FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  茂木外相、河野防衛相という布陣も悪くない

茂木外相、河野防衛相という布陣も悪くない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 過日、ブログで、来る内閣改造人事においては、河野外相を変えるなと書いた。河野氏は外相として良くやっているし、外相の交代は南鮮に対する誤ったメッセージとして解釈される可能性も否めない。

 だが、次期外相には、タフネゴシエーターとして日米貿易交渉を大枠合意に導いた茂木経済財政・再生相が決定的だとの報道がある。河野氏ほどの発信力はないが、手腕としては申し分ない。

 では河野氏は無役かというと、そうではないようだ。次期防衛相への検討が進行中と、産経が伝えている。

河野氏、防衛相への起用検討 国交相に公明・赤羽氏 自民・森山国対委員長は再任(産経)

 安倍晋三首相が11日に行う内閣改造・自民党役員人事で、防衛相に河野太郎外相の起用を検討していることが分かった。公明党の石井啓一国土交通相の後任には、同党の赤羽一嘉政調会長代理の起用を固めた。自民党の森山裕国対委員長は再任が有力になっている。複数の関係者が7日、明らかにした。

 河野氏は、いわゆる徴用工訴訟をめぐり、国際法違反の状態を続ける韓国政府に是正を求め続けた。首相は毅然(きぜん)とした対応を評価している。また、米国のポンペオ国務長官らとは厚い信頼関係を築いている。

 韓国側は先月、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた。河野氏の防衛相起用は、不協和音が目立っている日米韓の安全保障協力の強化を図る狙いもある。(以下略)


 もちろん、まだ何も決まってはいない。この報道に接してもなお、私は外相は留任させるべきだと考える。だが、もしこの人事が現実となれば、外交で散々やり込められた南鮮としては泣きっ面に蜂といったところではないか。外交でのカウンターパートが、米国相手にほとんど譲らなかったタフネゴシエーターの茂木氏で、安全保障のカウンターパートが、南鮮に甘い岩屋とは段違いにタフな河野氏。外交・安全保障分野における両国の関係性は、南鮮が態度を変えない限り、冷凍状態からの変化は見込めない。

「茂木氏は、頭の回転が極めて早く、機関銃のように言葉が出てくる。自分自身の理屈を持っており、交渉ごとでは常に粘り腰だ。英語でも感情に富んだ表現ができる。かつて、ハーバード大学大学院で学んだ経験も含め、外交は本人もやりたくて得意とする分野だろう。国際派の茂木氏が首相を目指すうえで、踏んでおきたいステップのはずだ」


 衆院当選同期の中田宏氏の茂木評だ。今回の内閣改造では、防衛相の交代は必須だった。茂木外相、河野防衛相となれば、将来首相を目指すふたりにとっては良い修行の場となる。

 小泉進次郎の入閣が云々という、ワイドショー的の煽りもあるようだが、人気取りとウケを狙った人事は厳に慎んでいただきたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/09/09 09:30 ] 政治 | TB(0) | CM(14)
良い内閣改造方針と思います。
河野氏交代のニュースを見たときにはガッカリしましたが、外相茂木氏+防衛相河野氏という形は、仰るとおり複数方面で日本の主張を一貫する意味でも、次代の育成の意味でも良い方策だと思います。

ただしずっと固定化している財務相はそろそろ世代交代を図ったほうがいいとは思いますが。党内安定という意味では交代できないのでしょうか。
[ 2019/09/09 12:21 ] [ 編集 ]
安倍常習的不評人事
安倍首相の人事と聞くと、いつも重要ポストでの下手くそな人事を行うというイメージが定着しています。
その為、例の「憲法改正」にしても時代を後戻りさせ、遅延させているというがっかりする場面によく出会います。

安倍首相にはもう少し何とか周りとも顔を突き合わせて(付き合わせたからそうなったのかもしれませんが)まあ、お願いします。

その安倍首相の改造内閣人事。
重要閣僚は誰がなるのか?
此れは非常に日本にとって大事な事です。

現防衛大臣、岩屋毅。
結構重要な時期での防衛大臣ですが、困ったものです。

そこで茂木経済財政・再生相、対米交渉での評価、又甘利明元経産大臣、粘っこさが有ります。
しかし、それは同盟国対米での話でさて敵国相手ではどうなのか?
未知数です。

何れにしても今後の対韓関係、いつものウヤムヤ「日韓友好」関係に表面だけ戻す、そんな交渉大臣では時代を逆行させる不埒な大臣というものです。

今や「韓国とはこの様な国であるという事実を日本国民に知らしめ、日本の正当性を曲げない」そういう意志を持った人物が外務大臣なり、経産大臣なりになるべきだと考えます。

失敗を繰り返し学習した安倍晋三首相のさてこの度の人事は如何に。

https://www.sankei.com/world/news/190909/wor1909090007-n1.html

https://www.sankei.com/premium/news/190909/prm1909090006-n1.html

https://www.sankei.com/politics/news/190908/plt1909080010-n1.html

今後、此の儘進めば米中関係はさらに悪化、消費税率10%への引き上げで低所得者ほど被害を受ける時代に突入します。

即ち、さよくに有利な時代と成るという事です。

https://ironna.jp/theme/1064

https://ironna.jp/article/13123
[ 2019/09/09 12:48 ] [ 編集 ]
茂木敏充議員の政策(wikiより)

1.選択的夫婦別姓制度導入について、「どちらとも言えない」としている[6]。
2.国家ビジョンは「日本を多様性のある多民族社会に変える」だとしている[7]。
3.英語を第二公用語にすることを主張している[7]。
4.定住外国人に地方参政権を与えることを主張している[7]。

見事なグローバリストですね。
日本の伝統文化,文明の継続には関心がない御仁です。
[ 2019/09/09 20:30 ] [ 編集 ]
wikipediaを根拠にするところが、いかにも素人。
おまけに、すべて気に入らないのはグローバリスト。

単純そのもの。
[ 2019/09/09 22:27 ] [ 編集 ]
cueさんが引用したwikipediaの根拠は、
朝日新聞と茂木議員の公式サイトですよ。
[ 2019/09/10 00:00 ] [ 編集 ]
報道されている人事だとして、あと私的に気になるのは法務大臣です。

経産省の貿易管理だけではなく、外国人出入国管理も厳しく強化し、今疑問視されている「保釈」と「再犯」、「児童虐待」問題などに、今後の法治・日本のあるべき道筋をつけて戴きたいと思います。

で、世耕氏はいずこへ?

今期が安倍政権の仕上げ時期になるのかどうか?大臣席待望議員は自民党の場合行列でしょうけれど、何よりも我が国の将来に繋ぐ国益と、それに貢献しうる人材の早急の育成を目指して、且つ現在の国政の取りこぼしなく実力勝負で、と欲張りな願いを以て改造人事を見守りたいです。
[ 2019/09/10 00:04 ] [ 編集 ]
日本の外交の天才 岩屋毅先生
この御仁以上のくずっていますかね?

俊英ぞろいの日韓議員連盟の大先生方の中でも
愛知の知事同等の天才だと思う。
ご両人とも帰国されたら惜しい存在である。
[ 2019/09/10 04:19 ] [ 編集 ]
お友達内閣の何が悪い
可なり改造安倍内閣の人事が煮詰まって来た様です。
ざっと見ると身内でより固めたという印象ですが、また野党は「お友達内閣」がどうだこうだと言うのでしょうか。

https://www.sankei.com/politics/news/190910/plt1909100005-n1.html

その「お友達内閣」いつも思うのは「お友達」で何が悪いという事で、油断をすると後ろから直ぐ撃たれるという布陣では落ち着いて政治は出来ないと思うのですが。

その安倍改造内閣、外交の継続性から河野太郎を本筋と見ていたのですが、それは外れでした。

此処で河野太郎の防衛大臣就任はより将来的な首相候補として階段を一歩登ったという事でしょう。

そこで外務大臣を外れた意味とは?
日米関係はトランプ大統領との貿易関係での不確かさはありながらも一応大筋の流れは出来上がった所で、対韓国問題はもう内閣としてある意味サジを投げていて此れからは原則通り対応するという事でまあこう言ってはなんですが、誰がなっても安倍内閣の対韓路線のレールを走ると言ったところの様に思えます。

https://www.sankei.com/world/news/190909/wor1909090011-n1.html

まあ、そうは言っても北朝鮮問題、尖閣諸島への野望をより見せる中国、他ロシア、韓国と外務大臣の仕事は甘くはありません。

https://special.sankei.com/a/seiron/article/20190909/0001.html

ここで河野新防衛大臣はどの様に動くのか?
恐らく外務大臣としての対韓姿勢に共通したものがあると推測されます。

つまりは「正当な原則から安易な妥協はしない」。
その意味で事務的、官僚的という言い方がイメージとして合っているのかもしれません。

https://kamijimayoshiro.jp/KJAM/ad/adw/lp01/?gclid=CjwKCAjw8NfrBRA7EiwAfiVJpdl_fVTKLUzEocP25JDGFrGVYe3NghReIJu-4Rt3xy_QUCiED2ctThoCI4IQAvD_BwE



[ 2019/09/10 07:23 ] [ 編集 ]
人の評価について
河野大郎氏への評価の変遷から、人間が人間を評価することの難しさを痛感する。

河野大郎氏入閣時、反対の声が大きかった。
「河野だけはやめてくれ」「河野洋平の息子を外相にするなんてありえない」などとの声が多かった。
ここの常連投稿者の中にも厳しい声を多く見かけた。
しかし、今はどうだ。

中には、未だ「河野洋平の息子なのに、父親の行動を謝罪していないから許せない」という極めて判断力のない意見もあった。まあ、これは論外であろう。

つくづく思う。
よく見てから、しっかり人間の評価を下したいものだと。

当時、猛烈に河野非難と安倍批判を繰り返した、「保守」の人は、今、そんなことは言ってないとの顔をして、しれーっとしているのだろうか。

人物の評価は、実に難しい。
ムードで人間を評価するような愚かな人間にだけはなりたくないと思う。


明日、日本をリードする新しいメンバーが発表される。
叱咤激励、応援していきたいと考えている。


[ 2019/09/10 17:36 ] [ 編集 ]
人は化けられる典型
河野太郎氏は外相になって大化けしたお人だと思います。
地位が人を作る、というべきか? 父洋平氏故に逆に覚醒し易かったのか?ともあれ、日本国民としては嬉しい大化けでした。

外相最後の御仕事になるのか、米国とシンガポールの有力紙に日本と南鮮の問題を解説寄稿されたそうで、外務省のHPより効力がありそう。
GJな置き土産と存じます。
[ 2019/09/11 01:39 ] [ 編集 ]
とらこさんの弁に思う。
「大化け」ですか。
ということは、以前は、そうでなかったという前提ですね。
河野太郎氏は、始めからあのような考え方ではなかったのでしょうか。
前と変わった、前からあのままだ。
いずれにしても、よくわからないことです。

前はそうではなかったが、変化したというのも、独断的な人物評価と言えませんか。ここにも断定的な人物評価があります。
そこが問題だと思って、指摘したつもりです。

「大化け」などという言い方は、人に対して不遜であり、見誤った自己弁護に聞こえます。




[ 2019/09/11 07:35 ] [ 編集 ]
眉毛石原 眉毛河野 大化け おばけ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E9%87%8E%E6%B4%8B%E5%B9%B3

日本語に於いての「大化け」という言葉は大概肯定的な意味で用いられる。
つまりそれまで低い評価であったものが思わぬ働きなどをして何段階も上の異相を見せる事による「化け」というもので、勝負事例えば競馬、相撲など様々なところで時に使われるものです。

https://ironna.jp/article/457

そこで、それでは河野太郎、今まで高評価であったかと言えばまったくそんな事はなくそれよりも日本の歴史史上最悪の政治家河野洋平の息子というその立場がクロ―アップされていました。

https://ironna.jp/theme/40

それは本人のハンデではありますが、それでは何か具体的な業績を出していたのか?
どうも思い当たるものはありません。

https://www.sankei.com/politics/news/190626/plt1906260049-n1.html

其の実相に対して「大化け」という表現はまんざら的を外した表現でもないと思えます。

http://www.nipponwomamorukai.jp/syutyou/nomura_toshiyuki/bansiniataisurukounoyouheinotaizai.html

何れにしても政治家、閣僚として良い仕事をするか、しないか。
それのみ政治家の価値というものでしょう。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/kono.html

折しも安部譲二氏死去とか。
そういえば筑紫哲也の後輩、」鳥越俊太郎最近テレビで見ないが・・・・
お元気ですかぁ。
https://www.google.co.jp/search?sxsrf=ACYBGNSlBrDDoJ_X0cnb2Rik_sr2VhLMBQ%3A1568182876304&source=hp&ei=XJJ4XdTFEKPWmAXO97yYCg&q=%E4%BA%95%E4%B8%8A%E9%99%BD%E6%B0%B4%E3%80%80%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%BC&oq=%E4%BA%95%E4%B8%8A%E9%99%BD%E6%B0%B4%E3%80%80%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%BC&gs_l=psy-ab.3..0j0i30.3098.15911..16690...5.0..0.462.3534.20j7j4-2......0....1..gws-wiz.....10..35i362i39j35i39j0i131i4j0i4j0i131j0i70i251j0i4i30.j_jNxZNcmX0&ved=0ahUKEwjU46G6kMjkAhUjK6YKHc47D6MQ4dUDCAk&uact=5#spf=1568182893444

[ 2019/09/11 15:24 ] [ 編集 ]
国際金融資本内閣
茂木外相というのはまさに国際金融資本の代弁内閣。
トランプが国内産業保護に向かう中、日本は突出して門戸開放に向かっています。
茂木敏充、中田宏、小泉進次郎、すべて国際金融資本と関係ある。

安倍内閣はますます外人支配を容認する方向に進んでいます。

レジ袋の山田宏、ゴミの分別の中田宏。
前原、野田と同類の新保守派。どんどん革新してるのに保守を名乗る不思議
[ 2019/09/11 16:24 ] [ 編集 ]
NP様

>何れにしても政治家、閣僚として良い仕事をするか、しないか。
それのみ政治家の価値というものでしょう。
仰せ御尤も。
[ 2019/09/11 23:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ