03 07:35 ] [ 編集 ]
遅ればせながら
遅くなりましたが、あけおめことよろです。
ご都合主義の偽善者であるぱよちん勢力を今年も削っていきましょうwww
[ 2020/01/07 11:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ