FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  総理の新喜劇出演がダメなら、芸人もTVで政治を語るな

総理の新喜劇出演がダメなら、芸人もTVで政治を語るな

← 応援クリック、ありがとうございます。

 吉本新喜劇に安倍総理が登場した。大阪の補選と、G20の舞台になる迎賓館の視察という目的だったそうだが、その合間を縫って新喜劇に出演するとは、なかなか気が利いたスケジュールアレンジだ。

安倍首相、吉本新喜劇に出演「四角い仁鶴がまあるく…」 (朝日)

 安倍晋三首相は20日、大阪市を訪れ、議長国として6月に開く主要20カ国・地域(G20)首脳会議で使う大阪迎賓館などを視察した。吉本興業のお笑い劇場「なんばグランド花月」で吉本新喜劇にも出演し、G20への協力を呼びかけた。(中略)

安倍総理、吉本新喜劇に


 吉本新喜劇60年の歴史で現職首相の出演は初めて。演目の途中に「経済に詳しい友達」として登場した。G20で各国首脳が大阪に集まり貿易摩擦や地球温暖化の問題を議論することを紹介し、「大阪ならではの解決方法もある。『四角い仁鶴がまあるくおさめまっせ』という形で解決策を見いだしたい」と、落語家・笑福亭仁鶴さんのせりふを引いて語った。交通規制への理解を呼びかけ「(G20を)みんなで成功させたい」と続けた。(以下、略)


 なんばグランド花月に来ていた観客にとっては、予想もしないサプライズだ。総理が登場した前後は、客席のざわめきは暫く収まらず、出演者が戸惑いを隠さなかった。安倍総理といえば、2014年3月に「笑っていいとも」に出演し、その大胆ぶりというか懐の深さというか、過去の歴代首相にはないものをお持ちだ。今回の吉本新喜劇も文字通りのサプライズだが、関西のニュース番組等に出るのに比べ、何倍ものインパクトを持つはずだ。ニュースと違い、新喜劇は庶民の娯楽だからである。

 さて、この新喜劇出演を批判するのはいつものアベガーなら当然のリアクション。「選挙目当てだろ」とか「場をわきまえろ」など、いつも通りの罵詈雑言がSNSの一部に吐き捨てられ、批判の的は「権力の犬」などという言葉とともに、吉本にも向かっているようだ。安倍総理のやることなすこと、すべてが気に食わない人がいて、総理の一挙手一投足に文句を言いたい病は、南鮮の火病とよく似ている。総理側も一定程度の批判は織り込み済みで、大阪市民、府民に直接語り掛ける場として新喜劇を選んだのだと思われる。

 「場をわきまえろ」という批判は当たらない。今や、どこぞのタレントやお笑い芸人が、公共の電波を使って政治を評論する時代だ。ほとんど観る機会はないが、録画やYouTubeで確認する限り、論評するのは政治、外交、経済に一定程度の見識を持った人ばかりではない。場違いのキャラクターが、公然と政治に対して持論を晒す時代に、総理の吉本新喜劇登場を批判するのはダブスタというものだろう。

 しかし、総理が出演した新喜劇が、歯に衣着せぬ総理批判を展開するウーマン村本や星田英利が所属する団体の本丸だったという皮肉が、かなり愉快だ。村本自身はこの報道を受け、「たしかに喜劇向いてる。何回、沖縄のことでズッコケさせられたか」と皮肉を込めたつもりのツイートを発しているが、その声は新喜劇を観に来ていたファンに響くのだろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/04/22 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(5)
リオデジャネイロでマリオのコスプレをやった時もそうでしたね、特亜以外の各国からは「お茶目なリーダーだ」と好評だったように記憶してますが。
総理のやることなすことすべて気に入らない輩には、あからさまな人気取りに見えるんでしょう、しかし、普段政治に興味を持たない層からすれば、無暗に批判するのは野暮に見えるのでは? 
結果的に「あの人たりは何でも反対、何をしても批判する人たちなんだな」と思われるだけのような気がしますがねw
そもそも国会をサボって遊んでるやつらに批判する資格はないですよね。
[ 2019/04/22 07:59 ] [ 編集 ]
へぇ!
関西に住んでるが、今日初めて知った。
話題になってなかったねぇ

[ 2019/04/22 12:46 ] [ 編集 ]
マスコミに言いたいこと
とにかく反対のための反対。
安倍首相をディスることだけが生きがい。
そういう連中に言いたいことがあります。
靖国の榊に中韓がどう思うかとか大きなお世話
躍起になってご注進しても中国は無反応。
それどころか海上自衛隊の護衛艦「すずつき」が21日青島に入港。
翩翻と旭日旗を翻して。
これが冷徹な国際関係の本質であって、中国はいつでも手のひら返す。
安倍政権が安泰だからこそ国益が守られる。

何が旭日旗は日帝支配の象徴だっつーの。
中国は国際常識に則り旭日旗を受け入れているじゃないの。
韓国は中国にはケチさえも付けられない。
骨の髄まで染みついた事大主義は滑稽を通り越して哀れ。


モリカケがどうとか大騒ぎしていた日本のマスコミ諸君!
ここまで中国がすり寄ってきたことにな~んの評価もなくスルーってどうよ。

互恵的戦略関係を唱え、毅然たる姿勢を貫いた安倍外交の勝利以外の何物でもない。





[ 2019/04/22 13:34 ] [ 編集 ]
負け犬たちの遠吠え
きゃんきゃん五月蝿いですね。

ほんとに器のちっちゃな小物の負け犬たちが、
雁首揃えてきゃんきゃんきゃんきゃん。
まるっと、想定通りのパフォーマンスしかしない。
脳内の言語中枢に他の語彙をもたないのでしょうか。

あまりに知的レベルが低くて、呆れます。
これでは返ってまた支持率が堕ちるでしょう。
こんなアホ丸出しな人間しかいないなんて。

ここで、ちょっとはウィットにとんだ懐の深い返しが出来れば
少しは世間の受け止め方も変わったでしょうに。
やるじゃん、みたいな。惜しいチャンスを逃したものです。

まぁ、真面目に批判しているつもりかもしれませんが、金太郎飴のごとく、いつも同じ繰り返しのため国民に全く響くこともなく、むしろ彼らの発言の重みさえ無くなりましたね。
自業自得、因果応報ってとこですか。
[ 2019/04/22 17:46 ] [ 編集 ]
人気はとれたらいいじゃないか
人気取りで何が悪いの?
ただただ人気を取りたいだけの野党党首が仮に吉本の舞台に出ても人気がとれるとは思えませんね。
人気を取れる個性というものが安倍総理にはあります。
逆に役人任せや大阪行政トップとだけの交渉であったら、それもまた「国民に触れ合わない」「独断」ナンタラカンタラとアベガー輩は謗るのでしょうよ。

ネット情報に疎い関西住まいのブログ訪問者も居られる様ですが、ネット情報取得に然程得手ではない私も、この動画は偶然ですが拝見出来ました。

各国政財閣僚が集まる種類の国際会議場になるのが東京よりは少ない大阪の方々に、交通規制への協力と会議成功の為の協力を要請するのが目的の御出演の様で、これでお願いを伝達できたとは言えなくても、ネットと人口を介して開催間近までには広く伝わる方法として良かったのではないかしら。
特に一部大阪は交通ルールが自主的に緩い実績のある地域の一つの様ですから、角張った「通達」より「お笑い」で伝えられる方が好意的に伝わるでしょうから、ベターな選択だったと思います。

安倍総理の御出演より、総理ご案内役の役者さんの赤地錦の上着の仕立ての良さに感心してしまいましたw
[ 2019/04/22 23:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ