FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  升席での相撲観戦、観光旅行のツアーガイド ~ 立民党に外交は不可能だ

升席での相撲観戦、観光旅行のツアーガイド ~ 立民党に外交は不可能だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 米トランプ大統領が、令和初の国賓として来日した。今日26日は千葉県茂原市でのゴルフと、大相撲千秋楽を観戦し、その後六本木の炉端焼き店で非公式夕食会。明日は天皇陛下との接見の後、迎賓館で首脳会談を開催し、その後は拉致被害者家族との面会が行われる。最終日の28日は、日米両首脳が護衛艦「かが」に乗船というスケジュールだ。

トランプ来日


 朝日新聞が社説で「ゴルフや大相撲観戦をともにし、親密な日米関係をアピールするだけでは困る」と書くのは既定路線と言えるだろう。事の展開がどうであろうと、朝日の安倍嫌い、トランプ嫌いは社是のようなもので、驚くに当たらない。批判が目的化しているのは、国内の倒閣野党も同じだ。国民は、いわば税金を払って倒閣野党に政権批判をさせているようなもので、これぞ税金の無駄づかいの際たる例である。

 政党支持率僅か3.7%(時事通信、5月度)の野党第一党、立憲民主党の代表、枝野は、総理とトランプ氏の大相撲観戦に関し、土俵に近い升席にいすを設置するとされる対応を批判した。天皇陛下が2階の貴賓席から観戦されていることとの対比から「日本政府が(升席の)提案をしたのなら、陛下に失礼ではないか」と述べたというのである。言っている意味がまったく理解できないのだが、天皇陛下が2階から観戦されているのに、トランプ氏が土俵により近い升席で観戦することを批判したいのだとしたら、この批判は表面的すぎる。貴賓席の意味すら理解できないなら、口を開かないほうがいい。

 同じく立民党の辻元清美は、政府の厚遇ぶりに対し、「トランプ大統領は観光旅行で日本に来られるんですか?安倍首相はそのツアーガイドですか?」と批判した。ないとは思うが、あり得ないたとえ話をしても不毛かもしれないが、仮に立憲民主党が政権を獲ったとしたら、この政党に国賓をもてなすことは不可能だと分かる発言だ。外交センスのなさも致命的である。

 外交と言うのは、直接の相手との協議はもちろんのこと、その相手との対話やコミュニケーションを公開することによって、見ている周辺国への影響を及ぼそうというものでもある。日米の緊密ぶりを、周辺国はどう受け取るのかも想定し、企図し、実践するのが外交だ。米国と貿易戦争真っただ中の中共が日米をどう見るのか。制裁を喰らっているロシアや北朝鮮はどうか。トランプ氏とのコミュニケーションに苦慮する欧州首脳らはどう見るのか。加えて、2分間しか会談してもらえなかった南朝鮮は、この3泊4日の親密な関係をどう見るか。中共の軍事的脅威を肌で感じるアジア諸国はどうか。

 例えば、オバマ前大統領は国賓として来日した際、2泊3日の滞在で、夫人すら同行しなかった。対応も事務的で、緊密とは程遠い雰囲気だった。そのオバマと対比するだけでも、このトランプの国賓としての来日は意味があるのだ。升席での相撲観戦や、観光旅行での来日とツアーガイドと罵る野党の連中は、少しは想像力を働かせたらどうなのか。所詮、無理だろうが…。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/05/26 09:02 ] 外交 | TB(0) | CM(6)
論者の立ち位置で結論は決まっている
民腫系やら狂匪やらはアッチ系の政党、もとい政盗ですから、安倍政権にイチャモン付けて国会では審議拒否して国政を停滞させるのが仕事と考えれば何の違和感も有りませんね。加えて名誉特亜人特有の妬み嫉みも絡んで見苦しくなってるんでしょう。まあ、野盗各盗のゴミ共の論評はあんまり真面目にやっても意味無いと思いますよ。

さて、トランプ政権が続く限りはメリケンの対外方針にブレは僅少でしょうから、米支最終戦争は継続されることとなりましょう。野盗各盗以外で反トランプ勢力と言えば同じく特亜側勢力のカスゴミ連合。必死にトランプ下げしてるじゃあありませんか。これ程、敵味方の判別が容易な時代も国史上無いやも知れません。我々は米支最終戦争に参戦し、支狂政権の瓦解を目の当たりにすることでしょう。それ以外の選択肢は、我が大和民族には有り得ません。逆に言えば、トランプ不支持の日本国民は大和民族の敵認定で間違い無いでしょう。
[ 2019/05/26 11:26 ] [ 編集 ]
立民は取敢えず「国賓」と「貴賓席」を学べ
安倍総理とトランプ大統領が親密な日米関係をアピール出来るのは、それだけでお二人が築いてきた日米関係の安定を物語るでしょう。親密度をアピール出来ない米国と幾つかの朝日好みの某国の現実を見れば分かることです。

何年前でしたかね、中共・集金ペさんが安倍総理と握手撮影の場で顔を逸らして行儀の悪さを全世界に披露した時、その朝日はどう記述したのでしょうか?私はチョウニチ新聞を読みませんが、想像は出来ます。
それも国際関係の「親密度」を表す集金ぺの演出だったでしょう。「アピール」が「だけ」以上の効果を持つのは、プロパガンダ紙の朝日が一番承知だろうと思いますけどね。

親密度アピールの裏で、どれだけの駆け引きが行われているか?互いの国運と政権を掛けて、そして世の中の為には欠けさせられない日米の紐帯保持。そりゃあお二人ともに夫々必死だろうと推察いたします。
例年にない五月の蒸し暑い気候でお気の毒ですが、国賓ですから観光旅行などとは冗談にも言え様も無い御訪問、極力日本を楽しんで四日間を御過ごし戴きたいと存じます。

枝野も辻本も、頭の中にある「世界」は日本周辺の特亜国仕様でしょうから、普通一般の考える国際常識も弁えられない発言に自ら恥じる感覚も無いと見えます。 
嫌だわ、こんなのが国会議員でそれも小なりとは言え一政党の幹部だなんて!
[ 2019/05/26 16:19 ] [ 編集 ]
アメリカ大統領杯、素晴らしい輝きでした。
トランプ大統領、ありがとう!
日米、安倍総理とトランプ大統領の絆は、世界の平和と発展に繋がると思います。
[ 2019/05/26 18:29 ] [ 編集 ]
シンゾー様ぁん、あとひと頑張り・・・
安倍総理の外交力はハンパなく凄いなぁ・・・
トランプ様は悪ガキ上がりで親が(手を焼いたのか?)私立の陸軍幼年学校に入れ
たのだとか。 こんな御方と友諠を深められるのはシンゾー様がガッコ優等生とは
かけ離た歴史観と国家観があり、相手となる他国元首の立場を忖度しつつ話を
リードできるみたいですねぇ。

ここまでおやりになるなら来月のG20でトランプ様を靖国参拝に誘えばいいのに
なぁ、と思えます。 オバマを広島に呼んだのですから可能性も無きにしも非ず。
トランプ様が参拝されたならキンペーや文寅は狼狽えるでしょうし、なによりも
ブサヨと国賊新聞の減らず口を抑えらるでしょうから。
[ 2019/05/26 21:30 ] [ 編集 ]
立憲民主党にこそ「天皇の政治利用」の意図有
今晩は。仰る様に「ただの日本社会党の再来」に過ぎぬ立憲民主党に「全うな
外交」など不可能と心得ます。

仮に我国政府による「升席の相撲観戦」だったにせよ、それは格闘技を好む
トランプ米大統領の志向に沿っただけの話であり、枝野立民執行部の「天皇陛
下に失礼」言動は、曲解によるこじつけに過ぎません。こんなのこそ「天皇の
政治利用」と言えます。辻元衆議にしても、外交を謙虚に学ぶ姿勢がない事を
曝け出した形でしょう。

とに角立憲民主党は「媚中」+「媚朝」+「容共」=反日にしてただの旧社会
党という事だと 拙方は心得ます。恐れながら今回貴記事も拙方リンク致した
く、お届け出の次第です。
[ 2019/05/26 21:30 ] [ 編集 ]
まさか数年前までこの2人が日本でともに過ごすなんて考えられなかったですよね
完全に見せしめのような気がしますが、何を話していたのか内容も気になるところです
[ 2019/05/30 22:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ