FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  嘘にまみれた文在寅のGSOMIA破棄、米国も敵に回す「革命指向」

嘘にまみれた文在寅のGSOMIA破棄、米国も敵に回す「革命指向」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南鮮が日本とのGSOMIAを破棄する発表をしたことが、大きな話題を呼んでいる。青瓦台は、破棄決定について、米国が理解を示したと国民に説明したようだが、この説明に対して米国からクレームがついている。トランプ政権筋は、「我々は、特に、韓国政府が”米国が理解している”と述べたことについて不満を持っている」とし、「事実ではない」と述べた。青瓦台がこの決定にお墨付きを与えようとした画策は、米国によって瞬時に反論され、否定されたわけだ。この消息筋は南鮮に対して「抗議の意を伝えた」としており、米韓の距離が大きく開いたことを物語る。

 すぐバレる嘘をつく修正は相変わらずだが、それが彼らのDNAと解釈するしかない。しかし、このフェイクニュースの発信源が青瓦台だったという事実は深刻だ。協定の相手国である日本は、青瓦台の発表などプロパガンダに等しいと認識しているが、南鮮国民にとっては事情が異なる。自国の政府を信用できないとなれば、国内は混乱するだけだ。

文在寅


 米国の怒りは、既に言葉によって示されている。米国務省は22日、「文在寅政権に対し、GSOMIAの破棄を決めれば、同盟国の安全保障上の利益に悪影響を及ぼし、北東アジアの安全保障問題で文政権の大いなる思い違いを知らしめることになると繰り返し伝えてきた」との声明を発表し、韓国政府を強く批判した。ここ最近、ボルトン国家安保補佐官、エスパー国防長官、ビーガン国務省北朝鮮政策特別代表が立て続けに訪韓し、青瓦台に対してGSOMIAの維持を要求した経緯がある。その要請を、青瓦台はことごとく無視し、米国の顔に泥を塗った。

 中央日報は、米国の反応をこう伝えている。

最近、米政府当局者に会ったワシントン消息筋は「韓国が先立ってGSOMIA見直しの可能性を提起したことに対して『今は静かに非公式的に話しているが、GSOMIAを本当に撤回するなら公開的に批判するほかない』というのが多くの政府関係者が口にした言葉だった」と伝えた。続いて「今回の韓国政府の決定を、米国は『日本に対する拒絶』ではなく『米国に対する拒絶』と受け取る可能性が高い」と懸念した。峨山(アサン)政策研究院の申範チョル(シン・ボムチョル)安保統一センター長は「韓日米安保協力の基盤を韓国自ら崩壊させて外交的孤立につながる懸念が高まった。韓日関係の悪化を越えて米国が今後、防衛費の分担やホルムズ海峡派兵など懸案イシューを利用して韓国を激しく圧迫する可能性がある」と指摘した。


 「息を吐くように嘘をつく」というのは、南鮮に対する批判的比喩として、今までも頻繁に使われてきた言葉だ。彼らは、今回は米国も嘘に利用したのだ。そして、米国に対する嘘は、もうひとつ重大なものがあった。

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は22日、トランプ政権高官の話として、韓国政府は米政権に対し、協定破棄の意思はないとの態度を事前に示していたと伝えた。
 政権高官は「韓国のこうした行動は、文政権が米国などとの集団的安全保障に真剣に関与していく意思があるのか、根本的な疑問を生じさせるものだ」と述べ、韓国の同盟軽視の姿勢を痛烈に批判した。


 南鮮が米国に「破棄の意思なし」と伝えたタイミングは、「事前に」というだけで、この産経の記事からはわからない。しかし、同盟国に対して何らかの意思を伝えることには重みがある。外交関係に何らかの変化を生じさせる場合、外交上の根回しは必要だし、不可欠である。米国側の反応を見ると、文在寅はトランプ政権すらも欺いたということになる。

 文在寅のやろうとしていることは「革命」だろう。日本との関係悪化は、文在寅が目的を達成するために自ら取った手段であり、そのような背景を印象付けることによって、日米韓の枠組みからの離脱を正当化しているようにも映る。その過程において嘘をついてまで米国に歯向かった以上、彼は後戻りできない道を進み始めたのだ。文の造反は、米国のグリップの弱体化をも示す。日本は文在寅による革命に備えるべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/08/24 07:18 ] 外交 | TB(0) | CM(11)
朝鮮有事に備える
おっしゃる通り文はいよいよ革命に乗り出したんだと思います。
文政権内でも今後の道筋についての混乱もあり、アメリカが理解を示しているかの様に発表していますが、文自身はもうそんな取り繕う積もりも無く、米韓同盟も破棄の発表のタイミングを測っているのだろうと思います。

そうなると北の動向は未知数ですが、我々は朝鮮有事を想定しておく時期に差し掛かったと見るべきだと思います。

憲法改正の行方は定かではありませんが、遂に有事への覚悟を持つ段階に来ていると判断すべきではないでしょうか。
[ 2019/08/24 10:45 ] [ 編集 ]
文、ありがとう
真に恐れるべきは有能な敵ではなく無能な味方である
韓国が自ら我々は日本の敵である、と表明したということだ。
味方のふりをされるより、どんなに良かっただろう。文に礼を言う。
[ 2019/08/24 16:37 ] [ 編集 ]
今後のこと
北の酋長は斜陽のロシアやシナではなくトランプ米国の保護を夢見ているのではないのか?
トランプ大統領の狙いはあくまで北の徹底非核化だけで、それを達成したら似非王朝がどうなろうと構いやしない。
体制がそのままで言葉上だけでも「保護下」になれば、後は「自治権」で握手が出来る。
なのに!在寅は反米行動をとって米国の怒りを掻き立てる。かなりの迷惑じゃ、で又もやミサイル発射かな?と個人的にちょっとタノシク妄想です。

ともあれ、在寅サンは赤色荒野に南鮮民と共に旅立つつもりでしょうから、多民族の選ぶ事に「あらあら」とは言えても「止めなはれ」と、日本が介入する訳にもいかないのではないか?と思います。

対米姿勢の勘違いでしばらく南北は揉めるでしょうから、その間隙を縫ってシナが台湾有事にし、尖閣・沖縄に仕掛けてくる可能性もある様な・・・ないかしら?
ちょっと目線を南下させて視ていたいです。
[ 2019/08/24 17:00 ] [ 編集 ]
恫喝の種になるなら何度でも使う国家、甘い顔を見せたら最後、恫喝が常に付きまとう
米も嘘つき国家に翻弄され続けているのだねぇ、昔から韓国は願い事が在ると来るが、叶えてやるとなしのつぶて
日本は叶えてやると必ず米の要求もかなえようとする、と言われているのだが、それにしてはあまりに韓国を見誤り過ぎ
トランプが南を抜きに北と接触をするのは、今までのように利用されるのは御免だの意志が働いての事だと思う
[ 2019/08/25 07:38 ] [ 編集 ]
今後のこと、今やるべきこと
慧眼に敬服でおじゃりまする。 支那の動きは当然にして警戒すべきでありますが、
危険度が最大限になるのは半島に騒乱が起こり米軍が巻き込まれた時ではないか
と愚考しています。

共産党に通底する姿勢は平時においては「人民解放」とかの甘い言葉か、屁理屈を
喚き散らして富の収奪と権力の簒奪。 有事は火事場強奪とゴーカンです。 
そして朝鮮人が脊髄反射し鬼人の如く発奮するのも火事場なのです。

朝鮮戦争が勃発し三日でソウル陥落、三カ月程で南鮮軍は南端の釜山まで追い
詰められました。 この時支那は台湾への侵攻、ソ連は北海道の制圧に35個師団
(約40万人?)を待機させたようです。 待機させた兵の内、約8万人が抑留者を
洗脳し忠誠を誓わせた日本兵。 ソ連軍の上陸時に反撃されれば死に兵として使い
反撃が無ければ道民へのプロパガンダ兵として使うつもりだったのでしょう。

マッカーサーの後任マシュー・リッジウェイ将軍も、北海道を捨て白川まで後退して
防御線を布くしかないと判断したようです。 (福島県・白川の関?)
米兵は半島の防衛、日本兵は武装解除の役立たずでやむを得ない判断かと。

半島で騒乱が起きれば海自は米軍のサポート、海保は半島の邦人保護にかまける
しかなく日本全体の防御は手薄にならざるを得ません。在日らは火事場泥棒を企み
石破のような奴は日本の背中撃ちを始めるのでしょう。

今やるべきことは半島で騒乱が起きたときに備えスパイ防止法の制定と工作員
としか言えぬ石破みたいなヤカラと在日を直ちに拘束できるよう税務調査などで
洗い出すことではなかろうかと愚考しつつ、官邸メールに勤しんでおりまする。
[ 2019/08/25 10:33 ] [ 編集 ]
末田軍曹殿
え”~~~~白河って福島県の?そうなっていたら我が故郷はその後ソ連邦?津軽海峡で防いでよね、と言っちゃあ管理人様は怒髪天w
白河の次の駅だかな?黒磯駅の「九尾の釜めし」が学生時代の楽しみだったことぐらいしか想えない、コレも平和ボケです。

何故白河なんでしょ?歌枕の関は芭蕉の時代に既に何処なんだか分からなくなっている地形だそうですのに、米軍が眼を付けた軍事防御線は何だったんでしょ?ね。
と、取敢えず昔は昔。
香港から台湾、尖閣から沖縄 と 対馬海峡から日本海全体・・・真実大変そう。 でも、現実ですね。
せめてロシアは北極海に熱中していて戴きたい。南下するな!
[ 2019/08/25 14:32 ] [ 編集 ]
白河以北?
まさか、リッジウェイ中将に「白河以北、一山一文」という薩長ダンブクロ勢による奥羽列藩同盟諸邦に対する悪口が届いていたとは思えませんが、我が故郷も勿来の関の北にあります。ソ連領になるのは簡便して下さい。  

マッカーサー元帥の後を襲って連合軍総司令官に就任したリッジウェイ中将は立派な方だったそうですが、邸宅を公邸として供出していた酒井美意子さん(前田侯爵家令嬢)によると、奥様が「大変なご趣味の方」だったそうで、何せ、ぶ厚く塗るために職人が手塗りで塗った前田侯爵邸の漆塗りの階段の手摺りを悉く白ペンキで塗りたくったそうで。哀れ、前田邸のホワイトハウス化が完了しました。

リッジウェイ将軍自身は、中共軍介入により総崩れになった国連軍をよく立て直し、けれん味のある前職のマッカーサー元帥よりもプロの評価は高いですが、なにしろ頭痛の種だったのが、劣弱極まりない南鮮軍。米軍に供与された高価な装備を放棄して壊走する南鮮軍のおかげで、隣接する国連軍部隊が幾度危機に陥ったことか数えきれないと述懐しています。

そんなわけで、リッジウェイ将軍の東アジアの軍隊に対する著しい低評価が「白河以北」発言にあるのかもしれませんが、或いは日本の古代史を知っていて、白河の関の存在を意識しての発言やもしれませんね。というのは、将軍が最晩年を過ごしたピッツバーグの大学には遺族が寄付をした日本美術のコレクションがあるのだそうで。

奥羽線の地名を追って行くと、後三年や前九年のゆかしい駅名に到達します。この方が、奥方の趣味はともかくとして、教養のある将軍に相応しいのでは。


それと、我が海上自衛隊の能力からして、津軽海峡にちょっかいを出す気遣いも皆無と思われます。とらこ様も管理人様も心安らけく。

[ 2019/08/25 19:53 ] [ 編集 ]
リュドミラ・サベ-リエワをやるのじゃ
ソ連領になればベルリンの壁、ならず白河の壁が築かれたのでありましょう。
誇り高き者はタレコミと裏切りにまみれた統治に耐えきれず白河の壁を越えようとし
狙撃されることになります。 多くは屍となりますが中には一命を取り留め藪に潜み
治癒するのを待つこともあったのでしょう。

若きトラコ姫はお休みの日になれば壁のほとりで息絶えた者に一輪の花を手向けて
冥福を祈る暗い日々を過ごしておられます。そして、ある日曜日、藪の中で銃創の
治癒を待つ一人の若い男と出会います。

男は「貫通銃創だから静かにしていれば直る。 この辺りは貴女でも狙撃される。 
近づかないように・・」と言いますが、なんと、運命の悪戯か神の恩寵か、若き日の
柴五郎さまそっくりでありました。

トラコ姫は、即リュドミラ・サベ-リエワ(映画ひまわりのロシア娘)に豹変しナントカの馬鹿ちからを出して家に連れ帰ることに相成りまして・・・・
かようなロマンチックなことも起こりえたのではないかいのぅ。。。

  *------*
マシュー・リッジウェイ将軍が何故、白河を防御線にしようとしたのか?
バロン閣下が語られますように薩長イモ侍の悪口が将軍の耳に入っていたのか、
または「一山一文、でも太夫は千両じゃ」も同時に耳に入り恐れをなしたのか?
まぁ、、それはともかくアホの単純な想像では以下となります。

津軽海峡の海岸線で防御するのが理想ではありますが、
幹線道路から海岸まで多分道が無く大砲や戦車を配備するのに多大な労力が必要
であり、運んだとしても弾薬や兵糧の補給に難儀を極めることになります。

少ない兵員で効率的に防御するには大型船が停泊できる港があり、そこから幹線
道路が通りトラックが駆使できて補給が容易な所に防御線を引こうとしたのでは
ありませんかねぇ。 「素人は戦略を考え、プロは兵站を考える」が米軍の座右の銘と云われとりますから。

(ただ、当時は太平洋側の港から日本海まで横断する幹線道路は無い、と申され
ますと困りまして、、マ将軍の奥方の入れ知恵じゃネ、と言うしかありません)

現実ではソ連の侵攻が起こらなかったのですからマシュー将軍の御意見も諸説の
うちの一つとしか言えませんのですわねぇ・・・
[ 2019/08/25 21:07 ] [ 編集 ]
閣下&軍曹殿
という事は、朝鮮戦争時の日本は謂わば丸裸状態だったと?
米軍は朝鮮へ(根こそぎかい?)、武装解除されてもう戦いたくも無い元日本兵士に与えられる武器って、多分ロクなもんじゃあ無かったと想像致します。でなければ戦場から還る米兵も日本再上陸が命懸けですもんね。

函館には五稜郭があるではないか。白河まで後退することは無い!と申し上げる元日本将校は居なかったのか?それでも管理人様は猛烈渋面となりましょうけど。
第一米国っていうのが変。
5年前までは共産主義国のソ連と悪知恵連合していたんですから、(シナには騙されっぱなしだし)最初から敵味方の判別が出来ない国ではないのかしら。と思って居ります。この先も心配だわ。

前九年と言われちゃあ私的には「鬼首」が一番!でもそこに奥羽本線は通ってない。残念。
福島以北には「柵」や遺跡がいっぱいですから、ソ連が攻めて来れなくて良かった。でなければ地形も壊されていたでしょうからね。

柴五郎将軍は生真面目過ぎて怠惰な私には余りに近寄り難い偉人です。佐川官兵衛様なら冗談も通じそうな…気がするだけですが、こっちにしておくんなさいw。

で、何故ソ連は押し込んで来なかったのか?来なかった事情は何でしょうね?(別に来てほしい訳じゃあ決してありませぬぞ。)
現在は北方領土を不法奪取しているのですから、日本人は本気で熟慮と備えをしませんとね。

[ 2019/08/26 00:11 ] [ 編集 ]
源義光 www
暇でネット観覧して、ちょっと面白いモノを見つけました。
南鮮お得意のお笑い「起源」がまた一つ。

合気道も半島が起源だそうで、その始祖が「新羅三郎源義光」w。
たしかに(日本の)合気道の一流派には義光公を始祖としているそうですが。義光公は清和源氏の日本人。

多分、新羅と名乗ったのをアチラの人々が「新羅人ニダ」と飛び付いちゃったのでしょうね。
[ 2019/08/26 17:49 ] [ 編集 ]
ようもまあこんな愚にもつかないヨタをシラフで言えるもんだ。
 GSOMIA破棄について韓国政府は23日、「光復節の大統領演説で我々は対話の手を差し伸べ、演説前には日本側に内容を知らせたのに、日本側は何の反応も見せずありがとうの言及すらなかった」としたうえで、「日本の対応は単なる拒否を超え、韓国の『国家的自尊心』を傷つけるほどの無視」だと指摘。さらに聯合ニュースによると、韓国政府高官は「GSOMIAを延長しても日本が一方的に破棄する可能性があった」と話したと報じている。

なんだこりゃ?
こいつらは幼稚園児?
いちゃもんのレベルが低すぎる。
世界の笑いモノですね。
[ 2019/08/27 11:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ