FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「悪夢の民主党政権」から10年 ~ 彼らの唯一の成果とはなにか

「悪夢の民主党政権」から10年 ~ 彼らの唯一の成果とはなにか

← 応援クリック、ありがとうございます。

 多くの日本国民を政治的に覚醒させた、あの「悪夢」というべき民主党政権の発足から、16日で丸10年だったそうで、朝日、読売、産経が社説で「民主党政権10年」を取り上げた。

 読売は、「政権交代10年 民主党の過ち繰り返すのか」という手厳しいタイトルで、「稚拙な政権運営で政治を混乱させ、3年余で行き詰まった。民主党時代の反省を生かす気はあるのか、野党の現状を憂慮せざるを得ない」と社説を始める。読売の社説がテーマとしているのは、旧民主党勢力に絶えず存在する「数合わせ」の論理だ。立憲民主と国民民主が国会で統一会派を組む方針であることを捉え、「将来の合流が視野にあるのだろう。元の鞘に収まるだけと国民に受け止められれば、信頼回復はおぼつかない」と、彼らが模索する「数合わせ」に先手を打って牽制している。

 産経は、テーマを安全保障に絞った。外交安全保障をおろそかにしたことが民主党政権の教訓であるにもかかわらず、民主党の後継政党だった民進党と、民進党が解体してできた立民、国民もが安保関連法反対を掲げて共闘したことを「非現実的」と酷評する。産経は、「日本の民主主義にとって、政権を実際に担える現実的政策と力量をもつ野党こそ必要だ」と社説を締めくくっているが、これは、今の立民、国民には政権を実際に担える力量がないという主張の裏返しである。

政権交代


 こうなると朝日の出番だ。期待にたがわず、朝日の社説「民主党政権10年 「遺産」生かし対抗軸を」は、民主党政権の残党を批判するふりをして、社説の半分を彼らへの擁護、そして安倍政権への批判に使っている。

 一連の混迷の反動で政治に安定を求める民意が、今の「安倍1強」を支えている側面は否定できない。
 民主党政権の「失敗」のツケは大きいと言わざるをえないが、安倍首相が繰り返す「悪夢」という決めつけは一方的過ぎる。


 私は、民主党政権に対する刑用として「悪夢」以外のことばは思いつかない。彼らは悪夢以外の何物でもなかった。「安倍一強」を支えているの一端が、民主党政権が生みだした「混迷という悪夢」であることは否定しない。しかし、忘れやすい日本人が旧民主の残党に支持を与えないのは、彼らが対案を出さずに批判に終始し、政局だけに汗を流して政権の足を引っ張ることしか頭にないからだろう。その点において、産経の「立民、国民には政権を実際に担える力量がない」という指摘が正しい。

 「市民が主役」を掲げて結党した民主党の政策体系の基本には、「お任せ民主主義」から「参加型民主主義」への転換があった。鳩山首相の最初の所信表明演説では、行政だけではなく、市民や企業など、地域の様々な主体が支え合う「新しい公共」の考え方が打ち出された。
 政権の挫折は、こうした理念が間違っていたことを意味しない。民主党の流れをくむ立憲民主党や国民民主党は、かつての政権運営の「遺産」を生かし、自分たちの理念を実現するための政策を磨きあげる必要がある。それこそが巨大与党に対抗する一歩となるはずだ。


 鳩山政権が打ち出した「新しい公共」は、政策という以上に理念的だった。コンセプトは打ち出すが、それを実現する能力も財源も具体的な実践もないまま、「新しい公共円卓会議」「新しい公共調査会」は、安倍政権になって廃止された。政治が結果だとすれば、民主党政権は何も結果を残せていない。あの恥ずかしい「ガソリン値下げ隊」のようなパフォーマンスが、いま、国会での「アベ政治を許さない」というプラカードや、およそプロレス的な強行採決阻止劇場に変わっただけだ。

 あの悪夢としか定義のしようがない民主党政権が、国民に何かを与えたとするなら、それは一つしかない。それは、「バカに政治を任せると国が亡ぶ」という教訓だ。今の南朝鮮も似たようなものだが、我々日本国民はその亡国政治を実体験した。国民がその教訓で学んだとすれば、民主党政権の大きな成果だろう。

 普天間の辺野古移設問題にとどまらず、旧民主党政権の負の遺産は継続し、国民を苦しめ、国益を損ね続けている。尻拭いもできずに下野した民主党政権とその残党には、もう二度と政権を渡してはならない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/09/17 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
私もそう思います・・・
>国民を苦しめ、国益を損ね続けている。
>尻拭いもできずに下野した民主党政権とその残党には、
>もう二度と政権を渡してはならない。

私もそう思います・・・税金泥棒!!
[ 2019/09/17 09:04 ] [ 編集 ]
仰る通りです。
かつて「何が何でも自民党政権が悪だ」という考えに凝り固まっていた大アホの私は10年前、2009年衆院選で「民主党政権になれば鳩山由紀夫が首相になる事」を重々承知した上で当然のように民主党に投票し、当時は政権交代に拍手喝采したものです。
自業自得ですが、そのおかげであの地獄の3年3ヶ月間は何度も何度も「民主党に投票した私を筆頭とする大アホ国民の責任です。誠に申し訳ありません。」とお詫びするハメになってしまいました。
仰る通り、民主党が政権を取って唯一良かったのは私のような大アホ国民に「バカなリーダーやバカな政治家を選ぶと国が滅んでしまう」という民主主義の恐ろしい現実を身を以て学習させてくれた事だと思います。
最後に、反論するわけではありませんが、私は竹田常泰氏の「安倍総理の悪夢という表現は優しすぎる。民主党政権は悪夢などという生易しいものではなく無かったことにしたい黒歴史だ。」という主張により説得力を感じます。
[ 2019/09/17 10:46 ] [ 編集 ]
これからは「共に民主党」と呼んであげよう!
国民民主と立民が統一会派って何考えてんだか。

憲法や安保について踏み絵を踏んで希望の党に入ったはずの連中も、
選挙が終われば固い決意もどこへやら。

これじゃ民主党に先祖返りっていう声もあるけど、もっとひどい。
少しは保守派の政治家も発言力があった旧民主党のほうがまだまし。

国民民主もN国とどっこいの支持率ではもはや風前の灯。
立民にすがるしか道はないのでしょう。

福原某が大きな顔をしている立民と一緒になったのだから、
これからは隣国の烏合の衆同様彼らを
「共に民主党」と呼んであげよう!






[ 2019/09/17 11:32 ] [ 編集 ]
日本人をやめない
当時から呼び続けている「るぅぴぃ集団」から
コイツらは一つも成長していないwww
幸いにして、選挙前にその正体に気付いた当方は
コイツらには一票も投じていない。
その支持者に「民主党に票を投じるのは日本人をやめるという表明に等しい」と訴え続けたが、多くは聞き入れられなかった。
その時、頭の中をよぎったのは「集団催眠」という言葉だ。
フェイクニュース専門紙(立民党機関紙)アカヒよ
安倍首相が繰り返す「悪夢」という決めつけは
われわれ日本人にとって至極当然なのよwwwww
[ 2019/09/17 12:05 ] [ 編集 ]
1+1<2
かつて何度も行われた離合集散。そのたびに支持率は落ち、議席を減らしていったことをこの人たちは覚えていないのでしょうか。

今回も合流→思ったほど支持率伸びない→内紛→総選挙前に分裂

といういつも見ている光景が繰り返されるだけでしょう。
[ 2019/09/17 12:21 ] [ 編集 ]
人気の正体
消せるものなら本当に消してしまいたい民主党政権の三年三か月でした。
10年よりもっと昔、民主党が政権を取れる可能性も無かった時に、政権党である自民党への批判票のつもりで一度投票した事があります。同じ動機で共産党にも投票した時もあります。
が、彼らはそれを全部国民の信頼を得た票数だと言い張る様になって、誤解のもとを作ってはイカン、と反省。

まだしばらくは共に烏合の民主党君達に政権が渡る気配は無い日本だと思いますが、かと言って、ポスト安倍候補の最上位に石破だのシンジロだの名が上がる日本では、大変に心許なく感じます。
新内閣の支持率は上がりましたが、小泉ジュニアの入閣「良い」が産経に依れば74.1% 。

台風被害の千葉県に行って怪気炎如き発言をしていた映像の環境大臣。気負いは分からないではないが、結局は視察した大臣の自分が何をするかではなく「役人を私だと思って何でも使ってくれ」w。傍らに居た役人の苦笑いが大変印象的でした。

そしてパパは、誰が頼んだのか我が住む街で講演したそうで、その内容が「原発無くして自然エネで発展できる国にして欲しい。環境大臣だから良かった」と息子へのエール。

自論の原発ゼロ論が、「首相在任中は原発が必要と考えていたが福一原発事故で安全性に疑問を持った」「日本は地震も多いし津波も何十年に一度は来る。原発はいけないと確信した」
だそうで、
そうは言っても、地震も津波も日本列島が形成された時代からの災害でしょうに、小泉パパが総理だった頃にはお分かりではなかった様です。
何故この父子に人気があるのか、ま~~~ったく分かりません。
[ 2019/09/17 16:32 ] [ 編集 ]
内なる民主党的なもの
野田政権の頃、前任者の「二人羽織」ならぬ「千手観音」といわれた田中直紀防衛相の答弁姿を見て笑い転げ、どんなお笑い芸人を見るより可笑しかったですが、、戦後営々と積み上げてきた日本国への信頼の終わりを痛感しました。


  
 歴史は繰り返す、ただし一度目は悲劇とし、二度目は喜劇としてと言いますが、まさか笑いながら国が滅びる姿を見るとは思いませんでした。「日本の一番長い日」で、昭和陛下のご聖断を仰ぎ、床に突っ伏して慟哭する閣僚らの姿に憧れを覚えながら、かつての我が帝国の格調の高さは私達にはさ許されないのだ、と妙に悟りを開きました。戦後民主主義にはあのような荘厳な終わりはないのです。

大震災の後の陛下の放送が第二の玉音放送のようなものか、とはいえかつての大日本帝国と違って、戦後民主主義に殉じた人間は全く出てきませんでしたが。

十年前の世論調査を見ると、首相にふさわしいと思う人物が1位が舛添要一、2位が菅直人、5位に鳩山由紀夫という冗談としか思えない結果でした。その前と言えば田中眞紀子がダントツのぶっちぎり。結論から申せば、大衆には政治的リーダーを選ぶ眼力はまったくないです。いいかっこしいの人物に行政手腕があるかどうかを見極められるなら、すでにその人は大衆ではない、と申せましょう。 

大臣になってたった二日で馬脚を表しても大衆的人気には影響は出ませんが、日本は幸いなことに議院内閣制、見るべき人が見ているのが望ましいです。旧悪夢党の流れを汲む輩はまず暫くはショーバイにはならないでしょうが、自民党の内側に潜むポピュリズムの芽は適度に伐採してやる必要があると愚考する次第です。
[ 2019/09/17 21:09 ] [ 編集 ]
御意
[ 2019/09/17 23:52 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます
毎回愛読しています。今回、表題から予測された通りの結論でしたが、それこそまさに待っていたことです。
ブログ主さんの文体で短く厳しく言ってもらえると胸がすっきりします。
今後もご活躍を祈念します!
[ 2019/09/18 02:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ