FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  「押せば引く国」から「押し返す国」「押す国」へ

「押せば引く国」から「押し返す国」「押す国」へ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 平成30年も大晦日となりました。

 今年も大晦日のエントリーを書くことで一年を締めくくることができます。拙ブログをお読みいただき、また、多くのコメントをいただき、ありがとうございました。拍手ボタンやSNSへの拡散なども大きな励みとなり、感謝しております。

 平成30年の政治も、モリカケでスタートしました。去年のうちにとっくに勝負がついたこのイシューに、野党と倒閣メデイアはひたすら固執し、国会はひたすら時間を浪費するのみ。彼らには日本を良くしたいなんて思想も信条もないのです。成し遂げたいのは倒閣だけ。そんなことをやっていながら、立民の枝野など、「一日も早く政権を取る」なんてことを言っている。バカも休み休みにしてもらいたいものです。

 秋には自民党総裁選があり、安倍総裁が三選を果たしました。この総裁選、自民党支持者には、石破氏が馬脚を現した選挙として記憶されたことでしょう。安倍総裁との違いを表すのはいい。但し、逆張りオンリーでは、批判だけの野党と同じ。安倍総理の足を引っ張る事象が頻出し、石破氏は信を失ったと感じます。自民党の最大の弱点は「安倍後」です。

安倍総理


 一年を通し、常に悩ましい存在が南朝鮮でした。その南鮮が、年末には火器管制レーダー照射という、戦闘行為を示唆する暴挙に出ました。そして、どう考えても嘘だとわかる釈明を繰り返し、謝罪の気配もない。お国柄と一言で片付けるのは簡単だけれど、そういう整理で南鮮をつけあがらせてきたのは我が国自身です。

 かつて中共は、日本をして「押せば引く国」と評価していたといいます。日本に対して強硬な手段に出ても、事態を荒立てることを望まない日本は少し引き、妥協点を見つけようとする。たしかに、今までの日本は、多少なりともそういう部分があったのだと思います。

 しかし、南鮮海軍のレーダー照射事案で、その評価とは真逆の対応を取っているのが安倍政権です。面食らっているのは青瓦台であり、南鮮贔屓のメディア、文化人など。安倍政権は全く引かず、むしろ攻めている。それしか南鮮に分からせる方法はないということを、この政権は熟知し、そして実行しているのです。

 歴史戦や情報戦でも、日本には専守防衛という消極的防衛論が染み付いている。その意味での防衛とは、ことを荒立てないこと、相手の言うことを聞き、妥協点を見出すことでした。引いていたのです。南鮮レーダー照射事案は、そのパラダイムを根本的に転換する、絶好の機会となり得ます。そして、押し戻すだけでなく、こちらから押すぐらいの国家を目指したい。そう思います。

 繰り返しになりますが、今年一年、ありがとうございました。皆さま、佳いお年をお迎えください。

私的憂国の書 管理人
やす




最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/12/31 07:26 ] 政治 | TB(0) | CM(14)
ご苦労様でした
毎日の更新ご苦労様でした.来年以降は半島情勢が大きく動く可能性があります.対馬が最前線となりそうです.そのような情勢の下,本ブログの役割がより重みを増して来るでしょう.
[ 2018/12/31 08:02 ] [ 編集 ]
>平成30年の政治も、モリカケでスタートしました。去年のうちにとっくに勝負がついたこのイシューに、野党と倒閣メデイアはひたすら固執し、国会はひたすら時間を浪費するのみ。彼らには日本を良くしたいなんて思想も信条もないのです。

〇たしかに、モリカケで何が国益となったのか。モリカケのシュプレヒコールが、蕎麦屋さんに与えたイメージダウン、営業妨害ですらあったように思います。蓮舫さん、バナナ某を悪いイメージで連呼されたら、あなたはどう思いますか?年末の年越しそばは、エビのてんぷら付きで、悪いイメージなく食したいものですね。
[ 2018/12/31 09:16 ] [ 編集 ]
はじめまして、毎日拝読しています。
管理人様の論理的で歯に衣着せぬ文章、とても痛快です。
これからもブログの更新楽しみにしています。
良いお年を、天皇弥栄。


[ 2018/12/31 09:25 ] [ 編集 ]
やまとのくにはまほろば
平成から新元号へと西暦とは別の日本国の区切りの年がやって来ます。
面白いものでどうも和暦にはそれぞれ特徴が出る様で「明治維新」という言葉のある「明治」、「大正浪漫」などと言う言葉もある大正、そして「大東亜戦争」という戦争の有った日本人にとりわすれなれない「昭和」、戦後復興から何かぼやっと平和の様だった「平成」と。

特に「大正」という短い元号生まれが大東亜戦争を戦い、そして戦後復興に汗を流し、その資産により現在の「平成びと」がそれなりにも、或いは大いに楽しく暮らせているという恩恵に対して、今も異国の野山に埋もれる先人への気持ちの無さが残念な現日本国です。

さて、米国にトランプ大統領が誕生し、中国は覇権主義をひた走り、北朝鮮も金独裁の為核兵器開発をし、偽同盟国韓国は馬脚を現しと、経済では年末の株価乱高下。
どうも2019年は不穏な空気を感じもします。

既存保守政党は保守不足で、真性保守政党は未だ不在。
ポスト安倍は安全保障政策などでおそらく今後劣化して行くでしょうし。
何故に保守系知識人、言論人、政治家がいながら連帯出来ないのか?
その点、さよくの連携はバラバラでありながらも反日・反安倍という目的に於いて協同が働いている様に見えます。

どうでも良いタレントとかのブログ等支持者数が驚くほど有るのに比較して、必ずしも皆政治的にならなければならないというものでもないですが、繁栄を謳歌出来る基礎中の基礎である政治にもう少し平和ボケした日本人が注目し「保守系ブログ」に参加すればそのすそ野の広がりはさよくの化けの皮が剥がれつつある現在、日本を良い方向に向かわせるのではないかと思えます。

となれば必要なのは国民的保守カリスマの出現とかでしょうか?
でなければやはり保守知識人などの団結とかでしょうか。

https://ironna.jp/

大晦日
[ 2018/12/31 09:26 ] [ 編集 ]
もう、今年も終わりですね。
正直言って、慰安婦問題の最終合意が発表された時は、
「どうせまたあいつら好き勝手に反故にされるだけだろ。」と思っていたんですが、今のところ押し返そうとしているみたいですね。

(弁解するようですが、さすがに当事者の安倍総理は反故にされっぱなしにはできないだろうと思っていました。
ただ、ポスト安倍以降はどうか?と言う点が不安。逆に言えば、韓国は安倍退陣後まで待つのが正解だった。)

そこへきて、徴用工問題やらFCレーダー問題やらと、支持率など政権が安定していて、かつ立場上から譲歩するとは考えにくい安倍政権に次々にケンカを売るあたり、今まで本当に日本が甘く見られていたことがわかります。

かなり前の話ですが、民主党政権から安倍政権に替わるか替わらないかくらいの時期に、
ラジオでどっかの占い師が「安倍晋三にとっては、現在政権を取れる立場にいるのは、政治家として最高のタイミング、最高の運勢」とかいってました。聞き流していただけなので、名前も覚えていませんが、今になってみると、しっかり覚えておけばよかった。
日本全体にとっても、これは大正解だったと言えるでしょう。次の総理はこの占い師に決めてもらいたいです。


一年間、ここのブログで非常に楽しませていただき、ありがとうございます。
来年もよろしくお願いします。

ESW
[ 2018/12/31 13:58 ] [ 編集 ]
NPさん
>その点、さよくの連携はバラバラでありながらも反日・反安倍という目的に於いて協同が働いている様に見えます。

〇小池都知事の政治塾は、失敗に終わりましたが、その試みは悪くないと思います。自民党でも政治塾を開催して、立候補までフォローできれば良いのかもしれませんね。今は、県連の推薦という形のようですから、門戸は狭いかもしれません。


ESWさん
>ラジオでどっかの占い師が「安倍晋三にとっては、現在政権を取れる立場にいるのは、政治家として最高のタイミング、最高の運勢」とかいってました。聞き流していただけなので、名前も覚えていませんが、今になってみると、しっかり覚えておけばよかった。

〇もしかすると、週刊文春(2017年4月26日発売)掲載の、中原伸之さんのことかもしれませんね。
(参考、黙翁日録
http://mokuou.blogspot.com/2017/04/4268211.html
[ 2018/12/31 14:24 ] [ 編集 ]
今年も一年、誠に有難う御座いました。
我が国を憂うコメントに頷いたり人の世の諸悪と矛盾に歯ぎしりしたり
今年も一年、誠に有難う御座いました。来年も健筆(剣キー?)で
我が国を覚醒して下さるよう御期待申し上げます!
またコメントをお寄せ下さる善男の善女の皆様にも
有難う御座いました!!善い年をお迎え下さい・・・
[ 2018/12/31 14:49 ] [ 編集 ]
今年の小さな出来事
はじめまして。

毎日スカッとする記事をありがとうございます。
今年、職場の労働組合で長年「毎日新聞」を取っていましたが、配達所が閉店したのを受けて次に取る新聞について組合員にアンケートをとった結果、産経新聞が1位になり購読が始まりました。現場組合員レベルでは完全に流れは変わってきていると感じました。東京都の公務員労組です。

良い年をお迎え下さい。そしてみんなで良い年にしていきましょう。
[ 2018/12/31 18:18 ] [ 編集 ]
感謝
いつも理路整然とした明解な記事を有難うございました。
国を大事と熱い思いの伝わる記事を書かれた、この一年のご精励には
頭の下がる思いです。

そして毎回、コメントを寄せられる皆様も有難うございました。

皆様、よいお年をお迎えください。
[ 2018/12/31 19:21 ] [ 編集 ]
御礼を申し上げます
お仕事と毎日の記事の更新。 並み大抵のことではございません。
我が蒙を日々、啓いてくださいましたことに、ただ、ただ、頭が下がります。

帝政ローマの諺に「研鑽に励む姿勢はやがて習慣として定着する」と有ります。
これを再現されんかの如き御姿を垣間見ることができたのは幸せでございました。
来年もブログ主様の健筆とコメ欄諸賢の辣筆を祈りつつ・・・
皆様方、良き歳をお迎えくださいますように  <(_"_)>
[ 2018/12/31 22:18 ] [ 編集 ]
一年ありがとうございました
いつもいつもありがとうございました。
毎日寝る前にお邪魔して拝読するのが一日の日課でした。
読み応えがあり、ふんふん、な〜るほど、って、いつも一緒になって憤慨していました。
来年もよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。
[ 2018/12/31 22:53 ] [ 編集 ]
祝! 365日皆勤!
今年も1年間、ありがとうございました。

その内容の濃いこと、書下ろしにいったいどれだけの時間を費やしておられるのか、その割に毎朝7時過ぎにちゃんとアップしておられ、果たして夜は寝ておられるのか、僭越ながら心配になりながら毎日を楽しみにしています。

今の世界は、既に戦争一歩手前にあると私は考えており、日本の存続にとって改憲は急務。2019年は、いよいよ改憲の正念場になると思います。

偽善者と工作員が跋扈する今のこの日本で、それをやっていくことは大変だと思いますが、我々の子孫のためにはどうしてもそれが必要だと思います。

この人気ブログでそれが議論・共有され、国民の意識がそちらへ動いていく年に2019年がなることを切に願います。

私も稚拙ではありますが、議論に加わらせていただければと思います。

どうか良いお年をお迎えください。
[ 2018/12/31 22:55 ] [ 編集 ]
己亥の歳
本職を抱えながらの連日、怒涛の更新に励まれ、感謝と感服致しております。
「今年は何処で発熱されるやら」と余計な事を気にしつつw楽しくお邪魔させていただきました。

早や歳が明けました。
己亥歳、主様と皆さまにとって 
     より佳きお歳でありますことを
        心よりお祈り申し上げます
[ 2019/01/01 01:39 ] [ 編集 ]
私は元活字中毒ですが笑…こちらのブログは読んでいてしっくりきます。文字数は多くないけれど、筆者の方の理解が深く、書く内容が濃く、キチッと論点を押さえているのかなと思います。今年もますます充実のブログをよろしくお願いします。
[ 2019/01/01 02:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ