FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  半導体素材の輸出管理から100日 ~ カントリーリスクだらけの南朝鮮

半導体素材の輸出管理から100日 ~ カントリーリスクだらけの南朝鮮

← 応援クリック、ありがとうございます。

 “史上最強クラス”のモンスター台風が日本列島に接近中です。台風の通過ルートに近い地域の皆さま、どうぞお気を付けください。



 ノーベル化学賞を受賞した吉野彰さんがNHKのクローズアップ現代に出演した際、「基礎研究は大体1人か2人の孤独な研究ですんでね、まあ、あーでもないこーでもない、馬鹿だチョンだ言われながらなんか新しいものを見つけていく孤独な作業なんですよ」と語り、司会者が慌てて発言を詫びるシーンがあったようだ。この記事を読んだとき、吹き出しそうになった。チョンという言葉は私はほとんど使わないけれど、言ってみればこれは一種の慣用句である。江戸時代に「半端者」への比喩として使われていたことばが、後に朝鮮人への蔑称として使われたとされ、メディアにおいては禁句となった。まぁ吉野さんに悪気はないと思うが、不断騒ぐパヨクの批判は吉野さんには向かわないだろう。批判しても政治的、運動的な成果は得られないからだ。

 かつて、カントリーリスクといえば、その代表格は支那だった。その状況は今も変わらないけれど、最近頭角を表し、その立場を不動のものにしつつあるのが南朝鮮である。正確に言えば、南鮮におけるカントリーリスクは以前からあるが、戦時出稼ぎ労働者訴訟問題(いわゆる徴用工問題)での最高裁判決で、その地位が確定した。この国はリスクだらけだ。

文在寅


 日本政府による半導体素材等の輸出管理強化と、ホワイト国からの除外指定の決定以降、日本による南鮮への投資は急速に萎んでいる。それが顕著な例が広告出稿で、日本の主な広告主によるテレビ、ラジオ、新聞、雑誌など、南鮮4大メディアへの広告費は、7~8月で約6億4500万円)だった。前年同期比で76%もの減少だという。ビール業界や衣料品、化粧品などにも影響が及んでいるが、南鮮での刹那的な日本製品不買運動が直接的な原因であることを如実に示している。

 文在寅は、日本の輸出規制開始から100日が経過した11日、日本への依存度が高い素材・部品部門の国産化に向けた「支援を強化する」と述べ、「脱日本」を進める姿勢を改めて強調したという。私は過去に、南鮮が日本製品依存から脱却するのは自由だが、「それまで南鮮企業が持つのか?」と指摘したことがあるが、彼らがそうしたいならすればよい。ただ、「リチウムイオンも不買しないの?」という声がネット上で交わされる通り、彼らの脱日本はあまりに中途半端で、その「半端者としてのチョン」の今後については、遠くから眺めていると面白いだろう。

 昭和天皇と上皇陛下を、「戦争犯罪の主犯の息子」と二代に渡って貶めた、南鮮国会の文喜相が、G20国会議長会議参加のtめ、11月に来日するという。G20国会議長会議は定例の会議であり、南鮮もその一員であることから、招待せざるを得なかったのだと思われる。ただ、山東昭子参院議長は、駐日南鮮大使に文の招待状を手渡した際、文氏の発言について「甚だしく無礼で、受け入れられないものであると抗議する」と述べたといい、一体どのツラさげて来日するかも注目だ。

 文の来日には保守系の団体の抗議が必然と思われ、余計な警備に金がかかることになるだろう。我々の税金でこの無礼者の警備が行われること自体、釈然としない。文は鳩山由紀夫相手には発言についての謝罪の意を示したが、正式な謝罪はしていない。文喜相は、日本国民に対し、謝罪すべきである。

 こういう国には近づかず、放っておけばいい。「引っ越せない隣人だから仲良く」というのが定説のようだが、仲良くすべき理由がない以上、そんな定説はもう捨てるべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/10/12 10:25 ] 外交 | TB(0) | CM(2)
ツラ つらつら
台風お見舞い申し上げます。
こちらは唯今、台風の目の中です。 

南鮮の、スクスクと育つリスク成長率。頂点を極めるにはまだまだ遠いぞ、頑張るが良い。応援はしないが妨げる気は無いから、晴れ晴れと成長するがよい。

「バカでもチョンでも」は所謂庶民の慣用句で、時代劇や落語の長屋モノには欠かせない言葉ですのに、イヤですねえ言葉狩り。

慰安婦なんぞという出稼ぎ女性を「強制連行」と言い張り、日本政府もアノしつこさに根負けしたのか「女性の名誉と尊厳を傷つけた」なんぞと不当なことを言いながら、何度も「謝罪」&出費しても、未だに「誠意が無いからおかわりね」の南鮮国の議長が、例え日本に入国する為だとしても「謝罪」文句を言い出す可能性はありましょうが、「誠意」はある訳が無い。
誠意、という言葉の世界自体が日本とは違う、様な気がします。

どんなツラして来るのか、見てやってもいいけど。

[ 2019/10/13 00:28 ] [ 編集 ]
「あ」さんへ
コメント削除しました。
意見するならもっと適切な表現で書いてください。
[ 2019/10/13 04:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ