FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  レーダー照射、戦時労働者訴訟 ~ 南鮮とは表で喧嘩しろ

レーダー照射、戦時労働者訴訟 ~ 南鮮とは表で喧嘩しろ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 みのもんたが自身が司会を務める番組「よるバズ」で、火器管制レーダー照射事案について、見事な論点ずらしの発言をしている。

「この(レーダー照射)問題は、韓国、朝鮮半島と日本の長い歴史の経緯がある。間違ってた間違ってないだけの考え方で判断しない方が良い。色んなものを加味した方が良い。その辺安倍さんは考えてると思うけど、考えてないかな?」


 こういう無責任で無知な老人が多すぎるから困ったものだ。火器管制レーダーを照射されるというのは、目の前にいる人物に銃を突き付けられる状況だ。つまり、「殺すぞ」と脅されたに等しいのである。それは「間違った、間違っていない」という問題として語ること自体がおかしい。少なくとも自衛隊員という同胞がそのような暴挙の的になったこと自体を怒って当然ではないのか。

 そして、過去の長い歴史を勘案してというアプローチも、やり方も考え方としても同意できない。そういう一歩引いたスタンスで南鮮に臨めば、南鮮を居丈高にさせる効果しか生まず、話し合いすら成り立たなくなる。そういうアプローチで南鮮に押し込まれてきたのが日本の対韓外交だが、過去の外交関係で何が生まれたか。ゆすり、たかりの類しかないのではないか。

 少なくとも“契約上”は、日韓基本条約と請求権協定の締結によって、そのような前提は取り払われたと考えるのが外交関係である。感情はそれぞれが持っていいが、その感情を外交関係に影響させない“装置”が基本条約・請求権協定である。条約は国内法よりも重く、優先されるべきものだ。そういう常識が、国内法のみならず、国民感情で反故にしようとしているのが今の南鮮という国なのだ。「色んなものを加味」するから、何時まで経ってもタカリが終わらない。

 岩屋防衛相は、南鮮側が照射の事実を認めず、証拠を出せと主張していることに対し、「お互い『秘』をかけた状態で(電波情報を)交換することは協議の行方次第であり得る」と語った。電波情報は防衛上の秘密にあたるため、一般公開はしないという。しかし、そのようなことをしても、問題解決にはならないだろう。第三者が不在のなか、表に出ない証拠を渡したところで、南鮮側が認めるわけがない。日本のデータは捏造だと声高らかに叫ぶだけだ。捏造で成り立っている国家だということを、何時になったら理解するのだろうか。密室での議論など、何の役にも立たない。

 さて、南鮮との間のもう一つの外交問題である戦時労働者の件では新展開だ。いわゆる元徴用工訴訟の原告側が南鮮国内にある新日鉄住金の資産の差し押さえを申し立てた問題で、大邱地裁浦項支部が申請を認める決定を下したという。「差し押さえを通じて資産が保全されても、現金化手続きは残っている」と、新日鉄住金の資産を人質に取り、ゆすりを開始するというのだ。

徴用工


 「冷静な冷静な話し合いで問題解決を」と主張する人たちも多いが、このようなチンピラまがいの暴挙をして恬として恥じない国家との話し合いは、歴史が証明している通り、まともなかたちでは成立はしない。安倍総理は6日のNHKの番組で、具体的措置の検討を関係省庁に指示したとし、河野外相は7日、「日本企業に不利益が生じるようなことになれば、直ちに取るべき手段を取らなければならない」と語った。

 日本政府は、南鮮をこれほどまでに甘えさせた責任は日本にもあるということを自覚し、その甘えが今後は通用しないことを相手方が悟るまで、突き放すしかない。そしてそれを、国際社会に示さなければならない。「撃つぞ」と脅され、条約まで勝手に破られて、それでも友好なんてことを主軸に据えるなら、それはもはや国家とは言えない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/01/09 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(6)
一つの事象を巡って関係国はそれぞれの立場でモノをいうのが世界の常識です。日本は日本の立場で主張するのが唯一最良の道でしょう。
立場が違えば意見は違うのも当然の国際社会。

無駄に相手に合わせたり、特に中鮮の都合を優先的に慮り、酷い者は阿諛追従までする日本人の一部が、逆に日本との関係を歪なものにしてきたのがこれまでの大失敗なのですから、そうしてきた売国行為ともいえる彼らには目に見える形で責任を取って欲しいぐらいです。

何の理由があるのか?みの氏の様に勝手に日本を代表する様な言動で「物分り良い人間」を演じても、それは日本国の為にはむしろ損害を与えている行為だと思います。

今まで日中韓の間にエンドレスの懸案事項を齎してきたのも、相手国人ではなく、日本人だという事も隠せません。
私たちは、みの氏もそういう連中の仲間だと思えばいいのでしょうかね?ご本人が明確に立場を表明されるのが一番なのですがw

日韓基本条約の二条に
 1910年8月22日以前に大日本帝国と大韓帝国との間で締結された全ての条約及び協定は、もはや無効であることが確認される。
とありますから、1965年6月22日に調印された戦後処理の日韓基本条約と請求権協定を含む4協定を以て、「長い歴史の経緯」は管理人様の仰る通り、消えているのです。
あとは互いの個人的な記憶の中の事で、そこまで国際政治は関われません。

岩屋防衛相の「秘をかけた情報交換」など、何を言っているんだ!です。この期に及んで、あのクニがマル秘であれ極秘であれ、守ると思える自民党議員が居ることに驚きです。
日本からの情報は取敢えず北に渡され、有利だと思えば中共にも進呈するだろう、と推測するのがこれまで切歯扼腕してきた日本人の想いではないのか?

南鮮は今まで電波情報を出せ!風に息巻いていた様ですが、この岩屋氏の「相互」提案には拒否だそうで、それを見込んでの「提案」だったとしても、この危険な賭けは肯えません。

「協議ではなく抗議をしてくれ」という小野寺元防衛相の意見にも「協議を続ける」と答えた岩屋氏の悠長さ。
防衛大臣が必ず勝つ覚悟の「戦術」であることを、細々と期待するしかありません。

似非徴用工裁判の差し押さえ暴挙は、火器管制レーダー事件と違って表に出せる文書類がありますから、河野外相には堂々の論戦と日本企業を護る「とるべき手段」を取って、国民に見せていただきたいです。
それが今後の対南姿勢の範になるように。
[ 2019/01/09 08:20 ] [ 編集 ]
ぱよちんみのの言い分
ぱよちんみのはつまり
日本が南ゴキから嫌がらせを受けても
それ相応の理由があるんだから我慢してゆるしてやれ
ということなのかも。
GHQの占領政策と歪んだ戦後民主主義のなれの果てが
この老醜ぱよちんみのに見て取れるわwww
[ 2019/01/09 08:46 ] [ 編集 ]
今日はまじめにw
結局、みのもんたに代表されるような、『中韓に優しい』論調のマスゴミに加えて、岩屋防衛相のような『なるべく事を荒立てない』態度の政治家がいると、世界から見れば「おや? 日本にも後ろめたい部分があるのかな?」と邪推されてしまいそうです。
日本ももっと怒って見せましょうよ、普段は大人で信頼できるけれど、キレると怖い人っているものです、怒りの対象が正当なものであれば信頼は揺るぎませんし、心して付き合うようになるものです。
日本もそうあってほしいものですね。
[ 2019/01/09 08:47 ] [ 編集 ]
「韓国とのパイプを切断せよ!」
「韓国とのパイプを切断せよ!」
[ 2019/01/09 13:22 ] [ 編集 ]
日韓議連を潰すべき!コイツラの悪さは酷過ぎる!河村健夫なんぞ・わが県出身・まことに恥ずべき男である!
[ 2019/01/09 13:45 ] [ 編集 ]
>「撃つぞ」と脅され、条約まで勝手に破られて、それでも友好なんてことを主軸に据えるなら、それはもはや国家とは言えない。

〇日本国憲法の前文には、

《…、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、…》
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=321CONSTITUTION
とある。

〇その前提が、近隣諸国で成り立たなくなってきた。先の戦争が終わったころは、日本国に相応の畏敬もあったが、今は武力なき日本国を、悪意で軽んずるような兆候が、周辺国で生じつつある。韓国の射撃用レーダー照射問題もそうだし、海上の取り締まりにおいて、日本国の捜査官を一時的に拉致する事案が生じても、中国政府が謝罪するどころか、しらをきるありさまもそうだ。

〇悪い事をしても、すべてごめんで済むならば、警察はいらない。カルロスゴーンさんの容疑についても、フランスでは推定無罪を尊重するよう求める声もあるようだが、推定有罪という容疑がかけられている以上、推定無罪と推定有罪、どちらもあり得る状況ではないだろうか。

〇日本国憲法も、性善説に基づくばかりでは問題がある。もっといえば、性善説だけでは、無辜の市民を守る国家としては、成り立たないだろう。日米安保では、日本国駐留の米軍に何かあったとき、日本国として動けないなら、紙切れになるという懸念がある。同じように、日本国民に「何か」あったとき、日本国政府として動けないなら、もはや主権国家とはいえないだろう。

〇今回の、日本国民たる自衛隊へのレーダー照射、その「何か」のひとつではないだろうか。日本国として、よく対応しているとは思うが、日本国民を守るために強硬に動けない、抑止力も意味をなさないような状況ならば、日本国憲法と国連憲章にも問題があるだろう。改正は、急ぐべきかと。
[ 2019/01/10 19:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ