FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  伊藤博文とテロリストを同列で語る、乙武洋匡氏の度し難いセンス

伊藤博文とテロリストを同列で語る、乙武洋匡氏の度し難いセンス

← 応援クリック、ありがとうございます。

 私は普段、あまりテレビを観る質ではないが、週末の昼間につけっぱなしにしたテレビから、興味深い内容が耳に入ってくることがたまにある。TVタックルは、番組が夜から昼に移動してからはあまり観なくなってしまったが、それでテレ朝の中では挑戦的な番組ではある。

 21日に放送された、テレ朝の「TVタックル」は、「東京・新橋&巣鴨で聞いた!今週の国民が怒っているニュース」というタイトルで、「タイで逮捕された日本人詐欺グループ」、「事故多発の“魔の交差点” どうして信号はつけられないの!?」という話題とともに、「新1万円札に“渋沢栄一” この発表に韓国メディアが痛烈批判」というネタが取り上げられた。言うまでも無く、渋沢栄一に関して南鮮メディアが「日帝時代に朝鮮半島の経済を奪い取った主役」として渋沢を槍玉にあげ、日本の新紙幣に難癖をつけている件だ。

 この度し難い内政干渉と因縁に対し、武藤正敏元駐韓国大使が南鮮の難癖を冷静に退ける話をした後、受け継いだ千原せいじ氏が「よその国のお札に文句を付けるなんて、俺が韓国国民だったら恥ずかしいからやめてって思う」と酷評し、「地球上でそんな国なんてあるんやろうかと思って」と斬り捨てた。下記は、その議論を受け取った乙武洋匡氏の弁である。

僕は最初、渋沢栄一さんに決まったって聞いた時は、「ああ、いい人選だな」って思ったんですけど、なんかやっぱりそうやって韓国が怒ってるって聞いた時に、僕はなるべく日本が逆の立場だったらって置き換えて考えるようにしてるんですね。で、せいじさんがさっき仰ってた「他人の国のお札にケチつけるなんて」っていうのもごもっともだなと思う反面、じゃあ例えば「韓国が新しい紙幣の顔に安重根を選びました」ってなったら、やっぱり多くの日本人がカチンとくると思うんですよ。「あの伊藤博文殺した安重根のお札なんて、どういこうこと?」って思う気がするんですよね。

乙武


 そもそも論で言えば、実態としては人殺し・テロリストである安重根と、渋沢栄一を並べて論ずる時点でアウトだろう。例えとしては最悪のチョイスで、乙武氏を言論人と位置付けた場合、そのチョイスのセンスは恥ずかしいレベルのものである。 

 乙武氏が言いたかったことは、過去の歴史を振り返ったとき、南鮮民族には彼ら独自の考え方もあるのだから、そういうことを批判するのではなく、もっと彼らの信条を慮れということなのかもしれない。この考え方を更に能動的に進めていけば、「日本はなにか新しいことをやるときに、先ずは近隣諸国からクレームが来ないかどうかを考えましょう。もしクレームの可能性があるなら、その企画は止めておきましょう」ということになる。そのものズバリ、戦後民主主義の価値観だ。

 「和を以て貴しとなす」を民族の価値観としてきた日本人は、特定アジア三国にもその価値観が通用すると勘違いしてきた。或いは、通用すると思い込まされてきた。だから、戦争に負けたことによって植え付けられた贖罪意識も相まって、中共や朝鮮にも「和」に基づくアプローチをしてきた。しかし、その価値観は日本文化独自のものであり、それが通用しないばかりか、巧みに利用されていることに、日本人はようやく気付き始めたのだ。

 乙武氏の思想は、戦後民主主義が幅を利かせていた時代には容易に受け入れられただろう。しかし、いまは違う。ひと言で言ってしまえば「古い」のだ。まぁそういう話以前に、乙武氏はたとえ話のセンスを磨いた方がよさそうである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/04/23 07:10 ] 外交 | TB(0) | CM(9)
こんなこと言ったら、韓国が新しい紙幣を発行する時、本当に安重根を選びますよ~。 サジェスチョンしてどうするんですかねぇ。
奴らの行動規範は「日本が嫌がることをする」なんですから。

新紙幣を発行するまで韓国が持つのかと言う点はさておいてw
[ 2019/04/23 08:17 ] [ 編集 ]
らしくて良いじゃありませんかw
南鮮のお札の顔が今までどんな人物を起用して来たのか全く存じませんが、仮に南鮮がテロリスト・安重根をお札の顔に起用しても、或いは慰安婦老女の顔でも、私は問題だとは思いません。
余所の国の事ですもの好きにすれば~って感じです。むしろあの国らしいじゃないですか。

渋沢翁のお顔が南鮮人の渡航を阻んで下さるのなら、これほど良いことは無い。 厄除けお札を拝みたいですw

それより、乙武氏は何事もそのように他者や隣人に気を使い相手に譲歩して生きてきた人なのでしょうかね?
そうであれば、それなりにご立派(だからと言って正しいとは全く思いませんが)。そうでなければ、薄っぺらな綺麗ごとを言う嘘つきなんだろうな、と思うだけ。

「和を以て貴し」も闇雲に「和」だけを優先しろ、という聖徳太子ではない筈です。
ご自身が、譲れないものを護る為には敵とした物部氏と戦い潰しても居ますし、遣隋使に持たせた毅然たる文書などを思いますと、各々自主を確立して心静かに和する努力をせよ、という難しい教えだと思います。
和するにも相手は選びたいw

護るべきものを護れないで相手を慮るのは、いい人ぶった単なる惰弱ではなかろうか。
[ 2019/04/23 09:12 ] [ 編集 ]
ぱよちんだから
ぱよちん乙武はただの偽善者www
ゴキと同じで相手にするだけムダwwwwwwwwww
[ 2019/04/23 09:46 ] [ 編集 ]
マイノリティのコメンテーター
障害のある方やLGBTなど、マイノリティ代表としてテレビに出演する事が度々あるが、そもそも一般と比べると絶対数が少なく、その中からの人選なのでミスキャストとまでは言わずとも、出演そのものに腑に落ちない点は否めない。

ただし、彼らにも仕事の選択の自由や発言の自由は当然としてあるので、キャスティングに問題ありと言うよりは個人の資質に問題がある様に思う。

そういう意味では、彼らにはより高度な知識を身に付けて頂いて、キャスティングの無理矢理感を払拭させてくれる様なコメントを期待したい。
[ 2019/04/23 10:21 ] [ 編集 ]
自らが空疎だと、他人が、只管気になるもの。
コリアのお札に、何方の肖像が使われているのか、
何の関心も無く、知りませんでしたが、wikiに拠れば
一万ウォン札は、世宗王らし。

序に、世宗王時、明への「処女進献」、最多だった。
「コリアでは、世宗は名君とされているため、
このことは、国内では、全く知られていない」とかや・・・

「進献する処女」を選ぶ数か月間、
子女を持つコリアンは、血も凍る地獄の日々・・・

聡明な、高木正雄こと朴正熙・著『国家・民族・私』に拠れば、
「・・・この、あらゆる悪の倉庫のような我が歴史は、
むしろ燃やして然るべきである」
コレ、国の素顔を知る、限られた方の心情。

ファンタジーに染め上げられた教育に酔う、一般のコリアンは、
テロリストを「義士」に仕立て上げ、悦に入る。
李舜臣なる凡庸な指揮官も、偉人に変貌させて喝采。
「独島は我が領土」なる歌を、幼児も歌い踊る。
「独島艦」の遊弋に御満悦。

ナニモカモ整形し、整形したことを忘れてうっとりする。
コリアの小学生は、しばしば、教師に問うとかや、
「我が国は、どうして、世界で人気があるのですか」と。

[ 2019/04/23 14:42 ] [ 編集 ]
Q「我が国は、どうして、世界で人気があるのですか?」
A[それはね、大変に珍妙な国だからだよ」
[ 2019/04/23 17:11 ] [ 編集 ]
「紙幣が魔除け」はイイネ!
一般の(常識的な)日本人が、韓国の紙幣なんか実物を見る機会はまずありません。南鮮大統領とその一派が阿っている北朝鮮の紙幣(あればだけど)ともなれば、写真でも見たことない。

日本の紙幣に「渋沢栄一さん」が選ばれた経緯を知るにつけ、歴史の事実としては、韓国の近代化にも寄与したわけですが、それを間違った歴史認識と感情論で血相を変える様を見せてくれれば、彼の国の異常さの実態の認知度が一段と増すと言うものです。結構、結構。

韓国も負けずに、紙幣に安ジュングンでも徴用工でも、採用してそのわけを世界に発信すれば、日韓断行が着実に100歩くらい前進するというものです。
世界の人々の韓国の生態認知度もあがれば鉄壁です。結構、結構。
まあ、韓国の紙幣に関心を持つ外国人がどれほどいるか、はなはだ疑問ではあるけどね。
[ 2019/04/24 00:32 ] [ 編集 ]
Q「我が国は、どうして、世界で人気があるのですか?」
A[それはね、ヒトの姿をしたゴキが生息する国だからだよ」www
[ 2019/04/24 11:56 ] [ 編集 ]
と、意味不明なことを書いている。
ゴキとしか書けない言語能力の貧弱さ。
[ 2019/04/24 19:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ