FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  報道しない自由と反日国家の立ち位置 ~ 我が国の元凶はマスメディアである

報道しない自由と反日国家の立ち位置 ~ 我が国の元凶はマスメディアである

← 応援クリック、ありがとうございます。

 海上自衛隊の「いずも」型護衛艦は、どこからどう見ても空母である。だが、政府の公式見解としては、「攻撃型空母」は自衛のための必要最小限度の範囲を超え、憲法上、保有は許されないということらしく、防衛大綱に関する与党のワーキングチームは、このいずも型護衛艦を「空母」ではなく、「多用途運用護衛艦」と呼ぶことで一致したそうだ。

 いかにも小手先の、問題の核心を避けた言霊的呼称だ。自民側からは「防御型空母」との案も出されたそうだが、公明側から「空母というのはダメだ」と反対意見が出て断念。「多用途運用母艦」という案も、公明党が「母艦」という表現が「空母」を連想させるとクレームし、最終的に「多用途運用護衛艦」で落ち着いたそうだ。これが日本の現実である。結局、正面突破できずに言葉や運用で対応するという対症療法は、いつまで続くのか。

 さて、その「多用途運用護衛艦」にはF35Bステルス戦闘機を搭載することが検討されているようだが、これに文句を付けたのがテレ朝の報ステだ。アンカーが久米宏から古館伊知郎に変わっても、そのあとを富川局アナが引き継いでも、この番組の「色」は変わらない。富川は「ぼく思うんですけど、尖閣諸島のすぐ近くに空母がずっと待機しているような状況になってしまったら中国を刺激することになりませんか?」と局の記者に問い、記者に「日本は尖閣を守る立場にあるので、中国を刺激するということにはならない」と切り返された。

富川の尖閣論www


 一体、どこの国の放送局なのだろうか。少なくとも事実として、尖閣沖で「刺激」を繰り返すのは中共であって、日本ではない。日本側が刺激を抑制して、尖閣の島とその海域が中共のやりたい放題になれば、国土は早晩、盗まれる。富川のスタンスは、明らかに中共の側に依って立つものだ。そもそも、刺激も抑止力のひとつの要素であることを考えれば、「刺激」を否定すること自体がおかしい。

 12月5日にBSフジのプライムニュースに出演した、飯島勲内閣総理大臣秘書官が、マスメディアのサボタージュについて、辛辣に批判をしている。いわゆる徴用工裁判の判決について、告訴している原告は、新日鉄などが職員を募集したところへ応募して働いたのが強制労働と言っている、と。これを安倍総理に話したら「飯島さん、今国会で俺、そのこと全部発言してるんだけど、マスコミが取り上げない」と言ってたそうだ。飯島氏は「これは国家じゃない」と、マスゴミを批判した。

 マスメディアは、事実を伝える媒介だ。確かに安倍総理はそのことを国会答弁で指摘しているが、マスコミのほとんどがそれをスルーしている。我が国のマスメディアは、常に中韓に忖度し、彼らのイメージ悪化につながることは報じない。逆に、政権批判だけは頼まれなくても進んで行う。結局のところ、現下のマスメディアは、国民の誘導を目的とした装置でしかなく、そこにファクトや国民の知る権利などというものは、彼らの宣伝文句とは裏腹に、存在すらしていないのだ。

 どうしようもない野党は批判されるべきだが、その野党がマスメディアの協力によって議席を得ているとしたら、我が国の元凶はマスメディアだということになる。日本が国家らしい国家になるためには、反日マスメディアの解体が必要条件であるということだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/12/07 07:09 ] メディア | TB(0) | CM(8)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/12/07 09:39 ] [ 編集 ]
 報道の偏向を正すのは、政府の役目であり、それを怠っているのは、政治家自身の保身以外の何ものでもない。

 国家のためには、向う傷を恐れていては何にもできない、そればかりか税金をむしばむ国賊であろう。

 どんな立派な政策を掲げようと、偏向したマスコミを放置しておけば世論がそれに引きずられて、その政策を実行することは不可能である。

 今のマスコミを放置したままで自主憲法の制定など、夢のまた夢にしか過ぎないと識るべきである。

 報道の自由を逆手にとって、報道しない自由を駆使する報道機関に対抗するためには、親中、親韓、反日のNHKに匹敵する全国規模の政府公認の報道機関を設置して真向から戦うべきである。
[ 2018/12/07 10:35 ] [ 編集 ]
お馬鹿なアナが存在できる日本の危機
国を思いに溢れ、事の本質を捉えた明快な記事、
いつも有難うございます。

「ぼく思うんですけど、尖閣諸島のすぐ近くに空母が
 ずっと待機しているような状況になってしまったら
 中国を刺激することになりませんか?」

この言葉、唖然とします。
テレビ朝日の富川アナ、依然として
馬鹿を晒し続けていたのですね。
頭が弱いとしか思えない程、
愚かすぎる言葉を公共の電波に乗せて平気でいられることに
驚きます。

一応、報道番組の体裁をとったこの番組、
出入国管理法、種子法、水道法と重大な問題の成立を
国益に沿った解説で、どれほど伝えてきたのでしょうか。
テレビを見ないものですから、皆目、分かりませんが。

試しに、この愚かなアナウンサーに
対馬の現状をどれほど知っているのかと問いたいものです。
日本人が知らなければならない情報を伝えることがない
何処の国のメディアかと思わせるテレビ局に所属して、
理解の外にいるこのアナウンサーでは、
いよいよ市井の者より情報レベルは、格段下でしょう。
情報下流民アナ富川某と称してあげます。

今やメディアの存在価値は、フェイクニュースの垂れ流しで
地に落ち、やれ報道の自由が~とか、政権の監視役とか言うも
笑止千万。
国家や日本人を守るために正しい情報を提供するという
本義を忘れた人間たちが、何を偉そうにと、冷笑されるばかりです。

見るもの、見えず。
未だに、我らは特権階級と勘違いした人間たちが
うじゃうじゃいるのがメディア業界。
こうした幼稚で、国防意識薄弱な言葉を
吐き散らして、恥じることなく
国家を守り国民の命を守るには、
国民が力をあわせ気持ちを一つにしなければ、
安全安心もないことに思いが至らない呆け者たち。

中共のチベット、南モンゴル、ウイグルの
おぞましい弾圧を見よ。
我が身に及ばずと余所事にするも、報道しないことは
敵国の情報戦に加担していることであり、
日本や日本人を守らないエリート気取りのテレビ業界人は
なべて知恵が回らない職業倫理下層民と罵倒してやりたいほどです。

因みに対馬の現状は、深刻そのものです。
どうぞ、ご覧いただきますようお願いします。

【Front Japan 桜】対馬は既に韓国領?宮本雅史 /
日本解体移民法案なぜ急ぐ / 誰が台湾民進党を敗北させたか? 他
[桜H30/11/29]

https://www.youtube.com/watch?v=Uzq_pHMZ4LU

対馬の登録人口3万人に対して去年は36万人の韓国人。
今年は40万人と言われ、韓国資本で土地が買われ、観光バス100台近くも
大半は韓国資本。地元にお金は落ちず、陸海空の自衛隊があるため
日本人の税金でインフラは整備され、下水道も完備されたところが
どんどん買われている現状。免税店も増え、いつ韓国の旗が建っても
可笑しくないと。

韓国人のガイドさんが言うには、韓国は対馬一島を買うくらいの余裕が
あるが、中国も同じ。この頃、中国人が増えてきているので、
中国が出てくると太刀打ちが出来ないと。

まだ、お話は深いところをされていますので、
どうぞお聴きになってください。
政治が早急に手を打たないと、知らない間に日本の国土が日本人のものでは、
なくなっていくのだと恐怖を覚えるものです。
[ 2018/12/07 19:53 ] [ 編集 ]
加筆訂正&移民法案のこと
冒頭の箇所を加筆します。

国を思う熱い思いに溢れ 
と書いたつもりが何故か、国を思いに溢れと
抜けた文になっておりました。

***
日本の国会が、モリカケモリカケと騒いできたのも
まさしく情報戦が仕掛けられてきたのは自明のことですが、
国土を守る重大な審議は為されないまま、その間、日本を壊す外国勢力が
暗躍し、国土は侵略され続けていて、ここに来て移民法案です。
泣きたくなります。

この移民法案は10年前から福田政権の時に、
自民党案として人口の10%ほどを移民でという提言を
中川秀直辺りが推進してきたようです。

日本における将来的な労働力不足への対応として、総人口の10%(約1000万人)を移民が占める「多民族共生国家」を50年がかりで作ると宣言している。日本を“移民国家”として定義し、
「移民法」の制定や「移民庁」の設置を提言している。
Wikipediaより

国家観がなく、後先考えない無知なものが政治家になっていると
不幸をみるのは国民です。
今を生きる日本人に我慢させ、後に続く日本人に大きな重荷を
負わせることには、何ら痛痒のないのが国会議員の古狸たちですね。
[ 2018/12/07 20:35 ] [ 編集 ]
極左に操られる薄パヨクの日本人
>尖閣諸島のすぐ近くに空母がずっと待機しているような状況になってしまったら中国を刺激することになりませんか?
自国の領海内です。それで刺激云々云うのは占領憲法を信仰している証拠にしか成りません
しかも9条ダケでは無く平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した生存権破棄者にも当たる訳です。
こんなのに巻き込まれたら貴方も道連れです。
単純云えば彼の発した言葉は護憲派の考え其の物と言えるでしょう。
果してウイグルで100万人と云われるウイグル人を収容所に送り、そこを臓器工場化しているシナが平和を愛して居る勢力と言えるでしょうか、私はシナと日本の平和の概念すらも違うように思えるのですが。
シナの云う平和とは権力者が何の邪魔も入らずに自分の好き勝手に振る舞える環境を指して平和だと云う概念を形成して居る様な気がします。
正に華夷秩序に近い考えを持って平和だと云う概念を形成している訳です。
契約の概念が某国に無い様にシナの平和の概念は我が国と全く違うと云う訳です。

日本国憲法で謳われた平和を愛する諸国民の信義を信じる事は殺して下さいと等しいと言えるでしょう。其の占領憲法の精神に乗っ取り相手を刺激するなと発言した此のアナウンサーは平和ボケに汚染され切った売国奴でシナの工作員だと云う呼び方が一番相応しいく思えます。

まさにこんなのバッカの日本国。
改憲に反対する国民が未だに6割も居る事自体、此の赤い工作員アナウンサーの需要が未だに根強いと云う事だ、日本人の殆どは未だに薄パヨクで其の頸木から逃れようともしない。


>「移民法」の制定や「移民庁」の設置を提言している。
立憲民主党の主張、其の物ですね
立憲が反対してる動機は正に此れをやりたいが為です。
立憲は日本に滞在する不法な外国人を送り返す事は人道に反するとして強く反対している訳ですから。
[ 2018/12/07 22:17 ] [ 編集 ]
放送法
日本国には放送法というものがあり、
報道・編集には何人も介入してはならない(だったと思います)。し、
政治的公平中立、事実の報道 などが規定されている筈です。

なので、政府や政治家が報道の指導は出来ません。してはならないのです。
日本は民主主義国陣営の国家ですから、一党独裁や個人崇拝、共産主義から解放されても民主主義を装ったやりたい放題の国とは違い、「報道の自由」は確保されるべき事です。

一方で、現在の困り者メディアは、政治的中立も公正公平も事実を事実のままに伝える義務も、大幅に違反している訳で、これを告発するのは国民であるべき、なのかもしれません。

ただ、濃い目のピンクカラーの司法が、真っ当な告発だと思われる「朝日の慰安婦報道に依る国際的日本毀損」に「朝日の報道が影響しているとまでは言えない」風な判決を出した例もありますから、チョウニチ新聞は「バレなければメタタグで天下泰平」で居られる日本、という惨状だと思います。
裁判所もおかしな判事だけでもないでしょうけれど。








[ 2018/12/08 03:01 ] [ 編集 ]
 第4の権力といわれる報道機関、その実態は第1の権力といっても過言ではない。

 通常第1の権力といわれる国会、第2の権力といわれる行政は、選挙という洗礼を受けるブレーキがある。
 第3の権力司法も、形骸化されて役に立っていないながらも国民審査という一応のブレーキがある。
 第4の権力である報道機関は、新聞こそ購読については読者の自由意思に任されているが、テレビ局やラジオ局は、放送法という縛りがあるとはいえ、大幅な特権を与えられた独占事業体であり、その電波料も信じられない不当に安価な状態で推移している。

 にもかかわらず、放送法は厳しい取り締まり罰則がないために偏向、気ままな主張がまかり通り、フェイク・ニュースを垂れ流し放題だし、気に入らない事象については報道しない言語道断の姿勢をとり続け、報道というより特殊の政治プロパガンダ集団と化している。

 放送局の自由設立を既存局の専有化で、それらに対抗する思想を主張する局の誕生が阻まれているのが大問題である。
 この悪弊を改善することは、庶民にはなかなか出来ることではない、ここは政府が罰則を厳しくし、その取締りを厳格にするか、電波のオークション制度を採用して、適正価格で自由競争を促すしかない。
 
 報道の自由を盾に、報道しない自由や、偏向した報道を規制するのは民意に任せるといったおためごかしの無意味な姿勢ではなく、民意に基づいた政府がきちんと処理すべきだと確信する。

 
[ 2018/12/08 12:50 ] [ 編集 ]
いつも公明党が鍵を握っている。ここを切らない限り。自民・安倍総理の行動・言動に悪影響を与え続ける。
[ 2018/12/10 04:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: