FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  領土を奪いに来る国に最大級の経済援助をする日本とは・・・

領土を奪いに来る国に最大級の経済援助をする日本とは・・・

← 応援クリック、ありがとうございます。

尖閣諸島沖船長体当たり事件を発端に、中国という国によって存分にコケにされ、他の諸国から「気の毒」とまで言われる日本であるが、経済援助という部分では、皮肉なことに、中国に最大級の貢献をしているのが我が日本である。
笑えない冗談かと思いきや、事実である。
その相手国では、「日本を服従させる3つの方法」なるものが持て囃されている。
この構図、一体なんなのだろう?

しかし欧州の国では、この中国への援助を停止する向きがある。

世界2位の経済大国中国に支援は不要=英独が対中援助中止・削減へ―米メディア (レコードチャイナ

2010年9月27日、AP通信は、世界第2位の経済大国となった中国に先進国が支援を続けていることについて、納税者の多くが疑問を持っていると報じた。西部網が伝えた。
中国は自国がなお途上国であり、外国の支援を受け続けることができると主張している。しかし中国のGDPが日本を抜いたのはまぎれもない事実。北京五輪、上海万博を見る限り、貧困国であるようには見えない。またさまざまな現象が中国は富裕国であるばかりか、ぜいたくな国でもあることを示している
英国とドイツはここ数カ月の間に、いくつかの対中支援プロジェクトの削減及び規模縮小を決めた。また長期間にわたり支援額が最多だった日本も北京五輪開幕前に、全ての低利子融資の中止を決めている。英国政府の対外援助プロジェクトを担当するアドリアン・デーヴィス氏は、「五輪と万博は欧州の人々に中国経済の強大さと豊かさを教えました。今や市民に中国がなお援助を必要としている国だと信じさせることは難しいでしょう」と話し、来年3月にも対中援助を全面中止すると明かした。
経済協力開発機構(OECD)のデータによると、2007年から2008年にかけ、外国の対中援助額は26億ドル(約2190億円)に上る。一方、一人当たり収入が中国の10分の1しかないエチオピアが受け取った外国の援助はわずか16億ドル(約1350億円)だ。
記事によると、1979年の改革開放から中国経済は繁栄へと向かったが、外国の経済援助は減るどころかむしろ増えているという。1979年、外国政府の援助はわずか431万ドル(約3億6300万円)。30年後の2009年には25億ドル(約2110億円)を記録している。中国への援助が最多の国は日本。以下、ドイツ、フランス、英国と続く。


私は経済音痴なので、経済援助というものについて詳しく解説する身分ではないが、中国と言う国が、日本を筆頭に援助を続けてきた国々お陰で富を形成したことは間違いない。
そして、その国から観光客がワンサカ押し寄せている。
また、中国人による日本での不動産投資も凄まじい勢いで伸びているらしく、箱根という日本有数の観光地は今、中国人投資家にとってのブームの地であるらしい。
箱根あたりで別荘を持つことが、ある種のステータスなのだそうで、このままいくと、箱根に中国人コミュニティができてもおかしくない状況なのだそうだ。
銀座には、連日バスを仕立てた中国人が押し寄せ、ブランド品を買い漁っている。
そして最も憂うべきことに、紐が付いていない援助が、中国の軍事費として使われていることは否定できないのである。

その外国から調達したカネで中国が軍用船を買い、尖閣諸島沖でウロウロ徘徊し、日本の領土を「中国のもの!」と叫んでいるのである。
こんなこと何時まで続けるのか?
「外国から調達したカネ」の日本バージョンは、我々が払った税金なのである。

中国国内の貧富の差という問題を持ち上げてくる人がいそうだが、それは基本的に中国の国内問題であり、外国に援助する前に、日本国内の問題を解決すべきだ。
しかも中国という国は、件の尖閣問題勃発時には、「日本の国債を買い漁れ!」などという号令も聞かれた。以前、手持ちの米国債を売りに出し、米国に圧力をかけるという所業も実際にあったのである。

今回の尖閣事件を教訓に、日本は中国向け経済援助を再考するべきだろう。
政府がこの援助を継続するのであれば、国民が納得できる説明をすべきだ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/09/30 07:01 ] 政治 | TB(0) | CM(3)
緊急
管理人様、すいません。私の友人がブログにて以下の様な日記を書いておりました。皆さまもご覧下さい。


< 昨夜の『河内国民文化研究会』の集会で、西村慎悟前衆議院議員から話がありました。
チャイナの漁船は、かなり以前から200隻以上来ていて、領海侵犯・違法操業と続けていた。しかし、海上保安庁は黙認していた。今回、海保が『領海だから出て行きなさい』とマイクで言うと、チャイナの漁船は日本語で『ここはチャイナの領海だ』と言い返してきた。出て行かないので、海保が臨検の為にチャイナ漁船に乗り移ると、あろうことか、屈強な船員が海保保安官をロープでぐるぐる巻きにして、海に投げ込んだ。それに対して、船長・船員を逮捕・拘束したということです。 これは、領海侵犯や違法操業という問題ではありません。れっきとした殺人未遂事件です。 西村氏の耳に入っているということは、海保の本部にも連絡が行っているはずで、その事実を握りつぶしたのです。 かなりの訓練を積んだ海保が、船員に簡単にぐるぐる巻きにされるでしょうか。 西村氏曰く、これは間違いなく退役軍人であり、チャイナのお家芸である便衣兵である、ということです。私もそう思います。 チャイナの軍隊は大規模なリストラをやっていて、千万単位の退役軍人が失業状態にあるそうです。 それも、民主党代表選のさなかにこの事件は起きた。 これは、チャイナにしくまれた罠だったのです。 実は、この事件の二日前の日曜討論で小沢一郎は『尖閣列島は日本固有の領土だ。それは尖閣列島は琉球の領土だったからだ』と言ったといいます。 すなわち、小沢はこの事件が起こることを予め知っていたのです。そして、チャイナと作り上げた出来レースに菅をはめたのです。 小沢は、形勢不利と見るや、のちに菅を追い落とすための材料をつくった。 ですから、小沢派は『これで次は勝てる!』と叫んだのです。
では、小沢が勝ったらどうなるか。 次こそ、チャイナの思う壺。 尖閣、沖縄、そして日本本土と、浸食されてしまうでしょう。 尖閣周辺の海底にはイラク並みの海底資源が眠っていると言われています。 チャイナは、それを知って、沖縄県民に『この資源を共同開発しよう。これで十分自立できますよ』と誘いを掛けているのです。そして目指しているのは『琉球人民共和国』の独立です。 そのためには、米軍が邪魔です。これからマスコミを通じて、大規模な米軍基地反対キャンペーンが貼られることでしょう。 小沢が代表になったらなおさらです。
米軍の居ない琉球人民共和国になったら、どうなるか。
チャイナは一気に攻め込み、琉球人自治州にしてしまうでしょう。
そして、わが国はシーレーンが奪われ、チャイナの言うことを聞かねば立ちゆかなくなります。
当然、チャイナに支配された他民族がどんなひどい眼に逢うかは以前紹介した通りです。
こんな情報はインターネットや集会に行かねば知る事は出来ません。
二度と間違った選択をしないために、みんなで努力しましょう。


これについて、私は西村事務所へ事実関係を確かめるべく、メールしました。その返答は以下の通りです。


< お世話になります。ご返答が遅くなり申し訳ございません。
 この度のお問い合わせの件ですが、●●様のご友人がブログで書かれた内容は
確かに西村が「河内国民文化研究会」で話したものです。
 私は会場を出たり入ったりしていたもので、西村の全ての話を聞いていたわけではございません。
ですから、もしかすると西村はその話の情報源を言ってないかもしれません。
 念のために情報源をお伝え致しますと、9月10~11日に石垣市の市議会議員選挙の応援へ行った時、
海上保安庁関係や中国船の動向の情報に詳しい方から聞いたものです。
 以上、簡単なものではありますがご参考になれば幸甚です。

西村真悟事務所




我が国はもはや戦時中です。これをどこに話せばよいのか思案中です。

[ 2010/09/30 15:07 ] [ 編集 ]
おっしゃる通りだと思います。
中国の現実を知った國民が、民意で援助を止めるチャンスです。
[ 2010/09/30 18:43 ] [ 編集 ]
Re: 緊急
>尖閣死守様

コメントありがとうございます。ご指摘の通り、政治を動かす主人公は国民であり、国民が民意を結集して動けば、状況は変わると思います。


>阪神優勝様

いつもありがとうございます。
コメントいただいた件、恐ろしすぎて返信コメントできません(^^ゞ
ブログ主はクリスタルピープルさんでしょうか。
情報の出所が西村真悟氏というのが、なにか信憑性を補完しているようでもあり、尚更怖いです。
これが事実であれば、ご指摘の通り、我が国は戦時下にあるということですね。
この件が表に出てこないということは、何らかの情報隠蔽が画策されているということかもしれません。
昨日の青山繁晴氏のアンカーでの話といい、一体何を信じていいのかわからない状況です。
情報ありがとうございました。

>これをどこに話せばよいのか思案中です。

アクセスの多いブログ、もしくはメディアに頻繁に出てくる、信頼のおける言論人に伝えるというのは如何でしょう。
[ 2010/09/30 21:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ