FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  内閣にあって、ひとりアサッテの方向を向く岩屋防衛相

内閣にあって、ひとりアサッテの方向を向く岩屋防衛相

← 応援クリック、ありがとうございます。

 トランプ米大統領が現地時間の5月15日、国家緊急事態を宣言し、米国企業による非米国企業の通信機器使用を禁止する大統領令に署名した。大統領令には「外国の敵対者の管轄権または指示によって所有または支配される人が製造・提供する情報技術を米国内で無制限に使うことは、情報の脆弱性を作り出し、これを悪用する外国の敵対者の能力を増強する」とあるが、「外国の敵対者」というのはもちろん中共で、「管轄権または指示によって所有または支配される人」はファーウェイを指すのは明確だ。翌16日には、米商務省がファーウェイ(華為技術)への米国製品の輸出を事実上禁じる規制が、同日付で正式に発効したと発表している。

 規制は、ファーウェイ本社のみならず、支那国内で半導体や部品を手掛ける関連会社、日本や台湾などアジア、欧州、中東などに所在する各国・地域法人を含めるという徹底ぶりだ。これを受け、米グーグルがファーウェイに対し、スマートフォン向けソフトの提供を停止した。ファーウェイのユーザー離れは加速度的に起きるだろう。日本を含む友好国にも同調を求めると思われ、枠組みが構築されれば、先の大戦の前に米国などが主導したABCD包囲網を彷彿とさせるものになる。

 トランプ大統領に対しては賛否両論があるが、こういう荒っぽい手法は、トランプ氏以外のリーダーにはできなかっただろうと思う。半分は、貿易問題を超えた安全保障政策であり、もう半分はポピュリズムだ。劇場型ではあるが、そのポピュリズムであっても、その真ん中には国益という概念を見失ってはいない。高く上げたハードルを、いつか下ろす日は来るだろう。問題は、そのハードルが下がるまでに、中共がどれほどの妥協をするかだ。

 日本も、歩みは決して早くはないが、外交での妥協をしなくなりつつある。戦時労働者賠償問題という解決済みの案件を蒸し返した南朝鮮に対して、日本政府は日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置を青瓦台に通告した。


 この問題では、今年1月、南鮮司法が日本企業の資産差し押さえを決定した際、日本政府は青瓦台に協議を求めているが、それ以降、4か月以上に渡って青瓦台はなんのアクションもとらず、回答も無し。彼らは、他者に求めることは得意でも、他者から求められることには拒否反応を示す。彼らは、自分たちが永遠に「与えられる立場」だと思っているのだ。

 こと南鮮については、安倍政権にもっと強い態度で臨むことを求める声も少なくない。当然、私自身もその考えに近いのだが、事がこじれまくった後に、日本はできる限りのことはやったという証拠も必要なのだろう。そもそも、なぁなぁの関係だった二国間の距離を適切にとっていること自体、日本外交にとっては進歩である。その点で、官邸と外務省は同じ方向を向いている。

 ところが、全く違う方向を向いているのが、防衛相の岩屋氏である。岩屋氏は18日、大分県別府市で講演し、「いろいろ問題は起きたが、元の関係に戻したい。良好な関係をつくることが日本の安全保障のためになり、国と地域の安定につながる」と述べたそうだ。「元」とはいつの時点のことを言うのかは不明だが、歴史の何処を辿っても、日韓が友好的であった時代を探すのは難しい。

岩屋防衛相


 岩屋氏の発言には、素人目から見ても、いくつかの間違いがある。「有効な関係を作ることが日本の安全保障のためになる」というのは、一見正しく思えるが、相手国によることも忘れてはならない。南鮮は北との統一を模索している。もし、核を持った北と南が統一されれば、朝鮮半島に核を持った敵性国家が誕生する。岩屋氏には、そういう想像力がないと思われる。

 最大の間違いは、防衛関係だけでも火器管制レーダー照射、旭日旗を掲げた艦船の入港拒否など、相手に謝罪と改善を求めるべき案件があるにもかかわらず、それらの問題についての相手のアクションがある前に「元の関係に戻したい」と言葉を発することだ。南鮮側がそれらの問題を「終わったこと」として勝手に棚に上げる理由になるのだ。防衛省は、来月初めにシンガポールで開かれるシャングリラ会合で、日韓防衛相会談を実施する方向で調整しているという。やっていることがデタラメすぎる。

 岩屋氏は、安倍政権最大の人事ミスだろう。夏にダブル選になるとすれば、改造人事が行われる。その場合、真っ先に更迭してもらいたいのが防衛相だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/05/21 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(6)
緩やか過ぎて淀みそう
外務大臣は何故4か月以上も待ったのか?あまりに猶予を与え過ぎた4か月以上に感じて居ります。
政府・外務省の決定発令以前に水面下で方向性を指導して居たのだとしたら、その限りではありませんが。

岩屋防衛大臣の処分を選挙後の改造人事まで待つのも、穏やか過ぎだと感じますが、官邸の危機感は諸情報に依るものでしょうから国民感覚とは違うのでしょうね。と、思う事に致しましょうか。
この大臣は、火器管制レーダー照射事件発生の直後から、自衛隊員を護る気がどこまであるのか疑問の多い人印象が私的に時と共に強化しています。
こんな感度の悪い議員を防衛大臣に据えたままだから、何かと南鮮に甘く見られる安倍官邸、と言っちゃあ酷かしら。

ファーウエーの徹底排除は事が宇宙空間にも及ぶ通信関係ですから、徹底しなければその効果は無いのだろうと思います。やるならトコトンで良いのではないかしら。
トランプ大統領のやり方、安倍総理のやり方はそれぞれあって当然だと思いますが、とかく日本は緩い、と感じてなりません。

2F氏は修学旅行の中共小学生40名を自民党本部で笑顔で歓迎だそうで、それは安倍総理と李克強首相合意の「日中成少年交流」の一環だとか。
一環ということは未だ他にある、という事ですよね。経費は何処持ちで、共産独裁国家の国選青少年達に何を期待しているんだか?
[ 2019/05/21 13:32 ] [ 編集 ]
「青」少年の間違いを訂正致します。
[ 2019/05/21 13:36 ] [ 編集 ]
よりによってこの時期にこの防衛大臣とは・・・
以下5.21朝鮮日報ONLINEの記事より

 しかし、韓日両国で「戦後最悪」と言われる両国関係をこれ以上放置してはならないという共感が広がりつつあるのも事実だ。両国間の確執を「ほう助」していた米国が、最近になって本格的な「仲裁外交」に乗り出した状況もうかがえる。岩屋毅防衛相は18日、「米国と日本、韓国がタッグを組まなければ、国の安全を守ることができない」とした韓日軍事協力を元に戻す意向を明らかにしたのも、こうした流れと無関係ではないという見方だ。

↑ 韓国は何事も自分の都合の良いようにしか解釈しないのがお国柄。
よくまあここまで自国に都合よく記事が書けるものだと感心しますが、岩屋防衛大臣は明らかに韓国に対して誤ったメッセージを送っています。
南北朝鮮がタックを組んでいては日本の安全を守ることはできないというべきではないですか?
レーダー照射や旭日旗の拒否などに対し煮え切らない態度に終始。

韓国になめられるのも道理。
安倍さん、いくら麻生さんに頼まれたからってこの大臣はないでしょう。


[ 2019/05/21 15:21 ] [ 編集 ]
>「有効な関係を作ることが日本の安全保障のためになる」

朝鮮併合も「日本の安全保障の為」という理由で行われたけれども
実際には,日本の金を浪費し,日本に災厄を齎しただけ。そして,その災厄は,今も続いている。
以上のようなことも解からないこの「岩屋」という人物は,本当は南鮮の利益だけを考えている朝鮮民族なんだろうと思う。
[ 2019/05/21 23:07 ] [ 編集 ]
岩屋・・・岩さん?
この御仁の頭の中は国益しかないですね彼の国の・・・・
ご自信のルーツにも関る事なのかな?
[ 2019/05/22 03:34 ] [ 編集 ]
【 防衛大臣は特別 】
 『 内閣にあって、ひとりアサッテの方向を向く岩屋防衛相 』

 防衛大臣を普通の大臣と考えて貰っては困ります!
 日本政府の内、防衛大臣のみが、政府の要請だけで無く、在日米軍の要請も加味して政務を執るからです。

 日本は、自国防衛を他国に依存している現状を忘れては成りません。
 事は、日韓だけの問題では無いのです。

 空気の様な存在の日米安全保障条約を忘れるから頓珍漢な事を言ってしまいます。
 日本は、安全保障上、アメリカを通して韓国と繋がっているのです。

 そして、アメリカは、未だ、対朝鮮半島と中国の安全保障を日米韓三国で対抗すると云う枠組みを捨て去って居ません。

 日本は、一国で対朝鮮半島と中国の安全保障の態勢を確立して居ない以上、アメリカの意向を無視する訳には行かないのです!

 岩屋防衛相が十八日に「日韓関係を元に戻したい」と発言したのも、アメリカの要請が在ったと見る方が自然だと思います。
 
 岩屋防衛相を目の敵と思い、発言の裏を探らず、糾弾して居るのを見ると、
 マッカーサーが、総司令官解任後の1951年5月3日から開かれた、マッカーサーを証人とした上院の軍事外交共同委員会で「現代文明を基準とするならば、我ら(アングロサクソン)が45歳の年齢に達しているのと比較して日本人は12歳の少年のようなものです。」(ダグラス・マッカーサー『ウィキぺディア』)と発言したのも然もありなんと思います。
[ 2019/05/24 23:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ