FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  サンモニの放送事故と青木理の薄っぺらい「ネトウヨ」レッテル張り

サンモニの放送事故と青木理の薄っぺらい「ネトウヨ」レッテル張り

← 応援クリック、ありがとうございます。

 11月10日のサンデーモーニングで奇妙な現象が起こった。

 青木理が黒板を使って今の日韓関係を解説した。「1965年の日韓基本条約および請求権協定の締結によって、国交を正常化した日本と南鮮。だが、それらの条約は、時の日本政府と朴正煕独裁政権の間の政治的妥協の産物であり、朴正煕は民主化運動を弾圧した。現在、そのとき置き去りにされた個人の人権や補償、事実の究明などを求めた民主化運動を背負った、人権、補償などを重要視する人たちが政権に就いており、日韓の間で葛藤が生じている。日韓にはデメリットもあるが、南鮮が弱って歩み寄っているいま、過去の歴史を振り返り、1965年の政治的妥協で解決済みというのは経済や交流などのメリットを失いかねない」といった趣旨だ。

 コメントを求められた佐高信は肯定的に論評したが、そのあとのコメントした田中秀征は、青木の解説を全否定した。「2005年の廬武鉉政権で調査委員会まで作って検討した結果、解決済みだと言うことを認めた。今の大統領も、廬武鉉政権のなかに一体化して、一番重要な部分に居た。あとは今までこちらがかけた迷惑もあるから、友好的に一所懸命やっていこうという気持ちになった。青木は承知の上なんだろうけれど、彼の話の中には2005年のことは出てこない。こういうことをされたら付き合いきれない。南鮮がGSOMIA破棄を止める可能性が高まっているが、そうしたら必ず輸出規制を止めろとくる。でも徴用工の問題は違う。僕は政権と同じ姿勢だ」ということだった。

青木理


 これは、サンモニにとっては放送事故に近い。青木は、文在寅政権の立場を代弁し、青瓦台の広報担当としてこの番組で「歩み寄り論」を述べたのだし、番組的には青木説を全面的にプッシュするつもりだったのだろう。しかし、元政治家としての田中の逆襲に遭い、青木の歩み寄り論は色あせた。司会の関口が困ったような表情で次の話題に振ったのは、番組としては当然だろう。

 青木のようなコメンテーターをレギュラー待遇で採用するのは、もうテレ朝とTBSぐらいしかないだろう。テレ朝の番組でこの男は、「皇室を税金で支えていくのが果たして良いのか」と発言したそうだが、私は未確認なので論評しない。しかし、過去の発言から、青木が皇室にシンパシーを感じるどころか、否定的な考えを持っていることは確かであり、「時代に合わせて女性、女系天皇を認めるべきだ」と言いながら、青木自身が前時代的パヨク思想に染まっている事実は、どこか滑稽でもある。

 さて、いまの国会では、安倍総理がら自分たちの質問者にヤジを飛ばされる事態を、野党が問題視している。

青木理氏、安倍首相の国会でのヤジに「あえて言えばネトウヨ的。非常に低劣」 (スポーツ報知)

 こうした発言にジャーナリストの青木理氏は、行政府の長である首相が「最低限の礼節を尽くして真摯に説明するのは、政治思想の右とか左とかではなくて、近代民主主義の基本的な所作なわけです」とした上で「共産党」とのヤジに「批判の言葉と捉える発想は、あえて言えばネトウヨ的。非常に低劣っていうか。そういう言葉を批判の言葉だと思っている首相が国会で発している、それも野党に対してというところの問題の根深さ。つまり、三権分立とか国会とか行政府が何かという根底が不快じゃないだけでなくて、壊れていく気配じゃないかと僕ら敏感に感じなくちゃいけないと思います」とコメントしていた。


 壊れているのは、安倍総理でもなく日本の行政システムでも民主主義でもなく、質問する野党と青木のような反政府コメンテーターのほうだろう。ネトウヨとレッテル張りすれば相手を貶められると考えている浅はかさが情けない。青木のような人間は、ネトウヨということばを相手を蔑むために使う。だから「低劣」という表現が出て来る。しかし、どちらかといえば、「革新」とか「リベラル」を自称している側の人たちが、論敵を「ネトウヨ」とひとくくりで定義すること自体が、紛れもない思考停止ではないのか。

 相変わらず前時代的な思想を持つコメンテーターを、TBSは好むようだ。TV番組に出るたびに、ネットで批判と失笑を買う青木理。彼を使う番組は、今後もマークだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/11/11 07:07 ] メディア | TB(0) | CM(6)
日本のマスコミにはびこる韓国勢力
さわやかな日曜を朝からぶち壊すTBSの反日番組「反日モーニング」
この青木という人物はいつも韓国の擁護しかしませんね。
国際法的に既に解決済みの問題を蒸し返してゴールポストを動かそうとする。
まったく発想が韓国人と同じで苦笑するしかない。
お人よし日本人もさすがに韓国の卑怯な手口に気づいてきました。
かつては左翼マスコミに贖罪意識を植え付けられ、韓国に謝罪や譲歩し続ける
ことを当然と感じていた人たちもここに至りようやく覚醒し始めました。

 このブログを始め、左翼マスコミのウソを次々と暴いてきたネットの力は大きいでしょう。
こんな人物をいつも出して極端に韓国に偏った意見ばかり垂れ流していると、視聴者はこの番組の信頼性を疑うだけだと思います。
スポンサーはよくも黙っているものです。

 田中秀征さんはかつて政権中枢に身を置いた人だから、よほど腹に据えかねたんでしょう。

 左翼マスコミというと、新聞ではチョーニチ新聞が筆頭ですが、マイニチも輪をかけて酷いものです。毎日にニンベン付けて「侮日新聞」に改めたら?

 「毎日新聞会員限定有料記事」より
2019年11月9日 01時33分(最終更新 11月9日 11時13分)

韓国報道労組「日本の報道関係者と連帯して闘う」 表現の自由訴える集会

 「アプソソ ナガニ サンジャヨ タルラ(先頭に立って 私は行く 生ある者よ ついてこい)」――。韓国語の歌声が8日夜、東京・霞が関の文部科学省前に響き渡った。国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」に対する補助金が不交付になった問題を受け、新聞やテレビなどの労働組合でつくる日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)が開いた抗議集会に韓国の報道労組のメンバーが加わり、韓国で市民運動のテーマソングとして親しまれる「あなたのための行進曲」を合唱して日本の報道関係者にエールを送った。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

「韓国語の歌声が8日夜、東京・霞が関の文部科学省前に響き渡った。」
って・・・ 
一体どこの国の新聞?
正気の沙汰ではない。
「あいちトリエンナーレ2019」は韓国の勢力によって手引きされていたことの証左とも言えると思います。
これは日本や日本人として看過できない問題事なのに、むしろ外国の介入を歓迎するかのような記事には呆れるしかありません。

この新聞社はもはや韓国勢力に乗っ取られているとしか思えませんね。
身の毛がよだつ思いがします。
[ 2019/11/11 10:38 ] [ 編集 ]
TBS基準では・・
お疲れ様です。悪名高い TBSの日曜朝番は「サンデーモーニング、実はサイ
テーモーニング」という意の揶揄をよく聞きます。

貴記事や、敷島やまとさんのご見解を振り返ると、青木 理・元共同通信記者
は、確かに TBSと TVAの両局以外の番組で見かける事はありません。やはり
「偏向の証」とみて良いという事でしょうか。

田中秀征さんが、珍しくも青木元記者と異なる見解を表された件にしても、他局なら普通の討論レベルの所 TBSレベルでは放送事故となってしまう辺りに
、失笑を感じるものがありまして。因みに、青木元記者が「皇室の事共を税金
で支える事への疑問」を呈した件は事実だと伺っております。

安倍総理の対野党向け野次については、確かに拙者も品性に欠けるかなとも思
いますが、むしろ挑発した杉尾秀哉・立民参議の挑発の方が悪質でしょう。
安倍総理を悪しざまに言う青木元記者の言動は、どう譲っても過剰反応でしょう。
杉尾参議は旧オウム教団と対峙した 坂本弁護士ご一家殺害の原因や松本サリン
冤罪事件の原因にも関与した様だし、そも国会に居てはならないはずですから。
因みに同参議も TBSの出。お里がバレるとはこの事でしょうか。

青木元記者は、韓国への留学歴があるとも聞きます。その折、北鮮工作員と接
触してあの様な思考に嵌った可能性もあるかも知れません。同様に、当地愛知
の恥ともいえる「あいちトリエンナーレ2019」の関連展示にしても、韓国勢
力による手引きに加え 北鮮工作組織の関与も疑った方が良いと心得るものです。
[ 2019/11/11 13:49 ] [ 編集 ]
青木理は韓国特派員時代、それは今の文政権の母体となる廬武鉉の時代で、廬武鉉政権のブレーンだったそうです。本人が自慢していたそうなので、間違いありません。
https://seijichishin.com/?p=26354
そのころからすでに日本を貶める工作に余念がなかったということでしょう。

彼は韓国というよりも、親北で、チョサッパ工作員です。何しろグダグダだった北まっしぐらのチョググの弁明を手放して称賛してましたから。彼らチョサッパの念願は北による南北統一と日本転覆です。だから抵抗する安倍さんが邪魔で仕方ない。

それを後押ししているのがやはり同じ組合の朝日新聞、テロ朝、TBSのきな臭い連中。あ~、NHKも。
そして、維新を除いた野党議員連中。

日本の本当の敵は実は国内に一杯いるってことですね。
お人好しな日本人は目覚めなければいけません。

そうそう、文春の「好き・嫌いな司会者 コメンテイターアンケート」で、中間発表の時点ですけど、青木理は「嫌い」のみで、ぶっちぎりの1位でした。ただ、テロ朝の相方・玉川は「好き・嫌い」の両方にランク入りしていました。
[ 2019/11/11 19:12 ] [ 編集 ]
ぱよちん青木よ、寝言は寝て言え
ぱよちん青木よ「最低限の礼節を尽くして真摯に議論するのは、政治思想の右とか左とかではなくて、近代民主主義の基本的な所作なわけ」だが、安倍政権だけにはそれを求めて、クズ野党を対象外にするのはなぁ~ぜ?www

「共産党」のヤジを「批判の言葉と捉えず、ただの音声と擁護するような発想は、あえて言えばぱよちん的。非常に低劣っていうか。そういうマナー違反のヤジだけを正当と捉えるクズコメンテーターが公共の電波で発している、それも多数の国民に支持された安倍政権に対してというところの問題の根深さ。つまり、三権分立とか国会とか行政府が多数の日本人に信頼されるのかという根底が不快じゃないだけでなくて、民主主義そのものが少数の反日パヨクによって壊されていく気配じゃないかと僕ら敏感に感じなくちゃいけないと思います」wwwww
[ 2019/11/12 10:27 ] [ 編集 ]
以前荒川強啓のラジオ番組でコメンテータだった。ひどかった。
慰安婦の問題では聞いてる人を説教したり、叱ったりの口調だった。
全く関係ないニュースでも結論は必ず「日本も同じで、いやもっとひどい」などで日本批判で終わらせていた。もう何を言うかすべてわかってた。
番組なくなって本当に良かったけれど、今度はテレビなんだ。

彼と仲がいいと公言する荻上チキ。tbsの堂々夜10時番組を持っている。
偏っていたので今は聞かないが関東地震朝鮮人虐殺被害者を時期が来ると日本を責めていた。こういうのが日本の電波でやりたい放題。
[ 2019/11/13 10:01 ] [ 編集 ]
テレビに問題あり。スポンサー企業陰謀ですか。
[ 2019/11/13 11:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ