FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  これが投票日の社説か! ~ 朝日新聞の偏向した投票先誘導

これが投票日の社説か! ~ 朝日新聞の偏向した投票先誘導

← 応援クリック、ありがとうございます。

 第25回参議院議員選挙が、今日、投票日を迎えた。安倍総理の選挙戦最終日の締めくくり演説の地は、秋葉原と相場が決まっている。安倍総理は昨日も、麻生副総理とともに、秋葉原に立った。1万人規模の聴衆が応援にかけつけたが、一方、パヨクの連中も秋葉原に集結。お馴染みの「安倍やめろー!」コールを繰り出し、自民党支持者との睨み合いと怒号の飛ばし合いの状況が生まれたが、大問題に発展することはなかったようだ。

 さて、選挙演説が昨日夜で終了した投票日の今日、既に投票先や投票する候補者を決めている人以外が、メディアやネットの情報を判断基準とするケースも多いだろう。どのメディアも「投票に行こう」と、政治への参画という極めて当たり前の呼びかけを行っている。そこまではいい。問題は内容だ。今朝、朝日新聞の社説を読み、これが投票日の社説かと憤慨している。

参院選 きょう投票 棄権するのですか (朝日新聞)

 棄権が増えれば、強固な組織票を持つ政党や候補者が有利になり、そうした組織の意向が政治に反映されやすくなります。

 無党派層を含むより多くの人々が投票するか、しないかで選挙結果は大きく変わります。

 09年の衆院選では、投票率が69%に達し、民主党政権の誕生につながりました。

 安倍首相が政権を奪回した12年の衆院選の投票率は59%で、戦後最低を更新。自民党は09年より比例票を200万票も減らしながら勝利しました。(抜粋)


 新聞は社会の公器と言われる。その「公器」ということばを掲げる以上、新聞の報道内容には公平性が求められるのは当然だ。「公」ということばには、「ものの見方・扱い方などが偏っていないこと」という意味がある。しかし、この朝日の社説は、まるごと、反自民への票の誘導なのだ。

20190720-00010008-bfj-002-8-view.jpg


 この社説は、2009年の衆院選における民主党への政権交代を理想形としている。あたかも、投票率が低かった2012年の選挙が正当性を欠くような書きっぷりである。また、組織票を持つ政党は支持組織の意向を反映する政治を行うとしているが、組織票を持ち出すなら、労組の支援を受ける野党勢力も同じだ。

 棄権は「沈黙」です。

 現状が認められた。白紙委任された――。政治家は勝手にそう解釈するかもしれません。

 その結果、意に沿わない政策を後から押しつけられてしまう可能性があります。

 自治体の首長や議員なら解職を請求できますが、国会議員にはできません。国会での多数派には、ブレーキがなかなか利きにくいのです。(抜粋)


 これも、現政権与党に対するディスりでしかない。朝日は「現状の肯定ではいけない。ブレーキがきかない政治にストップをかけよう」と言っているのだ。明らかに、野党に票を流す意図が感じられる文章だ。

 朝日新聞には相変わらず、「世論を作っているのは俺たちだ」という驕りがあるようだ。しかし、ネットが普及したいま、朝日を含む新聞は、情報の一部でしかない。新聞に求められるのは、「判断基準となる客観的事実の提供」であって、イデオロギーの押し付けや刷り込みではないのだ。

 朝日の逆を行けば、だいたい正解に行き着くという、社会的に共有されつつある法則がある。とすれば、今回の選挙も安倍自民党一択という選択肢しかない。有権者は、朝日の誘導に騙されてはいけない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/07/21 08:45 ] メディア | TB(0) | CM(7)
> 朝日新聞には相変わらず、「世論を作っているのは俺たちだ」という驕りがあるようだ。しかし、ネットが普及したいま、朝日を含む新聞は、情報の一部でしかない

これは正にそのとおりですね。新聞やテレビといった旧態メディアは自分たちが「権力の監視者」という思いでやってるけどその考え自体が既に世間からズレている事に気づいてないのか、或いは気付いてるけどそれを認めたら自分たちの立場や地位が脅かされると思ってるならそんなメディアの存在価値は「無」といってもいいでしょう。

勿論ネットの論が絶対的に正しいというわけではないが1つの事象に対して多面的に見られるというのが最大の利点であるのでこうした旧態のメディアの一方的な意見だけでは最早通用しなくなってきてるのは間違いないですね。
[ 2019/07/21 10:06 ] [ 編集 ]
永遠のゼロへ
垢日(正式名称:朝鮮日々貧聞日本語版)はじきに不動産業が本業になって貧聞業は廃業するでしょうから、購読者は限り無くゼロに近付いて逝きます。日本国民はそれを眺めてれば良いのではないでしょうかね。まあ、主様がそんなに目イルカを立てる程の事でもありますまい。
[ 2019/07/21 10:27 ] [ 編集 ]
ウルトラ偏向マンの歌
胸に付けてる マークは五芒星
得意のFAKEで ミスリード
真っ赤な国から 使命を受けて
来たぞやつらは 偏向マン
[ 2019/07/21 10:48 ] [ 編集 ]
今日は参院選の投票日です。

皆さん、選挙に行きましょう。
選挙は、とても大事だと思います。

もし日本の政治が失敗し日本の社会に貧困と暴力が蔓延していたら、貴方個人がどんなに努力しても、貴方には厳しい人生が待っているでしょう。

もし貴方がチベットやウイグルに生まれていたら、貴方がどんなに努力しても、貴方は幸福に成れないでしょう。

貴方は、もし自分が貧困と犯罪だらけのアフリカや中南米やフィリピンに生まれていたら、と考えた事は有りますか?

日本の未来が、そういう国の様にならないという保証はどこにも有りません。日本の未来を決めるのは、貴方です。

選挙に行って下さい。宜しくお願い致します。
[ 2019/07/21 11:19 ] [ 編集 ]
今日も嘘つくチョウニチ新聞
完全普選の最低投票率は(wikiに依れば)衆院では2014年の52.66%。
                   参院では1995年の44.52%
だそうです。
故に2012年暮れの安倍氏の政権奪還が成った選挙は「戦後最低」ではありませぬ。=またもや朝日(チョウニチ)新聞の嘘。

期日前投票では多くのメディアは「すごい投票率になりそう」でしたが、今朝午前には「9.7%の低投票率」。
締め切って確かな統計が出てから言えば良さそうなものだと思いますが、メディアは騒ぐのが御仕事なのか?

今回も安倍・麻生両氏の揃い踏みですかあ、秋葉原行きたかったなw。
選挙にも常と変らずに深く静かに眠っている様な地域に居りますと、都市部の選挙風景は別天地の様です。

赤色チンピラ勢には、あの魔の2009年夏の選挙は死んでも忘れずに縋りつきたいよき想い出でしょうけれど、当たり前の普通に暮らす日本国民なら「誰だ!民主党なんぞに投票したのは!!!」と、無かったことにしたい程の悪夢そのもの。
当に、朝日の逆が現実社会の正論です。

そういえば、文在寅さんを「韓国の鳩山由紀夫」と誰かが言ったのが「侮辱である」とアチラの方々は御怒りだとかw。
いじましいほどに擦り寄って、「立派な日本人」とかる~く担ぎ上げられていたつもりが、実は案外アノ南鮮人にも、日本の鳩山由紀夫なるごジンは○カと見做されていたのですね、09年の真夏の悪夢の主人公でした。

本日も、チョウニチ新聞への激しく熱い愛の鞭で無駄を承知の更生を促す管理人様w。ご苦労様でございまする。投票致してまいりました。
[ 2019/07/21 16:11 ] [ 編集 ]
地道に草の根運動を続け、政治の世界からもメディアの世界からも、「外国からの影響をモロに受けた、反日勢力」を駆逐していきましょう。今回の選挙も途半ばでの一コマです。これからもよろしくお願いします。
[ 2019/07/22 02:10 ] [ 編集 ]
投票率が示すアカヒの影響力急落
参院選の投票率は戦後2番目の低さだったとか。
これが示すのはフェイクニュース専門紙(立民党機関紙)アカヒの影響力が
戦後最低になったという証です。
社説で現政権をディスりながら投票を呼び掛けても
半数以上の有権者は見向きもしなかったwww
もはやアカヒは不動産屋の瓦版にすぎないのですwwwwwwwwwww
[ 2019/07/23 10:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ