FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  ユニクロ柳井正の「日本最悪論」に異議あり

ユニクロ柳井正の「日本最悪論」に異議あり

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ユニクロの柳井正といえば、かつて文春に、旧民主党のフランケン岡田、ソフトバンクの孫正義とともに「媚中派」として認定された人物だ。尖閣を巡って先鋭化した日中関係について、「日本の外交は幼稚。情けない」と発言し、加えて「偏狭な愛国心の間に挟まれて企業が困っている」、「日本の政治家の感覚がずれている」と、言いたい放題だった。ひと言でいえば、「政治が商売の邪魔をするんじゃねーよ」ということなのだろうが、この人物にかかると、批判の矛先は何故か日本ばかりに向けられる。

 その柳井のインタビュー記事が現代ビジネスに掲載されている。「柳井正氏の怒り 「このままでは日本は滅びる」」と題したこの記事は、約3500文字程度のロングインタビューだが、「最悪ですから、日本は」から始まる記事を読むにつけ、日本と日本人に対する批判が凄まじい。いくつか抜粋してみよう。

 この30年間、世界は急速に成長しています。日本は世界の最先端の国から、もう中位の国になっています。ひょっとしたら、発展途上国になるんじゃないかと僕は思うんですよ。

 いわゆる「ゆでガエル現象」というものが全部でき上がってしまった。私はそんな日本についてあきれ果てているけれど、絶望はできない。この国がつぶれたら、企業も個人も将来はないのですから。だからこそ大改革する以外に道はないんですよ。

 民度がすごく劣化した。それにもかかわらず、本屋では「日本が最高だ」という本ばかりで、僕はいつも気分が悪くなる。「日本は最高だった」なら分かるけど、どこが今、最高なのでしょうか。


 企業経営者としてのものの見方を、私は知らないけれど、商売のことと民意や民度をごちゃ混ぜにしているように思える。日中関係が尖閣で険悪になり、ユニクロも少なからず影響を受けた際、柳井は前述のとおり、「偏狭な愛国心」に挟まれて「企業が困っている」と批判した。支那へ進出する企業として計算しておくべきカントリーリスクを、日本国民の愛国心のせいだと責任を転嫁したのだ。

柳井正


 柳井の発言は政治にも及ぶ。

 僕は自民党のファンですが、今の自民党議員は本当に情けない。誰も安倍晋三首相に文句を言う人がいませんよね。安倍さんを本当に大総裁にしようと思ったら、文句を言う人がいないとだめでしょう。みんなが賛成というのはだめな現象ですよ。

 それと今、憲法改正よりも米国の属国にならないことの方が重要ではないかと思います。日米地位協定の改正の方が、将来よほど必要ではないでしょうか。完全に米軍の指揮下になっています。


 日米地位協定を改正しなければならないのはその通りだが、だからといって憲法改正を二の次にしてよいということでも、柳井は二つのイシューを混同している。日米地位協定と、例えば憲法9条の問題は、全く別の議論だ。地位協定を改正したところで、外国の侵略は防げない。地位協定と憲法は、それぞれ目的が違うのだ。政治的なプライオリティの問題はあるものの、日本を守るために何が必要かという視点が肝要で、その視点を持てば憲法議論を先送りしてよいという結論にはならない。

 韓国にみんながけんか腰なのも異常ですよね。韓国の人が反日なのは分かりますよ。でも日本人は本来、冷静だったのが全部ヒステリー現象に変わっている。これではやっぱり日本人も劣化したと思います。


 この部分は中央日報あたりが嬉々として詳細に記事にしている。彼等にとって、日本や安倍政権を批判する人物は“おいしい”存在なのだ。

 日本人は全部ヒステリーだというが、ヒステリーなのはアチラの方だろう。ネットでは原理主義的、かつ感情的な言論も散見されるが、それは決して「日本人の全部」ではない。「けんか腰」というのも言い過ぎである。日本国民はただ、彼らに対して「約束を守れ」と言っているにすぎず、彼らの無法な要求に対して反対しているのである。加えて言えば、彼らが米国や支那に対する態度と、日本に対する態度を使い分けていることに対しても批判的なだけだ。その批判は喧嘩を意味しない。

 こじつけだらけの主張には、到底賛同することはできない。そもそも柳井は、先に触れた尖閣問題の際、「一私企業が政治的外交的問題に関していかなる立場もとるべきではない」と公言している。この言動不一致、柳井はどう説明するのだろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/10/18 07:07 ] 社会問題 | TB(0) | CM(10)
〇私の知る柳井さんは、責任感の強い人なので、異論はあるのかもしれないが、日本国民としての日本国への叱咤激励ではないかと、私は思う。台風19号の災害においても、GUは被災地に服を寄付されているので、柳井さんの批判は避けたいと思う。
[ 2019/10/18 08:28 ] [ 編集 ]
グローバル企業の犠牲にはなりたくない
ユニクロは、特に中華圏での店舗数、売上げを伸ばし、国内外の業績がほぼ半々にまでなったと言う。
国内の個人消費は、人口減少、景気後退や増税により頭打ちである事は明白で、活路を海外に求めるのは必然だとは思う。

しかしだからと言って、商売上のリスクだから外交懸念は全て日本が我慢し譲歩しろと言うのは、あまりに身勝手で日本国民として到底看過出来ない。

ユニクロの海外業績の為に、白を黒と言い、領土を譲り、謂われ無き屈辱に耐えるのはまっぴら御免だ。
[ 2019/10/18 09:40 ] [ 編集 ]
経営者 柳井さん
叱咤激励から、不満タラタラに変わってきたのでしょうね。
それだけ余裕を持てなくなってきたという、焦りも垣間見えます。
ジャンじゃか、ジャンじゃか洋服を作っていますが、在庫も貯まる一方
[ 2019/10/18 09:45 ] [ 編集 ]
商売と政治は違います
随分なものの言い方ですね。何を言っているんでしょうか。日本は日本人のための国です。自分が生まれた国に誇りを持ってはいけないと言いたいんでしょうか。それに、なぜ中国や韓国に忖度して生きていかなければならないのか、全く理解できませんが。この人もその辺の左翼さんと同じなのですかね。

ユニクロのようなビジネスモデルでは、日本国内では限界が来ているのでしょうから、中国、韓国等を無視できないのは分からないでもありません。それならば、黙っていれば良いのです。思っている事をわざわざ口に出さなくても良いのです。商売以外の事に口を出すのは慎まれたらいかがかしら。
[ 2019/10/18 19:44 ] [ 編集 ]
日本のためならず
この人の言っていることはそんなに難しいことではない。
単に自分の商売の邪魔されたくないだけである。いわば売れる国で
商売する邪魔をするなということである。シナや朝鮮で
商売させていただくのだから、シナ朝鮮の
都合いいことを日本はしてほしいということだ。
ユニクロがもみ手でへりくだりしてシナで商売していたとき、一時日本企業を
シナ人民衆が暴動してこわしたことがあった。そのときこいつは
自分の店舗に日本の会社ではないとか言うような張り紙を
した。もう日本では商売するな。日本人はこいつの
根性をよく見て不買同盟せねばならない。この人は日本のため思っての
発言だなど言う人が居るが、それは考えが甘い。
[ 2019/10/18 20:44 ] [ 編集 ]
普段はあまり行かない方向の20kmほど離れたところに
ユニクロの店舗があって、みながよく行っている
と聞いたので夏の半ズボンでも買ってみようと思い
その店に行ってみた。がもう自分は若者ではなく
似合いそうなものは何もなかった。せっかくだからと
形の少し変わったのであったが買って帰り、早速
着てみたが生地が妙にごわごわ堅くて体になじまない
感じであったので、もうはくのをやめた。それにかすかではあるが
何かあまりなじみのない臭気が気になり、ゴミ箱
に捨てた。それから以後一度もユニクロには
行かなかった。
なぜそんなのが人気なのかわからなかった。
[ 2019/10/18 21:10 ] [ 編集 ]
>韓国にみんながけんか腰なのも異常ですよね。韓国の人が反日なのは分かりますよ。でも日本人は本来、冷静だったのが全部ヒステリー現象に変わっている。これではやっぱり日本人も劣化したと思います。

日本人が劣化したのではなく、ただ堪忍袋の緒が切れただけ…
「黙して語らず」「沈黙は金」の時代は終わり、これ以上我慢するのはやめよう
他の国々と同じように主張すべきことは主張する。
日本人がやっと覚醒したというべきでしょう。

ユニクロの商品、フリースを安値で売りだした頃は飛ぶ鳥を落とす勢いでしたが
その後、劣悪環境雇用体制を元従業員に暴露されてから
商品に目新しさがなくなり日本で売れなくなり
売り場を日本からアジアに移行し始めました。
劣化したのは日本人ではなくユニクロです。
[ 2019/10/18 21:49 ] [ 編集 ]
在日糞チョソン人を駆除できずに野放しにした、という点では日本最悪論も間違ってはいないでしょう。あいつら、先のラグビーW杯でも差別差別と喧しい糞喰いキムチがラフプレーばかりしているのを賛美するような下等人種ですから。そんな屑を放置していた失態は確かに非難されてしかるべきかもしれません。
[ 2019/10/18 23:04 ] [ 編集 ]
柳井氏とソフトバンクの孫氏の発言は時期も内容も非常に似ている様に感じます。
民度はたしかに低くなっているでしょう。NHK、朝日、毎日TBSなど総動員で日本人に質の低下を誘導しているのですから、それに気づかないで報道通りに自国貶めする「民」の民度は落ちます。
アノ元文科省次官も恥じなくメディアに出没出来る国の民度が高くなる方がおかしい。
しかし、それを言える柳井氏なのか?ご自分が「高み」から「日本評論」出来る資格は何処にあるのか?お聞きしたいものです。

ユニクロが中韓に出て行くまでは日本国内で社の基礎を作れたのでしょうから、そんなに日本を悪し様に言うのは商道徳として筋が違う様に感じますが、恩を仇で返すクニがドコゾに有りますから、官と民の違いありますが中身(精神)は似たようなもので驚きはしません。

不買運動で一時、一部の店舗を閉鎖することもあったらしい南鮮では、もともと安価な商品を大幅値下げのバーゲンが大当たりしたとか。原価がとれていたら良いですね。
大量在庫を抱えて無駄な経費を掛けるよりは寄付するほうが得。

気になるのは、この人だけでは無くおヒダリサン方の物言いが時と内容が同じに発信されている事です。まるで組織的にも見えてワタクシは気持ち悪い。
[ 2019/10/19 01:10 ] [ 編集 ]
こんな日本人を愚弄する人間が作る商品なんか気持ち悪くてもう着れません。2度と買うことは無いですね。
見損ないました。日本人を愚弄して嬉しいんですかね。
まぢ、きもいです。
[ 2019/10/19 22:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ