FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  「記者は国民の代表?」に否定的な答えが約8割

「記者は国民の代表?」に否定的な答えが約8割

← 応援クリック、ありがとうございます。

 望月衣塑子原作の「新聞記者」が映画化され、6月に公開されるそうだ。興味本位でトレーラーを見てみたのだが、冒頭に田原総一朗のお墨付きコメントが出てきて、「国家権力による隠蔽が云々」という、ありふれた筋書きが出て来る。望月による書籍だから、内容は恐らくナルシズムに満ちたものになるのだろうが、読んでもいないので評価はしない。参考までに、Amazonの原作のページには、こういう文章で書籍が紹介されている。

官房長官会見に彗星のごとく現れ、次々と質問を繰り出す著者。脚光を浴び、声援を受ける一方で、心ないバッシングや脅迫、圧力を一身に受けてきた。演劇に夢中だった幼少期、矜持ある先輩記者の教え、スクープの連発、そして母との突然の別れ…。歩みをひもときながら、劇的に変わった日々、そして記者としての思いを明かす。


 私のブログにも「出版してみませんか?」とのご案内をいただく時代だから、選ばれたものしか世に出なかった時代と違い、いまや書籍の出版は自由である。まぁ、望月の場合は角川というスポンサーがついていることから、出版社として書籍がある程度の社会性があると踏んだのだろう。

 さて、その望月の持論は「記者は国民の代表である」というものだ。菅官房長官が「記者が国民の代表とする根拠を示せ」と問うたら、東京新聞は「憲法21条に基づく国民の知る権利の負託を受けてる」と回答した。確かに、ジャーナリストが国民の代理人として取材を行い、それを記事にすることで「国民の知る権利の一部」を補完している事実はあるだろう。しかし、それは全権委任ではないと同時に、彼らが営利を目的とした民間企業の一員である以上、負託とは言えない。

 株式会社NEWSYが運営する「しらべぇ」というサイトが、このことについて調査を行い、その結果を記事で配信している。

■「記者は国民の代表」だと思う?
しらべぇ編集部では全国の10代~60代の男女1,755名に「新聞記者は国民の代表だと思うか」調査を実施。

記者は国民の代表か


結果「そう思う」と答えた人は4.0%。「理解はできる」は17.6%で、肯定的な考えを持つ人は21.7%と低い割合に。一方「違和感がある」は41.9%、「おかしいと思う」が36.5%で、否定的な人はじつに78.3%となった。やはり大多数の日本国民は、新聞記者が代表だとは思っていないのだ。


 NEWSYという会社は博報堂の社内ベンチャーということ以外、素性は良く分からない。調査と言ってもアンケートっぽいものとも取れ、これが国民の大多数の意見を代弁しているという前提は少々危険であるかもしれない。

 しかし、「記者は国民の代表だと思う?」という質問に対し、「違和感がある」「おかしいと思う」というネガティブな回答が、全体の8割近くを占めるという事実は看過できるものではないだろう。

 情報の流通が、記者から一般市民へという一方通行の時代では、答えは異なるものだっただろう。しかし、多くの国民は、既存メディア以外の情報ソースで、メディアが報じない情報を入手するすることが容易になった。彼らメディアが、知る権利の一部を満たす存在であるという認識は依然としてあるが、国民が知るべき情報を知らせないという逆の立場であることも、同時に露呈してきている。メディアによっては、ある一定の方向に読者を誘導する「プロパガンダ記事」が多いことも知れ渡りつつある。

 そういう状況下においてメディアや記者がすべきことは、「国民に選ばれるメディア」を目指すことであって、「国民の負託を受けた代表」を標榜する前に、為すべきことがあるのだ。そして、もしそれを為し、晴れて「選ばれるメディア」になったとしても、彼らは国民を代表する存在ではなく、単に読者の多い新聞社、そしてそこに所属する記者以上のものにはなり得ないのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/05/20 07:10 ] メディア | TB(0) | CM(11)
国民の代表
記者が国民の代表であるならば、東京新聞の記者の国籍を知りたい。外国籍の記者はいないの?例えば韓国籍の記者がいた場合、彼、彼女は韓国国民の代表なの?

朝日新聞、毎日新聞に外国籍の記者はいないの?いた場合、彼女、彼はどこの国の代表なの?

新聞記者は営利企業の一社員に過ぎず、国民の代表ではない。営利企業だから外国籍の記者がいようが構わないが、国民の代表を詐称しては笑われるよ。
[ 2019/05/20 08:43 ] [ 編集 ]
これぞ「強者の驕り」
お早うございます。今回貴記事の方こそ信頼性が上と心得ます。

望月「自称」記者の著作は 一度店頭で目次をチラ見しましたが、朝日新聞
勢力他 己に近い連中で固めた自己陶酔的な内容が窺い知れたものです。

こんな輩が「国民の代表として質問」とはおこがましいを越え、聞いて呆れます。
出来損ないの「覇者の驕り」の類似品でしょう。
映画化は投資の無駄。他が観るのは自由ですが、恐らくは日共まがいの情宣内容
でしょう。恐れながら、今回も拙リンクさせて頂きたく、お届出致します。
[ 2019/05/20 09:41 ] [ 編集 ]
マスコミは私的世論誘導機関ではないでしょうか?
皇室の伝統を破壊したい人々、日本から牙を全部抜いておいてコントロールしたい人々、中韓有利に物事を進めたい人々。

戦争の覚悟を問うただけの一野党議員の丸山議員に辞職すべきとしたり、女系天皇論に賛同者を増やそうとするかのような無意味に近いアンケート結果であったり(皇統は決まっている上、国民世論で皇統を決めないので無意味としましたが)、ここのところの報道には、これらの私的世論誘導機関ではないかと思われる節があります。

日本のマスコミは反日組織としては一級の働きをしているかもしれませんね。

女系天皇賛同アンケートも識者や政治家に間違ったメッセージを送る意義があるかもしれません。
丸山議員の発言録音も酒の席であることを考えると用意周到な意図を感じます。

しかし踊らされる人々の多いこと。
戦争、武力と言っただけで反射的に否定排除するとは、このままでは日本は国の体を為さず内部から崩壊します。

マスコミの有り様を再考すべきではないでしょうか?
[ 2019/05/20 12:59 ] [ 編集 ]
自分は安全地帯に身を置いて権力を揶揄するのが反権力なのか?
望月衣塑子原作ってだけで
見る前からどんな映画かわかろうってもの。

反権力を標榜するなら命がけで金正恩と戦う映画でも作ってみろってえの。
松坂桃李と韓国女優がW主演ってどういう神経なのか理解に苦しむ。
きっと韓国民が喜びそうな映画なんでしょう。

反日左翼メディアがこぞってもてはやすのでは?
胸糞悪すぎ。

[ 2019/05/20 15:44 ] [ 編集 ]
↑ ???

か、韓国人が彼女を演じるのですか???
それは・・・もう何を語らんかやですね。

日本人じゃなかったんだ。そもそもそこなんだぁ。
そりゃ、アベガ〜連中のマドンナなんでしょうね

もう、分かり易すぎてお馬鹿過ぎて、笑っちゃいます(艸)。
誰に向けた、いや何処の国民に向けた映画なんでしょう。
しかも、推薦人の連中が(ぷ〜〜〜)

ご苦労なこって。
松坂君は偉い貧乏くじですね。あ、それとも彼も・・・。
ま、分かり易くていいですけど。

つくづく日本って、お人好し国家ですね。
南朝や、中国じゃあり得ないっしょ。
[ 2019/05/20 21:10 ] [ 編集 ]
【 鋭い突っ込みが無いと、政府の惚けが生きない! 】
 本当は国民の代表で在るべきなのに、鋭い質問をしているのは、左翼の国民の代表のみじゃないか!

 他の記者は国民の代表をさぼって当たり障りの無い質問をしているんじゃない!

 右翼の国民の代表、中道の国民の代表は何処に行ったんだ!

 左翼の国民の代表に負けて居ないでちゃんと鋭い質問をしなさい。

 お茶を濁している場合では無い。
[ 2019/05/20 21:35 ] [ 編集 ]
三角四角様
{本当は国民の代表であるべきなのに}???
これは、記者は国民の代表であるべき、という事でしょうか?

右・中・左に関係なく、民間企業の就業者或いは(売文)フリージャーナリストが国民の代表で良いと本気でお考えなのですか?

[ 2019/05/20 23:36 ] [ 編集 ]
イソ子原作
薄っぺらい社会部の記者が確信犯で記者質問しただけなのに・廻りの記者が迷惑そうな顔をしている所をドアップで見たいです・見ませんけどw
[ 2019/05/21 05:58 ] [ 編集 ]
勘違い集団(異常性格者集団)
メディアという業界に身を置こうと思うその根底にある気質・性向とは?

この「記者は国民の代表である」に一つは表れている様に思えます。

確かに記者を志す者たち一部には正義感の強さ、不公正・不平等、不正を憎むとかいう精神を持った者も居るでしょう。

しかし、「記者は国民の代表である」まで行くともう奢りも通り越して『社会悪』とでもいうものに変化し、その意識から実際の諸悪が発生します。

朝日、毎日、NHKなど特にエリート意識なども加わって随分と横柄な存在と成るのでしょう。
処々記者会見など見ると、なんだかしら社会的に非難を受ける立場の者たちに向かって投げかけるあの上から目線、裁判官的立場とでも言うのか一方的に糾弾する記者の言葉の嵐。

「記者は国民の代表である」をマザマザと見せ付けられます。

https://ameblo.jp/kousyoku-labo/entry-11977171232.html

https://www.youtube.com/watch?v=FyvEFGKoAqg

https://www.youtube.com/watch?v=e9zYlimmbUA

あの場面など見るとメディアの記者に成りたがる者たちとは実は深層には「サディステック」な性向が有り、安全地帯から物言う、「国民の代表」という勝手に纏った立場にくるまった実は臆病な卑怯者集団と見えてしまいます。

故に勘違い・異常性格者集団という人格に問題を抱えた方々の集まりとも角度を変えて見ると符号してしまうという事です。

或る見方から、そんな個々の個性が集まって日本をミスリードする政治活動をしている組織、それが偏向メディアというものと定義出来るのかもしれません。

https://snjpn.net/archives/131497

https://biz-journal.jp/2019/02/post_26839_2.html

http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7502.html

此処に於いて、結構日本国民の目は濁っていません。

そして、そんな『国民の意識と乖離している、そんな勘違いヤロウどもの集まり』、それが「マスメディア」とも言えます。

[ 2019/05/21 07:25 ] [ 編集 ]
うぬぼれの極致
恥ずかしげもなく「記者は国民の代表」などというのはうぬぼれの極致と言えようw
つまり「記者は国民の代表」と抜け抜けと言う記者は己の「厚顔無恥」をさらしているマヌケだねwwwww
[ 2019/05/21 09:46 ] [ 編集 ]
【 代表って何? 】
 『 右・中・左に関係なく、民間企業の就業者或いは(売文)フリージャーナリストが国民の代表で良いと本気でお考えなのですか? 』

 国民の代表と云う意味は国民が出来ない事を国民に代わって取材すると云う意味しか在りません!

 当たり前ですが、我々が省庁に行って大臣の意見が訊きたいと言っても無理ですよね。

 我々国民が出来ない大臣の意見を訊くと云う行為を国民に代わってしてくれるから、国民の代表なんです。

 民間企業が如何たらなんて関係在りません。

 国会議員みたいに国民に選ばれて居ないから国民の代表では無いと理屈を捏ねる方がいらっしゃいます。

 では、来年の令和2年の東京オリンピックの選手は、民間人だし、国民から直接選ばれていないので、国民の代表では無いのでしょうか?

 民間で在ろうが、我々国民に代わって、大臣等に訊いてくれる人が我々国民の代表でしょう?

 我々が、記者が国民の代表では無いと感ずるのは、鋭い質問をするのは、我々多くの国民と掛け離れた感覚を持って居る左翼記者で、右翼記者や中道記者は当たり障りの無い詰まらない質問をするからだと思います。

 【 コトバンク  大辞林 第三版の解説  だいひょう【代表】  ( 名 ) スル
 ① 全体の状態や性質などを、そのもの一つだけでよく表すこと。また、そのもの。 「世代を-する意見」 「マラルメに-されるフランス象徴派」
 ② 機関やグループに代わって、その意思を外部に表すこと。また、その人。 「親族を-してあいさつする」
 ③ 全体の中から、すぐれたものまたは最適なものとして選ばれた人。 「 -選手」
 ④ 法人・団体に代わって意思を他に表示し、それを、法人・団体自身の行為として法律上の効果を発生させること。また、それをする人や機関。

 出典 三省堂/大辞林 第三版 朝日新聞DIGITAL VOYAGE GROUP
「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE GROUPに帰属します。 】

 上記のだいひょう【代表】の意味② 『 機関やグループに代わって、その意思を外部に表すこと。また、その人。 「親族を-してあいさつする」』に在る様に、国民の全体に代わって、国民の訊きたい質問を大臣等にぶつける行為は、国民を代表する行為です。

 民間だとか、選挙で選ばれて無いとかは一切関係ありません!
[ 2019/05/24 23:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ