FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  陳さんが認めたがらない、内閣・自民党高支持率という「まともな世の中」

陳さんが認めたがらない、内閣・自民党高支持率という「まともな世の中」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 本日、昨年6月以来ほぼ1年ぶりに、党首討論が行われる。金融庁の年金レポートをネタに、野党は政権批判を高めており、今ごろアドレナリンを噴出させているのだろう。だが、民主党政権が終わり、彼らが野党になってからの党首討論には、見る価値がほとんどない。それは、彼ら野党に、党首討論が政策をぶつけ合う勝負の場という感覚が全くなく、もっぱら政局として利用しようという底意だけが透けて見えるからだ。

 今国会の会期は26日までとなっており、党首討論は終盤国会の見せ場となるはずなのだが、彼ら野党の頭には駆け引きしかない。立民枝野は、陳哲郎幹事長と協議し、下記3点を確認したそうだ。
  1. 内閣不信任案は提出しない
  2. 首相への問責決議案の提出
  3. 麻生太郎金融担当相への不信任案と問責決議案の提出

 枝野は、「解散がなさそうだから(内閣)不信任案を出すと思われるのはしゃくだ」と述べ、不信任案には消極的だ。これに対し、共産党の小池は「『しゃく』かどうかで判断する問題ではない。何が一番安倍政権打倒に効果的なのかという基準で考えたい」とコメントし、社民党幹部は「解散があろうとなかろうと、不信任案は出すべきだ。捨て身で闘う姿勢がみえない」と批判を強めた。昭和の学生運動じゃあるまいし、打倒だとか闘う姿勢だとか、この連中は職業の選択を誤ったとしか思えない。いくら安倍政権を倒したい、政権と戦いたいと言ったところで、打倒が目的で、打倒した後に何があるのかということを見せない限り、この連中にはごく少数の支持者以外、誰も期待しない。

 その立民党、山口二郎らが主宰する市民連合の街宣「市民と野党が訴える」に参加し、新宿で演説したそうだ。その内容たるや、ほとんど中身がない。

市民連合「市民と野党が訴える」新宿西口街頭演説会で福山幹事長が訴え (立憲民主党

 福山幹事長は演説のなかで金融庁の審議会報告書問題に触れ、「年金が足りない、だから2000万円貯蓄しろという内容にも驚くが、報告書そのものを受け取らないというのは、自分たちにとって都合の悪いものは受け付けないという、安倍政権のこれまでの姿勢をよく表している」と厳しく指摘しました。そして、自分たちに不都合なものは見ないようにする、国民に見せないようにするという政権運営をしてきたのがこの数年だとして、「こういう時は、なめるなと怒らなければいけないと思う」などと訴えました。更に、安倍政権を守るためにだけ忖度をするような公務員のあり方も変えていかなければならないとし、イージス・アショア問題での防衛省の対応も国民を馬鹿にしていると指摘。世がまともなら、防衛大臣も財務大臣もすぐに辞めなければならないが、「この政権は誰も責任を取らない、全て安倍政権の姿勢そのものだ」と批判を加えました。(抜粋)

陳さん


 安倍政権の全面否定である。だが、この政権はいまだ高支持率を維持しており、自民党の政党支持率も高止まりする状況だ。翻って野党の支持率は軒並み低調で、時事通信の調査では、立民党は4月から1ポイント下げて、たったの3.3%。この党は、昨年同時期、低調ながらも5.2%の支持を得ていたのだが、1年で2ポイント近くも下げている。陳さんが「まともさ」を持ち出すなら、この支持率こそが「まとも」なのである。

 野党がいま攻めている年金問題にしても、老後に年金だけで生活できる環境を、立民の代表代行である長妻が否定している。要するに、年金だけで生活できないという状況が悪ではなく、それに対する安倍政権、麻生財務相の態度を批判しているのだ。しかし、旧民主党の連中のこの態度こそが姑息だ。ミスター年金をはじめ、3年3ヵ月で何もできなかった自分らを棚に上げ、年金プラスアルファの生活財源の必要性は認めつつ、態度を批判する。まず自分たちの無能さを認めるべきではないか。

 戦うのであれば、不信任案や問責決議案ではなく、党としての年金制度の改革案を提示してみろと言いたい。今日の党首討論で、安倍総理がいきなり消費税凍結を言ってくれないかと期待しているが、望み薄だろう。そういう意味でも、今日の党首討論にはほとんど見せ場、聴きどころがないかもしれない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/06/19 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(6)
まあ、確かに過去に年金問題を解決出来なかった者が批判するのは棚に上げて見っともないのは確かですからね。

ただ、だからといって今の政府に何の責任も無いかといえばそれも又問題なわけで。
民主党政権時代に年金等の経済的問題を解決できなかったのは事実だけど現政権においてもそういった問題、特にアベノミクスは「大規模な金融緩和」こそ実施できたが残り2つは出来てないのが事実ではないでしょうか。

支持率をみれば今の野党に国民が何の期待してない事は間違いないですが
だからといって今の政府が何の責任も無い論調(勿論そうは言ってないと思いますが)で書くだけでなく口幅ったいかもしれませんが
今こそ政府の問題点や責任の有無等も記す事が本当の「憂国」を掲げる者ではないでしょうか。
[ 2019/06/19 09:41 ] [ 編集 ]
福ちゃんはね、陳さんて言うんだホントはね
だけど都合が悪いから
自分のこと福ちゃんって言うんだよ
おかしいな、福ちゃん

福ちゃんはね アベさんが大嫌いホントだよ
だけど勝てないから
悪口ばっかり言うんだよ
情けないな 福ちゃん

福ちゃんはね 遠くへ行っちゃえばいいのにね
だけど粘着するから
嫌いな日本を離れないの
うざったいな 福ちゃん
[ 2019/06/19 09:50 ] [ 編集 ]
重箱の隅をつつけ?
>交野書いてかたのと読む
つまり、おぬしはクズ野党のように重箱の隅をつついて
政府批判しろと言いたいの?
おぬしの言う政府の問題点や責任の有無等とは具体的に何なの?
[ 2019/06/19 09:53 ] [ 編集 ]
ここは陳の果て アルジェリア
福ちゃんは陳さんはなかなかの歌です。

https://jack4afric.exblog.jp/23432834/
そういえば陳ビルというのもあるそうで。
https://www.homes.co.jp/archive/b-11581819/

差し詰め、外人部隊の政治家というのはその帰属意識にやっぱり難があるようで、悉く「反日」というメジャーで計るとぴったりです。

日本国民が見てどうもおかしな発言をする議員が居ると思った場合、その素性も選挙資金同様注意した方が良いと思います。
立ち居地が日本かどうか?で見てください。

https://www.sankei.com/politics/news/190619/plt1906190006-n1.html

それにしても安倍内閣の韓国対応、グダグダしていないでさっさと獄門で遠島でも申し渡してやれとイライラ。
[ 2019/06/19 12:56 ] [ 編集 ]
目的が
安倍政権打倒だけですか・・・だから野党は残念くんなんだ!また反日政権を造らない・造らせない国民でありたい!
[ 2019/06/19 13:53 ] [ 編集 ]
年金で老後すべてを賄えると思って居る人は余りいないんじゃなかしら?
しっかり老後計画を立てて蓄財知識を持っている人もそう多くはないと、我が身の甘さを基準にして思うのですが、「二千万」には65歳退職して90まで生きるとしての「平均値」だそうで、それ自体が無理な「資料」だと思います。

出したのは金融庁の審議会ですから、本来の主旨は少額金融商品購買推進で非課税を恒久的に、というモノだったそうですが、野党とメディアが「二千万」に飛びついた騒動でしょう。
主旨が同じ内容になるとしても、文章が丁寧で誤解を生じない報告書に替われば大臣は受納されるだろうと思います。

第一次安倍内閣の失脚の因になった「消えた年金」再び、と「安倍内閣打倒」目的の魂胆が丸見えで、有権者を舐めているのは野党でしょう。
思えばあれも、安倍内閣の所為ではなく、長年の社保庁の怠慢と横柄が招いたもので、かなり前から週刊誌には取り上げられていた不正でした。ソコ、ドコゾの党をお抱えの労働組合でしたよね。



[ 2019/06/19 14:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ