FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  玉城デニーの言動は限りなく外患誘致に近い

玉城デニーの言動は限りなく外患誘致に近い

← 応援クリック、ありがとうございます。

 大阪で開かれるG20を控え、各国首脳の動きやさや当てが注目される段階に入った。5日のエントリーでも触れた通り、米国は発表した「2019年インド太平洋戦略報告」の中で、中国共産党こそ真の敵であるとの方針を打ち出している。重要なのは、彼らが定義する敵が中華人民共和国ではなく、中国共産党であるということだ。端的に言えば、体制を否定しているのだ。体制を否定している以上、米中の冷戦は単なる経済戦争ではないということは、考えなくてもわかることだ。

 ロシアも、日露の会談を前にして、日本側に対してハードルを上げるような発言が目立つようになってきている。中でも、このプーチンの発言は唐突であり、かつ異様だ。

ロシア大統領、辺野古移設問題で懸念表明(共同)

 【サンクトペテルブルク共同】ロシアのプーチン大統領は、沖縄県の米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設問題を念頭に「地元住民や知事が反対しているのに建設が進んでいる」と指摘。日本の他の地域でも米軍施設が建設され、ロシアの安全保障に影響する恐れがあるとの懸念を示した。


 在沖縄米軍と睨みあうのは中共であり、北朝鮮であり、ロシアへの直接的な影響はその2国と比較すれば小さい。プーチンは沖縄の基地建設を「日本の他の地域でも」と解釈を広げて懸念を示しているが、この発言を仕込んだのは誰かという疑問がわく。おりしも、沖縄の玉城デニー知事が、6日から訪露中だ。プーチンとの直接の会話を持つ予定はないが、この発言のネタを玉城が提供していたとすれば、万死に値する行為だ。プーチンは訪露中のキンペーとパンダ外交の最中で、この発言はキンペーへのリップサービスとも解釈できる。しかし、平素の玉城の姿勢がこの発言をアシストしている可能性は否定できず、玉城の基地問題に対する姿勢が、日本外交の足を引っ張っていることには変わりない。

玉城デニー
絵面だけでも外患誘致(失笑)


 その玉城だが、石垣市の仲間均市議が乗船していた船が尖閣周辺で中共の公船に追い回された件について、「中国公船が(尖閣諸島の)周辺海域をパトロールしていることもあるので、故意に刺激するようなことは控えなければならない」と述べたことで、大バッシングを受けている。俄かには信じ難い発言だが、その内容からして批判は当然である。昨日は文在寅の代弁者としての朝日新聞を批判したが、玉城の発言は、もっと分かり易い中共の代弁だ。

 沖縄県知事は地元の漁民を敵に回した。八重山日報は、地元漁民の「漁業者が領海内で漁をすることの何が悪いのか」と切り返され、更に「中国公船が日本の領海である尖閣周辺でパトロールすること自体がおかしい」という声も伝えている。どちらのことばも正論であり、玉城デニーは反論すら不可能だろう。

 元海上自衛官で南西諸島安全保障研究所所長である奥茂治氏が、玉城の発言を受け、「発言撤回要求書」を提出。その結びには、このような文章で締めくくられている。

 尖閣諸島は日本の領土であり沖縄県の行政区域である尖閣諸島周辺海域で漁労する県民に対し、領海侵犯をしている中国公船がパトロールしているから『故意に刺激するな』という発言には、憤りを感じる。
 この発言は県民の命と安全を守る県知事の発言とは思えない。尖閣諸島を中国領と認めるような玉城県知事の発言を糾弾するとともに、発言の撤回を求めるものである。


 「尖閣諸島を中国領と認めるような発言」という定義が、最も的確な説明になる。玉城の発言は、外患誘致と言っても過言ではない。

 無能ならまだマシだが、玉城の場合、能力の問題以前に「有害」なのだ。民主党政権の例をあげるまでもなく、一時でも有害な政治家に為政を預けると、内憂もさることながら、外患を招くのだ。こんな有害な知事を選んだ沖縄県民の方々は、自分たちの選択が国の安全保障や領土保全を危うくしている現状を、いまいちど確認すべきではないか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/06/08 07:22 ] 政治 | TB(0) | CM(6)
有権者はどう感じてるか
ご指摘の様な記事を見て、当事者(政治家)に腹が立つのは当然として、私はそれと同じ位その政治家を当選させた有権者にも腹が立つ!

有権者は、デニーの中共よりのこれらの発言をどう感じているのか。
危険に晒されている同郷の漁業者に対し、しょく罪の念はないのか。

今後、中共の報道官や中国のメディアに、沖縄県知事の発言として使われ、中共に有利に働いて行く事に対し、沖縄の有権者はどう感じているのか、または何も感じていないのか是非とも聞いてみたい。
[ 2019/06/08 09:57 ] [ 編集 ]
縮図
>この発言は県民の命と安全を守る県知事の発言とは思えない。

この知事は県民の命と安全を守ることを役割と認識していないのだから、その意味において無理からぬこと。

沖縄県民はそんな人物を知事に選んでしまったということ。

ただ、治安維持行政は県の役割であるが、外交・防衛は県の役割ではないことも事実。日本は連邦国家ではなく、中央集権国家なのだから。

県知事が反対していても防衛基地の計画施工が進むのは、理屈にあわないことでは全くない。
むしろ正常に民主主義が機能しているからこそこういう事態も起こる。
きちんと裁判も開かれ、判決も出ている。

日本国民が民主主義を正しく理解しておれば、プーチンの発言にいちいちうろたえる必要などない。

プーチンのこんなセリフを用いていちいち国民を翻弄しようとするジャーナリストが居たとすれば、そいつは民主主義を理解していないことを自らが宣言しているようなもの。

では、こういう発言によって「異常事態だ」とついつい思ってしまうのは何故か。
私には「みんなの足並みが揃わなければ、前に進めない、足並みは揃っておかねばならないもの」と思い込む、固定観念に支配された考え方、平たく言えば「石頭」だと思えます。
あの戦争を真摯に反省するなら、日本国民は、そういう「感情で理屈を忘れる」気質から卒業しなければならない。
プーチンは日本人民衆のそういう側面を十分理解した上で、それを利用するためにそういう発言をしている。

何が正常で何が異常かをちゃんと弁え、冷静に判断する。そういう国民にならないと、この国は危ういと思います。
前の戦争の最大の反省点は、国民が未熟だった、無知だったことだと思います。

リーダーの力は大事だが、リーダーの力だけで国民が守られるものではない。
それを期待するなら、民主主義体制は、むしろ最も不向きな体制とさえ言える。
民主主義には、アルジである国民の考える力が必要不可欠。
国民にその力が足りず、阿呆なリーダーを選んでしまえば、クルクルパーでも首相にもなる。しかし、その咎は国民が負わねばならない。

県政の役割でない防衛を争点に、防衛の議論の場である国政を投げ出して出馬するような輩をリーダーに選んでしまった沖縄のたどる道は、当然険しい。

選ばれた方も、自らの役割ではできない防衛問題を争点に勝ってしまったのだから、公約を命を懸けて果たそうとすれば、やれる力を持つ者を利用するしかない。

その行動が内に向けば、外務省、総務省、防衛省への陳情籠絡であるし、外へ向けば外患誘致になる。

外患を企む諸国にとって、これほど使いやすい捨てゴマはない。

こう考えると、玉城もあわれにすら見える。

だが、同情には価しない。
死にたいなら勝手に一人で死ねばよい。

善良なる国民を巻き込むな。
[ 2019/06/08 10:00 ] [ 編集 ]
例えば君がいるだけで 日本が危なくなること
何より大切なものを 売り飛ばしてくれたね

ありがちな思想に つい引き込まれ
思いが至らぬ 浅はかな男よ
自分の誤りに 気づかないまま
強がりの汽車を 走らすばかり

赤く染まった時のまま
いつまでも変わらずにいるんだね
Wow wow Red Heart

例えば君がいるだけで 日本が危なくなること
何より大切なものを 売り飛ばすんじゃねぇよ
[ 2019/06/08 18:48 ] [ 編集 ]
自国の首長には意味なく歯向かい、他国の首長にはこれでもかと言うほど、ゴマをすりお伺いを立てる。
文在寅と全く同族で、自国民を放置して、中国に尻尾を振りまく売国奴。

こんな売国奴を選んだのは確かに沖縄県民ですが、だからといって全県民じゃない。半数近くは、日本人の誇りを持って中共に魂を売ったこんな奴らと闘っている人たちがいる。それは確か。

沖縄には主体思想の拠点があり、すでに洗脳された人物が多く在住して洗脳活動をしているようですが、かなりバレてます。
奴らを一掃するのもそんなに先の話でもない。
未来は明るい。そう思ってます。
[ 2019/06/08 21:44 ] [ 編集 ]
玉城デニー氏が知事に転身する時、なかなか決断されなかった処をお写真の隣人・中共野戦司令官熱望者の説得があっての立候補だったと思います。
知事に就任して後、している事は皆自己責任ですが、国内売国勢力が相当背を押している記念の「証拠写真」、良く撮れていますw
小沢、志位、小池三者と違い、デニー氏はご自分の生まれ故郷に隣の軍事大国を呼び込む言動をしている自覚はあるのでしょうかね?

プーチン大統領が日露平和条約締結にかなり前向きになっている安倍総理の頭を多少冷やしてくれそうな発言が多くなったことは、言うのも変ではありますが、有難いことだと私は思います。
総理の官邸日記ではは二島返還優先説の鈴木M氏の面会もしばしば見受けられますが、申し上げるまでも無い事ながら、広く情報を集めて分析し進むことだけを優先されませんように、と願いたいです。

日本が北朝鮮のミサイルに防衛対処する事をロシアの脅威だとする露国要人が居ますが、ロシアが日本攻撃を考えなければその対ミサイル施設はロシアには無関係な筈。
我が国唯一の同盟国は米国です。日本国内のその米軍基地を敵対視するロシアの姿がはっきりしてきた様に思います。
中露朝、極東アジアの冷戦再来でしょうか。

[ 2019/06/09 01:02 ] [ 編集 ]
ロシアはウクライナで何をしているんでしょうか?

たしかに、日本の基地がどう移動するかで、ロシアの安全保障が影響を受けることもある。

でも、それが何?
ロシアの行動の方が、はるかに諸外国の安全保障を脅かしている。
[ 2019/06/09 02:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ