FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  国政選挙6連敗の朝日新聞、毎度お馴染み“劣化コピー”の恨み節

国政選挙6連敗の朝日新聞、毎度お馴染み“劣化コピー”の恨み節

← 応援クリック、ありがとうございます。

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員選挙は、安倍自民の圧勝で幕を閉じた。私の選挙区、埼玉では、自民党の古川候補がまったく危なげなく勝利し、全国比例で票を投じた衛藤晟一候補は、朝の4時41分になってようやく当確が出た。自民党は改選前から議席を減らしたが、単独で過半数を獲得したのだから、誰も文句は言えまい。安倍総理のもとでは、自民党は国政選挙6連勝だ。しかも、増税を引っ提げて選挙に勝つというのは極めて稀有である。安倍政権は暫く安泰だろう。二階幹事長など、早くも安倍四選に言及したほどである。

安倍総理


 安倍自民が国政選挙6連勝ということは、当然ながら、アベガー陣営は6連敗だ。私は、国政選挙の翌日の朝日新聞の社説を面白おかしく読んでいるのだが、朝日の恨み節は、表現は変えながら、言っていることは毎回同じだ。過去の社説を見てみよう。まずは、2014年12月の総選挙だ。自民党が議席数の約61%の291議席を獲得し、民主党(73議席)を凌駕した大勝の翌日の社説だ。

(社説)自公大勝で政権継続 分断を埋める「この道」に (朝日新聞 2014年12月15日)

 突然の解散で始まった師走の衆院選は、自民、公明の与党の大勝に終わった。
 自公両党が過半数を制する参院とあわせ、安倍政権は極めて強い権力基盤を再び手にしたことになる。
 ただし、それは決して「何でもできる」力を得たことにはならない。憲法に基づく民主主義は、選挙の勝利によって生まれた政権に全権を委任するものではない。


 朝日はこの「白紙委任ではない」というフレーズがお好きなようだ。だが、白紙委任ではないというは、単なる負け惜しみのことばに過ぎない。

 お次は、3年前の参院選である。自民党は、改選数50に対し、55を取って再び大勝。朝日の社説は相も変わらずだ。

(社説)自公が国政選4連勝 「後出し改憲」に信はない (朝日新聞 2016年7月11日)

 「アベノミクスは失敗していないが、道半ばだ」という首相の説明には首をかしげても、「しばらく様子を見よう」と有権者の多くは現状維持を選んだと見ることもできよう。


 安倍自民の大勝を、消極的支持が後押ししたと、矮小化する意図がミエミエの社説である。理由はどうあれ、自民党が勝利すること自体、朝日には許せないことなのだろう。翌年の総選挙でも全く変わらない。

(社説)政権継続という審判 多様な民意に目を向けよ (朝日新聞 2017年10月23日)

 だが首相は勘違いをしてはならない。そもそも民主主義における選挙は、勝者への白紙委任を意味しない。過去5年の政権運営がみな信認され、さらなるフリーハンドが与えられたと考えるなら過信にすぎない。


 また出た!「白紙委任ではない」という恨み節。まるで、前回の総選挙のときの社説の劣化コピーである。

 そして、一昨日の参院選の結果を受けた朝日の社説がこれだ。劣化コピーはまだ続く。

(社説)自公勝利という審判 「安定」の内実が問われる (朝日新聞 2019年7月22日)
 首相が訴えた「政治の安定」は、ひとまず有権者に支持された形だが、「1強」による長期政権のおごりと緩みは誰の目にも明らかになっている。
 有権者が一票に託す思いはさまざまであり、今回の選挙結果をもって改憲にゴーサインが出たと受け止めるのは乱暴に過ぎる。
 民主主義における選挙は、勝者への白紙委任ではない。野党や国民との対話や議論抜きに、国の針路を正しく定めることはできないはずだ。

 朝日は“「1強」による長期政権のおごりと緩みは誰の目にも明らか”と書いているが、朝日の「誰の目にも」に私の目を含まれるのは迷惑千万だ。そしてこれは、自民党に票を投じた大方の有権者への冒涜である。「白紙委任ではない」がまた出て来るが、総理総裁はそんなことをひと言も口にしてはいない。結局、「白紙委任ではない」という論調は、「安倍政権が暴走する」可能性を示唆した朝日のレッテル張りで、火のない所に煙を立てようとする企てなのだ。

 朝日新聞は、安倍自民の連戦連勝、しかも圧勝を居丈高に戒めるのではなく、自社の影響力の著しい低下と認識すべきだろう。朝日が笛を吹いても、もう誰も踊らない。世論を躍らせた過去を捨てきれないのはわかるが、もうそろそろ気づいても良いころではないか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/07/23 07:07 ] メディア | TB(0) | CM(10)
負け犬の遠吠え
フェイクニュース専門紙(立民党機関紙)アカヒの社説は
まさに負け犬の遠吠え(ワンちゃんゴメンw)だなwwwwwww
選挙に勝ったからと言って「全権委任する有権者」などどこにいるのか?
有り得ない仮定に立って自己主張するのは妄言に等しいwww
これは浅知恵のぱよちんによくみられる体質だwwwwww
「長期政権のおごりと緩みは誰の目にも明らかになっている」との指摘も
すこぶる独善的な見方だな。
「明らかになっている」のは仲間内のぱよちんだけじゃんwwwwwwww
当方の目には長期政権を担っている割には
慎重すぎて対外的にヘタレているように見えて仕方ないよwww
[ 2019/07/23 10:01 ] [ 編集 ]
はやくも馬脚を現したエセ改憲勢力
 今回の参院選の結果。
自民勝利という報道が多いようですが、決してそうは思いません。
自公で過半数取れたわけだから、衆参のねじれもない。だから勝利。
ふ~ん。まあ間違ってはいないけど、喜んでていいのかな?

 だって改選議席から6も減らしてるじゃありませんか?
6年前の参院選は自民党が圧勝して政権奪取した翌年の選挙。
その熱気も冷めやらぬ環境下で行われた参院選よりも減って当然という
分析もそれなりに説得力はあります。
だけど今回定数は6増ですよ。
そこで6減なのに勝利って言い訳がましく聞こえてしまいます。

 いちばん解せないのは参院で自民が単独過半数を失ったこと。
これって、公明勝利・自民敗北って書くべきじゃないの?

連日安倍政権ディスリ特集展開中のチョーニチ新聞なら見出しはこうでしょ。
「自民敗北
与党過半数も単独過半数失う。定数6増も改選議席6減」


早速公明はホルムズ海峡における有志連合に注文を付けたし、山口代表は
22日のTV東京の番組でこう発言しています。
「参院選の結果を憲法改正について議論すべきだと受け取るのは強引だ」

 あれれ?
これが改憲勢力とされる政党党首のセリフ?
議論する事さえも是としないなら左翼野党とどこが違うの?
国民民主は改憲について議論ぐらいには応じると言っている。
議論も渋る公明が改憲勢力なら、国民民主も立派な改憲勢力じゃないの?

改憲への態度につき安倍さんは公明に白黒はっきりさせるべきです。
連立解消も辞さない覚悟が必要ですが、果たしてできるかな?

公明は永田町の小早川秀秋であり、このままでは必ず安倍政権を裏切ります。
寝首を掻かれてベソ掻きなさんなよ!



マスコミはいつも自公と維新を含めて改憲勢力とひとくくりにするが、
うがった見方をすれば、「2/3の改憲勢力だけは阻止しよう!」
「そのためには、保守政党支持でも改憲に反対する有権者は左翼政党に投票しよう」という巧妙な誘導ではなかったのか?

今や泡沫政党になり下がった社民党が政党要件をかろうじて維持できたのも
この政党が平和護憲の一つ覚えしか唱えないことの功名だったのかも。

今や自民党は公明党の選挙協力なくして政権は維持できない。



[ 2019/07/23 10:11 ] [ 編集 ]
次の総理にしたい人
 自民6減のうち、岸田派は4人。
岸田さんっていい人だけど、
政治の世界で「いい人」って「無能」の美称でしょ?
派閥のオーナーっていうけど、実は陰で牛耳ってるのは古賀さんで、
実態は雇われマダムみたいなものじゃないの?

本人も自分こそ次の総理って思ってないような気がする。
そういうお品のいい政治家って決して嫌いじゃないけどね。
谷垣さんなんかあの頼りなさが今でも好き。

岸田さんは次のステップとして幹事長狙ってたっていうけど、
自分の子分さえ軒並み落選じゃ説得力ゼロでしょ。

でも巷間囁かれれているのはこんな噂。

 兵庫県で楽勝と言われる自民候補の票を一部公明に裏で回す代わりに、広島で二人立った自民候補のうち、菅官房長官の子飼いの新人候補に公明票の多くを回させる裏取引があったとかなかったとか。
あえなく岸田派の大物古参候補は落選。

 これだけの画を描けて実際やってのけられる権謀術数に長けた剛腕の人物。
やっぱ菅さんって只者ではない。
お公家さんVS.叩き上げ
次の総理はやっぱり菅さんかな?

 世間では、次の総理ダントツ1位進次郎。2位が石破で3位は聖子ちゃん。
なんだいこれは? まあ、ただの人気投票なんでしょけどねr。

 1位はまだ海のものとも山のものともわからない。
たしかに弁舌さわやかな男前だけど所詮小泉Jrってブランドだけでは?
まだ実績がないからわからない。もちろん期待はするけどね。
 2位・3位はフラフラ反日評論家でしょ。厳しい国際政治の舞台で無理。

 まだ表舞台に出ていないけど、いずれ総理にと願う政治家があります。
それは、自民党の真正保守派城内実代議士(静岡7区。当選5回。52歳)
 郵政選挙で信念を貫き無所属で出馬。刺客片山さつきに748票の僅差で惜敗するも次の総選挙で無所属ながら大差でリベンジを果たしたサムライ。

 日韓議員連盟のメンバーでしたが、今年の2月独り決然と退会を表明。
いつまでも韓国に媚びては物欲しげな他のメンバーとは一線を画す潔さ。
知名度はまだ低いけど、反日を許さない政治スタンスは素晴らしい。
次の内閣改造ではぜひ初入閣してほしい人物の一人です。


 



[ 2019/07/23 11:23 ] [ 編集 ]
Aチラシは論外なれど
地上波TVが電通に全て把握されているのが情けないのです・先日のテレ東で裏側のスタッフがKorea語で喋るシーンが映り・その瞬間MC・ゲストらが慌てふためいてKorea側に寄った話になったことです・これが情けない。

また東北に置いて自民が弱くなったのは補助金が無くなったからと耳にします。いわば恨み節。次の首相もそうですが・防衛予算が少な過ぎます・これでは自衛隊員を増やそうにも増やせない・特に島々が多く海の守りが難しい日本列島。USAが撤退すればあっという間に志那が入り込んできます。

トランプが「それとなく」後押ししているのに・国民投票の過半数とるなど無駄作業・前文なくして(それに値する国が周辺にない)急げ改憲!とは個人的見解。ああ・情けない現状かな。
[ 2019/07/23 13:14 ] [ 編集 ]
衛藤晟一さんに入れて下さったんですか。有り難うございます。
大分ですが、記入所の前に張ってある候補者の名前に
衛藤さん見つけられなかったんです、
多分いつもウッカリ者の私のせいだと思いますが(笑)
焦って、しっかり保守活動されてる別の方に入れましたが
有名な方なのですぐ当確でてました。
衛藤さんのほうは当確出るまで起きてられず、あ~あと思いながら寝ました。

彼は見た目もあまりパッとせず地味(ごめんなさい)てか
(首相補佐官なのに)知名度もイマイチ?みたいですが貴重な保守政治家です。
以前、なんか怪しい得票集計の問題とかあったり、公明に嫌われてて
地元の選挙活動もままならないんですよねー。

さすがブログ主さまは、よく考えて投票されてますね。
大分選挙区はまた僅差でホント残念でした。
[ 2019/07/23 13:43 ] [ 編集 ]
選挙よりも日本に巣喰っている赤シャツや糞チョソン人を個人の自由で駆除できる社会にしなさいよ、自民党。国内の平和と安全を守るならまずは害虫駆除ができる環境を整えるべきでしょう。
[ 2019/07/23 15:46 ] [ 編集 ]
さて憲法改正はどうなるのか!?
 敷島やまとさんの意見、たしかに一理あります。

しかし重要な点を忘れてないでしょうか?

今回の参議院選挙で安倍自民党は憲法改正などを訴えてきましたが、消費税の増税も訴えています。これかなり勇気のいることでして、過去に消費税の増税を訴えた選挙では政権側は負けてますw

そのような中ですので今回の6減ってがんばったほうではないですかね。

個人的には許容範囲だと思われます。

安倍総理・悲願の憲法改正、今後どうなるか注目していきたいですね!



[ 2019/07/23 22:36 ] [ 編集 ]
チョウニチゴマメの歯軋りが聞こえる
チョウニチ新聞の安倍さんストーカーぶりは、まるで腐れ縁を自己演出しながら歯軋りするゴマメみたい。
こんなのにくっつかれたら別れるのにどれだけ難儀する事やら。

チョウニチ新聞社の幹部は「安倍の葬儀は朝日が出す」とか「安倍叩きは朝日の社是」などと言い放つそうですが、他人様の事よりそろそろチョウニチ新聞社自身のその類の事を真剣に準備した方が良いのではないか?
その内「朝日叩きは国民の総意」になってもぜ~んぜんおかしくないと思いまする。
[ 2019/07/24 01:00 ] [ 編集 ]
内心では少しホッとしてます。
憂国の一兵卒様のおっしゃる通り、逆風を考えれば善戦と言ってよいのかも。
今回の参院選、最悪の事態だけは避けられたと内心で思っているのが実は拙の本音でございます。
さはさりながら、私的応援団としては取りこぼしが悔しくて悔しくて・・。

 例の2千万円不足問題の影響が大きいのではないかと危惧していました。
金融庁は、イソップ寓話のキリギリスにならないよう国民の皆さんも
若いうちから資産形成に努めましょうと提言をしたに過ぎないのですが、
親切が仇になってしまったのが残念ですね。

 安倍政権には何の落ち度もないし、冷静に考えれば当たり前のことながら、
選挙前という報告のタイミングがあまりにも悪すぎました。
消えた年金問題を想起させ、批判票が相当野党に流れたのも事実でしょう。

 しかし、国民の多くは野党は安倍批判のために年金問題を政局に利用して
いるだけで、問題解決に何の策も持ち合わせていないことを見抜いていたようです。
取りこぼしも多かったけれど、なんとか踏みとどまったというところでしょうか?
 
 良薬は口に苦し。
消費増税や憲法改正など左翼から攻撃の標的となる政策を、あえて正面から
国民に示し信を問う安倍首相は本当の政治家だと思います。



[ 2019/07/24 08:56 ] [ 編集 ]
憲法改正よりも・・・
 安倍総理悲願の憲法改正。

発議をしてさらに国民投票で過半数というかなり高いハードルですが、何とか頑張ってほしいとは思います。

しかし、私は憲法改正よりもまずやらなければいけない事があるのでは、と考えてます。

それはメディア改革です。

今回の参議院選挙で何としても与党を過半数割れにしたい朝日などの反日メディアは、第一次安倍政権時同様、再び年金問題を持ち出して騒ぎました。

一度成功してますからね!

ですが、過半数割れになるほどの影響はなく、結果与党で過半数維持。

参議院選挙ではそれほど悪影響はないにせよ、来るべき憲法改正には必ず悪影響を及ぼすでしょう。

ですので、憲法改正よりもまずメディア改革をやるべきなんです。

具体的には、和田政宗氏指摘の電波オークション導入。加えて最低限の外資規制はしつつも、新規参入をしやすくし、競争させる。これをやれば日本のため、そして日本人のためのメディアも誕生するでしょう!

安倍総理、憲法改正よりもまずメディア改革です。
[ 2019/07/24 10:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ