FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  日本外交の失敗が凝縮された石破茂の対徴用工裁判発言

日本外交の失敗が凝縮された石破茂の対徴用工裁判発言

← 応援クリック、ありがとうございます。

 今年9月に立候補した自民党総裁選で、安倍総理に敗れた石破茂氏だが、今も着々と次期総裁への布石を打ちつつあるようで、方々に出かけていって講演活動などをやっているようだ。先のソウルでの地方創生に関するシンポジウムも、そのひとつなのだろう。そういった活動や、その活動の場で発したことばをメディアが採り上げるから、石破氏は幸せ者だ。はっきり言って、出る幕は終わったわけで、とうに忘れ去られても良い存在なのだ。

 その石破氏が、南朝鮮のいわゆる徴用工訴訟の判決について、持論を述べている。石破氏は、南鮮司法を批判する一方で、日本の対応にも苦言を呈しているのだ。

自民・石破氏 日韓関係「併合した歴史を認識すべき」(産経)

 自民党の石破茂元幹事長は30日、早稲田大で講演し、いわゆる徴用工訴訟などをめぐり悪化する日韓関係に関し「判決は国際法的に間違っている」としつつ、「合法であっても独立国だった韓国を併合し、(朝鮮半島出身者の)名字を変えることが行われた。そういう歴史があったことをどれだけ認識するかだ」と述べ、過去の経緯を踏まえた対応が関係改善に必要との認識を示した。

石破茂


 また、石破氏は9月の党総裁選で自身の国会議員票が伸び悩んだ理由に触れ、「どれだけ国家を語り、人生観を共有できるか、そういう努力はまだまだ足りなかった」と振り返った。


 自らを軍事ヲタクと称し、過去に防衛大臣を務めたにもかかわらず、南鮮海軍が自衛隊に「旭日旗を下ろせ」と要求した件について、南朝鮮での講演で批判するでもなく、遺憾の意を表すのでもなく、ただ単に「残念だった」と言う石破氏だ。相手方を批判する体を示しながら、結局身内をも批判するというのは、朝日新聞が社説でよく使う手法だ。石破氏の発言の中には、南朝鮮側の思惑と一致するところがある。日韓併合における、被害者としての南朝鮮の立場を終わらせたくないという思惑だ。

 南朝鮮がこの思惑を捨てることは未来永劫なく、彼らの欲求と言うのは、日本が永遠に謝り続けるということで満たされる。だから安倍政権は、足元の保守層から相当な批判を浴びつつも、日韓合意を結び、彼らの主戦場であった慰安婦問題を「完全かつ不可逆学的に解決」させ、終戦に持ち込んだ。日本にはそれでも、「自称慰安婦の尊厳」なる理論を持ち出し、問題を蒸し返そうとする勢力がある。慰安婦問題は、日韓合意を経た今、南鮮の国内問題だ。それを外交問題として復活させようとする勢力が、南鮮の主張を代弁し、日本の追加的な措置を求めるのだ。

 いわゆる徴用工に関しても、この問題は日韓基本条約と日韓請求権協定で、1965年に解決している。石破氏は、日韓併合の歴史に言及する上で、過去の経緯を踏まえた対応が関係改善に必要との認識を示した。その言葉や外交スタンスに、今までの日本外交の失敗が凝縮されている。終わった問題は終わった問題として処理することしかなく、そこに付け入る南鮮のゆすりやたかりに応じてきたのが日本の対南鮮外交なのだ。

 このセリフひとつ聞いても、石破氏が次期総理に相応しくないのは明白だ。この人を総理大臣に据えてしまうと、日本の対東アジア外交は、また振出しに戻ると考える。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2018/12/02 07:16 ] 外交 | TB(0) | CM(12)
アンタの顔、もう、見たくありません・・・・
石破さんは、人間性の根元がオカシイ方と見受ける。

自民党が苦境にある時、「自民党の歴史的使命は終わったんです。
私は、政権与党にいたいんです」とか喋って、
恩義ある自民党に砂を掛けて去り、新党を転々として、出戻り。
コレ、ダレが、ドウ見ても、人間のクズでしょう。

こんな人の「国家観」「人生観」なんて、聞きたい人、います・・・?

その上、史実の基本がコリアン風味の間違い。

「三つ子の魂百まで」・・・・ この年で、コレ。

美しい日本海を眺めつ、暮らしている方々、
落選させましょうよ。
[ 2018/12/02 09:50 ] [ 編集 ]
国壊議員
「判決は国際法的に間違っている」と法を論じるなら、「合法で~ 併合し」た事も全く間違いではなかろう。
「独立国だった」「名字の」云々は完全に石破の歴史認識が足りない証明で、自分の無知を基礎にして選挙権付きの学生の前で嘘を言ったことを公開懺悔していただきたい。

朝鮮半島が「一国の独立国」であって欲しかった日本にとって、そのあまりのコウモリぶりに危機感を抱かざるを得なかった上に、「(大)韓帝国」の指導層から依頼され、半島に関わっていた諸外国に体よく押し付けられた結果の併合に、何の瑕疵があると石破は言うのであろうか。

近代の日本政府は国内では随分に強引な政策もしたが、対外姿勢は国際社会の新規参入国として後ろ指を指されぬように、少しでも早く不平等条約を解消出来るように、大変に気を遣ったある種の隠忍自重的国家運営だったと、歴史書を読めばわかります。あ、まともな歴史書参考で。

名字の改変は自由意思でむしろ許可を要した事。ちなみに、朝鮮史を見ますと、古代の朝鮮名字は現在の様な一文字ではない様で、宗主国に替えられたのか?自ら変わりたかったのか?支那流になっているのだなあ、と感じました。

渡日労働も自由意思で、内地に来てより条件の良い職を転々としていた朝鮮労働者だというのも判明しています。

国際関係の歴史の冷厳たる事実に”人情”を無理矢理挟む事を良しとする国会議員は、要りません。
一国の首相を、その人の「語る人生観」で選ぶのは、在るとしたらやはりドコゾの民ぐらいではなかろうか。
この者の「語る国家観」には過去の行動を併せて気を付けよう。

この国会議員も所詮、辻本某が言い放ったという「私は国壊議員」の類の一員だっただけの事。
長い年月石破を間近で見続けて来た永田町の自民党議員達が彼を総理に選ばない原因はココにあると思います。バレているのです。
新人議員にも先輩議員は徹底して教えていただきたい。

[ 2018/12/02 16:46 ] [ 編集 ]
たまたま、陸軍士官学校卒業生のブログ(下記URL)に漂着して読んだのですが、韓国に対する認識があまいのですね。

http://blog.whoselab.com/modules/d3blog/index.php?cid=1




[ 2018/12/02 20:21 ] [ 編集 ]
役人が国家国民の利益のために働いた例なんて人類の歴史上、一回もありませんよ。どいつもこいつも私利私欲のためだけに悪だくみをしている守銭奴、キチガイなので期待をする方が間違ってます。
[ 2018/12/03 06:24 ] [ 編集 ]
石破は北の希望の星、だからマスコミが応援している。
石破は金丸訪朝団の一員として北を訪れた際、自分から女を要求し、ビデオを撮られた。これは旧東ドイツのスパイが供述している。

セックスビデオを撮られたという事は、死ぬまで北の奴隷になるという意味である。逆に、北の為に働けば、在日の票ももらえるし、マスコミも支援する。

韓国が北朝鮮勢力に浸透されていると言われて久しいが、日本もまさに北朝鮮に籠絡され、最後の一手で北朝鮮系首相が誕生するところまで来ている。石破は北朝鮮の使者、北朝鮮の希望の星であり、朝日新聞が熱烈にその誕生を望む反日首相の候補である。
[ 2018/12/03 12:48 ] [ 編集 ]
Re: 権力者は奴隷に殺される権利がある
ミスバ65さん

表現を配慮いただかなければ、今後はコメントをご遠慮します。
「凌遅刑」だとか朝鮮人の「駆除」であるとか、拙ブログでは使用してほしくありません。
ポリシーが合わないなら、コメント自体ご遠慮ください。

当該コメントは削除します。
[ 2018/12/03 18:27 ] [ 編集 ]
謝罪文
この度、私のコメントが皆様にご理解いただけなかったことは不徳の極みであり、この点に限って言えば私に落ち度があることは紛れもない事実でございます。コメントを書く際は皆様の読解力を踏まえて内容を組み立てますが、この度は私が想定したボーダーラインと実状に大きなかい離があったことは否定できません。私のスタンスには一切の非は無い事は明白ではありますが、どのような形であれ不具合が起きた事実に対しては真摯な姿勢で改善に努める所存です。皆様方も些細な事にいちいち目くじらを立てないよう、精々お願いする次第であります。
[ 2018/12/04 21:30 ] [ 編集 ]
管理人さまへ申し上げます
私の読解力では、ミズバ65さんのコメントの多くが汚らわしく読後に嫌悪感しか残りませんでした。これまでこんなに不快なことは無かったと感じております。

ご自分のコメントスタンスに一切の非は無いのは明白、と言うのですから、私が感じるこちら様の節度の最低基準には合わない方だろうと思うしか御座いません。

僭越ではございますが、出来ることなら、管理人様の無慈悲処分をお願いしたいです。
[ 2018/12/04 22:08 ] [ 編集 ]
今後のコメントはご遠慮します。(Re: 謝罪文)
ミスバ65さん

謝罪文と銘打ってはいるものの、管理人と他のコメンテーター様をバカにし切ったような内容ですね。
金輪際、コメントはご遠慮ください。
仮に戴いても即刻削除します。
[ 2018/12/04 23:17 ] [ 編集 ]
自民党、石破茂が一部で言う首相候補であるという日本の不幸
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E7%A0%B4%E8%8C%82

戦後70年以上経っても日本に『自虐史観』が何故に蔓延し続けるのか?
またその『自虐史観』を元としての反日捏造工作が何故に続くのか?

その一つの「答え」がこの「石破茂」であると明確化されました。
つまり政治家、それも保守政党を名乗る自民党、更に首相を狙うポジションとも言える大臣の歴史認識が狂っているという事が此の度改めて明らかに成ったわけです。

https://www.sankei.com/politics/news/181130/plt1811300046-n1.html

『自虐史観』の砦、「マスメディア」、そして司法である「弁護士会」、「裁判官」などや労組、その様な社会の基盤にどっぷりとこの『自虐史観』の信奉者たちが居座っています。

本来、その様な誤りを正す役割を担っているのが政治家ですがそれがこの体たらくです。この様な石破の歴史認識では日本の誤って流布された歴史認識は100年続くでしょう。

https://www.sankei.com/politics/news/180823/plt1808230001-n1.html

此の度の石破茂の発言は本人が政治家であるだけに許せるものではありません。

https://www.sankei.com/premium/news/180816/prm1808160005-n1.html

石破は「ネット」を使えないのでしょうか?
ネットには保守系の石破批判が溢れています。
それを謙虚に反省し、勉強し直す事からやっと自民党総裁選への適格資格が与えられるというものでしょう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000635-san-pol

しかしそれをせず、このまま早稲田大学などという左翼系大学で講演をするような事を続けているならば、そしてもし石破が保守政治家と自認するのならば石破衆議院議員に今の場所はそぐわしくなく、まして自民党総裁(日本国首相)を目指すなどもってのほかとしか言い様がない。

さよく・在日連合である「野党」が日本を壊そうとする活動をしているだけでなく、自民党の政治家が同じ事をしているという昨今に日本の不幸が見えます。

[ 2018/12/05 18:17 ] [ 編集 ]
無慈悲?なる英断、謝謝
アカヒ新聞の落ちこぼれが罵詈雑言を書き散らすことでこのブログのアクセス
禁止を謀っているかのように思えて不快、溜飲が下がりました。

「スイスの片隅から」様の投稿にFC2から削除要請が来たことがありました。
今回の「パヨ陳コメ」にお咎めがないのは不思議といえば不思議。
パヨ陳が一定数の駄コメを書き溜めてから「人権団体」にでも告げ口しようとの
魂胆か? 付け火を延焼の前に消し止めたのかも知れませんね。


こはるさま
厚顔にして劣等感を裏返しにしたようなヤカラでございましたがコメントの一部を
切り取ればKeKeKe、と嗤える処もございました。

例えば、こはるさまの苦言がエロ奴に通じぬのは「読解力を踏まえて内容を組み
立てて」おられるのでありましょうが「想定されているボーダーラインとエロ奴の
レベルに大きな乖離」があるからに御座いまするなど。  まさに正鵠じゃw~
[ 2018/12/06 06:48 ] [ 編集 ]
KeKeKeのKe
末田軍曹殿
いえいえ、軍曹殿には大変近いものを感じて居りまする。KeKeKeのKe~

軍曹殿の「付け火懸念」は私も感じました。一緒だね~~~
志向が合わないのにイヤに居座りたがるには、確たる訳があるのだろうと。

今裁判中の「あおり運転」の被告が起こした振る舞いや言い分が(弁護士の指導でか、昨日は一応謝罪言葉を言った様ですが、本音の白々しさは隠せない)、今回の対象者に似たものを感じて、気味の悪い日本人が増えているのかな?と暗い気持ちになっちゃいました。

こちらの管理人様だけじゃなく、特に御多忙な本職を持っておられる個人ブロガ-さんの隙を狙って毒をまき散らす行為は、ネット情報潰しに繋がりますので、軍曹殿もご一緒にハエ叩きしましょうねw。
[ 2018/12/06 13:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ