FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  左翼団体・反社会団体 >  自衛隊差別を許すな ~ 新婦人の会の自衛隊排除活動に反意を!

自衛隊差別を許すな ~ 新婦人の会の自衛隊排除活動に反意を!

← 応援クリック、ありがとうございます。

 大丸須磨店で企画されていた「夏休みパラダイス in 須磨」で予定されていた「特別企画 防衛省 自衛隊の車両がやってくる」が、急遽中止された。百貨店側に中止を申し入れたのは、「新日本婦人の会 兵庫県本部」のようで、Twitterに成果報告をしている。

自衛隊参加のイベント中止 ~ 大丸須磨店


 大丸側は、「諸般の事情により、急遽中止させていただくこととなりました」としかアナウンスしておらず、「新日本婦人の会」の自白からみても、このイベントからの自衛隊排除は、プロ市民団体の猛抗議が原因だと見て間違いないだろう。

 新婦人の会は共産党に極めて近い組織で、自民党の杉田水脈氏が国会で「共産党の女性組織」と称したところ、共産党と同団体から猛抗議を受けた。同会の代表は、南鮮の中央日報によれば、共産党の笠井亮の夫人の笠井貴美代だ。(2014年当時の記事であるため、現在は確証なし。) いずれにしても、社会運動を標榜する共産党の別動隊であることに変わりはなく、大丸への抗議はその「共産党の流儀」に基いて行われたものと推察する。

 須磨で活動したのが兵庫県本部なら、同会の京都府本部は「はじめてのはたらくくるま 英語付き」という幼児向けの乗り物図鑑に自衛隊車両や戦闘機、潜水艦などが掲載されていることを問題視し、出版社に抗議活動を行っている。この場合も出版社が折れ、今後、この図鑑から自衛隊の装甲車などが消えるという。

幼児向け「はたらくくるま」図鑑に戦車 不適切との指摘 (朝日)

 出版社の講談社ビーシーは22日、幼児向けの乗り物図鑑「はじめてのはたらくくるま 英語つき」に、装甲車両や戦闘機などを掲載したのは不適切だったとして、同書は今後増刷しないと発表した。「武器としての意味合いが強い乗り物を子ども向けの本に載せるのは不適切だ」などと、市民団体や読者から指摘があったためだという。
 同書は3~6歳向けで、2018年11月に講談社が発行。子会社の講談社ビーシーが編集を担当した。全30ページのうち6ページで、自衛隊の装甲車両や戦闘機を取り上げたという。中には潜水艦など、車ではないものもあった。本の回収はしないとしている。(以下略)


 自衛隊の装甲車両だって立派な「はたらくくるま」であって、掲載が不適切という出版社の見解には同意できない。彼らは彼らの「はたらくくるま」を用いて国民の生命と財産を守っているのであり、それらを排除しようとする発想は、戦後民主主義者たちが妄信する空想的平和主義によってうまれた「自衛隊差別」をそのまま引きずったものだ。私は安倍総理の憲法9条における自衛隊加憲論に必ずしも賛成ではないが、こういう話を聞くと、是が非でも自衛隊を憲法に明記を、と強く思う。

 先の大丸須磨店の事なかれ主義的な対処も、須磨という土地柄を考えると、信じられない思いだ。須磨地区は、阪神淡路大震災で壊滅的な被害を受けた。そこに出動した自衛隊が、多くの市民の命を救い、復興に少なからず寄与したことは、土地の人間なら強く記憶しているはずだ。その恩を仇で返す精神構造は、私の理解を遥かに超えている。婦人の会は「子供が利用する百貨店だからダメ」と言っているのだが、同会は、自分たちのイデオロギーを通すためなら、「子供の知る権利」などというものなど無視してよいと思っているのだろう。度し難い論理だ。

 私は大丸須磨店にメールで抗議したが、もし回答があるとしても、テンプレ的なものしか期待していない。他方、「はじめてのはたらくくるま」は、現在、Amazonの「実用・工作・趣味 (本)」部門で1位となっており、 婦人の会の主張と講談社ピーシーの判断に必ずしも与しない人の多さを物語る。「この本から自衛隊車両を排除せよ」と主張した婦人の会京都府本部は、前述の朝日の報道を引用しつつ、「おかしいことは「おかしい!」とみんなで声をあげれば変わる!」とツイートしている。ならば、我々は、この婦人の会のおかしさを全力で叫ぶことで、彼らの偽善、欺瞞を世に知らしめることとしたい。新婦人の会は、「社会の敵」と規定すべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

共産党に敗北の記
新日本婦人の会=日本共産党で間違いありません。
共産党は、「権利や自由は自分にあり、義務はお前が果たせ」の連中です。

選挙運動も酷いものでした。

歩道やバス停に街宣車を長々と停める。点字ブロックもお構いなし。
特に悪質だったのは、入院患者のいる病院の前で、大音量(これも異常な音量でした。500m先でも大音量。)の政治宣伝。
静穏な環境が必要な患者さんたちに何をするかと思って、大きく両手で耳を塞いで街宣車の前で、うるさ過ぎると主張しました。
悔しいことに無視されました。絡もうかと思ったのですが、「選挙の自由妨害」で警察を呼ぶだろうと予想されたので、そこまででした。
もっと戦うべきでしたが、私にはそこまででした。

ネットでは、勇ましいことは簡単に言えるのですが、直面した敵と物理的に戦うことは、そう簡単ではないと実感しました。

今に見ておれ!

かくも、日本共産党は、今も昔も独善的なアカ集団に変わりはありません。

それにしても、未だに「婦人の会」ですか。完全に時代が読めてないことがわかります。

[ 2019/07/29 09:09 ] [ 編集 ]
極左プロ市民のお片棒を担ぐ大丸。
 恩をあだで返すとはまさにこのこと。
阪神大震災の時兵庫県民はどれだけ自衛隊のお世話になったか。

そこいら中断水の中、速やかに全国から自衛隊の給水車が駆けつけて、
命を繋ぎ得て皆拝むほどでした。
神戸の人たちの大多数は自衛隊に感謝こそすれ反感など抱いていません。

こういう非常識な抗議をするプロ市民に屈する大丸にはがっかりしました。
反自衛隊の団体は全国に多数あり、自衛隊は人殺し集団等と主張しています。
大丸はこういうイチャモンを想定できなかったのでしょうか?
理不尽な抗議に簡単に屈するくらいなら最初から企画するなと言いたい。
大丸は日本人と自衛隊の誇りを傷つけました。
不買運動が起きても不思議ではありません。

この事件、このブログで初めて知りました。
そもそもこれが報道されないのはどうしてでしょうか?

どうやらイチャモン付けたのは共産党系の団体のよう。
今回の参院選では議席を減らし、比例の票も激減。
平和を叫びつつ北朝鮮の核ミサイルには沈黙の嘘ツキども。
こういう小細工しかできない蠅蚊のようにクダらぬ連中は
もっと白日に曝すべきです。。

一方、日経新聞の世論調査では、
「改憲国民投票若年層が支持。18~29歳 賛成63%」とあります。

 要するに、いつまでも硬直したイデオロギーに凝り固まった老年層が
左翼勢力の中心であり、まさに老衰、年々弱体化しているのです。
若者は自衛隊が日本国民の命と安全を守る心強い存在とわかっています。
反日チンピラどもの卑劣なイチャモンを許してはなりません。

今回大丸が反日チンピラの言うことを聞いたことで、奴らは益々付けあがり、
全国で理不尽に反自衛隊にイチャモンに付けては気勢を上げ続けるでしょう。

反自衛隊チンピラに屈した大丸は情けない。
今後大丸で買い物はしません。
[ 2019/07/29 09:24 ] [ 編集 ]
恩を仇で……
正に恩を仇で返す所業、メンタルがどこぞの民族と一緒ですな。
[ 2019/07/29 10:03 ] [ 編集 ]
同じ須磨区民として。
今回の件、地元の神戸新聞で知りました。
自衛隊の方々には、同じ須磨区民として申し訳なく思います。私もここで被災し、自衛隊のお風呂に入れて頂き炊き出しで、お腹を温めさせて頂いたひとりですので、恩を感じてます。ここを読んでおられる方々に理解してほしいのは、全ての須磨区民が、この様な思想では無いという事です。
どこにでも変人はいます。
ただ、その変人の言いなりになった大丸にも責任が有ります。今回の経緯を、この市民団体は成功例としたはずです。
これからも、各地で活動するでしょう。
毅然と断る勇気を持って頂きたかったです。
[ 2019/07/29 10:03 ] [ 編集 ]
だから憲法9条改正が必要なのだと教えてくれた新婦人の会代表
 まー坊様のコメントを拝見して神戸新聞のネット記事見ました。
左翼色がお約束の地方紙なら、どうせお花畑の偏向記事かと思いきや、元自衛官の佐藤正久参院議員(自民)や高須先生の自衛隊擁護のコメントも掲載している当たり、どちらかといえば、プロ市民を批判目線なのは納得。
震災時自衛隊の奮闘を目の当たりにした地元紙ならではの視線を感じました。

 神戸新聞の記事を引用すると、 
「記事中止を申し入れた同会の女性(68)は「災害救助に当たる自衛隊を批判しているのではない」とした上で「私たちは安保法制成立や改憲の動きの中で、自衛隊の在り方に危機感を持っている」と強調する。」

 こういう小癪な言い訳が一番腹立つんだよ。
災害救助に当たる自衛隊は批判しない。
なら、国防という職責を果たす自衛隊なら批判するってこと?
早い話自衛隊廃止論じゃん。
おためごかし言うなっての!

 左巻きはこういうお馬鹿な屁理屈を臆面もなく言う。
神戸新聞もそこきっちりと突っ込んでほしかった。
このように自衛隊を否定する勘違いが未だに居るから、
安倍首相は憲法改正によって自衛隊をきちんと位置付けようとしている。
のだと。

[ 2019/07/29 12:05 ] [ 編集 ]
○大丸さんは、お客様の安全を第一に考えて、イベントを中止したのではないか、と思います。

○実際、強迫めいた抗議があるなかで、開催したらどうなるでしょうか?けたたましく鳴り物を鳴らし、シュプレヒコールで大きな声を出す…子供たちには見せられないような迷惑な方たちが、お店の近くで組織的に活動する懸念があるのではないかと。

○大丸さんの企画は、夏休みらしい、良いものだと思います。中止は、残念なことです。憲法に自衛権と国防軍や自衛隊を明記、改正すれば、このような迷惑行為も、少なくなるのではないのでしょうか。
[ 2019/07/29 12:09 ] [ 編集 ]
公安監視対象ならば
国として認めないように願いたい・またゲスなR組は共産党と同じと思うべき・騙されて投票した連中も多かろう・実際に直ぐ共産党と手を組むし・日本国に要らない政党である。
[ 2019/07/29 12:34 ] [ 編集 ]
「ねえ、パパ、あの人たち何を騒いでるの?」
「自衛隊さんの車が来ることに反対してるんだよ」
「どうして? 大震災の時に助けてくれたんでしょう?」
「そうだよ、あの時はどんなに心強かったか……もし自衛隊さんが駆けつけてくれなかったらもっともっとたくさんの人が亡くなっていただろうね」
「なのにどうして反対しているの?」
「あの人たちは日本なんか無くなってしまえばいい、日本人はみんな死んでしまえばいいって思ってるのさ」
「ええ~っ? 本当に?」
「そうさ、だから自衛隊さんが人気になると困るんだよ」
「変なの~、あの人たちも日本人なんでしょう?」
「う~ん、日本人じゃない人たちもかなり混じってるけどね」
「でも日本人もいるんだ……だったら自分たちだって死んじゃうのにね」
「そうだね、でも自分たちだけは大丈夫、殺されないって思ってるのさ、だって日本を滅ぼそうとしてる国の味方してるんだからね」
「そうなんだ……ぼく、大きくなったら自衛隊に入れてもらう、そうして日本を守るんだ」
「そうだね、それはとても大切な仕事だね、でも自衛隊の訓練は厳しいぞ、最新の機械を使いこなすために勉強もしっかりやらなくちゃならない、できるかな?」
「うん! 僕、がんばるよ」

 ってなことになるのが嫌なんでしょうね。
[ 2019/07/29 13:30 ] [ 編集 ]
これは明らかな自衛隊へのヘイト活動ですね。
人権侵害です。慰謝料を請求しなければ。
[ 2019/07/29 22:35 ] [ 編集 ]
はい、先ずは憲法に加筆です。安倍総理の本音は存じませんが、参院選後、「自民党案には拘らない。全党で討論をするべき」などと仰ったそうですが、自衛隊を正規の軍隊に位置付けることを譲ったり先延ばししていると、こういう胡乱且つ敵性充分な輩の活動の場を提供することになり、いけません。

御老体や幼児連れのお客様も相手のデパートなら、こういう対応も仕方ない気が致します。
お客様の安全第一の店内で、主催イベントを強行して、もしも予期せぬ事件があれば、それが死者を生じる事にでもなれば、取り返しがつきませんもの。
店先で騒がれるのも通行人の迷惑で、それにしっかり対処して欲しいと要請しても、兵庫県警、ちょっと頼りにならないかも。

西宮で被災した友人が「あの時はY組と自衛隊にはめっちゃ助けられたで」と繰り返し申しております。
そ奴も左罹っている方が正しい、ぐらいのアホでしたし、喉元過ぎればすぐ忘れる才能の持ち主でも、その恩は忘れられない模様です。


こういう「平和」を装った反日輩がこの様に非常識な主張で我が物顔に活動している事で、むしろ世間の(冷たい)目を集めるなら、案外イイかも、と思わないでもないです。
[ 2019/07/30 00:45 ] [ 編集 ]
ノイジーマイノリティー
アカの女性団体は典型的なノイジーマイノリティーだなw
敗戦国のカルトに洗脳されてるから、単純に軍事=戦争と見る。
軍事が平和維持に果たす役割をまるで見ない。
そして自らの独善的な価値観を図々しく他者に押し付ける。
自分たちは正義を果たしたと自己陶酔してるマヌケどもwww
それを称賛するぱよちんメディアとのマッチポンプな猿芝居は醜悪の極みだwwwwwww
[ 2019/07/30 10:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ