FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  国を売るコメンテーター、玉川徹のトンデモ発言

国を売るコメンテーター、玉川徹のトンデモ発言

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ルーピー鳩山が、また宇宙語で何かを語っている。支那の環球時報は、日本政府がファーウェイとZTEの製品を事実上排除する方針を示したことに対し、「日本政府によるファーウェイ排除は米国に従属している現実を体現している」とし、「日本は中国と協力すべきで、協調によって共同して圧力に対処するのが正しい方法だ」と説いたという。

 哀れなことに、ルーピーの発言を拾ったのは環球時報のみで、日本の左派メディアですら、この発言を報道していない。メディアにとってルーピーとは、もう報道で取り上げるほどの存在ではないということなのだろう。いま、ルーピーを歓迎するのは、支那と朝鮮のメディアくらいだが、何故歓迎するかといえば、支那や朝鮮にとってオイシイ発言をするからでしかない。日本のメディアももっと報道して欲しいものだ。鳩山のバカさ加減と、彼の後を継いでいる立民、民民党などの印象も、少しは違ってくるはずだ。

 さて、鳩山の発言を採り上げるまでもなく、日本政府のファーウェイ、ZTE排除の方針を批判するのがテレ朝だ。保守派にとって要監視対象となっているモーニングショーで、ファーウェイ社を過度に持ち上げるような報道をした、と話題だ。カナダで逮捕された後、保釈されたファーウェイ社の孟晩舟副会長の件を報道していたが、孟がなぜ捕まったのかについては全く触れず、「技術が高い」「安くて良質」などと、ファーウェイ社を礼賛した。話題が終わってCMに移ったら、なんとファーウェイのCMが放送されたのだそうだ。数々の礼賛は、結局スポンサーへの忖度だったわけだ。真実よりもスポンサーなのだ。

玉川徹


 この番組は、そういうスポンサーの都合によって、コメンテーターの言及の内容が変わるのだ。同じ番組で数日前に、「世界各国でファーウェイ排除が進んでいる」と話題にした際、玉川徹が「中国がアジアの覇権国になったとき日本はどうするんだ」と発言し、炎上している。私もこの発言を聞いた時は唖然とし、この人物が正真正銘のバカだと確信した。

 支那がアジアの覇権国になろうがなるまいが、国民の生活や機密情報を守るのは日本政府にとって義務に等しく、認可事業者である携帯電話会社等を指導するのは当然だ。玉川の発言は、表現方法を変えれば、「中国様はいずれアジアの覇権国になるのだから、国家や国民の情報が洩れようとかまわない」ということになる。これがどんなにとんでもない発言か、よほどの御人好し出ない限り理解できるはずだ。もはや反日というレベルではなく、言葉通りの「売国」なのだ。

 ルーピーの話はもうどのメディアも扱わないから、国民への影響はまだ少ない。だが、玉川の発言は、公共の電波に乗って、毎日のように家庭に配信されるのだ。従って、玉川はルーピーよりも罪深い。玉川徹に対する監視は、今後、厳しさを増す一方だろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/12/16 07:22 ] メディア | TB(0) | CM(9)
こいつも
日の丸を付けた棒でぶん殴ってやりたい・・・ルーピーと並べて^^
朝からすいません(爆笑^^
[ 2018/12/16 08:07 ] [ 編集 ]
>この番組は、そういうスポンサーの都合によって、コメンテーターの言及の内容が変わるのだ。

〇公共の電波ですから、玉川さんの偏向した発言を流すのなら、愛国心ある保守的な意見をするコメンテーターも、番組に出演させないとダメだろう。
[ 2018/12/16 08:44 ] [ 編集 ]
>この番組は、そういうスポンサーの都合によって、コメンテーターの言及の内容が変わるのだ。

このように認識するのであれば、コメンテーターは台本通りに発言しているだけで、責められるべきはスポンサーという事になりますね。
商業放送局は、広告収入がなくなればお終いですからね。
[ 2018/12/16 11:20 ] [ 編集 ]
玉川が悪質なのは、この男がテレビ朝日の社員だと言う事です。
外部のコメンテーターなら、小金稼ぎの為に仕方なく局に媚を売ることもあるでしょう。
しかし玉川は局から給料をもらって役職にも就いている身分です。
この男の意見は、すなわちテレビ朝日の総意なのです。

今はフリー(ある意味プー太郎)のルーピーよりもタチが悪いと言えるでしょう。
[ 2018/12/16 12:19 ] [ 編集 ]
国家反逆罪が必要かも  
額賀を筆頭とするウマシカ奴らが丁国を訪ね媚び諂っておりました。
日韓議員連盟は冷戦を背景に米国の要請(強要?)で作られたようですから
国政を真摯に考える議員はこれに加盟せざるを得ない時期もあったのでしょう。
今は恐らく南鮮への援助のリベート受け取り団体に堕しているのじゃないかしら。

他国への援助、例えばODAは2割程のキックバックが世界の慣例と仄聞します。
ODAを含む支那へ多様な援助が急速に伸びた時期がありましたが、キックバック
が3割以上もあり世界の先進国が群がったのだとか。
我らが汚沢一郎も民主党のザコ100人程を引き連れ北京詣でをアピールしつつ
何と、「予は江沢民配下の野戦軍司令官であ~る!」とかなんとか。 (-_-;)

毎日新聞は支那から多額の援助を受けていると英国のマスコミが報じています。
テレ朝も援助を受けているか、おこぼれに与かろとしているとしか思えません。
銀行も支那で巨額の起債(サムライ債?)を行いし、みずほ銀行は南鮮銀行に
巨額の融資をしていると仄聞します。 無意味としか思えぬスワップ協定を支那と
結ぶのですから銀行が高利に群がる信憑性は高いのでしょう。

政治家や元政治家、役人、そして銀行やマスゴミなど半公的な事業に携わる者
のみに適用される「国家反逆罪」を制定しなければならないのではないかと
思われてなりません。 この罪の適用は難しいでしょうから普通の裁判所ではない
与党が任命する判事により「英国方式」で裁くのがよろしいのではないかと。
[ 2018/12/16 20:16 ] [ 編集 ]
使われる者
スポンサーはお金を出して自社製品或いはその背景になる組織の言い分を広めたい=広めたいからスポンサーになる。一方の出演者はお金を貰ってスポンサーに忖度し阿る発言する。 
としたら、スポンサーは宣伝したという事で責められる謂れは無く、その製品の購入は視聴者や使用者の判断次第。方や害あるスポンサーにいいように使われている無節操な成人は嗤われ摘発されるのは当然だろうと思います。

ファーウェイを含む4社?だかの危険性を米国は以前から指摘していても、他国が余り警戒心を持たない事で同盟国米国に影響を及ぼす事に危機感を強くしたのが今回一連の動きだそうですから、米国と唯一の同盟を結ぶ日本国が排除に向かうのは同盟国間の義務でもありましょう。

シナがアジアの覇権国になったらどうする、という辺りは、「ワタシ、風見鶏でおます」宣言の様なもので、自分が思い込む力次第でどうにでも動く恥知らずの人間こそが出来る発言だと感じます。どこぞのコウモリ民族風でもある。


日韓議連の創設が冷戦下の米国の意向、という点で昨日ははっきり書こうかどうか迷ったのですが、何時までもグズグズと国家の形態を成さない南鮮を世話させて日本の重荷にしようとした米国の悪意の面もあるか、と思います。
歳月と共に日本側の議連構成員の質の堕ちが議連の存在を貶めている現在、存在そのものが疑われます。
[ 2018/12/16 23:53 ] [ 編集 ]
英米が常套手段とする悪辣
こはるさま
他国を統治するにあたり、そこに他民族を混入させ対立を煽り隣国には荷物国と
敵国を並べるのが統治の常套手段のようですね。

50年程前に北方領土は二島返還で区切りを付けようとロシアと交渉を始めようと
した時、米国務長官ダレスかその配下の者が「そんなことは許さん。 話を進める
なら沖縄は未来永劫に返還されんゾ!!」 と凄んだのだとか。
ロシアと講和条約が結ばれることを阻止したかったのでしょう。

今、文寅が勝手気ままなインネンを日本に付けております。 深読みすれば
米国の黙認の下にやっている可能性も無きにしも非ず。 南北統一して金豚政権
になれば丸腰の日本は米国様に頼るしかないのですから。

ますらおは カネとチカラが 無かりけり それにつけても 核のほしさよ
[ 2018/12/17 12:50 ] [ 編集 ]
末田軍曹殿
なんと秀逸な詠歌で御座りますることか。

今回の文のバカさ加減には、いくら悪行歴々の米国でも無関係ではないか?と思っております。連携しているとしたら北の「スルメいか漁戦中」の坊やではないか、と。
対中共全面敵視する米国にとって日本は今のところ絶対敵に回せない列島ですから、下手なちょっかいは出さない、のではなかろうか?

別件ですが
私が他に一軒訪問するブロガーが「和を以てとうとう死する」と仰る時がありまして、矢鱈にワタクシ、気に入っております。
他に、日下先生は「日本には日本の立場がある」「日本を見下す国に未来は無い」と仰せ。ようござんしょ。
[ 2018/12/17 21:19 ] [ 編集 ]
返歌ならずも
末田軍曹殿

  核も良し 国に至当の憲法(のり)も欲し
             それにつけても 憂きは反日

(昨日よりは)落ち着いて軍曹殿にお返事致します。
元列強の植民地政策は皆狡猾で人非人が「当たり前」ですね。アジア各地に利に敏い華僑をバラ撒いて困らせるのが英米風かと。
ミャンマー(ビルマ)は未だに大変そう。

ロシア(ダレスの時代ならソ連ですか。昔むかし、よく聞いたお名前です)が二島であれ本気で返還する気があったのなら(四島纏めて返せ、と思いますが)、日本側は「ならば米国は沖縄にいつまでも居て良いよ」と言い返せば良かったのにね、と今なら言えます。
どうせ米国はゴネ得活動家達に手を焼いて、いずれは「お願いだから施政権を受け取っておくれ」と言い出した筈ですものw
昔を今に成す由も無けれど

[ 2018/12/19 00:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ