FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  あいトリ再開へ ~ 愛知県民は、反日プロパガンダの発信を支援した知事をリコールすべきだ

あいトリ再開へ ~ 愛知県民は、反日プロパガンダの発信を支援した知事をリコールすべきだ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 “良識派”の抗議を受けて中止になった、あいちトリエンナーレ内の企画展「表現の不自由展・その後」が、6日にも再開される見通しだという。不自由展実行委員会が、展示再開を芸術祭実行委に求めた仮処分で、両者の和解が成立し、展示再開となったとのことだ。

 不自由展実行委には、あの岡本有佳がいる。岡本は、「希望のたね」という団体を構成し、基金をつくり、集めた金で自称慰安婦らを助成しようという運動を主催している一人。先ごろ、杉田水脈議員がこの「希望のたね」を、「挺対協と手を結んで、慰安婦、強制連行20万人を後生大事に守って、いつまでも日本から金を取ろうとする団体」と語り、その裏で動いているのが辻元清美だ」と告発した対象である。岡本は、VAWW-NETジャパンが主導した「女性国際戦犯法廷」に深くかかわった金福子との共著まで出している筋金入りの反日サヨクだ。要するに、この芸術展なるものは、芸術の名を借りた政治プロパガンダの発信地として利用されているのである。

岡本有佳


 「表現の不自由展・その後」は、中止になった当時から、大村知事が持ち出した「憲法21条」問題を含め、多くの論争を呼んだイベントだ。その後、文化庁が補助金7800万円の交付中止を発表し、またもや論争の対象となった。結局、愛知県は検証委員会を内部で作り、お手盛りの報告を以て収束を図り、知事の大村は、不自由展実行委の圧力に屈したかたちとなる。展示の内容もさることながら、主催者側の不手際は救いようがないほどの醜態となっている。
 

大村知事


 9月27日には、朝日新聞が1面トップ、2面、14面の社説、31面の文化・文芸面、35面の社会面を動員して、補助金を不交付にした文化庁の判断を猛批判するキャンペーンを打った。門田隆将氏の指摘に依れば、朝日は問題になった「昭和天皇の肖像をバーナーで焼き、燃え残りを足で踏みつける」映像を、「昭和天皇を含む肖像群が燃える映像作品」と表現しているという。こういうのを「歪曲」と言うのだ。彼らの意図を、門田氏はこう解説する。

 だが、新聞とテレビは、この作品群をひたすら「少女像」だけに矮小化させた。つまり、「一部の保守派が少女像に反発し、表現の自由を圧迫している」という図式で報じたいからだ。そのためには、非難が高まるような昭和天皇に関わる作品や、亡くなった兵たちの死を揶揄したり、馬鹿にしたものであってはならないのだ。


 朝日は、中止の理由を「放火を示唆する内容のファクスやテロ予告のメールを含む抗議が殺到」と書いている。表現の自由が、こういうテロまがいの抗議によって侵害されたという単純な構図設定で、朝日の記事を鵜呑みにしてしまう読者は、完全に印象操作に騙されるからくりになっているのだ。

 日本新聞協会の新聞倫理綱領には、「正確と公正」と題した部分に、こういう記述がある。

新聞は歴史の記録者であり、記者の任務は真実の追究である。報道は正確かつ公正でなければならず、記者個人の立場や信条に左右されてはならない。


 バカにするのもいい加減にしてもらいたい。朝日に「正確と公正」ということばは相応しくないし、その「正確と公正」という倫理綱領を恣意的な記事で侵しているのが朝日新聞なのだ。

 昭和天皇の肖像画が燃やされ、踏みにじられ、燃え残りを足で踏みつける映像が芸術であるわけはない。芸術でないばかりか、国家の象徴にこのような行為をすること自体、日本国民への侮辱である。愛知県は、この一連の反日プロパガンダ発信を、県民の税金を投入して支援した。愛知県民は、大村知事をリコールすべきだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/10/01 07:10 ] 社会問題 | TB(0) | CM(13)
愛知県民
愛知県は反日県
[ 2019/10/01 07:35 ] [ 編集 ]
リコールすべき反日日本人
日本と日本人を貶めることだけが目的のあからさまなヘイト。
こんな最低の見せモノが中止になるのは当然と思っていたら、
ご丁寧に再開しようって気はたしか?

もう何をか言わんやですね。
表現の自由とか思想弾圧とかよく言うよ!
いくらきれいごとでカムフラージュしたって
この下劣な見せモノの下心まで隠し通せるわけではない。
日本への執拗な嫌がらせや幼稚な攻撃以外の何物でもない。

こんなことムキになってやっていたら
日本人全体に余計反韓感情が高まるだけなのに。

こんなことをあえてやろうとする大村知事の正体は何?
被選挙権がある以上日本国籍を持っていることは事実だろうが、
はたして日本「民族」としての誇りはあるのか?
「永住外国人の地方参政権を認めるべきだ」に、どちらかと言えば賛成
の立場だという。

今年選挙があったばかりであと3年以上安泰だから驕っているのか。
本当に先が思いやられる。

次の知事選で河村さんに出て貰い引きずり降ろせばよいと思っていたけど
あと3年は任期があるからこれからも反日姿勢が続くのかも。
まったく反省してないからリコール賛成!



[ 2019/10/01 08:59 ] [ 編集 ]
占領憲法第12条
第十二条
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

フェイクニュース専門紙(立民党機関紙)アカヒをはじめとする自称護憲派のぱよちん勢力は21条を盾に「表現の自由」をわめきたてるが、12条はなぜか無視するwww
[ 2019/10/01 09:47 ] [ 編集 ]
深層NEWSで再開派が大暴れ
昨夜の『深層NEWS』、異常でしたね。
再開を目論むメンバー全員が河村市長を吊し上げるものでした。
共産党の人民裁判、連合赤軍の総括レベル。

[ 2019/10/01 10:02 ] [ 編集 ]
深層NEWS
深層NEWSは時々、フジのプライムニュースが終わったら見たりしてますが、
昨夜はひどかった!即チャンネルを変えた。
[ 2019/10/01 14:40 ] [ 編集 ]
腸が煮えくり返るほど腹が立っています
名古屋のテレビ局の放送が見られる地域に住んでいます。地元の事でもありますので、トリエンナーレの件をよくやっていますが、どこも『少女像』としか言いません。昭和天皇の御真影や特攻隊の方々の寄せ書きの日章旗の事は全くと言っていいほど言いません。

それに、検証委員会がそう言ったからでしょうが『相次ぐ脅迫のために中止に追い込まれた』という言い方で、河村たかし市長が仰ったように『踏みにじられた日本人の心』については全く触れられることもなく、とにかく、不自由展の作家等の言うことが正しく、抗議のメールや電話をした人達は常識外れのとんでもない人間扱いです。

しかも、展示の中心人物達がどれほど自分達の尊厳を踏みにじられたのか、という点ばかりに焦点を当て、昭和天皇の御真影が燃やされ踏みつけられた事と特攻隊員の寄せ書きの事で特に怒っている日本人の気持ちを放送することは全くありません。

また、河村市長が出された愛知県への意見書には、昭和天皇の御真影の事に関しても非常に多くの事が書かれていたそうですが、やはりテレビでは全く扱っていません。

名古屋のテレビ局は、中日新聞や朝日新聞と同じ事をやっていれば良いぐらいにしか思っていなさそうです。なにせ、本当にレベルが低いですから。だから、余計に腹が立ちます。

[ 2019/10/01 19:36 ] [ 編集 ]
「不愉快」は拙者も同じ
今晩は。コメント各位の憤り、愛知の住人として同感の至りです。
「愛知県は反日県」再開が現実になれば、そう思われても仕方がない所です。
愛知県民も「左」シンパを別とすれば、大半は貴記事を共有できる感情を持つはずです。
仰る通り、大村現知事はリコールの対象にすべきと拙者も思います。
恐れながら、今回貴記事もリンク致したくお届出の次第であります。
[ 2019/10/01 21:03 ] [ 編集 ]
こんなものに公金を出すな
最近の大村氏は「展示物を知らなかった」とか、「像は止めてせめてパネルにしてくれ、と頼んだのに」とかの逃げ一手でしたが、それがこんなに単時日の内に再開に傾いた。その方が驚きです。
その前から一貫性が無い申し開きをしようとしていましたが、結局彼は、最初から津田一派と組んでいただけの事なのでしょうね。
ひょっとして、表には出せないお約束状などもあったりしてw

開催と同日の内から批判の声を発したのは皆実物を観覧した人々で、それだけ酷い展示物の数々だというのが分かります。
ちょっと長くなりますが、月刊Handa10月号に寄稿された門田隆将氏の関係記事をご覧ください。
 
<いきなり、昭和天皇を髑髏が見つめている版画があった。最初から”メッセージ性”前回だ。
反対の左側に目を向けると、こっちは昭和天皇の顔がくり抜かれた作品が壁に掛けられている。背後には大きく×が描かれ、正装した昭和天皇の顔を損壊した銅版画だ。タイトルは「焼かれるべき絵」。作者による天皇へのむき出しの憎悪がひしひしと伝わってくる。
(・・・・・)
皆、無言で観ている。声を上げる者は一人も居ない。私も言葉を失っていた。
その先にはモニターがあり、前にはこれまた「無言の人だかり」ができている。
やはり昭和天皇がモチーフだ。昭和天皇の肖像がバーナーで焼かれ、燃え上がっていくシーンが映し出される。奇妙な音楽が流れ、何とも嫌な思いが湧き上がる。
次第に焼かれていく昭和天皇の肖像。すべてが焼かれ、やがて燃えかすが足で踏みつけられる。強烈な映像だ。作者の昭和天皇へのヘイト(憎悪)がストレートに伝わる。
  中略
画像は切り替わり、若い日本の女性が、母親への手紙を読み上げるシーンとなる。
「明日、インパールに従軍看護婦として出立します」
「私の身に何が起こっても、お国の為に頑張ったと褒めてくださいね」
そんな台詞を彼女は口にする。インパール作戦は昭和十九年三月から始まった補給もないまま二千メートル級のアラカン山脈を踏破する過酷な作戦だ。とても看護婦が同行できるようなものではない。
 中略
おそらくこの映像作品は真実の歴史など”二の次”なのだろう。(後略)

昭和天皇御影への無礼一件だけでも、この始末です。
他にもゴミの山の様なカマクラ風な「お墓」もどきと寄せ書き日章旗への誹謗作品も大問題でしょう。
慰安婦像など芸術性の欠片も無い、ただの作りモノ。

津田某は、他の展示場で展示されなかったものを集めた、のが「不自由展」の主題だそうですが、個展でもない展覧会には審査堕ちした作品はそれこそ山の様な数がある筈です。
けれど、愛知トリの不自由展には全て反日プロパガンダ物だけが展示されている、というのも公機関の場には絶対相応しくない事故物件でしょう。

さて、ここまで二転三転しながら反日沼に足を突っ込んでいる大村知事、と判明して、愛知県民の判断は如何に?
[ 2019/10/01 22:27 ] [ 編集 ]
訂正二か所ありました
 単時日=短時日
 前回 =全開
です。
[ 2019/10/01 22:39 ] [ 編集 ]
他ブログの件
政治ランキングにしつこく居残っている植草某氏のブログで「みぞうゆう」という題があります。パヨク界隈はこの件で麻生氏を散々攻めたのですが…この件を政治ランキング上位のブログいくつかにコメントしておきます。
[ 2019/10/02 02:44 ] [ 編集 ]
こんなもの公共の施設を使ってやるものでなし。
場末の芝居小屋で怖い物見たさでやる類なものだよ。
結局はこの連中は税金を食い物にしたいだけの寄生虫のようなものだと思う。
やるなら自費でやれって言うの、バカもん!!
[ 2019/10/02 05:19 ] [ 編集 ]
内訳
文化庁出金予定は7800万円だったそうですが、他にこのビエンナーレ展総計で愛知県と名古屋市は10億円前後の予算だそうで、問題の不自由展の分は一体幾らなんでしょうね?
[ 2019/10/02 22:11 ] [ 編集 ]
大村は早く死んでほしいぐらい憎い 左翼とか朝鮮人とかも 電話かけたら録音とかそういうことするらしい 百歩譲って芸術だとしても感想すら叩くっておかしい
[ 2019/10/04 08:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ