FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「知る権利」が万能だと信じ続けるバカ

「知る権利」が万能だと信じ続けるバカ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 GW明けのお笑いツイートといえば、福島瑞穂。先月16日に衆院本会議で可決された、政府与党が進めるドローン規正法改正案は、2020年東京オリンピック・パラリンピック前後の会場上空でのドローン飛行、また、自衛隊や在日米軍基地など防衛関連施設上空の飛行禁止を盛り込んだものだが、これがご不満のようだ。


 5月に入り、皇居周辺上空にドローンを飛ばしたバカがいた。ドローンは同じタイミングで、武蔵陵墓地でも目撃されたというから、これは単なる愉快犯ではなく、改元や新天皇即位に対する何らかのメッセージである可能性も否めない。ドローンは、単なる遊び道具以上のものにもなり得ることもあり、規正法がある。機密の宝庫である軍事基地などの上空を飛行させるのは、常識から逸脱している。

福島瑞穂


 この法案に関し、新聞協会は「自衛隊および米軍への取材活動を大きく制限し、国民の知る権利を著しく侵害する」との意見書を、官房長官あてに提出している。お馴染みの伝家の宝刀「知る権利」だが、自衛隊や米軍基地の取材が自由に行われ、国家の安全保障が脅かされるくらいなら、逆に取材の規制を望む国民は多いはずだ。私自身は、そもそも、軍事基地の上空から取材した内容を知りたいとすら思わない。

 立憲民主党も同じ穴の貉(むじな)だ。昨日10日、蓮舫は、このようなツイートをしている。


 立憲民主党は先月、党政調審査会において、この法案への反対を決めている。「防衛基盤の維持の必要性については当然のことと理解する」と前置きした上で、「取材活動の大幅な制限が国民の知る権利を著しく侵害すること等の懸念がある」ことから「反対」だというのだ。国民の知る権利を満たす取材が、防衛基盤の維持に優越する意味だろう。しかし、取材という極めて曖昧で、拡大解釈が可能な定義こそ危険であり、はないか。その曖昧な定義の上で国民生活の安全が脅かされるのは、本末転倒である。

蓮舫


 そもそも、国民の知る権利などというものを万能の武器として、都合よく使われても、国民の側が迷惑だ。一般的な国民には、知るべきことと、知ってはいけないことがある。個人の知る権利を満たすことで、国家と国民の安全が脅かされるなら、そんなものは必要ないと考える国民のほうが圧倒的に多いはずだ。

 沖縄の反基地運動に呼応したような、こういうバカな対案を出すくらいだから、安倍政権は暫く安泰だろう。知る権利を言うなら、レンポウの国籍ロンダリングの経緯を、包み隠さず報道に乗せてもらいたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/05/11 07:17 ] 政治 | TB(0) | CM(12)
知る権利ね~
なら我々は国会議員である君らの国籍及びその

成り立ちを知る権利はより一層ありまっせ!
[ 2019/05/11 10:30 ] [ 編集 ]
日本の野党は,その言動からして陰の与党支持政党だ,と認識するのが合理的なんじゃないでしょうか。
口を開けば「戦争反対」,「子供を戦場に送るな」とか凡そ今の日本が直面している多くの問題の中から
優先的に取り上げるような事柄じゃない。
日本社会の何年経っても解消されない余りに雇用者寄りの劣悪な労働環境(賃金水準を含む)の改善策を真剣に政策論議すべきだと
思うが,野党の連中にはその気はないとしか思えない。政府案に反対している振りをしているだけで,本当に労働者やその家族の
福祉増大に寄与しようとはしていない。
「戦争反対」云々は,結局GHQの初期における対日占領政策を踏襲しているだけの主張だしね。野党も結局のところ
アメの支配下にある政党なんだろうね。
[ 2019/05/11 11:48 ] [ 編集 ]
うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
写真が、写真がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。
[ 2019/05/11 13:04 ] [ 編集 ]
[ 2019/05/11 13:05 ] [ 編集 ]
ドローンなんて
皇居の上なんかをドローンが飛んだらクレー射撃の名手を呼んできて撃ち落として貰えばいいでしょう。
問答無用でよろしい、だいたい違法なことやっているんですから。
[ 2019/05/11 14:43 ] [ 編集 ]
誰の知る権利を守りたいのか?
ブログ主様同様、私は軍事基地上空から得られる映像に何の興味もない。
そもそも、ど素人が軍事的な映像を見ても、それらを解析する能力も無ければ、情報をどう活かしたら良いか全く分からない。

ところが、それらの映像を喉から手が出る程欲しがっている連中がいる。
敵国だ。

マスゴミは取材と称し、我が国の自衛隊基地や米軍基地の映像を撮影し、国民の知る権利を満たすと嘘を言いながら、敵国に情報を流したいのだろう。

それをさせたいが為、福島や蓮舫などは反対している。
敵の知る権利を主張しているのだ。
ホントにこいつらは、我が国の足を引っ張る為だけに国会議員をやっている、とんでもない輩だ。

国民の知る権利は、国会議員の国籍、出自、帰化履歴にこそ使って欲しい!
[ 2019/05/11 14:50 ] [ 編集 ]
 敵国を利する情報を自由にしろという奴がいるとすればそいつは敵国のスパイか、工作員であることは確実である。

 知る権利といえば何でも知れると思うのは軍事機密や外交機密の重要さを知らない馬鹿か、知って知らぬふりをして日本を貶めようとしている売国奴かのどちらかだ!

 今話題の野党連中は間違いなく日本の敵である、絶対に国会議員にすべきではない。
[ 2019/05/11 18:04 ] [ 編集 ]
ダブスタパヨクの無理強いは認めない
知る権利というなら、議員の国籍情報や交友関係に反社会的勢力・そのシンパの怪しげなプロ市民団体・前科者との交際や情報のやり取りが無かったか知りたいもんだ。枝野と蓮舫とヨシフと辻元とみずぽはレッドカードと永久追放モノだ。
後ろ暗い売国議員は国会に掃いて捨てるほどいるだろう。
ちょっと先進国の一社会人として問題があり過ぎるとしか思えない。
[ 2019/05/11 20:13 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2019/05/11 21:03 ] [ 編集 ]
国民の声を勘違いするば~か
ST様の絶句、よ~~~くわかりまする。強烈二枚攻撃ですもんねw
年増の福笑いもなかなか不気味なものですなあ。青服の方は双六の「振出しに戻る」駒か。

「知る権利」で報道が知っても「報道しない権利」で日本国民には知らせない。
都合が悪ければ捏造でっち上げして「知らせる権利」の行使。その時に乗っかる反日有象無象の野党、これじゃあ真っ当な国民の支持は得られまい。

軍事関連の施設や行動を上空から見せられても、一般国民にはその説明書きを読まなくては殆ど何のことやら分からないでしょうし、反日メディアの「説明書き」が正しかどうかも分かりませんしね。
そんな事より、メディア工作で同盟国の反感を買う方が国益の大いなる損失だと思います。

本当に、国会議員と事務局所員の確かな身元証明の方こそを望みたい。出来れば四代遡れるものを。
[ 2019/05/11 23:05 ] [ 編集 ]
悪魔崇拝組織というものと創価学会を忘れるな
日本国の場合、
複雑怪奇であり、裏からの占領支配を目論む、
いわるゆ“公安”に、
創価学会会員や、創価会員である朝鮮血統の、公安員が、
日本の世と人を掻き乱し、
創価学会か、朝鮮血統なのか北朝鮮なのかの、
日本占領支配を、目論んでいるとの事です。

速急に、“創価学会会員と朝鮮血統の、公安”を、
有罪か罷免しなければなりません。

奇怪な力があり、悪用されると、
日本が乗っ取られ、為す術が無くなってしまい、
北朝鮮のようになってしまいます。

諸悪の根源は、悪魔崇拝組織と言ってよいでしょう。
戦後の日本朝鮮人支配も悪魔崇拝組織の陰謀です。
[ 2019/05/12 03:30 ] [ 編集 ]
>いわるゆ“公安”

だいぶ日本語が不自由なようでwwwwwwwww
[ 2019/05/14 12:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ