FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  南鮮で米軍26基地返還要求 ~ 文在寅の革命にトランプはどう動くか

南鮮で米軍26基地返還要求 ~ 文在寅の革命にトランプはどう動くか

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南朝鮮で、革命が着実に進行している。彼らも日本と同じく、それが正しいかどうかは別としても、戦後(ここで言う戦争とは第二次世界大戦の意味)の価値観を持っている。南鮮にとっては朝鮮戦争を通じて構築された米韓同盟であり、西側への参加によって得た自由や民主主義といったところだろう。中共や北朝鮮とは異なり、彼らのポジションは一応、自由民主主義陣営とされてきた。しかし、このところの動きを見ていると、彼らはそういった価値観をすべて一旦壊し、新しい価値観や国是を構築しようとしているように思える。

 日韓基本条約や請求権協定を度返しした、いわゆる徴用工判決はもちろんのこと、GSOMIAの破棄もその革命の一旦だろう。これらの動きは、今までの彼の国の反日政権と同じように見えて、実はそうではない。過去の政権はいくら反日であったとしても、あの廬武鉉でさえ、条約を反故にすることまではしなかった。タカリの構造は同じでも、そのベースには1965年の条約や協定という前提があった。文在寅が仕掛ける反日とは、その前提をも無視する、「今までにない反日」なのだ。

 彼らは常に日本を敵対視し、国際世論を巻き込むことによって、被害者特権のようなものを享受し続けてきた。今回の革命が全く異なるのは、その敵対視する対象に米国が含まれている部分だ。GSOMIAの破棄は、さしずめ、米国の顔に泥を塗るような行為である。米国からの批判が殺到するやいなや、ハリス駐韓大使を呼び、公然と抗議できる間柄ではないため、「自制」を求めた。ハリス大使は抗議の意味もあってか、公務を次々とキャンセルし、ハンバーガー屋で食事をしているところをわざと見せた。そんな米韓関係の隙間風が吹く中、青瓦台が新たな反米政策を公表した。

青瓦台、NSC会議後に「米軍基地早期返還」を公に要求 (朝鮮日報)

 青瓦台(韓国大統領府)は30日、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長の主催で国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、竜山など米軍基地26か所の早期返還と平沢基地(キャンプ・ハンフリーズ)への早期移転を積極的に推進したいと発表した。青瓦台がNSCまで開いて在韓米軍基地の「早期返還」を公に要求するのは異例と評されている。

鄭義溶
鄭義溶(左)と金正恩


韓日軍事情報包括保護協定(GCOMIA)破棄決定の後、米国政府は公に不満を表明してきており、韓国政府はハリー・ハリス駐韓米国大使を呼んで「自制」を要求した。こうした韓米対立の状況での米軍基地早期返還要求は、米国に対する公の圧迫措置と解釈されている。(以下略)


 タイミングとしては最悪だ。GSOMIA破棄問題で米国からの圧力が増す中、それに反発する形でこの発表が為されたと解釈されてもおかしくない。米トランプ政権は、日本や南鮮に防衛費分担金引上げ要求を行っているが、それらは外交交渉のマターで会って、「だったら基地を返還しろ」と逆ギレする類のものではない。

 記事には、「青瓦台は、このところ韓米対立の状況について「同盟より国益が優先」とコメントしてきた。」とある。要するに、米韓同盟は南鮮の国益ではないと公言しているようなものである。この発表が意味するインパクトは大きいだろう。「米軍よ、出ていけ」と等しい要求は、即ち、南鮮が日米韓や西側から離反するというプロセスのひとつなのだ。米軍の南鮮からの撤退を喜ぶのは、中共、北朝鮮、ロシアといった国々だ。特に、金正恩にとっては笑いが止まらない状況だろう。文在寅からは、日韓関係の悪化のみならず、米国からの離反といった貢物が、次々と届く日々なのだ。

 いくら在韓米軍の撤退を示唆している米国といえども、この革命に見てみぬふりをするとは思えない。米国が文在寅政権の転覆を狙って、水面下で工作を仕掛ることもあり得るだろう。長期安定政権を持つ日本も、対岸の政局に目が離せない事態である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/09/01 07:19 ] 外交 | TB(0) | CM(3)
取敢えず日本は、沖縄内外のメディアを含む活動家が南鮮の動きに乗じない様、極めて注目する必要があるかと存じます。

在寅サン任期はあと半分。その間に大統領任期や選挙に関する法律を変えられなければ「革命」の方を急がなくては、ご自分が刑務所生活と全財産没収の身になりかねません。
「証拠」を捏造して煽って前政権を倒し、そのブレーンや関係者何十人をも刑務所送りにした本人ですから、身に還る予感は幾らアノ神経雑な在寅サンでも感じている筈。そりゃあ急ぎますわね。

昨日私が投稿した南鮮の保守系ネットメディア運営者は、
・クネさんの私的側近女性が自分のタブレットPCに青瓦台の機密情報を入手して国政に不法介入した。
という”事件”とその後の検証を取り上げたら、ある日突然拘束され、「名誉棄損」で懲役実刑二年を下された人物だそうで(実際には独房350日でこれも突然の釈放。)(月刊Hanada10月号)
在寅政権の言論弾圧は日本の日頃の「人権」「自由」を掲げるメディアが総がかりで取材する価値のあるレベルの様です。

約束や条約を反故にして居直る人物が、米軍基地の経費増額を一旦「約束」するに吝かではないであろうと思いますが、今までの経緯をスッ飛ばして「出て行け」なのですね。
余程に正恩酋長の脅しが利いているのかしら。
これで支持率が上がれば、そういう選択をした国民という事になりますね。

何を措いても、日本への「難民」ごっこは断固お断りしたい。


「Hanada10月号」には門田隆将氏のあいちビエンナーレ報告が掲載されて居まして、昭和様御影への無礼の程度の酷さや会場運営の粗末さには、今更ながら驚きます。
[ 2019/09/01 15:03 ] [ 編集 ]
こういうときには、Wikipedia
DSM-IV(『精神障害の診断と統計マニュアル』)には、「付録I 文化に結びついた症候群の文化的定式化と用語集の概説」の中の一項目として、取り上げられている。この用語集には、北米の臨床場面で遭遇する可能性があり、最もよく研究されている文化に結びついた症候群や苦痛の慣用句のいくつかを挙げてある。

hwa-byung (wool-hwa-byungとしても知られている)
"憤怒(ふんぬ/恐怖)症候群"

韓国の民族的症候群で、英語には"anger syndrome"と文字通りに訳されており、怒りの抑制によるとされている。
症状としては、不眠、疲労、パニック、切迫した死への恐怖、不快感情、消化不良、食欲不振、呼吸困難、動悸、全身の疼痛、心窩部に塊がある感覚などを呈する.



こういう症状を軽減するために、怒りを発散しているのであろうか?

ならば、全く困った文化である。

彼らが、日本の対応を非難する際に、よくドイツを引き合いに出すが、もしかしてジェノサイトを恐れてであろうか?

八紘一宇と言うておるのに。
[ 2019/09/01 22:04 ] [ 編集 ]
八紘一宇というハイレベルな統治観が到底理解出来ないカレラに、それは無理w
[ 2019/09/02 10:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ