FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  報ステ印象操作報道 ~ マスメディアには厳罰の仕組みが必要だ

報ステ印象操作報道 ~ マスメディアには厳罰の仕組みが必要だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日取り上げた、テレ朝報道ステーションによる世耕自民党参院幹事長の発言切り取りと悪意ある編集の事案。今回は、報道の当事者となった世耕氏自身が抗議の声を上げ、テレ朝の意図的な印象操作が周知されることとなった。しかし、そんな状況を迎えても、報ステの富川は「誤解を招く発言」「説明が丁寧ではなかった」という論点をずらした謝罪で逃げ、テレ朝自身が幕引きを図ろうとする。

 これは報道ではなく、犯罪である。これが芸能人や企業人のスキャンダルであれば、その渦中にある人物はあらゆる番組への出演を自粛し、放送局は、対象が芸能人であれば彼、彼女がテレビ画面に登場しないよう「編集」をする。スキャンダルが一過性の過ちであっても、その芸能人は一定期間、干されるのだ。しかし、報道番組でそういった倫理は求められないことになっている。報ステの捏造報道は、芸能人の一過性の過ち同様、またはそれ以上に罪は重い。それは、その編集が「偶発」ではなく、明らかに「故意」があった故のものだからだ。騒動はTwitterで起きたにもかかわらず、報ステの公式ツイッターは謝罪のひとことも述べていない。彼等にとっては、この捏造編集がなかったことになる日を待つだけなのだ。

報道ステーションの偏向報道


 問題の根源は、放送局が負う罰則がないということではないだろうか。それはテレビだけでなく、新聞を含めたマスメディアという括りにしても同じだ。朝日新聞はいわゆる慰安婦報道で、日本軍の強制連行という報道を行い、恐らくそれが嘘だと知っていながら30年以上放置した。南朝鮮との関係悪化は他にも理由があるものの、日韓の関係を悪化させ、互いの国民を嘘で煽り、特に日本国に対して「戦争犯罪」を擦り付けた。この朝日の報道で被った国益の毀損は、新聞社ひとつ吹っ飛ばしても全く足りないのだ。しかし、朝日は今も新聞をすり、グループ企業が好き勝手な記事を量産し、国民を惑わし続ける。

 彼らが今も存続しているのは、こういう事案が発生すればお得意の「第三者委員会」を組織し、最小限に留められた批判を受け、そして幕引きするからだ。新聞やテレビ番組が、その社や局なりの意見を述べることは、報道の一部だろう。しかし、捏造は犯罪だ。国家レベルを動かすような捏造をしておいて、お手盛りの対応で幕引きを完了できるから、彼等にとっては痛くもかゆくもないのだ。BPOもいわば互助会組織のようなもので、明確な第三者ではない。

 言うまでも無く、言論の自由は無限の自由ではない。彼らメディアは権力の監視を標榜するが、監視したいなら勝手にやればいいが、出て来る記事が偏向や捏造なら、そんな監視など意味がなく、むしろ害悪だ。他人の責任は追及するが、自分の生業には無責任なのがいまのマスメディアだ。こういう構造を変えないと、捏造記事も偏向記事もなくならない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/12/13 07:10 ] メディア | TB(0) | CM(6)
「夜空のムコウ」を編集する
あれから僕たちは 何を信じて来れたかな
夜空の向こうには 明日がもう待ってる
誰かの声に気づき 僕らは身をひそめた
公園のフェンス越しに 夜の風が吹いた
君が何か伝えようと握り返したその手は
僕の心の柔らかい場所を今でもまだ締め付ける

この歌詞を悪意を持って編集すると……。

誰かの声に気づき僕らは身をひそめた
公園に夜の風が吹いた
君が僕の柔らかい部分を締め付ける

甘酸っぱい青春の一コマを描いた詩も、編集次第でなんかエロくなりますよねw
メディアをそのまま信用してはいけません。
[ 2019/12/13 13:24 ] [ 編集 ]
 マスコミの捏造、政治プロパガンダによる国民の洗脳行為を報道と偽り、てんとして恥じない暴走を止められるのは誰か?

 自浄作用のない確信犯のマスコミには、現状では外から強力な規制法が必要だ。

 政治にしかそれは出来ないのが、民主主義の限界である。
 それができる政治家を選ぶしかない。
 一例がN国党や日本第一党ではないか。
 彼らに一定の政治的腕力を与えるべく努力したいものだ。
[ 2019/12/14 00:18 ] [ 編集 ]
墨ベタの妄想力
ST様のコメントを見て、
中学生の頃、雑誌に載ってるビキニのアイドルの、水着の部分を敢えて四角い墨ベタで塗って隠して、裸を妄想して喜んでる友人を思い出しました(私ではないですよ)。

このように「妄想を掻き立てるような隠し方」を使うのは面白くもありますが、掻き立てられる妄想が憎しみであるなら、それは問題。また、それを狙ってやっているなら、それは罪。

共産主義もプロレタリア文化も表現の不自由展も、だから罪。
自衛隊員をあからさまに憎む社民党も朝日も、そこがわかってない。

憎しみを原動力とする思想は、破壊思想に帰着する。

全共闘世代の考えがいつまでたっても抜けきらない阿呆どもが日本を滅ぼしかけているように。
[ 2019/12/14 01:06 ] [ 編集 ]
政府与党がコレに真正面から対応措置をとろうとすれば、反日仲間達はここぞとばかりに更なるレッテル貼りをして世間を騙し、「弾圧」だと連日政府批判だけの国会騒動になるのは予想できます。
国益を優先するならば具体的に政府与党側に打つ手はないのではないか?と思います。
現在の国際情勢をみると、余りに為すべき政治課題が多く、バカの相手をしていられる時じゃないのではないかしら。

だから、彼らは政府与党の足元を見て、こういう見境の無い捏造切り貼り報道をし続ける。

NHKの慰安婦法廷番組に、安倍官房副長官(当時)と故中川昭一議員が圧力をかけた、とチョウニチ新聞が嘘を書き、それに真っ向から反論、批判をした安倍氏・中川氏への、チョウニチの憎しみが今でもこうして続いている、とする麻生副総理のご見解は、核心を突いていると思います。

それまで「天下の」チョウニチ新聞に真っ向からモノ申した議員は居なかった、とか。それほどチョウニチ新聞社サマは尊大だった。
何を書いても政治権力を持った側の反論無しに慣れ切っていたチョウニチの、安倍氏への逆恨みはまるでドコゾの千年恨みの半島並み。

このまま放置する事は日本国民にとって、大変に危険なことだと感じますが、これ以上国政が無駄に費やされるのも困り物。
テレビ局側の「第三者委員会」ではなく、政府与党が直接関係しない部署の「第三者委員会の検証」と、場合に依ってはそこから法廷へ、というルートが出来るのであれば、少しは効き目があるかもしれない、かな?

確信的に捏造発信をし、それに抗議されると必ず言うのが「誤解を生じたならば訂正します」的、中身はどうみても「はいはい悪かったね、謝りゃいいんだろ」心情が露骨な心無い対応のメディア。

聴衆は見なけりゃいいし、出演者は出なけりゃいいのだけど、公的記者会見に記者とカメラが来ての嘘つき報道ですから、せめて一定期間、官邸と全省庁の朝日報道関係者出入り禁止、ぐらいはしても良いのではないか、と思います。
それでも嬉しく騒ぐでしょうけれど。
[ 2019/12/14 07:34 ] [ 編集 ]
むしろ「言っていることは事実ではない」という分かりやすさを評価してあげましょう。嘘に騙されないためには眉に唾を付ける考え方が欠かせません。その練習台としてこれからもフェイクニュースをどんどん流してほしいと思います。
[ 2019/12/14 08:59 ] [ 編集 ]
HNこーでりあ はとらこの間違いでした。
[ 2019/12/14 23:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ