FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  マスメディアは日本にとって「災」である

マスメディアは日本にとって「災」である

← 応援クリック、ありがとうございます。

 今年の漢字は「災」だそうである。西日本豪雨や大阪・北海道の大規模な地震・猛暑など、災害が相次いだことなどから採用されたようだが、「災」が年の漢字となるのは2度目だ。2004年にも自然災害が相次ぎ、イラクでの人質殺害事件などもあって「災」が選定された。

今年の漢字「災」


 我が国にとっての「災」は、自然災害だけではない。フェイクニュースを垂れ流すメディア、政府の批判しか能がない野党、戦後民主主義という価値観にすがりつく言論人など、日本のいたるところに「災」が存在する。安倍政権が、改正入管法に代表されるような、足元の支持層を失うような政策を推進しつつも、支持率を落とさず、逆に上げていることは、彼ら「災人」らの敗北を示している。だが、彼らは懲りない。相変わらず「モリカケ」など、賞味期限切れのネタをあげつらいながら、政権を声高に批判する。

 はっきり言って、国民はもうメディアが望むようには踊らないのだ。フジテレビ報道局解説委員室上席解説委員である平井文夫氏は、「多くのフェイクニュースにみなうんざりしている」とメディアの内側からメディア批判をしているが、こういう健全な言論はメディア業界では少数派である。若年層を中心として、きぞんメディアへの依存度は急激に下がっている。ネットの台頭に対応できていない既存メディア業界自体が、ガラパゴス化しているとしか思えない。

 メディアの報道が、改めて批判されている。英霊が眠る靖国神社で発生した支那人による不法侵入と放火事件。マスメディアは一応は伝えているが、その内容が酷い。この事件に関する各社の報道は「靖国神社で新聞紙が燃えた」というものだが、支那人が燃やしているのは新聞紙でもダンボールでもなく、東条英機の位牌に模したものだ。恐らく報道各社は警察の発表のみを基にして記事を配信したのだろうが、さすがに報ずる前に現場写真を見ているはずで、位牌にしか見えないものを新聞紙とする言い換えを訂正していない。犯罪者の行動を矮小化する気満々なのだ。

 この事件に関する朝日新聞の報道はこうだ。

靖国侵入容疑、2人を逮捕(朝日)

 東京都千代田区の靖国神社敷地内に正当な理由なく立ち入ったとして、警視庁は12日、中国籍の自称公務員、郭紹傑容疑者(55)=住所不詳=を建造物侵入容疑で現行犯逮捕し、発表した。一緒にいた中国籍の自称会社員、厳敏華容疑者(26)=同=も同容疑で逮捕。敷地内で何かを燃やしていた郭容疑者は「南京事件に抗議するために火を放った」と供述しているという。


 これは、事件の翌日の朝5時に、朝日がデジタル版で配信したベタ記事レベルの報道だが、位牌でもなく新聞紙でもなく、「何かを燃やした」という記述だ。エクスキューズレベルの記事を書き、内容を矮小化した上で沙汰止みにする魂胆だろう。

 フェイクニュースは日本固有のものではない。米国メディアはFOX等を除き、こぞって反トランプのスタンスだが、そのメディアは今年7月、ヘルシンキで行われた米ロ首脳会談で、プーチンが暴露した「ロシアからヒラリー氏へ4億ドルの寄付」という爆弾発言をろくに報じていない。米国でも「報道しない自由」が謳歌されている。日本のメディアは、ダライラマ法王猊下の来日を、全く報じなかった。中共に忖度したとしか思えないこの姿勢は、「国民の知る権利を媒介」するメディアが恣意性を発揮し、実は知る権利など何も満たしていないことの証左と言えるだろう。

 ことほど左様に、日本のメディアは、国民にとっての「災」なのだ。その実態の核心をついているのが、石平氏のツイートだ。


 一言一句、石平氏の言う通りだ。真実を報じているふりをして、実は真実から国民の目を逸らすことを目的としているのがマスメディアなのでだ。という


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/12/14 07:09 ] メディア | TB(0) | CM(4)
真実を日本国民へ伝えることをしないマスコミ各社には、倒産が待っています。
真実を日本国民へ伝えることをしないマスコミ各社には、倒産が待っています。
=====

「真実を日本国民へ伝えれば、日本国民は、新聞、雑誌などを買ってくれるし、ラジオを聴いてくれるし、テレビを見てくれる」という発想へ転換することが全くできない「帰化未帰化在日韓国人たち及び彼らによって韓国式騙されている莫迦サヨ日本人たちの韓国式宣伝工作機関マスコミ各社」は、もうもう、倒産への途を物凄い勢いで一直線を走っています。
[ 2018/12/14 10:57 ] [ 編集 ]
余計なもの
ファーウェイの製品を分解してみたら「余計なものがついていた」ププ。
よけいなものってなんですかね?スパイツール?情報を中国に流すもの?
具体的に教えてくんなきゃ。シナ工作機関のマスゴミさん。

よけいなものはあなた方?
[ 2018/12/14 11:05 ] [ 編集 ]
賢くなれそう
そのシナの二人の「南京」「靖國神社」知識の程度が分かる火付け行動ですね。
日本軍の南京入城は1937年12月だったと思いますが、その頃東条英機氏は関東軍の役職にあって南京は無関係。更には、お位牌は仏教のもので神社には安置されていませんもの。
捏造歴史で洗脳されていても、行動を起こすなら少しは学んでからなさい!と拘留している警察署員は諭してやって下され。

産経は「靖国神社でぼや、中国人の女も逮捕」と題して、横19文字の9行の脇記事扱いで段ボール説。ネット映像でも分かるものが検証もしていない記事。恥だわね。

昨夜9時のNHKニュースで岩手県雫石町の一部の水道騒動を報じていましたが。そこの水道は完全民間経営で水源は一つの井戸水。経営が成り立たなくなって使用者への高額支払を要求していたのが応じてもらえずに急遽営業中止の、聞きように依っては脅し紛い?とも思えるやり取り(録音)もあった「事件」でした。
公営ではなく全くの民間事業なので町行政も介入困難というもの。

それを案の定、NHKの報道手法は如何にも今国会で成立した改正水道法でも同じ様な事になる、かも、しれませんね(女性アナ)。行政の所有物ではないから、それは、ない、とおもいますけど(男性アナ)。雰囲気の伝え方でした。
関心の無い人にはこれだけでも安倍内閣への不信感を持たせられそうな感じは致します。

既存メディアへの不信感の方が深まるばかりで、コレ、逆に少しは賢くなれそうな気分です。
[ 2018/12/14 16:54 ] [ 編集 ]
〇沖縄県辺野古の土砂投入について、NHKニュースで速報したが、その報道が、災害時の報道のように、今大変なことが起きているかのような煽りようだった。

〇沖縄県辺野古の基地建設については、たしかに沖縄県知事などをはじめ、反対する世論はある。しかし、賛成の世論もあるのだ。土砂投入が、民意をすべて無視した悪事の如く伝えるのは、明らかに偏向報道ではないだろうか。

〇デニー知事は、辺野古の基地建設に反対しているが、基地建設の意義とは、中国が空母を3隻以上建設するなど、数年前に比べ海軍力を増強していることへの防衛もあるだろう。つまり、沖縄県の尖閣諸島を伺う動きへの、安全保障上の対抗措置は必要を迫られているのが現状ではないだろうか。

〇中国の軍拡がもたらした現状変更こそが、まさに沖縄の「災」ではないだろうか。マスコミ各社も、中国が沖縄県にもたらしている「災」。すなわち、土砂投入よりも隣国の空母建造のほうが、沖縄県にとり悪影響をもたらす「災」であることを、しっかりと報道すべきだろう。

〇日本国政府と米国に、基地建設を抗議するより前に、中国へ軍縮しろ、空母を造るな、沖縄の尖閣諸島の海を脅かすなという抗議を、基地反対派の沖縄県民はすべきだろう。

〇隣国の中国が、空母建造など、軍事的な拡大にあるのだから、日米としても、軍事的な基地建設はやむを得ない状況に置かれている。沖縄県は、デニー知事のような無理な理想を主張して停滞を続けるよりも、現実的に沖縄県を守るべく、基地建設を受け入れて、前に進んだほうがよいと思う。
[ 2018/12/14 18:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ