FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  また動いたゴールポスト ~ そろそろ南鮮を終わらせるときではないか

また動いたゴールポスト ~ そろそろ南鮮を終わらせるときではないか

← 応援クリック、ありがとうございます。

 習近平が北朝鮮を訪問している。中共の国家主席の北朝鮮訪問は、2005年の胡錦涛以来14年ぶりとのことだけでもニュースになる動向だ。金正恩が対米関係における中共の仲裁を希望し、また、アドバイスを乞いに足しげく通っていたが、今回の訪朝はキンペーが金正恩にこたえた形だ。大阪G20で、米中冷戦と言われる状況下の米中首脳会談を控え、「北を説得できる唯一の国」という立場を誇示する狙いもあるのだろう。

 米朝の仲介役というのは、もとはと言えば南朝鮮が買って出た役割だ。金正恩のメッセンジャーに成り下がった文在寅は、圧力という日米韓の基本原則を逸脱し、北への経済援助を掲げ、金正恩にすり寄った。これは仲介でも何でもなく、ただの朝貢だ。そんな姿勢を見せながら、文在寅は自身のプレゼンスを示すことができる仲介役という立ち位置を自任してきた。そこに、中共が登場し、文在寅は役割を失いつつある。キンペーがその役割を担うことになれば、文はただの脇役となる。

 さて、その南鮮だが、日本との関係回復など頭の片隅にもないようだ。日本政府が青瓦台に対して仲裁委員会の設置を、委員の選任を求めていた件が18日にリミットを迎えたが、青瓦台は「慎重に検討している」とのコメントに留め、結局彼らは期限を無視した。そして彼らはまたしてもゴールポストを動かした。青瓦台は「日韓両国の企業の拠出金を通じた慰謝料支払い」という対案を提示したのだ。彼らには記憶力がないらしい。日本側は既に、いわゆる慰安婦の支援財団で、南鮮に合意を破棄され、潰された経験をしている。日本側はこの提案を瞬殺した。提案拒否に要した時間はわずか一時間だった。

徴用工


 この提案は、恐らく、検討を重ねたことを客観的に認めさせたい南鮮がつくったエクスキューズだろう。この提案を日本側が受けるわけがないことは、日本側に接触している南鮮外交筋なら皮膚感覚でわかるはずだ。「不可逆的な解決」を反故にされた日本に、南鮮政府に対する信頼などすでにない。中には、岩屋防衛相や日韓議連の連中のようなおめでたい政治家がいるにはいるが、彼らとて民意には逆らえない。南鮮に対して毅然とした態度を求める日本国民は、さらに増えるだろう。

 日韓請求権協定の中身を知る日本国民は、まだ少ないと思う。請求権はすべて消滅したということを知っていたとしても、日本側が個人補償を申し出たにもかかわらず、南鮮政府がそれを拒否し、南鮮政府が保障するとした事実は、一般的にはまだ普及していない。南鮮がゴールポストを動かし、被害者だの痛切な苦痛などという、カビの生えた表現を持ち出せば持ち出すほど、その事実は日本国民側に普及する。どっちに転んでも、南鮮側に勝てる見込みはない。

 安倍総理は、いわゆる慰安婦合意を締結した際、「約束破ったら韓国は終わる」と語ったといわれる。であれば、そろそろ南鮮を終わらせる実効的なアクションを取るべきではないか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/06/21 07:07 ] 外交 | TB(0) | CM(3)
集金さんの賭け
北にとって文在寅サンは既に「仲介者」ではないのでは? 擦り寄って来る分だけ獲れるものを獲って後はお払い箱ではないかしら。文サンには悪いけど、何処の国にとっても政治家として現実的に使い物にならない人物でしょうから。

集金サンはG20で香港に触れられるのを避けたいでしょうし、訪朝しても非核化に実のある言及ができなければ逆効果かも知れませんね。
産経に依れば中共トップの訪朝は「鬼門」で、その後の落ち目につながった過去が何例かあるそうですから、集金サンも結構な賭けだと思います。
G20の米中会談は貿易問題だけではないでしょうしね。

日本の対南は、現状毅然と放置している状態で良いと思います。
日本側から持ちかけたのは国際常識の手段手順通りでしょうから、道筋は当然南鮮も(バカじゃなければ)理解している筈で、応えなければ次に進むだけでしょうもの。
「隣国だ」「兄だ、弟だ」と勝手なご託がしつこいから相手にしていただけで、無くても、と言うより無い方が日本にとって随分良いと判明した今は、条約も守れないクニを相手にする義理はありません。手順を踏む丁寧さを有難く思って欲しいぐらいです。
[ 2019/06/21 16:16 ] [ 編集 ]
東京新聞の”先見の明”
昨年10月の徴用工訴訟の判決の翌日に各紙が社説で徴用工問題を取り上げましたが、東京新聞の社説はトンデモでした。

「原則論をぶつけ合うだけでなく、原告と被告企業をつなぐ接点はないか、政府レベルでも探る必要があるだろう。例えば基金をつくって賠償をする方式も、専門家の間で議論されているという。摩擦を拡大させず、冷静に和解策を探ってほしい。」

政府は原則を曲げて賠償せよ、基金でもつくったらどうかという社説でした。それが8カ月後に韓国政府からの提案として具体化しました。南鮮を終わらせるのと同時に、この新聞も終わらせるべきです。10月からの消費税増税に向けて税率別に打てるレジへの改修費用を1台あたり最大20万円補助するという政府広報がさかんになってきていますが、宅配の新聞がなぜ軽減税率の対象なのかいまだに納得がいきません。
[ 2019/06/21 18:16 ] [ 編集 ]
勝手に話題を外れるのですが、

漫画「空母いぶき」を昨夜から読んでいます。非常にリアルに感じて胃痛か腸捻転になっても不思議じゃないwぐらいの体調悪し。
ものすごく考えさせられ、教えられる内容でした。

映画には映画の撮り方というものはあるのでしょうが、一人一人登場人物の設定は大変重要なモチーフだと思いましたので、そこを変えるならこの原作ではないものを作るべきじゃないのかな、と映画は観ませんが、思いました。
ですが、垂水総理に安倍総理を重ねた役者は、安倍総理の中にあのように果敢な垂水総理の像を視ている、ということでしょうから、安倍さん、がんばろう!

12冊。いつまで続く戦闘だ?と12巻目の終わりをちょっと覗いても、未だ戦闘続行中で・・・フ~~~。
13巻目はこの年末が発売予定。終わりはあるのかしら・・・

野菜や生き物の心を鎮め成長を促す為にモーツアルトの曲を掛ける、というお話を思い出し、ダメ元でBGMに起用です。
今更ですが、自衛隊、偉い!
[ 2019/06/22 00:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ