FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  永田町には「酒癖の悪いまともな議員」と「真面目だが害しかないバカ」のどちらが必要か!?

永田町には「酒癖の悪いまともな議員」と「真面目だが害しかないバカ」のどちらが必要か!?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日、ネットを徘徊しながら、丸山穂高氏の発言について賛否両論に当たってみた。驚くのは、丸山氏の発言が「戦争を煽る」などという解釈で流布されていることだ。これはいくらなんでも曲解である。彼のことばは軽率ではあったかもしれないが、「戦争を煽る」というものではない。丸山氏の発言を批判するのは構わないと思うが、こういう軽率な解釈や伝聞で批判するのはフェアではないだろう。

 もっとも、軽率と言えば、日本維新の会まるごと軽率だ。同党共同代表の片山虎之助氏と馬場幹事長が昨日、ロシア大使館を訪れ、ガルージン駐日露大使に謝罪したという。片山氏は「丸山議員の言論についての事情の釈明と迷惑をかけたことのおわびを申し上げた」と語ったが、この対応には呆れた。「丸山を除名しました。すみませんでした」というのが話の内容だったのだろうが、これでは宗主国に出向いて報告をする属国の対処である。

ロシア大使館に謝罪に出向く日本維新の片山、馬場


 維新の側には、「官邸との関係を壊したくない」、「都構想の住民投票までは、世論を敵に回したくない」といった様々な思惑があるのだろうが、明らかにやり過ぎだ。大阪市長時代の橋下徹が、米軍相手に、「もっと風俗店を活用して」と提案した恥ずかしい所業があったが、橋下の「風俗店活用」と「戦争で奪われた領土は戦争で取り返すしかないのでは?」という丸山氏の話は、同じ現実論ではないのか。仮に維新が謝罪するなら、外交上で迷惑をかけた官邸と外務省が相手だろう。

 野党各党は、丸山議員の辞職勧告決議案の共同提出で結束し、鼻息が荒い。彼ら倒閣野党は、政策のことを語らせてもからっきしダメだが、政局のこととなると、とたんに元気になる。今回は維新自身が辞職勧告に前向きであるため、水を得た魚のような動きを見せている。辞職勧告とは、議員から職を取り上げるということだが、自分たちに対しては甘いが、他人に対してはサディスティックであるほどに厳しいというダブスタを、彼らは恥じない。

 さて、ここからはあくまで一般論である。極端な表現だが、「酒に酔って失言する、結構まともな政策も語る議員」と、「表向きは真面目で、頭もいいが、国や国民のことなど一切考えていないバカ」のどちらが、永田町に必要かということだ。答えは必然的に前者になるだろう。丸山氏の酒癖については前科もあり、若い彼には猛省と規律を今一度求めたいが、国会での質問などを見聞きする限り、政策面では自民党の左派よりもまともである。一方、後者は百害あって一利なし。特に、「報道のためなら米軍、自衛隊の基地上空のドローン飛行を許可する」という政策を出した政党の元代表など、真面目そうに見えても、やることは害でしかない。

 有権者は政治家を選択する権利がある。その権利を行使するとき、上記の二択が目の前にあったら、どちらを選ぶのか。有権者ひとりひとりに考えてもらいたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/05/19 07:24 ] 政治 | TB(0) | CM(13)
 ”「酒癖の悪いまともな議員」と「真面目だが害しかないバカ」のどちらが必要か!?”と聞かれれば、躊躇なく前者を採ります。

 一見真面目そうな無知蒙昧など百害あって一利もない。

 しかしこういった輩が選良として国会に登場してくるわが国の民度を鑑みれば、嘆いているしか能のない私にはどうしようもありません。

 一度落ちるところまで落ちてしまわないと、立ち直れないのではないでしょうか。
[ 2019/05/19 17:11 ] [ 編集 ]
「日本国の同胞民族国家のフィンランドおよびエストニア」ならびに「ロシア連邦内の日本人の同胞諸民族」は、日本国衆議院議員の丸山穂高氏の発言を大歓迎しています。
「日本国の同胞民族国家のフィンランドおよびエストニア」ならびに「ロシア連邦内の日本人の同胞諸民族」は、日本国衆議院議員の丸山穂高氏の発言を大歓迎しています。
-----

「(ツァーリ・ロシア、帝政ロシア、)ユダヤ・ロシア(=ソ連)およびロシア連邦」に国家領土を横領されている「日本国の同胞民族国家のフィンランドおよびエストニア」ならびに独立したい「ロシア連邦内の日本人の同胞諸民族」は、日本国衆議院議員の丸山穂高氏の発言を大歓迎しています。
[ 2019/05/19 17:46 ] [ 編集 ]
本日のエントリーを批判します。
はっきり言いますが、今回のエントリーは、失望を禁じ得ないです。

あからさまに批判させていただきます。

>極端な表現だが、「酒に酔って失言する、結構まともな政策も語る議員」と、「表向きは真面目で、頭もいいが、国や国民のことなど一切考えていないバカ」のどちらが、永田町に必要かということだ。答えは必然的に前者になるだろう。

バカを言ってはいけない。そんなもの、両方要らないに決まっている。何が必然か。バカを雇うために税金を払ってはいない。こんなレトリックを使うようになっては、ブログ主様も政局に呑まれ、ヤキが回ったかと思わざるを得ない。

昨日のエントリーに18日8:00付けで、ムムム様が出されたコメントに、論理的な異議はないが、だからといって、それが丸山議員が擁護される根拠には一切ならない。
http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-3462.html#comment26842

今回の丸山の発言は、「酒に酔っての不埒」という人間的な未熟さだけでなく、文脈を見れば見るほど、非難に値するほどの好戦的発言であり、その後の弁明は卑怯であったと言わざるを得ない。
https://togetter.com/li/1355476

この議員に議員辞職勧告決議するもしないも自由。また、それを受け入れるも受け入れないも本人の自由。それは確か。

しかし、この一件を機に、突然にこの議員を擁護しはじめるのはどういうことか。
この議員を批判する連中への反感だけではないのか。
「敵の敵は味方」という愚にもつかない論理に呑まれているだけではないのか。それは、左翼連中が使う論理そのままではないか。

それとも、丸山が自己弁護している論を信じることができるとでも言うか。
彼の自己弁護は、丸山自身が提出した離党届と明らかに矛盾している。彼の論は論理的に破綻している。これに与することがなぜできようか。

私の憂国の思いは、あの戦争であんなに悲惨な形になってしまったのはなぜかを、事実に基づいて考え、その経験を活かし「後に生まれた人が、前に生まれた人より幸せになる機会が当然増えている日本」を目指していくために考えることだと思っています。

朝日新聞やいわゆるサヨク議員が蔑まれるべき理由は、事実から目をそむけ、己の偏狭な観念だけで論を進め、あまつさえ、その論にそぐわぬ者をとにかく敵視し、憎悪を容認し、奨励までする、全く閉鎖的な考えで自説を流布するからだと思います。

事実に目をそむけて結論ありきで論を進める者であれば、右や左に関係なく同じ穴のムジナ。

今回のエントリーは、事実から目をそむけ、結論ありきで論を進める、サヨクの手法と何ら変わりはないと思います。全く賛同できない。それが憂国なのか。

どんな考えも、またそれを表現するのも自由だが、憂国の名の下に、「結論ありきで事実を矮小化した論」を展開しないでいただきたい。

今後もそういう論法を続けるなら、せめて憂国の名をはずしていただきたい。
[ 2019/05/19 20:28 ] [ 編集 ]
丸山発言を役立てましょう
丸山議員の発言は日本の安全保障に貢献するし、
北方領土交渉にも役立ちますね。

我が国の平和は我が国が反撃する可能性によって守られています。
表向きの平和主義とはちがう日本の人々の本音を垣間見せたのは、良い具合です。
ロシアには日本の脅威を負担に感じてもらわなければなりません。
そうなって初めて、平和的な外交交渉ができるのです。
[ 2019/05/19 21:32 ] [ 編集 ]
酒癖が悪いマトモが良いのじゃ
個人が自分の車や家の修理を依頼した時、修理屋の酒癖や女癖が多少悪くとも妥当な
値段でマトモで直れば良いのです。 片や人間として善良であれ、マトモに直らな
ければ訴訟になるんじゃないかしらん。

政治家のマトモとは、
1、岸伸介のように国家百年の計を果断に実現できること。 
    (女癖は驚異的に悪かったとの噂)
2.角栄のように支持者に利益誘導できる実力。
    (カネにまつわる悪しき噂が付きまとう)
3.大平正芳のように広い教養に裏打ちされ、それなりの経綸を目指す者。
    (アホには大平が何をしたいのか理解できない=若き日の私め)

人間的に優れ、政治家としても有能だった者とは?
私は安倍晋三様しか思いうかびません。 どなたかご教示くだされば幸いです。
[ 2019/05/19 21:40 ] [ 編集 ]
丸山議員には、事実を語ってもらいたい
丸山議員が好戦的というよりは、元島民の団長さんの発言が何か腑に落ちない感じがします。

確かに丸山議員には、少し前のめりな感じはしますが、それよりも元島民の団長さんの歯切れの悪さが気になりました。

この歯切れの悪さは、この団長さんに問題があるのでは決してなく、今の政治がこの団長さんにこう言わしめている。
こう言わざるを得ない力が働いているんだと思いました。

日本の戦後は、中韓と違い常に未来思考で進んで来ました。
あの原爆を落とした米国と一番仲良く付き合っているのだから。

ロシアとも未来思考で進む政策も理解出来ます。
でも、元島民の辛い本音にももう少し耳を傾けたい気もします。

丸山議員は、まだ若いから少し向こう見ずなところがありますが、「真面目だが害しかない議員」や「何もしない議席を温めている議員」や「他国(主に中韓)の為だけに働く議員」よりは数十倍有能な議員だと思います。
[ 2019/05/19 22:44 ] [ 編集 ]
遣い様の無いバカは国会議員として不要
軍曹殿、ご存じであろうが、岸信介と書くのじゃゾ。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バカは年柄年中バカで困ったものですが、酒乱は御酒が入っている時だけ問題を起こすのでしょうし、そのお酒も毎回癖が悪いと言う訳でもない、とするなら、そりゃあ真面目なバカが圧倒的に国政には不要でしょう。
真面目なバカは自分の真面目さを認識していてバカである事に気が付かないのではないのか?そういうパターンのバカは治り様が無いですもんね。

丸山議員と言う人の御酒問題は存じませんでしたが、今回の「失言」と宣伝される言葉は、酔ったから出た言葉なのだとはちょっと思えませんでした。
外交交渉を何十年重ねても一向に返還されそうもない北方領土を奪取するには最悪戦争も想定可能ではないのか、団長さんはどう思いますか?程度の発言だとニュースで聞く限りは思いましたが、だとしたら、素面でも論じられる事ではないのかしら。
議員がヴィザなし渡航に付き添って、多分元住民さん方の中には御年を召して後が無い、とか、或いは夢を適えられずに無念の内にお亡くなり、という事を聞かされているのだろう、ぐらいは想像できます。
その場合、それでも延々待ちますか?それとも、戦争に訴えるということも考えますか?ぐらいのものじゃあないのかな?
と論じる時点のお話だと私は思います。ちがうのかしら?

だから戦争致しましょうよ、と言ったわけでもないでしょうし、国会の場で飲酒し論じた言葉でもないものを、「国会の権威と品位を汚した」辞職勧告文には、叩きたい標的は潰すまで叩く様で、そちらのほうが日本と言う国家の品位や権威を傷つけている様に、私は感じます。
せいぜい、懲罰委員会止まりの件ではないのかしら。

特に維新の場合、橋下・松井両氏で知事と市長の交替行政は、まるでロシアのプーチンとメドベージェフを真似た様で、そこに、今回は大使館に出向いて謝罪と来たら、「あなた方が目指すのは何処?」と思わないでもない。

それでなくても、「都構想は成立するまで何度でも住民選挙して良い」とか、都構想に邪魔と位置付ける「公明党は大阪全選挙区で潰す」と脅す橋下市民。
脅されて簡単に平伏した公明党にも呆れますけど、そういうヤクザな政党が一議員を潰すのは簡単なことでしょうね。怖いわ。

国民全員が判で押した様に品行方正であれ、とも思いませんし、そんな国があったらどんなに面白味のない国柄であろうか、と私は思います。
国民がどうであれ国会議員だから常に品行方正であるべき、ともちょっと思えないです。
公人はそのように努めることは大事だと思いますが、四六時中瑕疵の無いように、失点の無いように、振る舞うのが最低限の「義務」だとも思いません。というより、公私関係なく、他人様にそのように求める程自分が品行方正では居られないなあ、と思って居りますので、程度問題ではないのか、と。


ブログ主様がご自分のブログでどのような文章を書かれても、こちらの訪問者は同意、反論、自由にさせて戴いていると思いますが、如何に気に入らないブログ内容だとしても、主様の長年のタイトルにまで文句をつける事はどうなんでしょうね?
「比較」で論じるのは丸山議員を<急に擁護して>いる事にもならないんじゃないかしら?

[ 2019/05/19 23:10 ] [ 編集 ]
とらこ さま
ご指摘 感謝で御座いますが、なにぶん私めはアホですから調教してくだされましてもモノになるかどうか (涙)
[ 2019/05/19 23:58 ] [ 編集 ]
 設問が気に入らないで文句を言う自由は認めますが、極論でどちらがいいかどうかを問うているのであって、どちらもダメという選択肢もあって構わないです。

 だが、その意見は、Alimaminさんあなた自身の見解であり、他人様の見解を否定する権利はありません。

 アメリカ様に守られて、自主防衛の気力を失った戦後の我々は、靖國の英霊の方々に対し、申し訳ないと常々思っています。
 
[ 2019/05/19 23:58 ] [ 編集 ]
軍曹殿
「アホ」ぶるのもいい加減にせ~よw

で、私メ、住民投票を住民選挙などと書いてしまった(アホだ)。
[ 2019/05/20 00:34 ] [ 編集 ]
マスコミに踊らされて
丸山議員は以前の国会質問などの内容を見る限り、マスコミにはとてもやっかいな人物だと認定されていることでしょう。
とりあえず丸山議員は禁酒または信頼のおけるストッパーを自身のまわりに置くことをオススメしたいですね。
しかし今回の一連の騒ぎを見れば維新も国民もマスコミに踊らされてると思われて仕方ありません。
外国人献金など法に触れた議員にさえ出されなかったことのある「議員辞職勧告」を、法に触れたわけでもなく、発言の真意は別として、そしてTPOを考えないところで言ったことは常識に欠けるところはありますが、ここまで大騒ぎすることかと。
ひとえに悪夢の民主党政権前後からのマスコミによる政治のバラエティー化のおかげなのかなと思われます。
最近はマスコミの異常性に気づいた人も多いのに、ほんと踊らされててがっくりです。
[ 2019/05/20 08:36 ] [ 編集 ]
ロシア連邦ブリヤート共和国は、日本維新の会が駐日ロシア大使へ韓国式デタラメ謝罪したことに激怒しているようです。
ロシア連邦ブリヤート共和国は、日本維新の会が駐日ロシア大使へ韓国式デタラメ謝罪したことに激怒しているようです。
-----

日本国の同胞民族地域のロシア連邦ブリヤート共和国は第2次安倍政権成立以来、表や裏で、例えば、下記の日本国の国家事業に積極的に協力しています。
1. 日本国軍シベリア抑留者たちの遺骨収集帰国事業。
2. 内モンゴル・モンゴル国・ロシア連邦ブリヤート共和国から、ロシア内の様々な日本人の同胞民族の各地域、フィンランド共和国、エストニア自由国、ドイツ連邦共和国のベルリン市およびライプツィヒ市までを日本国式繋げるモンゴル回廊再構築事業。

ところで、独立したいロシア連邦ブリヤート共和国は、日本維新の会が、「帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社へ韓国式忖度した上で」、衆議院議員丸山穂高氏を韓国式言葉狩りして除名し、日本国政府および自民党の承諾を取らずに韓国式勝手に且つ第一次資料に基づかない意味不明な韓国式理由で、駐日ロシア大使へ韓国式デタラメ謝罪したことに激怒しているようです。
[ 2019/05/20 12:18 ] [ 編集 ]
ゆえに有力な「真性保守政党」が待望されるわけ
自民党より右とも言われる「日本維新の会」にしてこの体たらく。
まことに見っともない。

日本の政治家は有権者の代表でもあるわけですが、こんな事で謝罪に赴くという神経がもう狂っているとしか言えません。

日本以外の国では自らが加害者であっても知らん顔。
そこまでやれとは言わないが、「被害者が謝りに行く日本」。
今回の件だけではありませんが、それはもう狂っているとしか思えません。


日本国民の意識の反映がこれだと言うのならばそれは間違いであってそれを修正していくのもまた政治家ではないかと思うのですが、レベルが低く卑屈です。

ゆえに繰り返しで有力な「真性保守政党」が待望されるわけです。

どうも経済が分からず財務省に忖度の自民党安倍内閣。
これほど反日言動をし続ける韓国に手を差し伸べ「仲裁付託」という甘さの安倍政権。

https://www.sankei.com/politics/news/190520/plt1905200017-n1.html

https://www.sankei.com/world/news/190520/wor1905200008-n1.html

米中貿易戦争が本格的に成るやもしれないこの国際情勢の中、暢気な日本です。
[ 2019/05/21 06:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ