FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  “情治国家”南鮮、GSOMIA破棄を宣言 ~ 日本が備えるべき東亜安全保障環境の変化

“情治国家”南鮮、GSOMIA破棄を宣言 ~ 日本が備えるべき東亜安全保障環境の変化

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南朝鮮が、日本とのGSOMIAを破棄すると、公式に表明した。

日本との軍事情報協定を破棄 「外交努力に応じず」=韓国(聯合)

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は22日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を更新しないことを決めたと発表した。協定の更新期限は今月24日で、どちらかが破棄を通告しない限り1年間自動延長されることになっていた。

南鮮、GSOMIAを破棄


 青瓦台の金有根(キム・ユグン)国家安保室第1次長はこの日の会見で、「GSOMIAを終了することを決めた。協定の根拠に基づき、延長通知期限内に外交ルートを通じ、日本政府にこれを通知する」と述べた。

 その理由として「日本政府が2日に明確な根拠を示さず、韓日間の信頼喪失で安全保障上の問題が発生したとの理由から『ホワイト国(優遇対象国)』から韓国を除外し、両国間の安全保障協力の環境に重大な変化をもたらした」と説明。こうした状況で安全保障上の敏感な軍事情報交流を目的に締結した協定を維持することは韓国の国益に合致しないと判断したと述べた。

 青瓦台はこの日午後3時から鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)主宰で、国家安全保障会議(NSC)常任委員会の会議を開き、同協定の延長可否を議論した。

 青瓦台関係者は「NSC終了後、常任委員たちは文在寅(ムン・ジェイン)大統領に常任委の決定を報告した。李洛淵(イ・ナクヨン)首相も同席し、事実上のNSC安全保障関連の全体会議が開かれた」と説明。「文大統領は常任委から報告を受け、約1時間討論を行い、これを裁可した。政府は諸般を綿密に検討した末、GSOMIAを延長しないことを決めた」と述べた。(以下略)


 いたるところで“史上最低”と定義される現在の日韓関係だが、個人的には、南鮮が日本とのGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を、その判断の是非はともかく、破棄してくるとは思わなかった。それは、この協定を破棄してしまった場合、損をするのがどう考えても南鮮側だからである。

 そもそも、南鮮にはロケット打ち上げ技術がない。かつてロシアと共同開発したロケット計画は頓挫した。朴槿恵は「2020年に月に太極旗を立てる」と豪語したが、開発中の国産ロケット「ヌリ号」はいまだ発射を見ていない。ロケット技術がないと言うことは、当然ながら衛星を打ち上げる技術もないから、彼らは自前の偵察衛星を持っていない。日本は7つの偵察衛星を持ち、情報収集能力は差は、まさに大人と子供のそれと同じだ。GSOMIAは、米国の仲介もあり、南鮮側からの要請があって締結された経緯がある。様々な要因を勘案すれば、この協定を破棄する文在寅は完全にイカれているということだ。

 南鮮は米国の睨みも無視した。米国は安全保障における日米韓のトライアングル重視を事あるごとに表明しているが、南鮮や日本に軍を駐留させる米国にとってみれば、日韓どちらか一方でも、勝手にこのトライアングルを離脱することを許さない。先般、エスパー国防長官がわざわざ南鮮を訪問し、GSOMIAの維持が日米韓安保協力に重要だと釘を刺した。それから2週間も経たない中での協定破棄だ。米国も怒り心頭ではないだろうか。

 GSOMIAは、朴槿恵政権時代に締結されたものだ。しかも、日本と初の防衛協力協定だったため、政権は交渉を隠した。いざ締結直前に協定の存在が明るみに出て、南鮮国民の間で強い反対運動が起きた経緯がある。そういう難産に付き合った日本も迷惑極まりないが、自国の安全保障環境を悪化させてもなお、反日政策を推し進める文在寅と、彼を支持する国民を見るにつけ、この国は感情が理性に優る、「正真正銘の情治国家」だということがわかる。

 GSOMIAの更新期限は24日だったが、南鮮はあえて22日に破棄の見解を表明した。この2日のバッファーは、恐らく、事を荒立てることによって米国が敏感に反応し、日本に対して「折れろ」と圧力をかけることを期待しての期間だろう。しかし、米国は日韓2国間には介入しないだろう。米国は既に文在寅の正体を見極めているはずだ。さしずめ「このバカには何を言っても無駄」と言う認識ではないだろうか。

 GSOMIAの破棄は何を意味するのか。当然、文在寅の平壌に対する忠誠心の表明でもある。ひいては、日米韓の枠組みから離脱し、中・露・北の枠組みへの転入という宣言とも取れる。東アジアの安全保障環境は、無能な文在寅によって、新たなステージに入ろうとしている。我が国は、この状況に対応し、防衛線の南下に備えるべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/08/23 07:07 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
>東アジアの安全保障環境は、無能な文在寅によって、新たなステージに入ろうとしている。

○米韓の軍事協力は可能かもしれないが、日韓の軍事協力は、韓国が国際法を守らず、日本国には軍事的な強制力もないため、不可能ではないかと思う。日本国としては、新たな安全保障体制の構築に向けて、考えを進める必要があるだろう。

○事ここに至っても、韓国は安全保障上重要だという考えが、日本国の政治家に、いまだにあるのならば、それは変化に対応する機敏さや柔軟な思考力がない、日本国の安全保障上、足かせ以外の何物でもないのではないかと思います。

○国外では、新たな安全保障を構築するときであり、国内では、国際情勢に合わせて、改憲するときではないかと思う。
[ 2019/08/23 08:00 ] [ 編集 ]
韓国は赤化統一で北朝鮮と心中を望むのか?
レーダー照射で予兆はあったとはいえ、まさか破棄に踏み切るとは?
いちばん損をするのは韓国のはずなのに・・。
余りにも国益を考えない愚策。
米を激怒させてまで北朝鮮のご機嫌を取ろうとするとは・・・

反日で支持率を上げると言っても韓国民こぞって破棄に賛成とは思えない。
さすがにこれはやり過ぎと引いちゃった韓国民も多いのでは?

文在寅は確信犯。
従北どころか北朝鮮の傀儡であることがはっきりしました。
反日は南北赤化統一の道具でしかありません。

こんな狂信的な独裁者と話し合いしても無理。
次の政権までは文在寅無視と反文在寅デモの応援という手しかありません。
どうせ次の大統領も反日なんでしょうけど・・。

韓国民は反日に熱狂のあまり、目が曇っているとしか言いようがありません。
文在寅の策謀計略にまんまとはまりつつあります。
文在寅の野望は韓国民の犠牲のもとに南北を赤化統一することです。
金正恩に蹂躙支配される道を欣然と受け入れるのか?
まるで新興宗教に入れ込んで人格一変した信者のようです。

常識的には国益無視の無能大統領の支持率はさすがに落ちるはずだけど、
これで支持率アップだったらもう末期症状ですな。

病膏肓に入る。
あとは金正恩将軍様の京城入城をマンセーの歓呼で迎えるだけです。







[ 2019/08/23 09:07 ] [ 編集 ]
来春あるという南鮮の総選挙までこのまま反日一直線で頑張る在寅サンではないでしょうかね。
彼の頭の中を勝手に想像(妄想)すると、総選挙で保守系議員を一掃した暁には憲法など一切変え、集金サンやプーチンサンの様な大統領になって、民族統一出来る!みたいなものではないのかな?と。

国際社会など眼中に無さそうに思います。
もちろん、その間に北に踏みにじられる絵もしないし、米国が出てきたら軍事力の宗主国に頼ればイイ、とか?結構楽観者だったりして。

日本のAランク落ちには、2016年~19年3月末までの戦略物資無許可輸出摘発および措置現況、という南鮮「産業通商資源部貿易安保課」作成の142のリストを基に、日本政府は説明要求をしている筈ですから、今更日本の所為には出来ない、と、まともなら思える事態です。
思っても認めないだけで。

何が何でもひたすら北を向く在寅サンなら、有り得る「破棄」だったと思います。
24日期限の二日前、というのが「引き止めるなら今の内ニダ」なのか、安倍総理がG7にお出かけの時間を考えたのか?

どちらにしても、いずれはある事ですから、38度線の南下にしっかり備えられる日本になりませんとね。
[ 2019/08/23 11:11 ] [ 編集 ]
文在寅に核のボタンが日本向けにあれば、後先考えずに間違いなく押すだろうな
[ 2019/08/23 12:07 ] [ 編集 ]
韓国の対日対抗策
韓国は、韓国への制裁も何もしていない日本に対し、韓国の身勝手な解釈により対日対抗策としてテロを仕掛けてくるのではないか?

例えば、新幹線高架下のパチンコ屋で火災を起こしたり、靖国神社で爆発を起こしたり等が考えられる。

https://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140107/dms1401071536012-n1.htm

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190117/soc1901170005-n1.html

また、化学兵器に転用可能な物質を韓国が関与して横流ししている事より、韓国によるサリン等の化学兵器を用いた大規模テロ等が今後発生する事等も考えられる。

また、来年の東京オリンピック或いはそれに関連したイベントでも韓国が関与した何らかの大規模且つ凶悪なテロが発生するかもしれない。
[ 2019/08/23 13:02 ] [ 編集 ]
GSOMIA破棄は想定内
お疲れ様です。拙的には、対北宥和を装ったすり寄りを図る文韓国政権が防衛
情報協定 GSOMIA破棄に踏み切る可能性はあった様に思えます。

又、同協定の歴史は約三年と浅く、その協定締結以前の態勢に戻っただけの話
という受け止めもできるのではとの想いもあり、現実がどうであれ、我々日本
及び日本人は冷静に受け止め、今後の推移を静観するのが良いと心得ます。例
の重要物資輸出管理見直し措置への報復臭も付き纏います。

米日韓の軍事連携に一定のマイナスはあるも、大きな影響はないのではとも思
います。恐れながら、今回貴記事も拙リンク致したく お届出の次第であります。残暑の折、どうか引き続きご自愛下さる様。
[ 2019/08/23 13:33 ] [ 編集 ]
『世界最終戦論』
「日本の東アジア安全保障体制」の構造とは
大枠に中国、ロシア対米国という対立関係が有り、その他に関わるのが北朝鮮、韓国(南北朝鮮)の動きというものです。

ご存じの様に中国は共産党一党独裁のもと、百年スケールで世界制覇を(大袈裟でなく)を目論んでいます。
これは中原に発生した漢民族以後、易姓革命や異民族支配の王朝による征服王朝などを経て主に北方騎馬民族出自により現在に人口、領土の膨張をしているものです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E6%9C%8D%E7%8E%8B%E6%9C%9D

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%93%E5%A7%93%E9%9D%A9%E5%91%BD

神話時代が入り混じった夏、殷そして周、太公望の斉と紀元前から三国志時代を経て、世界帝国の版図を持った唐、最大版図の元、その後の清と盛衰を繰り返しながら現在の中華人民共和国に至っていますが、満州、南モンゴル、東トルキスタン、チベットを飲み込んだ大陸内での膨張を終え、今や海洋進出を南シナ海、東シナ海に広げています。
これを膨張と言わず何と言うのでしょうか?
まして群雄割拠の時代では無い現在、実に身勝手な『核心的利益』を掲げ周辺国への侵略を進めています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AE%B7

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E5%BF%83%E7%9A%84%E5%88%A9%E7%9B%8A

対する米国、かつて中国に寛容で騙され続けた大統領から代わりトランプ大統領と成りました。
当初、ビジネスマンとしての対外外交と見られていた「アメリカ・ファースト」の大統領ですが、最近どうも勿論経済関係を重視しているのは変わりありませんが、それを表に中国に対してはその体制の存在をどうも崩壊させたいという思惑が見え隠れする様に思えます。

『世界最終戦論』は案外此処かもしれません。

であれば米国の対中「貿易戦争」は単純な経済戦争ではなく、重層的なお互いの根本的なもののぶつかり合いと考えらます。

https://www.sankei.com/economy/news/190823/ecn1908230023-n1.html

よって其れが「核戦争」になるならないなどは分かりませんが、どの様な決着かは穏やかな終結としては「米中冷戦の終結」という表現でしょうか。

当然、米国の勝利でなければ中国の膨張は止まりません。

そんな『米中覇権争い』の入口とでもいう現在、そこに朝鮮(北朝鮮、韓国)がかき回す存在として東亜細亜に座しています。

歴史的に常に周辺国を掻き回す朝鮮。
それがまたまたどう影響するのか?

この朝鮮(南北)の気質は『事大主義』。
強いものにずる賢く面従腹背。
実質が無くてもプライドだけは高い。
嘘偽りは平気で、相手の粗探し。
何時までもしつこくごねる。

そんな民族の国を日本のメディアは日本と同様な国として同列に解釈、報道するという策略、無能さ、卑劣さ。
韓国「GSOMIA破棄」で大騒ぎ。

たまには韓国目線の報道でなく、日本の安倍内閣目線で報道して貰いたいもので、そもそも親韓、親中という立ち位置である偏向報道(現在、表立って応援出来ないので表面的な韓国の非を非難したり、日本も悪いとする手法)を反省して貰いたいものです。

何れにしても一時的な表面的な韓国を批判するより、実際敵国である韓国の本質を理解して『断韓』が実は異端ではないという正しい理解をメディアの妨害を排して日本国民の共通認識と広がる事が大事です。

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57423

https://www.sankei.com/world/news/190823/wor1908230037-n1.html

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/23/kiji/20190823s00041000187000c.html

米国の東アジア防衛ラインは対馬にというシュミレーションが始まっているかもしれません。


[ 2019/08/24 07:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ