FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  南朝鮮、「日本をホワイト国から除外」のブーメラン

南朝鮮、「日本をホワイト国から除外」のブーメラン

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南鮮文在寅大統領が、我が国との貿易に関する諸問題について「勝者のないゲーム」と称したそうだ。我が国はなにもゲームをしているわけではないし、南鮮との貿易を規制しているわけでもない。ただ「管理」しているだけなのだが、彼らはそれを「経済戦争」という。日本も全く無傷で済む話ではないという意味では「勝者のないゲーム」であるかもしれない。だが、これがゲームであるなら、「敗者がはっきりするゲーム」にはなり得るのではないか。

 彼らの多くは日本に対して常に好戦的であり、彼らにとって気に食わないことが日本とのあいだで起こると、一方的に日本を悪者に仕立てあげるのが彼らだ。メディアはそういう報道に徹し、そういう報道が、反日感情を植え付けられた国民にとっての水や肥料となる。全く手の施しようがないシステムであり、メカニズムである。彼らにとって、日本に敗北することなど許されないのだろう。ならば勝負がつくまでとことんやれと、日本政府に働きかけたいと思う。

 一昨日、毎日新聞が興味深い記事を打った。戦時出稼ぎ労働者訴訟(いわゆる徴用工訴訟)問題について、米国政府が日本政府に対して、「1965年の日韓請求権協定で解決済み」とする日本の法的立場を支持する意向を伝えているという内容だ。日本政府関係者の話であるという。日本側は「原則的な主張は米国の理解を得ている」と受け止め、南鮮に対する姿勢は崩さなと記事は伝える。その直前に各種メディアに載った、トランプ大統領の「日韓はけんかばかり。仲良くしなければならない」という話が吹っ飛ぶような内容だ。

 これに対し、青瓦台は即座に火消しに走る。青瓦台の報道官は定例会見において、「随時開いている韓米NSC(国家安全保障会議)レベル(でのやりとり)で米国に確認した結果、事実ではないとの答えだった」と、毎日新聞の報道を否定した。しかし、これは妙な発言である。青瓦台が脊髄反射した内容について、日本政府は公式には何も発言していない。話の構図が、「青瓦台」対「日本のメディア」になっている。菅官房長官であれば、「一部の報道に関してコメントすることは控える」というようなものになるのだろうが、対岸はそうではないのだ。

 南鮮は、途中で紆余曲折はあったものの、「ホワイト国」から日本を除外する制度の改正案を発表した。輸出管理体制改善の一環だと白々しい説明をしているが、日本による「南鮮ホワイト国除外」への対抗措置である。しかも、日本をホワイト国から除外するために、彼らはわざわざ分類を新たに創設し、日本をそこに入れるというあからさまな措置だ。憎悪する相手を裁くためなら事後法すら辞さない、彼ら特有のやり方である。

南朝鮮、ホワイト国から日本を除外


 南鮮は、日本による南鮮のホワイト国からの除外が、WTO違反だと主張し、実際にWTOにその話を持ち込んでいる。WTOへの日本提訴にも言及していた。その際、彼らが主張したのは、「政治的動機による不当かつ根拠のない貿易制限措置」である。ブーメランの名手は日本の旧民主党系議員に多いが、南鮮もなかなか負けたもんじゃない。自らが否定したものを、そっくりそのまま実践してしまうのだから、迷走というより脱線だろう。

 日本は心おきなく「次の手」を出せばいい。南朝鮮がWTOの違反をわざわざ見せてくれている。国際法に忠実に則り、正攻法で彼らに対抗すべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/08/13 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(8)
不謹慎で無責任な感想かも知れませんが……。
ちょっと小突いただけでこの反応。
実際に大打撃なのでしょうが、それ以上に火病っぷりが滑稽ですね。
ボクシングならばかすりもしない大振りのパンチを出し続け、あまりにうっとおしいのでちょっとジャブを返したらそれだけでフラフラになって、さらに大振りのパンチを出して来るものの、空振りして自分に当たって、悔しさに我を忘れている。
そんな印象を受けます。
これ以後もちょこちょこ当てて体力が尽きるのを待てばいいと言う感じ。
しばらく楽しめそうですw

ただ、選手の足を引っ張ろうとする味方(?)のセコンドの動向と、相手方セコンドによるジャッジの買収工作には気を付けないといけませんけど。
[ 2019/08/13 09:55 ] [ 編集 ]
怨念だけの韓国
韓国は日本に対して、「世界の自由貿易を破壊するものだ」と喚いていましたが、論理の整合性は全くなし。
場当たり的な戦略なき国家(韓国を国家ということ自体、問題だが・・・)の無様な姿を晒している。

こんなくだらないことは放置しておけばよいことで、警戒すべきは、香港周辺への中共の武装勢力の集結である。
デモ隊の中に工作員を潜入させ、混乱の拡大を口実に軍事的鎮圧を目論んでいる。
世界は、中共を牽制すべきである。

 Hong Kong is Not China!




[ 2019/08/13 10:01 ] [ 編集 ]
今日のモーニングショー
【玉川徹氏、日韓関係の悪化に「喜んでいるのはネトウヨだけ」】8/13(火) 12:05配信
13日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、日韓関係が悪化する中、韓国が日本を9月中にホワイト国から除外することを報じた。
 コメンテーターで同局の玉川徹氏(56)は現在の状況に「お互いの国益に反していると思います」と見解を示し、「韓国が困っているだけで、日本は困ってないってないなんて事を言う人もいるかもしれないけれども、一部のネトウヨ(ネット右翼)みたいな人はすごく気持ちいいのかもしれないけど、そういう人にあおられた事によって一般の人の感情まで悪化して、6割、7割の人がこれでいいんだって風に思っている状況になっている」と危惧した。
 続けて「喜んでいるのはネトウヨだけで、実は国全体としてみれば損してると思いますね。プラスがありますか、この結果に。何かのプラスあるんですかね、どっちの国にとっても」と語った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000094-sph-soci
[ 2019/08/13 15:10 ] [ 編集 ]
今日のモーニングショー
気に入らない意見を、『ネトウヨ』なんて言葉で侮蔑・罵倒する玉川氏こそ差別的だと感じます。
この人の意見を聞いていると、自分自身の価値観を絶対視し、それと違うものは悪と決めつける相当な偏見持ちの様に思えます。
公共の電波を用いて『ネトウヨ』・・・などと・・・とにかく攻撃的で侮蔑的で、テレビ画面(=公共の電波)から暴力受けているように感じてしまいます。
スポンサー企業はこの人のこういう発言聞いて、何にも問題に感じないのかな?
テレビスポンサーの無責任さにも相当責任あると思います。
朝日は保守派に対し差別的なメディアですね。
[ 2019/08/13 15:11 ] [ 編集 ]
今日のモーニングショー
放送法に詳しい方にお聞きしたいのですが、
玉川氏の会社でのポジションはディレクター。つまり一社員です。
テレビは放送法で公平中立が前提なので、社員が話すときは『解説員』のポジションを置き、解説に徹すること、アナウンサーも司会に徹すること。個人的な意見は話してはならない。となっているのではなかったですか?(反面、新聞は公共の電波を使用しているわけでないので『解説員』でなく『論説員』として好き勝手に論評を書ける)私も詳しいことは全く分からないので詳しい方にお聞きしたいのでが、玉川氏のこういった行為は、放送法的に許されるものなのでしょうか?
一テレビ局の社員が好き勝手にしゃべりまくる行為は放送法に違反しないのですか?OKなのですか?
詳しい方、解説お願いします。
いずれにせよ、発言内容の偏りは、公共の電波として許容値を超えていると私は個人的に感じます。
[ 2019/08/13 15:12 ] [ 編集 ]
日本政府が日本から輸出されるや技術が、何らかの形で軍事・兵器転用される可能性の懸念がある時に、それを防止しようとしなければ、輸出元である日本が輸出先国の不正に巻き込まれるのですから、相手国との常の協力は必須です。
けれど、その「協力会議」を三年間南鮮は持とうとせず、日本は事ここに至った、という経緯がはっきりしているのが日本政府の南鮮ホワイト国除外措置です。

除外が南鮮国にとって身に覚えのない疑いが因であれば、当然しっかり誠実に潔白証明しようとする筈ですが、彼等は日本政府が期限を示して待った「証明」を拒否・無視し続けたのですから、日本政府は粛々と措置を取っただけ。

一方、これに反発して南鮮が日本を「除外」するには、その正当な理由が無ければただの「報復」であり、それこそ南鮮がアチコチの国際機関や諸外国に「日本不当」を訴えていた言葉がそのまま、或いは増幅して跳ね返るのが因果応報というものでしょう。
けっこうな見栄っ張り国に思える南鮮ですが、恥を感じなければ見栄も張れませんのにね。

日本が南鮮に「ホワイト国除外」されたとして、どうにも困る業種ってあるのでしょうか?
日本からの素材がスムーズに輸出されて南鮮企業の製造が成り立っていたと聞くのが真実であれば、その素材の入手がし難くなれば、製造が滞ることもありましょう。
製造が遅れる物品は、除外されても規制されても輸出以前の問題です。
商業は納期が守られなければお得意先を失くすのが道理ですから、日本は南鮮企業以外を当たって入手できる方法を採ればよいだけで、そんなに影響がある様には思えないのですが、ありますかね?

安全保障問題を専門とする古川勝久氏は、<文政権の産業省は、輸出管理政策に於ける日本側カウンターパートである経産省の担当局長の存在も知らなかった様である。韓国の産業省は経産省の発表資料と財団法人の出版物を区別できないなど基本的な事実関係すら把握出来ていない>とご指摘です。

好きにしたらイイわ、としか扱えない相手であることは間違いなさそうなクニ。
[ 2019/08/13 15:20 ] [ 編集 ]
出だしの一行目、
日本政府が日本から輸出される貨物や技術  に訂正致します。
[ 2019/08/13 15:26 ] [ 編集 ]
「不当だ」と喚いたアレは何?
日本が南ゴキを「ホワイト国」から除外した際、
「不当だ」とあちこちで喚き立てたのに、
その「不当」を自ら平然とやってのける厚顔無恥さw
つまり国際社会から不当認定されなかったから自分もやったってことか?
日本の輸出管理措置は正統だと南ゴキも認めたわけねwwwwwwwwww
[ 2019/08/14 10:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ