FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  居直る南鮮相手には、手段を択ばぬ外交戦と制裁だ

居直る南鮮相手には、手段を択ばぬ外交戦と制裁だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南鮮海軍の艦船が自衛隊P1哨戒機に火器管制レーダーを照射する直前、彼らが北朝鮮船舶を「救助」していたと主張するその場面で、海上自衛隊は北朝鮮船舶の救助信号を受信していなかったそうだ。救助信号を発していない船舶に、日本のEEZ内で横づけに等しいランデブーをした南鮮海軍だが、「あそこで会いましょう」などという事前の打ち合わせがなければ、信号すら出していない北朝鮮船舶とのランデブーは成立しようがない。瀬取りや燃料補給の噂が囁かれているが、いずれにしても後ろめたいランデブーだったと疑われても致し方なしである。

 昨日10日、注目された文在寅の年頭記者会見が開かれた。いわゆる徴用工訴訟判決に関しては、「日本の政治家が政治争点化し、問題を拡散するのは賢明な態度ではない」と日本側の反発を批判した。加えて、「韓日が新たな外交関係を結んだが解決できなかった問題がある。韓国が作ったのではない。日本政府は、もう少し謙虚な態度を示すべきだ」と、日本の外交姿勢を批判した。

文在寅


 ユスリ、タカリの常習犯が謙虚さを求めるとは恐れ入る。自分の息がかかった司法に、条約を反故にする判決を出させ、「南鮮にも三権分立があるから介入は不可能」とし、その解決を日本側に求めるというメカニズムである。これを一般にマッチポンプというが、南朝鮮の常套手段は既に多くの日本国民がお見通しである。

 「解決できなかった問題」という言葉の使い方は、あらゆる面で完全に間違っている。請求権協定締結の際、日本側は南鮮政府に個人補償を持ちかけたが、南鮮政府は「その必要はなし。まとめて政府に払え」と何度も突っぱねている。議事録があるから、この経緯は南鮮も否定しようがない。そして、それらの問題は54年前の日韓基本条約、請求権協定において「完全かつ最終的に解決した」のだが、解決してしまえば日本を揺すり、また、日本にたかることができなくなる南鮮が、歴史的事実と合意に反し、今も解決を望んでいないのだ。

 文在寅は、「日本の政治家が政治争点化」していると批判した。しかし、自身が仕えた廬武鉉を含む歴代政権が、日本への請求を断念した戦時労働者問題を、ちゃぶ台返しで政治論争化した張本人が、他ならぬ文在寅なのだ。論点はすべて事実とは逆張りである。自分自身が政治問題化したイシューの責任を日本に押し付け、未来志向を唱えながら実は自身の心中には過去の歴史問題しかない。

 文在寅は日韓の論争を「拡散するな」と言い、いわゆる慰安婦問題を丸投げされた首相の李洛淵も、日本政府に「自制しろ」と言っている。つまり、戦時労働者問題を散々取り上げたり、レーダー照射事案でプロパガンダ映像を八か国語も作っておきながら、実は国際社会の判断に任せることはしたくないのだ。もしそうそうなら、日本政府は国際社会への情報供給量をどんどん増やせばよい。来るべき制裁の段階で、国際社会の支持を得るためには、必要なプロセスだ。

 日本政府は、日韓請求権協定の第3条を発動し、南鮮側に協議を求めている。制裁まで一足飛びにはいかないことに歯がゆさを感じる者の、条約を破る南鮮に対し、条約に則る姿勢を示すことも必要なのだろう。事務交渉から次元がステップアップしたことで、南鮮の首は締まる。協議に応じなければ、第三者を入れた交渉、つまりICJや国連というステージが待っている。

 この無礼な反日国家相手に、手段を選ぶ段階はとっくに過ぎた。思う存分、南鮮を締め上げるべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/01/11 07:07 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
 日本政府も、一度くらい特攻隊の精神で韓国を震え上がらせてみたらどうだい!
[ 2019/01/11 09:43 ] [ 編集 ]
もうね、いつもの軽口も出ませんよ。
たかるだけたかって、馬鹿にするだけ馬鹿にして、「そっちが悪い」ですからね、大使の召還とビザの復活、これくらいは明日といわず今日にでも実行してもらいたいです。
それにストップをかけようとするヤツは、利益に目がくらんで大和魂を無くした輩です。
[ 2019/01/11 09:53 ] [ 編集 ]
〇朴槿恵さんの時は、対北朝鮮という政治姿勢の、国際世論の支持もあり、日米共に経済的には協力関係にあった。その貿易による恩恵も、親北朝鮮、対日対米の文政権になり、使い果たしてきたようだ。

〇産業の優位性では、韓国が失速した分、今まで協力してきた日米は、自国の伸びしろを得たようなものだろう。日本国としては、韓国に工場を造るよりも、親日国の台湾や東南アジア、オーストラリアなどに展開したほうが、面倒事もなく仕事もスムーズだ。米国、英国、インドなどの経済協力関係、TPPやEUとのEPAもある。反日で困るのは、日本人ではなく、韓国人のほうではないだろうか。

〇中国が、いまだ固定金利で相当量の国際貿易をしていることは、世界の貿易不均衡の元凶といえるだろう。G7やWTOなどで、変動相場制ではない国の貿易額には、一定の上限を設けることを検討すべきではないかと。

〇実経済と金融経済とのバランスのために、その取引の境にはトレード相場(実経済全体と金融経済全体の間の取引全体に対する変動相場)のような概念も、導入が必要なのかもしれない。

〇宇宙開発を、大いに進めている国は多いが、地球ほど人間に適した環境の星は、そうそうないだろう。宇宙開発予算程度の地球環境保全予算は、必要ではないだろうか。
[ 2019/01/11 10:33 ] [ 編集 ]
条約破り
先日産経のコラムにあったのですが、
南鮮では今は見なくなったものの最近までは、家の外に出てきて道行く人々に自分たち夫婦喧嘩の始終を喚き、如何に自分が正しくて相手が酷いかを大声で訴える光景がよく観られたものだ、と。
今回の南鮮大統領と首相の異様な発言は、あのクニでは恥ではないのかもしれません。

とはいえ、仮にも一国の大統領と首相がこんな理不尽を滔々と騙るクニを真面目に相手をしているのも愚の骨頂で、相手がそうなら日本はひろ~く距離を置くことに徹底するのが一番だと思います。
もしかしたら文は日本から離れたくて次々と度し難きことを仕掛けてきているのかも知れませんね。親の故郷の北が恋しくて、宗主国様の経済的国際的苦境にも寄り添いたくて。

1965年に日韓基本条約と共に、請求権・経済協力協定、漁業協定、在日韓国人の法的地位協定、文化財及び文化協定の4協定が締結されましたが、そのはじめはこれもGHQの斡旋に依るものだそうで、日本がサンフランシスコ講和条約を結んだ一ヶ月後には日韓国交正常化に向けた予備会議が開かれた、と。

ですが、なにせあのクニですから些細な発言で何度も席を蹴って決裂w。で、予備会議から14年かけて成立したものだそうです。
米国は南鮮援助で財政的に問題になっていて、日本に肩代わりさせるのが目的、という毎度のパターン。なので決裂の度に早期交渉再開を両国に働きかけた、と。
つまり、米国はこの条約と協定交渉を具に観察していた訳ですね。
日韓の当事国に、米国と言う証人が居る条約&協定です。

何につけても、南鮮は国家間の約束を守れない、守らないクニである。だけではなく、相手国に滅茶苦茶な理屈で責任転嫁して恥じないクニである、と自ら正体を曝した事は、殺意が湧く程腹は立つけれど日本にとって誰(変態朝日も)憚ることなくタカリの底なし沼から脱出出来る良い機会だと考えます。二度と戻ってはなりません。
日韓議連を潰したい。

金正恩が列車で北京往復致しました。
北の列車は時速30キロ前後でそれも何度(日)も停止し、休暇で帰郷する女性兵士が車中で餓死した、というニュースも昨年ありました。
イダイなデブ様の列車を満足に動かす為の、瀬取り、だったのか?
[ 2019/01/11 14:14 ] [ 編集 ]
追記
手段は選んだ方が良いと思います。
国際ルールを守らないクニとの際立つ差を国際社会に印象付ける為にも。

ですが、手順を正式に踏んだ後は、速やかに遠く離れて締め上げましょう。日本ならそれが出来る手がありますから。
[ 2019/01/11 15:23 ] [ 編集 ]
無法国家・韓国
徴用工の判決には、文大統領は韓国にも三権分立があると答え責任転嫁を画策しようしているが、司法とその三権の上位に立つ統治権は韓国になく、無法国家であると世界に表明したのと同然である。その無能ぶりは歴代最低の大統領あり、弁護士出身とあるが、思考能力は小学生以下ではないか。
[ 2019/01/11 22:03 ] [ 編集 ]
日本にとって最高の支援者:文大統領!!!
 昨年来の韓国が日本にやってきたことは、政界は言うに及ばず外務省、野党や財界を含めて過去のすべての韓国支援者を敵?に回す素晴らしい行動です。
 これで100年来、政財界の朝鮮との癒着により日本国民はイライラの連続でしたが漸く福沢諭吉先生他先人の指摘されたことをすべての日本国民が理解できるようになったと思います。
 もはや韓国側に立って発言しようものなら、日本にはおられない雰囲気でしょう。
 韓国の行動をしっかりと批判する意見を政府や霞ヶ関や政党に送りつけ日本人が怒っていることを認識してもらえば政府も引き下がれないと思われます。
明治の先人の教えを次の御世でようやく実行できそうです。
 これもネットが真実を拡散できるようになったからでしょう。今後とも発信よろしくお願いします。
[ 2019/01/12 10:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ