FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  大津市事故に見る、マスコミによる「第四の権力の乱用」

大津市事故に見る、マスコミによる「第四の権力の乱用」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 芸人で、立憲民主党参院選公認候補であるおしどりマコという人物のツイートが話題になっている。


 このツイッターアカウントはスタッフが管理しているようで、恐らくおしどりマコなる人物の講演内容をスタッフがライブ感覚でツイートしたものだと思われる。愚かな市民とはかなりの上から目線で、「何を、偉そうに」と条件反射してしまいそうになるが、この人物が言っていることは、あながち間違いとは言えない。有権者には、2009年の夏から始まった、悪夢のような3年3か月の記憶がある。あの夏、民主党政権を選択した有権者は、まさしく「愚か」そのものだった。しかし、その愚かな有権者にも、学習能力はあるのだ。立憲民主党をはじめとする旧民主党の流れを汲んだ野党の低支持率が、何よりの証拠だ。

 安倍政権とて完璧な内閣ではなく、移民の大量流入を促しかねない入管法改正や、南鮮に対する毅然とは言えない外交態度など、ツッコミどころは多々ある。しかし、安定している支持率が示す通り、過去の内閣に比べれば遥かにベターであり、民主党政権を経験した国民にとっては救いともいえる。そもそも、おしどりマコなる人物に「愚かな市民」呼ばわりされる謂れはない。

 国民は選挙というシステムを使って、政治家を選択することができる。しかし、国民が選択できない権力がある。マスコミだ。彼らは第四の権力とも呼ばれるが、国民が選択した代理人ではない。いま、そのマスコミの暴走が猛烈に批判されている。滋賀県大津市で起こった、散歩中の保育園児らに突っ込んだ乗用車が、2歳の園児2人を死亡させた事故で、保育園側が記者会見を開いた。その会見で、どう考えても勘違いとしか思えない質問が、園長らに投げかけられたのだ。

「園としては、今日の事故、車の動きなどどのように把握しているのでしょうか。」
「車の動きなど、どのように認識されているのでしょうか。」
「今日の事故の反省について、どのような状況を認識されているのでしょうか。」
「普段の交通量の状態ですとか、交差点の、昔から事故があったという状態のなかで、そこのところ、どのように認識されているのでしょうか」
「普段から少しは危ない箇所という認識だったのでしょうか。」

保育園の記者会見


 記者会見で、記者から園長・保育園側に向け、このような残酷な質問が飛び交った。あたかも、保育園側に過失があったかのような聞き方だが、誰がどう見ても保育園側は被害者である。この会見に嫌悪感を覚えた人々が、SNS等を通じてマスコミ批判を声高に主張している。その主張はうなずけるものが多い。国民、視聴者らは、被害者が泣き崩れる映像を観たいわけではない。ネタが刺激的であればあるほど、マスコミは食いつくが、この会見には放送倫理などというものは欠片もなかったと言わざるを得ない。

 マスコミの「不必要な正義感」が、こういう残酷な質問をさせるのかもしれない。だが、それらは彼らマスコミの勘違いであり、「第四の権力の乱用」と言うべきものだろう。

 2人の園児のご冥福をお祈りします。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/05/10 07:07 ] メディア | TB(0) | CM(4)
 第4の権力と言われているマスコミだが、第1の権力以上に強力で、しかも性質が悪く、自分を何様だと思っているのか、傲慢で無知で無神経で鼻持ちならない。

 こ奴らをのさばらせたのは、我々国民の責任だが、こ奴らの横暴を制御する役目の選良たる議員が、マスコミの反発によって自分の地位を脅かされるのを恐れて、何も言えない卑怯者ばかりなのでどうしようもない。

 制限のない言論の自由も、事実を隠匿して報道しない自由も本来認められない筈だが、これを抑制する機能が全く働かないことが問題であり、何らかの報道規制が必要である。

 
[ 2019/05/10 09:56 ] [ 編集 ]
必死なオワコン
事故により罪もない小さな命が奪われた。
大変痛まし事件だが、この時ぞとばかりに、もう一方の被害者である保育園側に、これでもかと悪質な質問攻め。

何でここまで?と思うほどの、記者による執拗なイジメ。
なぜここまで、当事者を追い詰めるのか?
記者たちに理性はないのか?
様々な疑問が湧くが、一つの答えとしてオワコンの悪あがきが挙げられるのではないか?

テレビや新聞離れが叫ばれて久しいが、連中からすれば、本来取材したいのは直接運転していた容疑者だったと思うのだが、それが出来ない中、
飛んで火に入る何とかとばかり、会見に応じた保育園を標的に選び、何とか低迷する視聴率や購買力に繋げたいという必死さからあのような会見になったのではないかと想像する。

ただ「必死さ」は文字通り盲目になり、善悪の見境がつかなくなり、逆に視聴者の反感を買い、更に低迷するという悪循環に陥る。

ツイートした立憲何とかの政治家?さんも、歯止めが効かない不支持率に平常心を失い、発した言葉に反感を買ってしまった。

オワコンの当事者は、必死にならずに腐らずに、冷静に世の中に必要とされるコンテンツへと変貌を遂げて欲しい。
[ 2019/05/10 10:00 ] [ 編集 ]
自覚はある、と言うけれど
そのツイート、市民に選ばれた代表・・・自党の枝野代表の事だと、純粋無垢wに思っちゃいました。
内閣総理大臣は国民の総選挙を以て、与党となった政党の中から国会議員投票で選出するものですから、間接的であれ国民に依って選ばれる代表ですもの。


夜のニュースで見ただけでしたので、記者達の自制心と判断力の無い質問は存じませんでした。園長さんの号泣が印象的だったのもそういう事もあったからだったんですね。
兎角メディア業界人の振る舞いの横暴さや無礼さは、ことあるごとに言われますし、出会った記者自身も自覚はある様でしたが、一向に反省することは無い業界だと思います。
その一方で取材対象には、反省やら謝罪を求めるアノ傲慢さ。
雲仙普賢岳取材陣の振る舞いが起こした地元の犠牲者さん達の記憶を消すことは出来ません。

ただ、この事故でいろいろな事を思いました。
可愛い盛りの二歳の我が子を保育園に預ける、預けなければならない親。
園庭も造れない狭い敷地の保育園の事情とそれが許可される現実。
車の生産販売台数と釣り合わない道路の安全行政の不徹底。などなどを。

保育園落ちた日本死ね でしたかね。乳幼児を余所に預けなければ生活出来ない、のか?母親の働きたい思いが優先される のか?各自それぞれだと思いますが、「女性が輝ける日本」を目指すにも、かなり場当たり的な立法と行政に思えて、それが幼児と預かる側に負担を強いている現実は置き去りになっていたと思えてなりません。 

[ 2019/05/10 17:55 ] [ 編集 ]
薄っぺらい正義感
「不必要な正義感」というより
「薄っぺらい正義感」の方が適当でしょうwww
保育園の管理者責任を殊更に糾弾して快感を覚えているだけwwwww
しかし、一方で関西セメントの悪行にはなぜか口をつぐみ、
思う存分報道しない自由を行使するぱよちんクズメディアwww
会見場にバイブ辻元呼んで「そんなにセメントいて~」と言わしたれwwwwwwww
[ 2019/05/14 12:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ