FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  南鮮で三菱重工業の資産差し押さえへ ~ 日本政府は南鮮へ痛みを伴う対抗措置を

南鮮で三菱重工業の資産差し押さえへ ~ 日本政府は南鮮へ痛みを伴う対抗措置を

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日の参院予算委で、自民党の有村治子氏が質問に立ち、南鮮海軍の火器管制レーダー照射事案について、岩屋防衛相を質した。有村氏は「日本のラインから謝罪を求めるという言葉は出ていない。何故、やられた方なのに謝罪を求めるということを言わないのか。もう少し、私たち国民にわかるようなかたちでお話しください」と、いま国民が大いに問題視している南鮮との外交について質問したが、その際の岩屋防衛相の答弁は、国を憂う国民に脱力感を与えるようなものだった。

 「強く抗議をし、再発防止を求める。えー、そういうことでですね、私どもの主張は先方にしっかりと伝わっているという風に考えております。」


 私がテストの採点者であったなら、岩屋氏のこの回答には零点を付けるだろう。有村氏は「伝わっているとすれば、何故彼らが『日本の対応は無礼だ」と言い、そして日本に対して謝罪を求めると言い続けるのか、大変不可解だ」とため息を漏らすようなコメントを残したが、国民の多くは同じ気持ちだと思う。私たち国民が知り得ぬ水面下の会話や米国などからの圧力があるのかもしれないが、少なくとも、これらの南鮮の発言は、自衛隊や防衛省ではなく、国と国民が侮辱されたというのが実感だ。防衛省はかろうじて、海自の観艦式に南鮮軍を招待しないという報復措置は見せたが、必要なのは南鮮とともに、日本国民に対するメッセージだ。岩屋防衛相の対応は、国民の理解を得るという点においては落第である。

 三・一なんちゃって解放記念日以来、おまつり気分なのが南鮮だ。朝鮮半島の東側に位置する蔚山(ウルサン)では、3月1日にあわせ、日帝強制徴用労働者像なるものが出現したそうだ。場所は公園内という公共の場で、除幕式には同市の市長も参加したというから、市公認のシロモノであるようだ。そういえば、首都ソウルの市議会では「日本製品不買条例案」なるものが俎上に上がり、同市市長が、市庁や区庁で使用されている日本製品を国産品で代替する検討を示唆していた。市庁や区庁などと小さなことは言わず、半導体も含めたあらゆる物品を対象にした不買・不使用運動をやってもらいたいものだ。

蔚山の強制徴用労働者像
日帝強制徴用労働者像なるもの(蔚山)


 さて、昨年末から問題が俄か先鋭化した、朝鮮半島出身応募労働者(いわゆる徴用工)の訴訟問題に関し、南鮮国内で遂に具体的な措置が動くようだ。

三菱重の資産、差し押さえ着手へ=徴用工訴訟で韓国原告側

【ソウル時事】韓国最高裁が三菱重工業に賠償を命じた元徴用工らの訴訟で、原告弁護団は4日、同社の商標、特許など韓国国内資産について、強制執行(差し押さえ)の手続きを近く開始すると表明した。
原告弁護団は声明で「三菱重工業は、われわれが期限として提示した2月までに交渉要請に応ぜず、信頼構築と和解の機会を自ら放棄した」と批判。「今や他の道はない」と宣言した。
原告側関係者はこれまで2回にわたり、三菱重工業の本社を訪れ、2月末までに同社から協議に向けた「誠意ある回答」がなければ、資産差し押さえなどを検討すると警告していた。


 最初の一手は南鮮側に出させるべきだろう。彼らが三菱重工業の資産を僅かでも差し押さえれば、日本にとって対抗措置の理由ができる。そしてその対抗措置は、南鮮側に痛みを感じさせるものでなければならない。南鮮が中共に強く出られないのは、華夷秩序や事大主義である前に、苦痛を味わうからだ。南鮮が米国に従ってTHHAD配備に動いた時の中共は、手段を択ばぬ対抗措置に出た。こういう苦痛を、日本も与えなければならないのだ。

 こちらが甘く出ればつけあがるという南鮮の習性は、いやというほど経験しているはずだ。企業の戦後賠償訴訟は三菱重工業の後にも続く。それらの訴訟も踏まえ、今後彼らが日本に対して法秩序を逸脱せぬよう、また、無礼な物言いをしないように、日本は強硬な対抗措置を取るべきだ。対南鮮外交に関しては全く評価できない安倍内閣は、失地回復するチャンスを逃すべきではない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/03/05 07:09 ] 外交 | TB(0) | CM(3)
本当に岩屋防相には呆れ果てて溜息しか出ません。
米国の意向があるとしても、主権国の防衛大臣の気概が少しでもあるなら、こんな無気力な答弁が出る訳が無い。
この大臣、今までの南鮮の対日傍若無人な言動に一切感じるものが無かったのだろうか?

こんな防衛大臣を今は置いておくとしても、制裁或いは断交は政府が出来ることですから、いい加減性根を据えて臨んでいただきたい思いがいっぱいです。
<日本企業が南鮮で儲けているから制裁は日本の損になる>などと言う南鮮滞在三十年(時には四十年と言いますが)ジャーナリストも居られますが、それなら日本は商人国家で生きてゆくのか?
ならば、憲法改正などする必要も無く、ただただ利害得失だけで国家運営するしかなかろう、と言いたくなります。
その先の不幸は考えたくないけど。

制裁は、一概に得失だけを意味しません。
国家というより国体さえも汚された日本が、主権に賭けて断固とした意志を示し、二度と侮辱させない。そして国家を護る隊員の身の安全には国を挙げて措置する覚悟を世界に示す政府でなければ、この先が思いやられます。

国交断絶でも良いぐらいの文在寅政権の悪態に、抗議と遺憾と重大な疑念の伝達が、相手に多少なりとも危機感を感じさせていると、もしも思う政権なら・・・アホだわ。

三菱重工の差し押さえられる物件が、商標や特許ですか。
商標は差し押さえた後、どうするんだろ?
特許の差し押さえも、南鮮内でしか効力が無い?それを使った製品を輸出したら、その先で訴訟沙汰wかな?

「日本企業に損失を出したら強い対応をせざるを得ない」と言った政府ですから、何等かの勝算はあるのでしょうけれど・・・するかな?
[ 2019/03/06 03:05 ] [ 編集 ]
彼の勢力からしたら英雄か?
韓日議員連盟のメンバーですからね。

この御仁にとってのスタンスは常に彼の国優先で
何もしないし出来ないでしょう。
[ 2019/03/06 03:40 ] [ 編集 ]
政府が「今から経済制裁致します」と宣言せずとも,静かに売買を終わらせている企業はあるかも知れませんね。政経一致で。
その場合は表には分からない訳ですが、部品調達終了&契約更新無し、社の撤退等は深く静かに進行中、という事も有り得る様に思います。
[ 2019/03/06 17:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ