FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  “外交の天才”が晒す失態と、ツートラック外交を斬り捨てた安倍官邸

“外交の天才”が晒す失態と、ツートラック外交を斬り捨てた安倍官邸

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南鮮国内では、文在寅が「外交の天才」という称号を得ているそうだ。ことばの出自は不明だが、平昌五輪の開会式に、散々嫌がらせを受けた安倍総理が出席したことで、「文在寅の対日外交の勝利」が声高に叫ばれたあたりが発端のようだ。

 ブエノスアイレスで開かれ、1日に閉幕したG20。主要国首脳会議(G7)に参加する7か国に加え、EU、ロシア、および新興国11か国の計20か国・地域が参加するこの会議は、G7に入れない国にとって恰好のアピールの場である。しかし、そのG20の集合写真のセッションで、文在寅は誰からも話しかけられず、作り笑いを浮かべてキョロキョロしっ放し。見ていて哀れさを感じるほどの孤立感だった。議長国アルゼンチンのマクリ大統領の隣でセンター位置を占めた安倍総理を、南鮮国民は地団太を踏んでみていたのではないか。

外交の天才、文在寅


 G20で、安倍総理は米国、中国、ロシア、フランス、インドと会談した。インドのモディ首相を含めた日米印の3ヵ国会談では、トランプ大統領が「歴史上日米がこれほど近かったことはなかっただろう」と語っている。一方、文在寅が会談できたのは、オランダと南アフリカ、アルゼンチンだそうで、国の優劣を付けるのは失礼ではあるけれど、文在寅にとって外交の天才ぶりを披露する場とはならなかったようだ。

 米韓の会談も、ホワイトハウスがこれを「プル・アサイド(pull aside)会談」と定義し、略式であったことを公式見解としたが、青瓦台は「正式会談」と言い張っているようだ。「プル・アサイド」とは、正式な会談会場の外や片隅で行う非公式の略式会談を意味するという。米韓会談では、冒頭部分も公開されず、すぐさま話し合いに入り、会談後は記者団の質問にも答えず会談場を後にしたそうだ。そういえば、文在寅はG20の後、ニュージーランドを訪問したそうだが、出迎えたのは、首相でも長官でもなく「海軍中佐」だったという。

 南鮮外交部の失態は留まるところを知らない。先月、文在寅はチェコを訪問したそうだが、訪問先のチェコの大統領はイスラヘルへの外遊中で、文一行は観光するしかなかったそうだ。

 南鮮というのは、反日がなければ国民をまとめられない国であるから、政治指導者は自らも反日であることを支持の基盤とする。だが、その反日という国是は政治が自ら作ってきたもので、それが司法にまで及んだというのが、先のなんちゃって徴用工判決だ。こうなると収まるところを知らないのが南鮮世論で、青瓦台宛の請願で「東京オリンピックの韓国選手を送らないでください」というものが進行中であるようだ。来たくなければ来なくていい。日本は何も困ることはない。

 そんな文在寅だが、冷凍化する日韓関係について「歴史問題とは別に、未来志向的な協力を続けなければならない」との考えを示したという。いわゆる「ツートラック」といういいとこ取りの虫のいい外交だが、日本では菅官房長官が3日、記者会見で、「韓国記者向けに行った発言だ」と、ばっさり斬って捨てている。文は、「歴史問題のために、未来志向に発展していかなければならないいろいろな協力関係が損なわれてはならない」と言ったそうだが、これは「歴史問題はどんな状況下でも手放さない」という宣言である。こういう国も指導者も、放っておくのが最良の道だ。

 G20での冷遇を観る限り、南鮮に政治としての外交力は皆無だ。従って、外交上においても南鮮は無視してよい存在だと言うことになる。活動家団体とロビー活動でプロパガンダを植え付けられたジャーナリストたちだが煩いが、情報戦における情報の質と量で対抗していくしかない。

 南鮮は無視する ―― これが日本の国是だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/12/04 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(3)
コリアに関わると、コチトラの品位が・・・・
1999年に結成されたVANKは、
2005年「世界に日本の歪曲された歴史認識を知らせ、
    国際社会裡での日本の地位失墜を目指す」
[ディスカウントジャパン運動]に転化し、運営されつつあるらし。

勝手にやってクレー。・・・・

でも、コリアンの方々、アナタたちの意に反して、
国際社会は、コリアのアホらしさに気づきつつあるようですが・・・・

他国の地位失墜に振り向ける努力を、自身の充実に用いた方が、
より建設的と、普通のニンゲンは判断するが、

普通でない、異形の群れ、コリアンは、別ダヨネー・・・・

「日本の歪曲された歴史認識」とは、嗤っちまうネ。

歪んだ眼には、真直ぐなものが、歪んで見えるという典型的、
コレより無い雛型だろう。
曲がった御本人には、永遠に分からない。
だって、自分は、絶対、ゼッタイ真直ぐなんだもん。

猿の真似して日本人をバカにした気になるコリアンの心理が、
以前から、ワタシャ皆目わからん。
「バカモノが、優れた者をバカにすることは、できない」と言った、
ソクラテスさんのファンの故かナ・・・・

猿と日本人を貶め、世界中で尊敬を集めているであろうコリアンの方々、
満足してますか、
海軍中佐の御出迎えを・・・・
[ 2018/12/04 12:25 ] [ 編集 ]
次は日本
国家間で正式に結ばれた半世紀前の条約・協定まで否定し、一世紀前の併合を違法だと言い張って「カネよこせ」のクニの首長を、公式の場で相手をしたらその国の価値観が疑われちゃいますもの。

それでも会談を持てたオランダ、南アフリカ、アルゼンチンがあったのですから拾う神もいるのでしょう。その三国に関しては財政窮状だという噂もありますが、真偽のほどは存じません。

戦後の日本が国を再建した後、何かと南鮮が国際会議などにも参加できるように世話をしてきたのも日本だそうですが、余計な事は止めるべきですね。そのうち「恥かいたのも日本のせい」と言い出しかねない。

「外交の天才」ですかア。上っ面と妄想だけで満足できる民族はお気楽でいいですね。
李朝鮮が開国して「大韓帝国」を名乗った時に、列強諸外国から、「大」は二つ以上の統治国を持つ条件を満たす国だけが称せるものだと忠告されても馬耳東風のクニだったそうですから、その末裔ならではの「天才」評価なのでしょう。
ソウルではロウソクが出番を待っているとか、ただの噂か?

仏マクロンの要請で会談した影響で、議場に安倍総理が1分程遅れたそうですが、ならばマクロン氏も同じことでしょうね。民間「ルノー」に随分必死のご様子。
週末のパリは燃えているし、こちらも大変そう。

「失われた20年」の日本を、ここまで立て直したのは復活安倍内閣一代の功績ですから、どうか消費増税など税収を脅かす愚策は断固なさらないで、むしろ愚法を廃棄されることを願います。
財力の無い日本では外交力も持てません。

アルゼンチンが終了して議長国は日本に移りました。
G20の無用論も出ている国際事情ですが、議長国になった以上は来年の各会議の大成功を願いたいです。
[ 2018/12/04 14:58 ] [ 編集 ]
東京オリンピックまでに南koreaがあるのかなぁ。
[ 2018/12/05 10:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: