FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  ローラさんやりゅうちぇるさんは、辺野古だけでなく、普天間をどうするかも合わせて語るべきだ

ローラさんやりゅうちぇるさんは、辺野古だけでなく、普天間をどうするかも合わせて語るべきだ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 タレントのローラさんが、米軍普天間飛行場辺野古への移設工事を止めるよう求める嘆願書に賛同する署名を呼びかけたことが話題となっている。フォロワーが520万人もいる公式インスタグラムに、「みんなで沖縄をまもろう! たくさんの人のサインが必要なんだ」「美しい沖縄の埋め立てをみんなの声が集まれば止めることができるかもしれないの。名前とアドレスを登録するだけでできちゃうから、ホワイトハウスにこの声を届けよう」と投稿したそうだ。

 芸能人の政治的発言は自由であり、芸濃人であろうとなかろうと、ひとりの国民として発言や表現の自由があるから、この発信行為を批判することはできない。むしろ、芸能人にとってタブーとされている政治的発言を、批判覚悟で投稿したことについては、「思い切ったな…」という感想を持つ。美貌はもちろんだが、彼女はおバカキャラを売りにしている部分もあり、事務所にとっては好まざる発信だったのかもしれない。同じく、タレントのりゅうちぇるさんもこの署名活動への賛同を呼びかけ、話題は更に拡大されていく。

ローラ


 しかし、公人としての政治的発言は、賛否両論、様々な意見を交錯させる基になるものだ。辺野古移設反対派はこの発信に便乗し、推進派は真っ向から批判する。反対派の親玉のひとりである玉城デニー沖縄県知事は、彼らの発言を採り上げ、こうツイートしている。


 世間一般の人と比較して影響力のある芸能人であるから、ローラさんやりゅうちぇるさん、その他、玉城が言う「たくさんの方々」の政治的主張には反論しなければならない。ローラさんは美しい沖縄の海を埋め立てるなという。この場合の「沖縄の海」が、辺野古を指すのか、それとも沖縄の海すべてを指すのかは不明だ。「沖縄をまもろう」という発言の文脈からすれば、沖縄すべてを指すのだろう。それなら、「米軍は沖縄から出ていけ」という意味に捉えられなくもなく、主張は反基地運動を展開する土人連中とさして変わらない。

 辺野古の海を埋めるなというだけでは、この基地問題の半分も語っていないことになる。辺野古は、世界一危険な基地である普天間の移設に端を発した問題であり、辺野古埋め立てNOなのであれば、普天間飛行場をどうするかにも言及しなければならない。それ以上に、沖縄を含めた日本の安全保障をどうするのか、迫る中共の脅威から、沖縄を、ひいては日本をどう守るかの言及が必要だ。その最も難しい部分をスルーして、単に「辺野古の海を埋めるな」と主張するだけなら、その主張は単なる理想論でしかない。

 インスタグラムやツイッターの公式アカウントを使って、署名への協力を呼びかけるということは、ローラさんもりゅうちぇるさんも、公人としての立場を利用していることを意味する。決して悪いことではないが、その内容は「番組観てください」とか、「本買ってください」「CD買ってください」とは性質が異なり、国家の安全保障にかかわることだから、「では、辺野古の海の埋め立てを止めたら、普天間はどうする?日本の安全保障は?」と聞かれれば、それに対する見解を表明する責任がある。

 おふたりとも公式のSNSや公式サイトをお持ちなのだから、その辺の主張を公に述べるべきではないか。それがないなら、単なるパヨクの反基地運動と、五十歩百歩である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/12/20 07:08 ] 社会問題 | TB(0) | CM(17)
浅知恵のぱよちんには無理難題
>辺野古埋め立てNOなのであれば、普天間飛行場をどうするかにも言及しなければならない。

浅知恵のぱよちんにとっては無理難題ですなwww
多くのぱよちんは情緒的に反対するだけ。
理論的な裏付けは皆無に等しい。美しい海が土砂で埋まることがけしからんと感じるが、普天間第二小の児童たちの安全は無視。
きっと子供たちの命よりサンゴや魚などの水生生物の方が大事なんだろう。
小笠原諸島の西之島や奄美群島の沖永良部島では美しい海が溶岩で埋められている。辺野古埋め立てに反対するなら地球の火山活動にも反対しろやwwwwwwww
[ 2018/12/20 10:32 ] [ 編集 ]
なによりかにより、那覇空港その他の埋め立ても批判しろよって言いたい。それらを完全無視(それとも全然知らないならバカは発言するな!)から、お里が知れるって事です。左翼の新しい手口でしょうか?
[ 2018/12/20 10:37 ] [ 編集 ]
ローラさん、こんなことも考えて下さい。
ローラさんと同じように、美しい沖縄を守りたい、
私たちの祖国日本を守りたい、と願う人々が、
長い年月を費やして達した「辺野古埋め立て」です。

中国の数百のミサイルは、今・現在、
日本の主要都市に照準を合わせています。

日本の「いずも」の空母化に対して中国は
その覇権主義を強く非難しつつ、自らは、空母一隻を既に保有し、
カタパルトを具えた、最新の二隻の空母を建造しつつあるらしい。

毎年、軍事費を、飛躍的に増強しつつある
中国政府は、どのような国家を目指しているのでしょうか・・・・

次の一事を知るだけで、
中国国家の国柄の果てしない醜悪は明瞭でしょう。

   【ウイグルの方々数百万人を幽閉し、
    その生体から臓器を剔出し、富裕層に移植する・・・】

そのような方向に向かう「中国の暴虐」を阻止する方法を、
ローラさんも一緒に考えて戴きたいのですが・・・・
[ 2018/12/20 10:42 ] [ 編集 ]
ローラさんねぇ
そもそもテレビに出る人はマスコミの意向に沿う人(外国人、ハーフ、LG)
もしくはマスコミを代弁する人(サヨク、反日、何も考えていない人)で、
ローラさんは両者に該当する。ローラさんのパパはお元気ですか?詐欺で捕まった人だっけ。番ぐらでっしゅのことも考えて行動するといいね。
で、ローさんが辺野古やら米軍やらを言ってもなーんも影響はありません。逆にマスコミを操る側の人に操られている認識が鮮明になっただけです。はい。
[ 2018/12/20 11:03 ] [ 編集 ]
いつまで日本にいるの?
ローラの家族は、家族全員が犯罪一家みたいなものなんだよ。
母親は、中国人でローラ父との前に日本人男と結婚して日本国籍ゲット。
中国人両親呼び寄せて生活保護ゲット。

ローラの父親は日本国籍ゲットした中国人妻と結婚して日本滞在ゲット。
ローラもバングラ人と中国人の混血なのに日本国籍ゲット。

国籍ロンダリングや詐欺やあらゆる犯罪してるんだよ。

とにかく、外国人犯罪の日本国籍や日本滞在ビザの裏犯罪してるやつらの典型みたいな一族だな。
白人との混血を装っているけれど、シナの悪行を考えることなんてないんだろうな。
この女が活躍している芸能界の、欺瞞の象徴のような存在。
うわべだけに踊らされているアホをあぶり出す、いい呼びかけかもしれないがね。
[ 2018/12/20 12:24 ] [ 編集 ]
基地反対派の人達へ、問いたいこと。
「尖閣諸島は、沖縄県ですか?」
[ 2018/12/20 12:37 ] [ 編集 ]
嘆願書の効力は?
そもそも嘆願書にどれ程の有効性があるのだろうか?
当の責任者は、「○万人の署名を集めた」と有効性を主張するが。

予め集める前に政府に掛け合い、「○万人集めたら、工事の中止を約束しろ」などの確約があってから署名活動を行うべきだと思う。

まあ、確約など取り付けられる訳もなく、だからと言って見切り発車でこんな事をしても大した意味を成さない。

左派に有りがちなのは、感情のみが優先してしまう事ではないだろうか。
だから、辺野古移設反対は普天間の固定化に繋がる事を理解出来ない。

理解出来ないというか、きっと「考えたくない」というのが近い様に思う。
怖い事、嫌いな事は考え無いと。

でも、それは無責任で身勝手で理性的ではないと思う。

[ 2018/12/20 15:22 ] [ 編集 ]
中国に領土をとられると
ラッシュ村本は、「尖閣諸島を中国に差し出せばいいじゃないか」と言ったとか。

それなら、中国に領土を取られた、チベット・ウィグルの人たちのことを思え。

臓器提供に使われている、ウィグル人の代わりになれるのか。

安全なところにいて、のんきなことを言っているやつには、ウィグル人のつらさ、中国の怖さは分らないだろう。

ローラさん、りゅうちぇるさんもいろいろな意見を見よう。
[ 2018/12/20 16:36 ] [ 編集 ]
南鮮の手口と同じです。
仕掛けた連中は、ホワイトハウスに棄却されるのは織り込み済みで、
狙いは、マスコミに「○○万人もの署名が、米国に棄却されました。」と、
反米を煽る報道をさせたいのでしょう。

南鮮の手口と同じです。

日本海と東海の併記を求める請願、米ホワイトハウスが棄却=韓国ネット落胆「結局、米国は日本の味方ということか」「今後も主張すべき」|レコードチャイナ
https://www.recordchina.co.jp/b595456-s0-c10-d0058.html


「署名を無視する米帝」とか、「アベがトランプに要請して潰した」等の
ツイートが目に浮かびます。
[ 2018/12/20 23:30 ] [ 編集 ]
海藻
しばらくメディア的には「サンゴの海が殺される」みたいな反対意見が多くあったように思いますが、ちょっと別の方面から見るとサンゴはそれほど有難いものでもないのが、遅ればせながら私は最近になって知りました。

最近の海水温の暖かさが日本本土の西の海にサンゴを生じさせて、その分海藻が絶滅し海藻を食べていた魚が居なくなって、漁民が苦労している、というのです。
サンゴの海は美しく失ったら再生するには百年単位、みたいなことは今まで何度も報じられていた感がありますが、サンゴが繁殖すれば海藻が死んで漁獲高が大幅に減る(熱帯魚は居る様ですが)、という話題を伝えたのが耳新しく思いました。

既にある辺野古のキャンプシュワブはもともと地元民が米軍に頼んで来てもらったもので、普天間の様な周囲に小学校などは無い。名護市は基地経済で潤った。
が、最近は反対を騒げば日本政府からカネが出る、とまるでドコゾの民族風になってきているのだとか。
もう他民族の支援も含む反対意見があっても、サッサと工事を進めるしか、「世界一危険な」普天間の移転は出来ない状況なのだろうと思います。

滑走路近辺には普通は航空法規制で民家は建てられない、もちろん小学校などは論外。ところが、米軍基地にはその適用が無い。宜野湾市はそれを利用して危険区域に普天間第二小学校を建てた。
自民党政権はこの事態に、子供の安全の為に小学校の移転を勧めたが、それにも反対。「基地の固定化につながる」だとか。
そうしておいて、普天間基地は危険だ、事故が起きたら米軍と政府の責任だ、と騒いで・・・目的は何だ?

芸能テレビを観ませんので、その芸人さん達の名も佇まいも存じませんが、結果的には本人の無思慮ぶりを晒すだけになるように思えます。バカは乗せられるのです。


末田軍曹殿
今回の鹿島アントラーズは敢無く終わりました。残念、という気持ちにもなれない後半の出来の違いにだけ、口惜しや です。
[ 2018/12/21 00:08 ] [ 編集 ]
こはるさん
>最近の海水温の暖かさが日本本土の西の海にサンゴを生じさせて、その分海藻が絶滅し海藻を食べていた魚が居なくなって、漁民が苦労している、というのです。

〇地球温暖化問題は、最近、「ケムトレイル」(化学薬品による飛行機雲)による抑制が注目されているが、そのような直接的な手法よりも、「自然の治癒力」を高める間接的な手法のほうが、最終的には効果的だと思う。
http://news.livedoor.com/article/detail/14276717/

〇バンクシーの新作は、地球環境を良くする、人間の暮らしを豊かにするどころか、かえってこじらせていく人間の愚かさを表現したもので、その着眼点はするどいと思う。
http://news.livedoor.com/article/detail/15769495/

〇最近のニュースでは、IWC脱退も、話題となっているが、個人的には脱退に反対だ。海洋資源については、捕鯨を理由として、英米と感情的にこじれるほうが、外交として国益にならない話ではないだろうか。IWCでは、商業捕鯨の見通しが立たないことを脱退の理由としているが、粘り強い交渉継続こそ外交の基本、脱退する前に、自らの外交力や発言力がないことを、反省すべきではないだろうか。
https://www.sankei.com/economy/news/181220/ecn1812200018-n1.html

〇海洋資源については、環境問題による生態系破壊による資源の枯渇や、中国などの公海における国際ルールを無視した漁業などのほうが大きな問題。捕鯨できないという小さな国益で、大きな問題のほうを追及する権利や発言力を損なっては、国際会議に日本国を代表して出席する意味がない。IWC脱退は、再考すべきではないだろうか。
[ 2018/12/21 11:48 ] [ 編集 ]
ツクノ様
捕鯨は単に商業捕獲だけの為に為されてきたのではなく、鯨飲という言葉の如くに大量に飲み込む鯨が増えますと魚界の食物連鎖に一種の秩序を壊す一面があり、現在の様に捕獲不可の国が多くなって鯨は増え小魚やプランクトンがそうとうに減少している、という説もあります。

日本が長年交渉してきたにも関わらずIWCを交渉で説得できないのは交渉力とは違った面もあり、非捕鯨の欧州国が論理や調査結果を根拠にせず感情論で鯨とイルカは特別視するべき生き物と主張し続けている点にも大きな原因があるそうです。
本来陸の獣肉を食してきた国柄と海産物にも頼らなければエネルギー源が摂れなかった民族との到底越えられない習性から来る固執概念なのかも知れません。

私的には牛豚が良くて鯨がダメという白人の言い分が正しいとは思いません。
日本の捕鯨に大反対の豪州はカンガルーを食するそうで、多分増え続けるカンガルー対策でもあるのでしょう。米国ではバイソンも食べられるとか。哺乳類という点では同じ生き物です。

私的には今更鯨やイルカが古来の習性だからといって食べなければ労力的に生きられない時代ではないし、鯨を食べてそんなに美味しいとも思えなかった経験もあって、積極的に捕鯨賛成をするものではありませんが、海の食物連鎖に大きな影響が出始めているなら、ある程度の捕鯨は仕方がないのではないか?と思います。
海外の利用の仕方は欲しい部分だけを切り取って他は捨てるそうですが、その点日本は利用できるものは全て有難く利用させて戴くのが古来からの礼儀で、それも踏襲されているなら命を戴く以上少しは良い様に思います。

脱退することで南極捕鯨は出来なくなるが日本近海の捕鯨が出来る、という事ですから日本本来のスタイルに戻る訳で、無暗矢鱈に捕鯨をするわけではないのだろうと思います。
カナダ、ノルウェー、アイスランドなども捕鯨は依然していたと思います。日本だけが突出した決断ではないのですから、個々の事情に依る判断はあってしかるべきと考えます。私は賛成です。
[ 2018/12/21 18:43 ] [ 編集 ]
賛成意見の批判というよりは、日本国のおかれているこの状況に懐疑的
こはるさん

○小魚やプランクトンの減少は、
鯨よりも、人間の環境汚染のほうが、
罪深い原因だと、私は思います。

○公海の無秩序な漁業のほうが、
EEZにおける商業捕鯨よりも、
国益や生態系に影響を及ぼす中、
IWC脱退で、国際的な批判を受けるのは、
日本国として、どうでしょうか?

○日本国では、ハラルなどでイスラムに配慮するのに、
鯨とイルカは、欧米に配慮しないのは、どうでしょうか?
感情論は宗教と同様に、センシティブな問題だと思います。

○日本国にとり、鯨は伝統的な食文化です。
素直に貫けるなら、良いのですが、
ダメなら、話し合いを続けることで、
活路を見いだすことこそ、
戦後の日本らしさだと思います。
[ 2018/12/21 19:23 ] [ 編集 ]
ツクノ様
イスラム食のハラルは手順に沿った祈りや作法で出来ることで、日本が何かを犠牲にする必要はありませんから、ハラルと欧州勢への譲歩を比べる事は私には全く理解できません。

交渉する、話し合う、というのも互いの目的が妥協線でも適えられるものが見える時に可能ではないでしょうか。
長年一方的に日本の後退を迫られ続けてきた結果ですから、これ以上の交渉は無駄、と考えた担当者の努力と結論を私は可と致したく存じます。

戦後の日本らしさ。申し訳ないですがこの場合は御免です。
[ 2018/12/21 20:10 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
こはるさん

言葉足らずでしたが、ハラルなどは、
たしか牛や豚でしたか、含まない料理だと思います。

イスラムの牛や豚はダメということに配慮できても、
欧米諸国の鯨や海豚はダメということに配慮できないのは、
どうでしょうか。
配慮というのは、話し合いをすることかと。

もちろん、欧米人は、鯨や海豚を食べない。
食べる国もありますが、基本食べない
だからといって、日本人も食べるなは、
おかしいという意見なら、たしかにそうかもしれません。

ただ、改憲や国防を優先すべき情勢のなか、
国際協調路線の転換ともとられかねない、
IWCの脱退は、勇み足を後ろから押し出すようなもので、
外交としては、バランスが悪いようにみえます。
[ 2018/12/21 22:08 ] [ 編集 ]
話し合いで外交の何が解決した?
日本を取り巻く外交の諸問題において
話し合いで何が解決したか教えてくれよw ぱよちんツクノくんwwwww
戦時ゴキ売春婦、戦時募集労働者、尖閣、竹島、北方領土…。
いくら話し合いを重ねても解決できない現実を直視せよ!!!!
[ 2018/12/25 09:01 ] [ 編集 ]
こはるさん
>長年一方的に日本の後退を迫られ続けてきた結果ですから、これ以上の交渉は無駄、と考えた担当者の努力と結論を私は可と致したく存じます。

〇日本国のIWC脱退、EEZでの商業捕鯨再開となりましたね。脱退するも、IWCのルールに則った商業捕鯨の枠内で、という菅官房長官の発表に、日本国としての配慮を見る思いがいたしました。私は脱退反対を表明しましたが、賛成のこはるさんにも、一本とられましたね。


yasuさん
〇罵る気持ちは、わからなくもない。私も、間違ったことを言うことはあります。自分でも、考えが行き届かない、踏み込みが甘かったと反省することも多いです。

同じ日本人であっても外国に軸足を置いた日本人もいる中で、日本人の勇み足を、後ろから押して悪用されるリスクは常にある。逆に、正義を先んじて主張し、遅れて不義を成すよう、仕向ける動きもある。

冷静沈着な一歩は、目標に遠くとも、結果、漸進し続けることで、時局は好転する場合もあります。日本国のパスポートは、世界一のビザなし対象国となり、外国人の信頼には厚いものがあります。これは、戦後、日本国が戦争を反省して国際平和に徹し、真面目に勤労して世界経済に貢献してきたからこそ、得た結果ではないでしょうか。

相手との話し合いで通ずるものがないならば、自らを文明人として否定するようなもの。今の時代は、人間のみならず動植物などの生物、果ては鉄塊のようなものであっても、AIを搭載して会話できるようになりつつあります。コミュニケーション能力は、立派なスキルです。

外交で解決できないこともたしかに多いですが、外交力を今より高めるよう努力することこそ、大切ではないでしょうか。
[ 2018/12/26 18:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ